水洗顔で透き通る美肌を手に入れろ! 正しい水洗顔の方法

shutterstock_282822677

モデルさんや女優さんが実践しているとして、最近話題に上っている「水洗顔」。その名の通り、洗顔料を使わずに水だけで洗顔するという方法ですが、本当に効果はあるのでしょうか?

実は「水洗顔」を始めてから「何をしても治らなかった肌あれが改善した」「乾燥肌が治った」という人が多くいらっしゃるといいます。

とはいえ、やり方を間違えると肌が荒れてしまいかねないのが「水洗顔」。今回は正しい水洗顔のやり方を肌質別にご紹介したり、水洗顔をする上での注意点をご紹介します。

現在の肌質を改善して、キレイな素肌を手に入れたいという方、必見です!


1.水洗顔の驚異的な効果

shutterstock_289768220

まずは水洗顔が一体どんな効果をもたらすのか、そしてどんなメリットがあるのかをご紹介していきましょう。

水洗顔の効果を簡単に表現するならば、洗顔料やクレンジングによる「洗いすぎ」を防ぎ、ターンオーバーを正常化できるという点です。

洗顔料やクレンジングがお肌に大きな負担をかけているのは有名ですが、肌あれの原因のほとんどが「洗いすぎ」からくるというのをご存知でしょうか?

皮脂を落としすぎてしまうと、当然お肌は乾燥します。そうなるとお肌のバリア機能が低下し、乾燥肌の原因になるのです。また肌質によっては乾燥から肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌して、ニキビが出てしまう人も。乾燥しているのにニキビや吹き出物が出るという方は、ほぼ間違いなく「洗いすぎ」が原因でしょう。また、洗った後すぐに化粧水をつけないとお肌がつっぱる感じがするのは、まさに「洗いすぎ」の証拠です。

一方、水洗顔は洗顔料やクレンジングを使わず、水(ぬるま湯)のみで顔を洗う方法。当然ですが、お肌への刺激はほとんどありません。

余計な刺激を与えないことで、根本的な肌の再生能力・治癒力が高められ、肌本来の美しさを取り戻すことができるのです。やり方さえ間違わなければ、つるつるの美肌を手に入れることができます。

2.水洗顔のメリット

(1)経済的

何と言っても、水だけで行なう洗顔ですから、経済面でのメリットは大。洗顔料だけでなく化粧水やクリームも使わないのが水洗顔の特徴なので、かかるのは水道代のみです。これまで揃えていた化粧品分がまるっと浮くわけですから、相当な節約になります。

(2)楽チン

洗顔料を泡立てる手間も、化粧水などをパタパタする時間もないので、非常にラクというのもメリットのひとつ。仕事が忙しいという働く女性や、家事に子育てに時間がとられるというママにはうってつけの方法といえるのではないでしょうか。

(3)お肌にやさしい

前項目でもお伝えしましたが、最も肌にやさしい洗顔方法が「水洗顔」です。肌に負担のない「水洗顔」は界面活性剤などが含まれる洗顔料による刺激や、化粧品を肌に塗る時にどうしても発生する摩擦による刺激がほぼありません。結果的に非常に肌にやさしく、だからこそ美肌を手に入れられる方法として話題になっているのです。

3.肌質別の水洗顔方法

「水で洗うだけだから簡単でしょ?」と思うかもしれませんが、肌質別のポイントがあるのでご注意を。実はここまで触れてきませんでしたが、水洗顔には向かない肌の方もいます。

ご自分の肌質に合った洗顔方法を選びましょう。

【STEP.1】手を清潔にする

雑菌がついたままで洗顔をすると、ニキビなどの原因になるため、洗顔前の手洗いは必須です。手洗いは水だけでなく、ちゃんとハンドソープも使いましょう。

【STEP.2】ぬるま湯でやさしく洗う

冷水でもなく40℃以上の熱いお湯でもなく、ぬるま湯がベスト。肌質別に最適水温が異なるので、詳細は肌質別のポイント紹介をご覧ください。また、ゴシゴシするのはNG! 両手でぬるま湯をすくって、顔にお湯をつけるイメージで20~30回パシャパシャしてください。小鼻などのべたつく部分に関しては、指の腹でなでるようにやさしく洗ってあげましょう。

