もう、お呼ばれしても慌てない!結婚式メイクのテッパンルール! 

large-1

結婚式も多様化している昨今ではマナー面もどんどんカジュアルになってきています。とはいえ、大人の女性たるもの、装いのマナーも尊重したいものです。

かといって頑張りすぎる必要もありませんが、その場に合った服装&メイクで出席することは大切なこと。普段のメイクを、上手にアレンジして、どんな結婚式の場面にもふさわしいメイクを身に着けておきましょう。


1.お呼ばれメイクのマナー

結婚式にゲストとして出席する際の主なメイクマナーは2つ。まずひとつめは、花嫁さんより派手にしないこと。キラキラのラメメイクや派手な髪型、目元を強調しすぎた盛りメイクは、他のゲストからの注目を集めてしまいますし、特に目上の方から不評をかってしまうことも。

二つ目は、すっぴんやナチュラルすぎるメイクで出席すること。新郎・新婦・親族に対し、失礼にあたるのでマナー違反になります。結婚式では清潔感のあるコンサバメイクを基本に、自分らしいメイクでお祝いの気持ちを表現しましょう。

2.およばれメイクのお手本

初対面や目上の人も出席する結婚式では、誰からも好かれる華やかメイクが必須。目元はブラウンやピンクなどで、さりげなくメリハリをつけるようにしましょう。

unspecified

出典: ナガプロ

健康的に見えるコーラル系のピンクチークやリップは、誰にでも似合いやすく、好感度の高いカラーです。グレーやスモーキーカラーのアイメイクは暗く見え、モードな雰囲気になるのでNGです。

また、流行の赤リップや、鮮やかチークは派手に見えるので避けておきましょう。オシャレ感を出したいときは、ヘッドアクセやアクセサリーを取り入れてみましょう。

3.結婚式メイクで注意しておきたいこと

お呼ばれした日は、会場についてからメイク直しの時間があまりとれないことがほとんどです。多くのゲストが訪れる会場では、メイク直しの為にパウダールームを独占するのはよくありません。最低限のメイク直しで済むよう、朝のメイクはしっかり仕上げておきましょう。

3-1.崩れ対策

ゆっくりメイク直しの時間がとれない結婚式では、朝のスキンケアの段階で化粧崩れしにくい状態に整えておくことが大切。乾燥崩れしやすい人は、化粧水のあとにシートパックで十分な保湿をし、目元・口元はリンクルクリームで整えておきましょう。

脂性肌や、Tゾーンがテカリやすい人は、メイク前に皮脂抑制効果のある下地を使っておくと崩れにくくなります。仕上げ用パウダーは多めに使い、セミマットな肌にしておくとメイク持ちが良くなります。

3-2.号泣対策

ウルっときてしまう場面が多い結婚式ですが、気づくとアイラインやマスカラが落ちて目元はドロドロのパンダ状態になりがち。これを防ぐには、あらかじめウォータープルーフタイプのアイライナー、マスカラを使っておきましょう。

そしてポイントは、涙が出てきた時に、絶対にこすらないこと!ウォータープルーフ処方でも、こすることで落ちてしまうので注意しましょう。涙が出てきた時は、ハンカチの角で涙を押さえるのみに留め、強く拭かないようにしましょう。もし、目の下に滲んでしまったら、コンシーラーをつけた綿棒で一度滲みをオフし、再びコンシーラーを塗ればリタッチ完了です。

3-3.口紅対策

メイクの仕上げに欠かせない口紅も、グラスや食器にベタッとついてしまっては台無し。
着席した状態で何度も塗り直しをするのもマナー違反です。お直しの時間がとりにくい結婚式では、最初から落ちにくい口紅を使っておくことがベスト。また、唇に色が残りやすいティントリップを使っておくのも良いでしょう。

4.気合の入れすぎ!お呼ばれメイクで気をつけたいこと

張り切ってしまいがちなお呼ばれメイクは、派手すぎでも地味すぎてもいけません。ポイントは、足し算引き算でバランスの良くまとめること!ドレスに合ったカラーを使ったメイクやアクセサリーと合わせたメイクなど、トータルコーディネイトするつもりで仕上げましょう。

4-1.盛りすぎ

お呼ばれすると、めいっぱいオシャレをしていきたくなりますが、盛りすぎはNG!派手なヘアアレンジや露出度の高いドレスはもちろん、盛りすぎのメイクも避けましょう。

二重メイクやつけまつ毛をするなら、自然に見えるタイプを選びましょう。コントラストが強すぎるハイライトメイク、ハーフ顔メイクも控えたほうが無難です。主役はあくまでも花嫁さんであることを忘れないで!

4-2.薄すぎ

普段はノーメイク、又はナチュラルメイク派です!という人こそ、メイクはきちんとするべき。メイクをしているつもりでも、薄すぎてすっぴんに見える場合はマナー違反になります。

派手にする必要はありませんが、最低限のフルメイクで女性らしく装いましょう。メイクが苦手なひとは、ヘアメイクサービスを行っているサロンを利用しても◎

4-3.服にあっていない

流行のドレスなのにナチュラルなメイク、コンサバなワンピースにキャリア風メイクなど、服装とメイクがあまりにも合っていないと、派手でなくとも悪目立ちしてしまうことがあります。結婚式でも挙式、披露宴、二次会など、参加する会場で服装は異なってくるもの。

着ていく服装にマッチするメイクを心がけましょう。合うメイクがわからない、と不安がある時は、雑誌等の写真を参考にすると良いでしょう。

5.お呼ばれメイクにあると便利なコスメ3選

結婚式やパーティで使いたいミニバッグには、コスメポーチは入りにくいもの。化粧直しに使う最低限のコスメだけをINしておきたいですよね。持ち歩きには、機能性の高いコスメを選んで、スマートにメイク直しをできるようにしましょう。

クラブ エアリータッチパウダー

unspecified-1

出典:クラブ公式

メーカー:株式会社クラブコスメチックス 価格:1,500円(税抜)
おススメポイント:フェイスパウダーの軽さはそのままに、ファンデのようなカバー力があります。パフでつけるので厚ぼったくならず、ササッとお肌をリタッチできます。テカリ防止、うるおいキープの効果もあります。かわいいケースもお呼ばれ気分を高めてくれます♪

アユーラ ウェルバランス ゼロクリアカラーズ

unspecified-2

出典:AYURA公式

メーカー:AYURA 価格:3,200円(税抜)
おススメポイント:目元・口元のリタッチや、部分的に赤味が出てきた時に便利なリキッドコンシーラーは、お呼ばれ時にも持っておくと便利です。トラブルに合わせた2色をセットできるタイプなら、使い分けもできて便利。細かい部分に使いやすいチップタイプがおススメです。

レブロン バームステイン

unspecified-3

出典:レブロン公式

メーカー:レブロン 価格:1,200円(税抜)
おススメポイント:クレヨン型でリップライナー・ブラシも不要、塗る際の手間がかかりません。簡単にリタッチできるので、お呼ばれメイクにピッタリの形状です。シア・マンゴー・ココナツバターのバーム効果でうるおい力も高く、なめらかな使い心地です。しっとりするのに色が長持ちするところも嬉しいポイントです。

6.まとめ

大切な友人や、上司・先輩、親戚など親しい人の門出を祝うシーンでは、ふさわしい装いでスマートに出席したいですよね。マナーを尊重しながらも、自分らしいスタイルでお祝いの気持ちを表現しましょう。メイクやファッションで心配がある時は、上司や先輩、家族に聞いたり、販売員さんに教えてもらうと安心です。

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事