朝?夜?どれを食べればいい? ヨーグルトダイエット成功のルール

shutterstock_435845188

ヨーグルトは美容や健康に効果的な食材として知られています。

しかし「いつ食べればいいの?」「たくさんありすぎてどれを選んだらいいかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなヨーグルトに対する疑問を解決しながら、ヨーグルトダイエット成功のルールをご紹介します。


1.ヨーグルトがダイエットに効果的な理由

1-1.便秘に効く

ヨーグルトは便秘に効果的です。ヨーグルトには、腸内環境を正常化する乳酸菌やビフィズス菌が多量に含まれています。

乳酸菌は糖を養分にして乳酸を次々と産み出し、腸の中で有害な菌が増えることを防いでくれます。また乳酸菌にはビフィズス菌を増やす作用もあり、腸の運動を促進し、便秘解消へと導きます。

ビフィズス菌は、人の体内に最も多く存在している菌です。ビフィズス菌はすべてのヨーグルトに含まれているわけではありませんが、ビフィズス菌を加えて発酵させているヨーグルトであれば、体になじみやすく、便秘解消により高い効果が得られます。

1-2.たんぱく質やカルシウムも豊富

ダイエット時に不足しがちなたんぱく質やカルシウムは、体にはもちろんダイエットにも重要な栄養素です。不足すると代謝が低下したり脂肪が増加したりする可能性がありますが、ヨーグルトはこれらの栄養素も豊富に含まれいます。

ヨーグルトの原料となる牛乳には良質なたんぱく質が多く、分解されてアミノ酸になると、体内での消化吸収力が高まります。

また、ヨーグルトは発酵の段階でカゼインホスホペプチドという成分を作り出します。

カルシウムは通常の場合、小腸で吸収されにくいという性質をもっていますが、この成分は、吸収の手助けをしてくれるのです。たんぱく質やカルシウムをヨーグルトから摂取することによって、健康的なダイエットが可能になります。

2.ヨーグルトはいつ食べるのがベスト?

2-1.効果的な時間帯

ヨーグルトを食べるのに効果的な時間帯は、朝と夜です。ただし生活スタイルによっては逆効果になる可能性もあるため、自身の生活スタイルによって、食べる時間帯を決めるといいでしょう。

空腹時の腸内の菌はFIAFという脂肪を燃やす成分を作っていますが、糖やでんぷんを摂ることによってFIAFが作られなくなってしまいます。その結果、脂肪が燃やされずに体に蓄えられて肥満に繋がってしまうのです。特に朝はこの傾向が強く、本来朝にヨーグルトを食べると太ってしまうという研究結果もあります。

また、ヨーグルトは脂肪分が高いため、夜遅くに食べると肥満の原因になることも。そのため、夕食が遅い人や外食の多い人は、朝にヨーグルトを食べたほうが効果的です。

また、毎朝ヨーグルトを摂取すると腸内環境が整い、排泄のタイミングを整え、毎朝の排泄を効果的に促してくれます。基本的には、規則正しく摂取して腸に刺激を与えてあげることが大切です。

それ以外の人は夜に食べるといいでしょう。腸は22時から2時頃が一番活動的です。善玉菌を腸に届かせるには、食べてから3時間ほど必要なため、19時から21時頃に食べると効果的とされています。

またヨーグルトダイエットでは、食前にヨーグルトを食べるようにしましょう。食前に食べることによって、おなかが膨れ、食事の量をセーブできるようになります。便秘解消を望むなら、食後に食べると効果が高いです。

2-2.効果的な食べ方

ヨーグルトの効果をより高く得るには、200グラムのヨーグルトを温めて食べる方法がおすすめ。痩せやすい体を作るために必須なものが代謝です。

体が冷えると代謝が落ちてしまうため、ダイエット中は冷たいものは避けたほうが無難です。温めるときには、ヨーグルトにはちみつかメープルシロップ、少量の水を入れて混ぜ、レンジで加熱してください。

温めたほうがおなかを壊しにくく、保湿成分を持つはちみつによる美肌効果も期待できます。ただ善玉菌はあまり温度が高いと死滅してしまうため、40度以上にはならないようにしましょう。

