ロングキャリアを実現!女性が長く仕事で輝くための秘訣とは?

ロングキャリアを実現!女性が長く仕事で輝くための秘訣とは?

「結婚後も出産後も働き続けたい」「ずっと職場の第一線で仕事の面白さを味わいたい」…そんな想いを持つ女性が年々増加しています。政府も「すべての女性が輝く社会づくり」を推進し、女性管理職の登用比率の目標を掲げ、子育て支援を行うなど力を入れていますが、そのサポートはまだ始まったばかり。実際には、女性が活躍しやすい職場もあれば、まだまだ活躍が難しい職場もあるというのが現状です。そこで今回は女性が長く活躍できる仕事の紹介をはじめ、仕事を通じてずっと輝きつづけるための秘訣をお届けします!

1. 女性の活躍が目立つ業界・仕事は?

たくさんの女性が働いている業界では、女性ならではの特性やスキルを活かしやすかったり、女性が長く働くための制度が整っていたりと、女性にうれしい特徴がたくさんあります。それでは具体的に見ていきましょう。

1-1. ファッション業界の仕事

アパレル販売員、店長、ファッションデザイナー、パタンナー、バイヤー、マーチャンダイザー、スタイリストなど、ファッション業界では数多くの女性が活躍しています。ファッションセンスやコミュニケーション力を活かせる業界です。

デザイナーやパタンナー、スタイリスト等の専門職は服飾系の学校を卒業し、アシスタントから始めるケースがほとんど。店長、バイヤー、マーチャンダイザーなどは未経験からチャレンジしやすく、ショップの販売員からキャリアをスタートさせることが多いでしょう。

正社員や契約社員、アルバイト、派遣スタッフなどさまざまな雇用形態があり、社員であれば産休・育休等の制度やキャリアアップの仕組みが整っている企業が多いです。給与相場は職種により異なりますが、20代で年収280万~330万円、30代で350万円~450万円が目安です。

1-2.ブライダル業界の仕事

花嫁花婿の想いを叶えるブライダル業界の仕事も女性に人気です。主な職種は結婚式場やホテル等で働くブライダルコーディネーター(ブライダルプランナーと呼ばれることも)。結婚が決まったカップルに対して挙式や披露宴の希望を伺い、理想の式ができるようサポートする仕事です。会社により業務領域は異なりますが、プランのご提案から式のプランニング、ドレス選び、招待状や装花選び、当日の進行サポートまでトータルに関わる場合もあります。

未経験からチャレンジしやすく、「人と関わることが好き」「幸せをお手伝いする仕事がしたい」という方に向いています。華やかな世界ではありますが、一生に一度の結婚式をプランニングするプレッシャーは大きなもの。相応の対応力や調整力、段取り力が求められ、体力勝負な一面もあります。給与は、企業の歩合額の比率によっても異なります。年収相場は250万円~450万円程です。

1-3.保育業界の仕事

保育士や幼稚園教諭、学童保育の仕事も女性の活躍が目立ちます。女性の社会進出が進むにつれ、首都圏を中心に待機児童の多さが社会問題化。昨今では民間企業が新規に保育園を立ち上げる例も増えており、保育士や幼稚園教諭は慢性的な人手不足です。需要が高いため、就職のチャンスも大きいでしょう。

保育士等の資格取得が必要になりますが、社会人経験者に向けて資格取得をサポートする制度を設けている企業や、未経験者が携われる保育補助の募集を行っている企業もあります。「子どもが好き」「明るくコミュニケーションがとれる」という方には向いている職業です。

1-4.医療・福祉・介護業界の仕事

医療・福祉・介護業界においても、数多くの女性が活躍しています。主な職種としては看護師、助産師、ケアマネージャー、介護福祉士、理学療法士、作業療法士など。いずれも大学や専門学校等で専門知識や実務を学び、病院や福祉施設、介護施設に就職するというケースが多いです。また特定の専門学校を卒業していなくても、大学で取得した科目により、福祉や介護の資格を取得できることもあります。

社会的な需要があり、これからも必要とされる職業です。未経験からのチャレンジもしやすいでしょう。忙しさや体力的なハードさはありますが、「人の役に立つ仕事がしたい」という想いを叶えられる仕事場です。

1-5.事務や総務などバックオフィスの仕事

専門知識を身につけられ、デスクワークで体力的な負担が少ないという点からも女性に人気なのがバックオフィスの仕事。一般事務や営業事務、受付、秘書、総務、庶務、人事、経理、財務、会計、法務など職種は多岐にわたります。

