美白系化粧品で白シャツに負けない肌をつくるマジメケア方法

『美白化粧品っていまいち…』なんて経験ありますよね。白い肌はとても人気で、写真加工アプリで自分の写真を美白モードで理想の肌色に変えると、印象は随分変わりますよね。写真だけでなく実際の肌も理想の美白モードになっていたらどんなに嬉しいか。

美白には毎日使用する化粧品を見直す必要がありますが、種類も豊富なので選ぶのに迷ってしまいます。そこで、今回は①美白系化粧品の選び方②使用方法③美白強化ケアを3段階に分けて紹介します。

まずは、あなたのシミの種類を見極めることが透明美白への近道です!『シミはない』という人は美白強化ケアがおすすめですよ。

白い肌はあなたに清潔感もプラスしてくれます。マジメにケアすることで理想の美白肌へ近づく方法を一緒に見ていきましょう。

TOP画像出典:흰색 셔츠 패션


 1.美白系化粧品の選び方|シミのタイプをチェック

さっそく鏡であなたのしみがどのタイプかチェックしていきましょう。 シミの種類を見極めることが美白への近道になります。

①そばかすタイプ

sobakasu
  • 鼻の周辺に、細かく散らばっているシミがある
  • 3歳頃からそばかすがある
  • 思春期のころから目立つようになった

おもな原因は、紫外線の影響による色素沈着に加え、遺伝的要素の可能性もあります。

②日光黒子

日光黒子
  • 目のふちをさけてできているシミがある
  • 紫外線を多く浴びた後にできた記憶がある
  • 大小さまざまな大きさのシミができている

おもな原因は、紫外線です。顔や腕、肌を表にさらしてきた部分にも同じ症状が見られる可能性もあります。

③肝斑

肝斑
  • 30代を超えてから突然できた
  • ほほ骨に沿ってできている
  • 目尻の下あたりに広がってできている
  • 左右対象にシミがある
  • 季節によって色が変わる気がする

おもな原因は、30代〜40代にかけて盛んになる女性ホルモンの働きに従ってできるシミです。

④炎症後色素沈着

炎症
  • 化粧品かぶれ虫さされ跡が消えない
  • ニキビや炎症に悩んでいる
  • 肌が乾燥しやすい

画像出典:nicoly

おもな原因は、ニキビなどの皮膚の炎症に由来する円形に限らない形状のシミです。

自分の顔を鏡で毎日見ますよね。そこに想定外のシミやくすみがあると気分も急降下してしまいます。

一口にシミといっても実はひとによってその原因や成り立ちが違ってきます。しかも、30代以上にとっては女性ホルモンの影響も受けやすいです。チェックシートで自分のシミに近い状態を知っておくことがケアの近道です。