3.ダイエットにおすすめのヨーグルト4選

ここからはダイエットに効果的なヨーグルトを4つご紹介していきます。

3-1.恵 長くとどまるガセリ菌 SP株ヨーグルト

imgres-3
公式サイト

SBT2055株という乳酸菌が含まれているヨーグルトです。SBT2055株には内臓脂肪を減らし、肥満抑制に効果があるとされています。実際にSBT2055株を12日間摂取し続けた人の体重やウエストが減少したという実験結果があります。

また通常善玉菌は腸に定着しにくいですが、SBT2055株は7日間摂取し続けると90日間も腸に定着するため、メタボ改善に役立つといわれています。砂糖や脂肪もゼロですっきりと食べやすいタイプです。ドリンクタイプやアロエが入ったタイプもあります。

3-2.おなかにおいしいヨーグルト

imgres-1公式サイト

フィズス菌LKM512を含み、特定保健用食品に指定されているヨーグルトです。ビフィズス菌LKM512は腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を正常化してくれる力があります。

胃酸に強く、胃酸でのダメージを受けずに腸まで届くというのもLKM512の特徴のひとつ。また大腸の中で増殖する力も持っています。口当たりもなめらかで、クリーミーな味わいです。

3-3.メグミルクナチュレ恵

imgres公式サイト

ビフィズス菌とガセリ菌の2つを含有したヨーグルトです。ビフィズス菌は大腸で働く菌で、ガセリ菌はもともと人の小腸にある菌です。大腸と小腸、両方の健康が考えられており、日本人の体と相性のいいヨーグルトに仕上がっています。

ビフィズス菌とガセリ菌のダブルの菌が腸内環境を正常化して、お通じを改善。このことは内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果にも繋がるため、ダイエットにぴったりです。特定保健用食品にも指定されています。酸味もマイルドで食べやく、脂肪分が気になる人のためには脂肪分ゼロのタイプも販売されています。

3-4.毎朝快調ヨーグルト

imgres公式サイト

L.カゼイ431菌と食物繊維をダブルで含んだヨーグルトです。L.カゼイ431菌の働きを食物繊維がサポートし、より高い整腸効果でダイエットの手助けをしてくれます。

またL.カゼイ431菌のほか、ブルガリクス菌、サーモフィルス菌など計6種類の乳酸菌を配合。さらにこれらの養分となり、善玉菌を増やしてくれるイヌリンという成分も含まれているため、健康への高い効果が期待できるでしょう。味もすっきりしていて食べやすく、プレーンのほかにブルーベリー味といちご味が用意されています。

4.おすすめの食べ合わせ

4-1.フルーツ

shutterstock_140684188

ヨーグルトダイエットでは定番の食べ合わせです。ヨーグルトのミネラルとフルーツの食物繊維といった栄養素を効果的に摂取できます。

特にりんごやブルーベリー、みかんなど食物繊維の多いフルーツと一緒に食べることがおすすめです。またドライフルーツと一緒に食べれば、腸内のビフィズス菌を活性化されます。

4-2.ワイン

shutterstock_568606585

ワインもヨーグルトと食べ合わせのいい食材です。ワインにはアントシアニンとカリウムが豊富に含まれています。アントシアニンは抗酸化作用を持っており、脂肪の酸化を防いでアンチエイジング効果をもたらしてくれます。一方カリウムはナトリウムを体外に排出してくれるため、血圧の低下やむくみの解消に効果的です。

これらを豊富に含んだワインと腸の働きを活性化させるヨーグルトが合わさることで、便秘解消だけでなく、肌トラブルや冷え症など女性にありがちなトラブルも解決してくれます。

4-3.納豆

shutterstock_495406555

納豆もヨーグルトと相性のいい食材です。納豆に含まれる納豆菌は、腸の中を善玉菌が居心地のよい環境へと改善してくれます。

また納豆は、腸を活性化させ、毒素を吸着させる力も持っています。ヨーグルトと一緒に食べることによって、ヨーグルトの働きをさらに高めてくれるおすすめの組み合わせです。

5.まとめ

ヨーグルトは腸の環境を整え、すっきりとした体を作ってくれるだけでなく、さまざまなよい影響を与えてくれます。便秘でおなかが気になる方は、始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事