もう縮ませない! お家でウール素材の洗濯をする方法

もう縮ませない! お家でウール素材の洗濯をする方法

ウールのニットやセーターを自宅で洗濯して縮ませてしまった経験がある方、少なくないのではないでしょうか。

ここでは縮まないのはもちろん、型くずれさせないコツや静電気を発生させないポイントなど、家庭で簡単にできるお手入れ方法をご紹介していきます。せっかくのウール製品ですから、何年も大事に使ってくださいね!

1. お家でウールを洗濯するための準備

では早速、洗濯手順をご紹介していきたいところなのですが…絶対に縮ませないためには事前準備が不可欠! 洗濯機の前に立つ前に、大切なウール製品を手にとってみてください。

1-1. 衣服についているタグを確認する

さぁ、ウールの洗濯準備スタートです。まずは衣服の裏側を見てみてください。「画像1」の写真にあるような“洗濯に関する注意が書かれたタグ”がついているはずです。そのタグ(洗濯取り扱い絵表示)を確認してみましょう。

「画像2」にあるような「洗濯機マーク」もしくは「手洗いマーク」がついていたら、水洗いOK! 家庭で洗濯することができます。「水洗い不可マーク」がある場合は、洗濯のプロであるクリーニング屋さんにお任せしましょう。

洗濯取り扱い絵表示

水洗い不可マーク

1-2. 色落ちテストをする

色落ちテストをする

家庭で洗濯ができたとしても、せっかくのウールが色落ちしてしまったら台無しですよね。次のステップは色落ちテストです。

ご家庭にある中性液体洗剤を用意しましょう。オシャレ着洗い専用の洗剤があれば、ベストです。

次に白いタオルやハンカチに用意した洗剤の原液をつけましょう。衣類を手に取り、万が一色落ちしてしまっても目立たない箇所をトントンと軽くたたきます。袖口や裾の裏側などが良いと思います。

さて、白いタオルやハンカチに変化はありますか? もし布に色がついたら、その製品は色落ちするということ。家庭では洗わないことをオススメします。

どうしても家庭で洗いたい場合は「単独で手早く洗うこと」「水で洗うこと」を徹底してください。

1-3. 洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れる

摩擦に弱いウールは、極力動かさないで洗濯するのがポイント。そのため、洗濯ネットの使用は必須です。また、単にネットに入れるだけでは不十分。たたみ方にもひと工夫が必要です。

えり、そで口、前身ごろ、ひじなど汚れやすい部分が外側になるようにたたみましょう。そして厚さが均等になるように注意して、ネットに入れます。

汚れがひどい部分には中性の液体洗剤の原液を少量つけて、事前になじませておきましょう。

ちなみに「ウール洗い専用の洗濯ネット」があるので、そちらを使用するのがオススメ。中には衣服を固定するベルトがついているものもあるため、100円ショップなどを覗いてみてください。

1-4. ぬるま湯を用意する

ウール洗いは、洗いからすすぎまで30℃のぬるま湯で洗うことが上手に仕上げるコツと言われています。

その理由のひとつが、ウールを構成するタンパク質が高温に弱いこと。熱いお湯を含むと繊維が変質するため、縮みやすくなってしまうのです。

高温に弱いとはいえ、ウールは冷水での洗濯も向きません。20℃以下の水では洗剤が溶けにくく、皮脂などの汚れが落ちづらくなってしまいます。通常の洗濯の場合は、冷水で洗濯してもこすったりもんだりすることで汚れを落としているのですが、ウールは摩擦にも弱いため、その洗濯方法もNG。だからこそ、洗いからすすぎまでずっと30℃のぬるま湯で洗濯することが大切なのです。

理屈がわかったところで、ぬるま湯を用意しましょう。洗濯機で洗う場合も、手洗いの場合も浴槽かバケツに30リットルほど用意すれば十分です。

2. お家でウールを洗濯する方法(洗濯機編)

お家でウールを洗濯する方法(洗濯機編)

洗濯表示の確認と色落ちテストなどの事前準備が終わったら、いよいよ洗濯をスタートしていきましょう。ここでは「洗濯機マーク」がついていた衣服の洗濯方法をご紹介していきます。

いつものコースではなく「手洗い(ドライ)コース」で洗濯しましょう。もし細かく設定できるのであれば、弱流洗いの設定をオススメします。また脱水は最も短いコースで設定してください。水につけてから、脱水まで10分以内が目安です。

また、すすぎの時に柔軟剤をプラスするのもオススメ。ふんわりとした風合いに仕上げてくれるだけでなく、冬の天敵である静電気を防いでくれる効果もあります。

3. お家でウールを洗濯する方法(手洗い編)

続いて「手洗いマーク」がついていた衣服に関する洗濯方法です。「手洗いマーク」がついている衣服は「洗濯機マーク」のついたウールよりも弱いということ。特に前項目でお伝えした通り、ウールは摩擦に非常に弱いということをお忘れなく! そのため、手洗いする時はやさしくそっと押し洗いすることがコツです。では詳しくご紹介していいきましょう。