2.5つの基本ステップ|美白系化粧品ケア方法

まずは、4つのシミタイプ・肌全体のくすみへの基本となる美白系化粧品のケア方法からはじめていきましょう。

step1. しっかり泡での洗顔

694065_wl

美白系洗顔料もありますが、しっかり洗顔をすることが何よりも大切です。ついついささっと済ませがちな洗顔を念入りにするだけでもくすんだ肌の改善になりますよ。

リラックスできる香りや気持ち良いもこもこのしっかりした泡での洗顔は気分がいいですよね。クレンジング・洗顔ともに肌をこすらず優しく洗う習慣が大切です。

泡立てネットを使用するのも時短のポイントになりますよ。

大切なポイント

  • しっかりとした泡で洗顔する
  • 肌をこすらず優しく洗う
  • 泡立てネットを使用する
  • すすぎは10回以上で汚れや泡の残りがないように気をくばる

ちょい足しポイント

2

洗顔する時の泡に2〜3滴オイルをちょいたしすることで保湿効果が得られます。お手元のオイルをちょっと足しましょう。

  • ベビーオイル
  • エキストラバージン食用ココナッツオイル
  • エキストラバージン食用オリーブオイル
  • オイル系美容液

洗い上がりの肌のふっくら感が大違い。保湿力を高められるので肌感を変えることに期待のできるおすすめの洗顔方法です。

step2|ビタミンC誘導体・化粧水でスキンケア

normal

出典:ナリスアップ

美白を目指す人にオススメな化粧水は『ビタミンC誘導体』をコンセプトにしたものです。3000円以下の商品も多いので毎日使用するのには経済的にも嬉しいです。

白肌を保つためにまたは、めざすためには『ビタミン成分』が必要なのはなぜでしょうか?改めて確認してみましょう。

ビタミンC誘導体で白肌を期待できる理由

vitamin2

出典:樋口皮膚科

ビタミンCは美白を目指す人には期待できる効果がある優れた成分ですが、ビタミンC単体だと吸収されにくく成分自体がもろいので不安定で扱いが難しいのも特徴の一つです。

そういったビタミンCの欠点を補うよう人工的に改良し、安定化された成分が『ビタミンC誘導体』です。

ビタミンC誘導体化された化粧水は肌に染み込みやすいのが特徴で期待できる効果は主に4つです。

  • しみ改善効果の期待
  • くすみ改善効果の期待
  • ニキビ改善効果の期待
  • しみ・たるみ改善効果の期待

白肌を目指す人の化粧水はビタミンC誘導体がおすすめですね。

ちょい足しポイント

化粧水を肌に浸透させるためにハンドプレスでつけていきましょう。

step3|日中は乳液+日焼け止め+化粧下地で賢く美白

uv

化粧水の後は必ず保湿系乳液をつけましょう。ビタミンC誘導体の化粧水は乾きやすく、つっぱる感覚がアイテムによってはありますので保湿乳液は必須です。

忙しい毎日の中でも、賢く美白をしていくならば、1つで何役もこなしてくれるオールインワンタイプがおすすめですよ。

保湿乳液+日焼け止め+化粧下地をふくめた3役を果たすものなら、時短メリットがあるので、美白ケアが面倒とは感じにくいと思います。

美白ケアは継続しないと効果を感じにくい場合もおおいので、上手な化粧品選びで対策できればいいですよね。

 step4|UVパウダーで首・デコステまで紫外線ケア

908611pb01_4901310

出典:ドクターシーラボ

メイクアップを済ませた仕上げにUVパウダーを顔・首・デコルテまで使用しましょう。やるとやらないのでは大違い。見た目としても凸凹していたりする肌は、途端におばさんっぽく見えるのを改善してくれる期待でき、見た目年齢を下げることにも。

step5|メイクオフ後は毎日美白マスク

合成界面活性剤不使用の美白マスク

出典:これが究極のエイジングケア

1日の終わりのメイクオフ後には美白マスクが必需品です。美白成分を配合されたひたひたのマスクが『あか抜け肌』に導いてくれます。美白をコンセプトとしたマスクは1000円代のものからあるので毎日のコストパフォーマンスを考えて購入するのが鍵です。

たまにやるのではなく毎日やってこそ効果を体感することに近づくことができます。

化粧品から美白ケアを考える方法を紹介しました。どのタイプのしみの方でもおすすめの方法ですのでお試しください。

3.明日、白肌をつくれる CCクリームのすすめ

地肌を理想の白肌にするまでは基本の5ステップをふみますが、体感するまでは個人差が生じます。そこで、明日から白肌を演出するにはCCクリームをメイクに取り入れると自然で・浮かない白肌に

地肌が白肌にできあがるまではCCクリームで演出してみてはいかがでしょう。

CCクリームは肌に合ったカラーコントロールをしてくれる

スクリーンショット 2016-01-08 13.32.02

CCクリームのCCとは?COLOR CONTROL(カラーコントロール)・COMPLETE CORRECTION(コンプリートコレクション)と定義はなくブランドによって異なりますが、肌色補修に努められている点は共通しています。

肌に塗ることで肌色をなじませ、全体的にトーンアップが期待できます。ブランドにもよりますが、チューブから出した時は『白色のテクスチャー』で、肌に塗ることによって『肌色にテクスチャーが変化』するCCクリームもあります。色をコントロールしてくれるので白浮きにならない点も自然にカバーしてくれるのでうれしい利点ですね。

高保湿力なクリームなので乾燥に心強い

CCクリームの特徴としては高保湿出ることが共通しているので、乾燥肌の人におすすめです。冷暖房の部屋に長時間いる人などの外的要因な乾燥にも心強いですよね。

ムラなく均等に塗るのが白肌作りのポイント

出典:바르는

凹凸をなくすこと・顔の影をなくすことで白肌の印象に近づくことができますよ。自分の顔の『ほりがふかいな…くすみを感じるな』と思う部分は、とくにムラにならないように塗っていくことが大切です。

