365日UVカットが必要な理由と油断しがちな場所5選

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-16-53-10

温暖化の影響もあって今後も上昇傾向のある紫外線。日差しの強さに痛さを感じることもあり、肌の老化が心配。そこで欠かせないのがUVカット!UV=紫外線だけでなくさまざまな外的に対応した進化した対策方法をご紹介。


スポンサードリンク

1.UVカットは夏だけじゃダメな理由

日焼け止めは何月ごろから使用しはじめますか?早くて梅雨が明けてからという人も少なくないと思いますが、専門家が言うにはそれでは遅い。紫外線は太陽がある限り降り注いでいるので正確には365日紫外線対策は必要です。

photo03

出典:こどもの健康カレンダー

最近では紫外線さえ避け抑えておけばOK!と言うわけにはいかない理由は他にもあります。それはブルーライト採用の電気機器が増えたこと。

ブルーライトはコストが安いことと環境に良い製品として今後も普及傾向。スマホ・テレビ・パソコン・タブレットのディスプレイに採用されていてとても身近ですよね。もう生活から切り離せないところまで来ています。

ブルーライトは、目には見えないのでじわじわ進行、肌の色素沈着を引き起こし、老化を進行させる活性酸素を活発化させ、肌を黄色くくすませます。

まぶしかったり熱かったりする日光とは違って目には見えないブルーライトは警戒心がゆるみがち。厚生労働省も警鐘を鳴らしているので白肌を目指す人は対策が必要です。

2.肌にダメージを与える油断しがちな場所5選

窓際の席

室内なのに油断禁物!肌の真皮まで届く紫外線は窓では防いでくれていません。

Stylish office

窓際の席は日光を感じていなくても見えない紫外線が降り注いでいます。学校・勤務の場合は1日の大半をその場所で過ごすので紫外線の蓄積は相当なものになって今います。

『室内勤務なのになんだか肌がくすんでる?』と感じていたら油断していたかも。

スマホを操作している時

スマホを操作している時間は1日相当なものという方は注意が必要。スマホやパソコン、液晶テレビからはブルーライトが発生しており、この光も肌の深層部まで届き、シミ・シワ・老化の原因に。

長時間スマホと向き合っていて、シミがきになるという方はブルーライトが原因の可能性も考えられます。

目に見えないブルーライトは何が危険?

ブルーライトは太陽光鬼も含まれるものですが、電気機器からの強いブルーライトは長時間浴び続けることが問題。目の疲れ・寝つきが悪くなる・不眠・肌にもダメージが及びます。

オフィスの乾燥

オフィスが乾燥していることで、スキンケアが取れファンデーションもはげてしまいます。

large

化粧が剥がれた肌はUVカットは皆無!全く紫外線をガードしてくれません。日焼け止めの効果を持続させるには保湿にも気を配る必要があります。

外勤務の場合

打ち合わせやプレゼンで日中外を歩くことが多い外勤の方の場合は日焼け対策も意識していますよね。心配なのがメーク崩れ、メークが崩れるとUVカット効果もなくなってしまいます。

  • 汗を拭く
  • 無意識に肌を触る
  • 風邪で髪が顔に触れる

朝のメークの前にバッチリ紫外線対策をしても日中には塗りなおすべし。余裕がない方は飲む日焼け止めと言われている専用のサプリメントが利点が高いですよ。

ちょっとしたゴミ捨てやコンビニ

『ちょっとそこまでだからいいや!』とゴミ出しやコンビニはすっぴん!と言う場面はどうしてもありますよね。常に完璧にケアするのは大変。1分ぐらいならと思いがちですが、肌へのダメージはあるんです。

アイメイクやルージュは引かなくてもせめて日焼け止め対策だけはしましょう。

3.おすすめの対策方法

飲む日焼け止め|UVブレイク

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-13-19-40

公式サイト  ※アレルギーに注意をしてください

1日2錠を外出前に飲むことで体内から紫外線対策。日焼け止めクリームでは難しい、唇・瞳・髪の毛もケアできて全身を守ります。

ちょっと日光を浴びすぎたら|ハニーコーラーゲン

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-13-38-27

公式サイト ※アレルギーに注意をしてください

ロイヤルゼリーとコラーゲン、美と健康をサポートするビューティエナジードリンク。

4.まとめ

肌が弱いけれど紫外線対策をしたいと言う方は内側からの対策がおすすめ。日焼け止めはたくさん使用すればいい!と言うわけでもないので使用量の目安をしっかり守って使いましょう。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事