【STEP.3】柔らかく清潔なタオルをあてる

拭くのではなく、タオルを押し当てるイメージで水分を吸い取っていきましょう。

※水洗顔の後は、化粧水やクリームなどもつけないのがポイント。どうしても目元や口元などがカサカサして気になるという方は、部分的にワセリンなどを塗ってケアしましょう。

4.乾燥肌・敏感肌・普通肌に水洗顔をする場合のポイント

これらの方は朝だけ水洗顔をオススメします。夜は洗顔料と化粧水だけを取り入れましょう。今まで朝に与えていた刺激がなくなることで、肌が適切な水分・油分を取り戻すことができます。

またポイントなのが水温。20℃~30℃のぬるま湯で洗うようにしてください。冷たい水はそれ自体が刺激なので避けましょう。また40℃以上の熱いお湯は、必要以上に皮脂を落としてしまいます。

重度の敏感肌のポイントはこれ!

石鹸などが主体の肌にやさしい洗顔料でもしみてしまうという方や、顔にもアトピー性皮膚炎が出るという方は、朝も夜も水洗顔することをオススメします。

「そうは言っても、夜はメイクを落とさないと…」という方もいらっしゃるでしょう。できれば重度の敏感肌の方にはメイクもしてほしくないのですが、どうしても仕事柄メイクをしないといけないという方は、石鹸やぬるま湯で落ちる程度の薄いベースメイクにして、アイメイクなどはポイントリムーバーで落とすようにすることをオススメします。薄いメイクも難しいという方は、刺激の少ないW洗顔不要のタイプのクレンジングミルクでメイクを落とし、その後「水洗顔」をしてください。

オイリー肌・混合肌のポイントはこれ!

実は、オイリー肌と混合肌の方は「水洗顔」はあまり向きません。過剰に出た皮脂を落とすためにも、朝晩と洗顔料を使って洗顔することをオススメします。

ただし、注意したいのがオイリー肌に見せかけた乾燥肌の人。オイリー肌には2種類あり、遺伝的に常に皮脂が過剰に出てしまいテカってしまうタイプの人と、インナードライ肌といって「肌の油分は多いけど、水分は少ない」というタイプの人がいるのです。

後者のタイプの方は、冒頭でお伝えしたように「洗いすぎ」が原因で水分量や皮脂が少なくなりすぎてしまい、肌が過剰に皮脂を分泌してしまっている状態。表面上はオイリー肌に見えますが、実は水分が不足しているインナードライ状態なのです。このタイプの人がオイリー肌用の洗顔料を使ったり、1日に何度も洗顔したりするのは逆効果。乾燥肌の人と同様、朝だけ水洗顔に切り替えてみてください。

5.水洗顔で気をつけること

「水だけで洗って、本当に汚れは落ちるのか?」というのが、水洗顔を始める前の大きな疑問ではないでしょうか。

結論、汗や余分な皮脂は水溶性なので、ぬるま湯で充分に落ちます。生活していると肌に汚れもつきますが、それもぬるま湯で充分です。ご安心ください。

ただし、古い角質や毛穴の汚れは落とせません。そのため、水洗顔を続けていると「はたけ」という症状が出る場合があります。

毛穴から皮脂や角栓が出てきて、小鼻や眉間などの毛穴から白いものが飛び出してくる状態のこと。つまり毛穴の汚れが溜まって、溢れ出てきた状態です。

正直、見た目は悪く、「はたけ」の症状が出た時点で水洗顔を諦めてしまう方もいるのですが、これはいわゆる肌の再生能力が高まってきた証拠でもあります。皮脂量が多くなってきているだけですので、そのまま我慢して水洗顔を続ければ、毛穴の汚れはもちろん、毛穴も気にならないつるつる美肌になれるでしょう。ちなみに「はたけ」の対処法としては、タオルでさっと拭きとればOKです。