3-1. 洗濯液につけこむ

洗い桶に洗剤と先ほど用意したぬるま湯を入れて、軽くまぜます。洗剤の量は規定量でOKです。

次に先ほどネットに入れた衣類を、そのまま洗い桶に入れます。洗濯液をウール全体にいきわたらせるために、数回押してください。そのまま3分~5分待ちます。

つけ置きの時間は5分以内で終わらせることがコツ。というのも、ウールは人の髪の毛と同じように、水を含むと膨張して表面のスケールというウロコ状のものが開いてしまうから。その状態になってしまうとスケールが絡みやすく、衣類が縮む大きな要因となってしまうのです。だからこそ、水につけている時間はなるべく短くするのがポイントといえます。

また、スケールが絡むのを防ぐため、なるべく動かさないのもコツ。つけ置きしている間は触らないようにしましょう。

3-2. 手洗い・すすぎ

実際に洗っていきましょう。先ほどのつけ置きしていた洗濯液を捨て、きれいなぬるま湯に替えるところからスタートです。

その後、ネットのまま洗濯桶に入れ、押し洗いをします。手のひらで押したり、持ち上げたりしてやさしく洗いましょう。衣類に洗濯液を通すように水中で「沈む」「浮かせる」を数十回繰り返すことがポイント。もんだり、こすったりは衣類を傷ませる原因になるので絶対にやらないようにしましょう。

泡がなくなるまで、数回ぬるま湯を入れ替えながら、押し洗いをします。この段階で柔軟剤を入れるのがオススメ。静電気を防ぐことにつながります。

3-3. 脱水する

脱水する

洗った時のたたんだ状態のまま、洗濯機へ。30秒ほど脱水します。この時、10秒脱水を3回繰り返すのがベスト。シワを防げます。また、衣類を一度開いてしまうと、脱水の刺激を受けやすく衣類が傷んでしまうので、必ずたたんだままで洗濯機に入れましょう。

ちなみに洗濯機を使わずに、バスタオルで脱水する方法もあります。シワができないようにそっと衣類を広げ、バスタオルを押し当てて水分をとっていきましょう。バスタオルで衣類をはさむようにすると脱水がスムーズです。

4、型崩れさせない干し方

広げて形を軽く整えてから、陰干しします。日向に干すと伸びてしまったり、黄ばみや色あせが発生してしまったりするので必ず日陰に干しましょう。

セーターなどは平干しがオススメ。100円ショップなどに平干し台や専用ハンガーが売っていますので、ぜひそちらをご活用ください。

どうしても平干し台がない場合は、ピンチハンガーの上に広げたり、浴槽のフタで代用したりしてみるといいでしょう。

型崩れさせない干し方

型崩れさせない干し方

5. 縮んでしまった時の対処方法

万が一、縮んでしまっても大丈夫。衣類が多少傷んでしまっているのは戻せませんが、サイズを元に戻す方法はあるんです。

まずは元に戻したい大きさにダンボールをカットして型紙を作ります。セーターの場合なら、胴と右腕、左腕の3つのパーツを用意してください。その後、手洗いの手順どおりに衣類を洗い脱水した後、作っておいた型紙を衣類に入れて、陰干しします。乾いたら、元に戻っているはずです!

それでも元に戻らなかったら、すすぎの時にヘアトリートメントを数滴入れてみてください。5分ほどつけこんでから、ゆっくりと元の大きさに戻して脱水しましょう。

ヘアトリートメントは、「アモジメチコン」という成分が入っている種類を選んでください。「アモジメチコン」は髪のキューティクルをコーティングする成分のため、髪の毛に近いウールの繊維を元に戻す効果があるのです。「アモジメチコン」が入っているトリートメントであれば、種類は問いません。

6. どのくらいのスパンで洗うのが良いの?

あまりに洗い過ぎてはウールが傷んでしまいます。着用頻度にもよりますが、ワンシーズンに2~3回がベスト。袖口や襟などが汚れてきたなと思ったら洗うくらいでいいのではないでしょうか。インナーを着ているので、大きく汚れることはないはずです。

7. ウールに他の素材が混じっている場合は?

ウールはアクリルやナイロンと混紡されている衣類も少なくありません。とはいえ、アクリルやナイロンは水に強いため、こちらの記事で紹介した方法で洗濯していただければ全く問題なし。ちなみにカシミヤが入っている衣類は、クリーニング屋さんにお願いしましょう。

8. まとめ

以上がウール衣類を上手に洗濯する方法でした。正直、少し手間はかかってしまいますが、自宅で洗濯できるものは自分でやったほうが1着につき数百円のオトク。大切な衣類が縮んだり、傷んだりしないように、今回の記事を参考にしていただけると幸いです。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事