4.白肌を印象付ける化粧のポイントは赤リップ

htm_20140518195644973

CCクリームで、普段よりワントーンアップした白肌をさらに印象付けるポイントになるのは赤リップです。『赤リップは個性が出すぎ』 と感じる方は、ヌーディーな唇より少しだけ色のついたリップからはじめるといいですよ。

赤リップを主役にするメイクでのメリット

  • 不思議と気分が上がりその日を楽しめる
  •  オシャレ感が出る
  • イベントの時はぴったりのメイク
  • 白肌に見える
  • 写真写りがオシャレになる

赤リップが古臭くならないポイント

  • 洋服はモノトーンにする
  • 眉カラーはブラウン系
  • 下まぶたにほんのりボルドーシャドウを加える
  • アイラインをインラインで引く

赤リップは一歩間違うと派手すぎるメイクに。ポイントを守れば異性受けも上々な女性らしい艶っぽい印象にすることができますよ。

 5.おすすめの美白強化ケア方法

美白&シミ対策に力を入れていきたい人には、基本のステップに加える美白強化ケアを紹介していきます。

透明感のある白肌になりたいなら洗顔器でくすみ除去

ph-content-facial-epilator-replacement-brushes-x-cdn-en-1

出典:ブラウン

ブラウンフェイスの洗顔器で角質を取り除きくすみ除去効果を目指します。ブラシだけなら5000円代。ポーチ・ブラシのセットも7000円代と購入しやすい金額です。

毛穴の奥までしっかり洗える手応えがなんともハマります。

洗顔後は水素水でパック

スクリーンショット 2016-01-08 14.12.58

出典:染みわたる水素水

水素水は飲むだけでなく、コットンに浸してパックにも使えます。洗顔後の保湿に効果を期待できますね。水素水パックで期待できることは、抗酸化作用を高め外的要因からのバリアを強化することにつながります。

  • 美肌
  • アンチエイジング
  • 保湿効果
  • 肌荒れ防止

水素水は約200円〜うられています、キャッチフレーズに惑わされず、証明書や質の裏付けを納得できるものがおすすめです。

6.化粧品以外で白肌に必要不可欠な3つの習慣

化粧品で白肌目指すことと並行して美肌を作るのに必要不可欠な3つの習慣を紹介します。化粧品を一生懸命にしても土台となる習慣を見過ごすと白肌はなかなかキープ・作り上げることは難しくなっていきます。

睡眠時間を平均7.5時間とること

スクリーンショット 2016-01-08 14.26.17

肌は毎日ターンオーバーをして古い角質から新しい角質へと生まれ変わります。そのターンオーバーに必要不可欠なのが『質の良い睡眠』です。

どんなにスキンケアに勤めていても睡眠時間が確保できていなければ、努力が実りません。

忙しい生活の中でもどうにか睡眠時間を確保することは大切なのです。理想としては、平均約7.5時間の睡眠時間が望ましいです。いつも忙しくやることがてんこ盛りの人は積極的にとっていきましょう。

ビタミン類を積極的に摂る

2012-11-29f

出典:ねーちゃんと怪獣あいの怒涛の日々

ビタミン類は肌の上から塗っても浸透率が少ないので食事で体内に取り入れることが大切です。積極的に取り入れないと、なかなか食事メニューに組み込みにくい場合が少なくないので意識していきましょう。

簡単に取りやすいビタミン類メニュー

  • にんじんジュース
  • トマトジュース
  • ビタミンCドリンク

トマトジュースはコンビニでも手軽に購入できるので簡単に摂取できます。

 湯船に入る

large-1

お風呂に入ることで、血行促進・体の冷えを抑えてくれます。さらに、睡眠への入り口もスムーズになるのもいいですね。

つい、シャワーだけですまさずにしっかり湯船につかる日常を過ごすことをお勧めします。人によってはストレス解消にもなりますよ。

7.まとめ

白肌とは、ざらざらしていない・凹凸のない肌で、清潔感のある好印象も与えてくれます。白シャツに負けない美肌を作るには肌の悩みに向き合い常に潤いのある肌でいることを心がけましょう。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事