ただし「はたけ」が原因で炎症するほどのニキビができてしまったり、ひどい肌あれになってしまったりした場合は、皮膚科などの専門医療機関を受診するようにしてください。

水洗顔をする上での注意点をご紹介したいと思います。毎日続けることに意味がある水洗顔ですので、注意点を事前に知っておくことで、水洗顔の効果をより実感していただければ幸いです。

効果が出るまで時間がかかる

1週間やそこらで効果は出ません。普通肌の人など早い人で1ヶ月~2ヶ月、重度な敏感肌など遅い人だと1年ほどかかることも。

特に始めて2週間後くらいには、急なスキンケア方法の変化に肌が驚いて、肌あれしてしまう人もいるかもしれません。今まで洗顔料に含まれる保湿成分で疑似的に潤わせていた肌が、全く保湿をしない水洗顔に変わることで大量の皮脂を分泌することが原因です。

しかし、そこで水洗顔をやめると美肌は手に入りません。炎症を起こすほどの大きなニキビや顔全体の発疹など明らかな肌の異常でない限り、継続することをオススメします。

最初のうちは肌トラブルが起こることも

前の項目でもお伝えしましたが、水洗顔を始めて2週間後くらいが最も肌トラブルが起こりやすい時期。
起こりやすいトラブルとその対処法をご紹介していきます。

(1)はたけ

特に「本当に汚れは落ちるの?」の項目でお伝えした「はたけ」は、水洗顔をしている多くの方が経験するトラブルです。

毛穴から皮脂や角栓が出てきて、小鼻や眉間などの毛穴から白いものが飛び出してくる状態のこと。毛穴の汚れが溢れて、にょろにょろと角栓が出てくる状態なので、見た目は悪いです。

しかし、水洗顔を続けることで徐々に肌の水分と油分のバランスが整ってきて、角栓はなくなり、むしろ毛穴の汚れや毛穴そのものが目立たなくなってきます。人によって違いますが、多くの場合1ヶ月~2ヶ月で気にならなくなるはずです。

ただし、3ヶ月がすぎても、角栓がひどくなる一方だという人は、もしかしたらオイリー肌もしくは混合肌で水洗顔が向いていないタイプの方かも。洗顔料を使うようにしてみてください。

(2)かゆみ

はたけの次に多いのが、異常なかゆみに襲われるというもの。特に朝も夜も水洗顔のみにしている方がかゆみを訴えるケースが多いようです。そうした場合は、夜だけ洗顔料を使いましょう。重度の敏感肌の方は、界面活性剤を使用していない石鹸成分の洗顔料を使ってください。

また朝だけ水洗顔でもかゆみがあるという場合には、かゆみが出た時点で水洗顔をしてみましょう。症状が改善されます。

(3)かさぶた

まれに水洗顔をしていて肌にかさぶたができてしまう方がいます。これは、急に刺激が少なくなったために肌表面の角質層が厚くなってしまったことが原因です。

とはいえ、これはターンオーバーの周期が正常化してきている証拠。悪いことではないのですが、幾分顔にかさぶたがあると目立ちますよね。そうした場合は、ムリに剥がさず、皮膚科などの専門医療機関を受診しましょう。

ファンデーションはパウダータイプが相性が良い

朝も夜も水洗顔をする場合はもちろん、朝だけ水洗顔の場合も、パウダーファンデーションなどを使って肌に残りにくいメイクをすることがポイント。特にリキッドファンデーションは皮膚に残りやすく、水洗顔には不向きです。

また、つるつる美肌を目指すには、できるだけクレンジング剤は使ってほしくありません。

そのため、ガッツリアイメイクも水洗顔の大敵。薄めのアイメイクを心がけましょう。どうしてもウォータープルーフなどの落ちにくいメイクをする場合は、クレンジングを顔全体に使うのではなく、ポイントリムーバーを使いましょう。

6.まとめ

水洗顔は、やり方さえ間違わなければ、肌を正常化させるお肌にやさしいスキンケア方法だということがおわかりいただけたかと思います。

肌あれはもちろん、くすみやしわが気になるという方も、ぜひ水洗顔を試してみてください。お肌の再生能力・治癒力が高められる水洗顔で、つるつる美肌を手に入れましょう。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事