事務や受付、総務等は未経験からチャレンジしやすいことが特徴。経理や財務等は簿記の資格や実務経験を問われるケースが多いです。ただ、長く勤められる環境であるかどうかは、企業によって異なるため注意が必要。雇用形態や育児休暇の有無などチェックしておきましょう。

※ここまで女性の活躍が目立つ業界の仕事を紹介してきました。一方で、まだまだ女性の活躍が浸透していない業界もあります。運輸やドライバーなど体力を必要とする仕事や、工事・建設などキケンが伴う仕事、長年総合職採用は男性が中心となっていた職場などです。

ただ、女性が少ないからこそ、女性を積極採用し環境改善を進めている業界や企業もあります。一例をあげるとIT業界におけるプログラマ/システムエンジニアは、女性社員が少ない会社が多い一方、産休・育休の仕組みや女性のマネージャー登用など女性の活躍支援に力を入れている企業も多いです。職場の男女比率をチェックしながらも、それだけで安心せず、どんな働き方が出来るのかに注目することが大切と言えます。

2.女性が長く仕事で輝くための秘訣とは?

女性が仕事を楽しみながらキャリアを重ねていくためにはどのような点に気をつければいいのでしょうか。ここでは、女性がいつまでも仕事で輝きつづけるための秘訣をご紹介します。

2-1.就職先企業の制度に注目してみよう!

女性の場合、結婚や出産、介護などライフスタイルの変化によって、本人の意志に関わらず働き方を変えざるを得ない場面に出会うことがあります。そんな変化に対して柔軟に対応してくれる仕組みや制度が整っている会社であれば、長期的に活躍する上で安心です。

例えば、「産前産後休暇、育児休暇の有無」をチェックすることはもちろん、「取得実績」や「復帰後のサポート」に注目することも大切。復帰後、時短勤務が可能なのか、在宅勤務の実績があるか、出産を控えた社員や復帰後の社員のための説明会を開催しているかなどを確認します。

制度が確立していなくても、一人ひとりの事情に合わせて柔軟に対応してくれる企業もあります。長く活躍したいと考える女性社員の想いを汲み、配慮してくれる社風があるかどうかを見極めましょう。

2-2.将来に備えて、自身のスキルを磨こう!

企業側から「この人であれば、長く活躍してほしい」と思ってもらえることが、実は何より重要になります。あなたにしか出来ない仕事、あなたにこそ任せたい役割があれば、会社はポジションを用意し、長期的に活躍してもらうためのサポートをしてくれるからです。

まずは、会社から期待される役割を正しく認識することから始め、着実に実績を積み上げていきましょう。空いた時間で、資格取得など自己研鑽に励むのも良いです。「将来、こんな風に活躍したい」というキャリアビジョンを描きながら、自身のスキルを磨いていきましょう。

2-3.自分の応援団をつくろう!

自分で全てを完璧にやろうとして失敗してしまった経験はありませんか? 長く活躍したいと願うからこそ、すべてを自分で抱えようとせず、あなたを理解してくれる協力者を増やすことが得策です。

例えば、結婚している方であれば旦那さんと家事を分担する。残業の時はご両親に子どもの送り迎えを頼む。家族の介護が必要であれば、上司にその旨を伝えておく。

大切なのは周囲の人々としっかりコミュニケーションをとっておくこと。自分の状況を相手に理解してもらい、協力を仰げる関係性を築いておくことです。大変な時期がいつまでも長くつづくわけではありません。長期的な視点に立ち、今ほんのちょっと周りに甘えてみる。そんな余裕も時には必要です。

3.女性の活躍を支援する行政サポートとは?

国では、「すべての女性が輝く社会」の実現のために様々な施策を進めています。そのひとつが、主婦の方をはじめ現在仕事をしていない女性へのチャレンジ応援プラン。ハローワークにて家事や子育てとの両立が可能な就職・再就職を支援したり、女性のアイディアで地域を元気づける起業支援なども行われています。このような行政のサービスを有効活用するのも良いでしょう。あなたに合ったサービスをぜひ探してみてください。

4.まとめ

女性が活躍しやすい仕事、そして女性が長く仕事で輝くための秘訣をご紹介しました。3年後、あなたはどんな仕事をしているでしょうか。5年後、どんな風に活躍しているでしょう。つい目の前のことでアタマがいっぱいになってしまいますが、時々立ち止まって、将来のキャリアビジョンを描いてみてください。そして理想に向かって、今できることを一歩ずつ取り組んでいきましょう。

本サイトでは、様々な切り口から「女性のキャリアアップ」についてご紹介しています。
あわせてコチラもぜひご覧ください!
自分だけのキャリアアップに必要な5つのこと|キャリアアップという呪詛を振り払え!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事