美しい人は知っている|肌のターンオーバーを正常にする方法

shutterstock_243260476

美肌づくりに欠かせない、お肌のターンオーバーとその正常化。高価な化粧水や念入りの洗顔でスキンケアをしても、最新のメイクを勉強しても、ターンオーバーが不調であれば、美肌を手に入れることはできません。

美しくなれないだけじゃなく、スキンケアやメイクをするほどに、お肌をボロボロにしてしまうリスクも!?

ターンオーバーが乱れた状態で、どんなにがんばっても無駄どころかマイナス効果。美肌を手に入れたいのであれば、真っ先にやるべきことが、ターンオーバーの正常化なんです。

美肌をつくるターンオーバーについて紐解いていきましょう。


1.肌のターンオーバーとは?

shutterstock_259846973

美肌づくりの基礎となるターンオーバー。『肌の新陳代謝』とも呼ばれる、お肌が生まれ変わる状態を指します。

「お肌が生まれ変わるってどういうこと?」と疑問に思うところですね。まずはターンオーバーについて、その仕組みと役割について解説します。これを知れば、なぜターンオーバーが重要なのかが理解できて、美肌づくりのためにすべきことが分かりますよ。

皮膚は3層の組織で構成されている

skin_001

私たちの身体の表面を覆っている皮膚。実は一口に皮膚といっても、複数のタンパク質の層が積み重なっています。肌の外側、最も外気に触れている部分から順番に、「表皮」「真皮」「皮下組織」というタンパク質の層が重なっています。

皮下組織

一番奥深くにあるのが、皮下脂肪を中心に構成される皮下組織。動脈や静脈が通り、肌の組織へ栄養を運んだり、老廃物を排出する役割を担っています。

真皮

皮下組織の上にあるのが、真皮。皮膚の大部分を占めていて、いわば肌の本体ともいえる組織。皮下組織を除いて、平均で2ミリ程度の厚さがあります。繊維状のタンパク質であるコラーゲンが主な要素。その他にも、ヒアルロン酸やエラスチンというタンパク質成分も含んでいて、肌に水分や弾力を与える役割を担っています。

表皮

もっとも外側にあるのが、表皮。真皮が約2ミリの厚さと紹介しましたが、表皮に至っては、なんと0.2ミリという極薄の膜でできています。常に外気にさらされながら、異物の侵入を防いだり、お肌の水分が蒸発することを防ぐ役割を担っています。

垢が剥がれ落ちるサイクルがターンオーバー

皮膚の一番外側にある表皮ですが、ここもいくつかの層が重なっています。

内側から順番に、基底層(きていそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、顆粒層(かりゅうそう)、角質層(かくしつそう)という階層です。角質という言葉は、皆さんも耳に馴染みがありますよね。古くなった角質を洗い流すために、毎日の洗顔をしているわけです。

皮膚を構成する組織について知ったところで、本題のターンオーバーです。表皮の深層部にある基底層で細胞が生まれ、形を変えながら表面に押し上げられてきます。

新しい細胞に内側から押し上げられて、表面にまで浮き上がってくるのです。表面に出てきた細胞は、無核と呼ばれる、いわば死んだ細胞です。細胞としての役目を終えて、あとは捨てられる存在となっています。具体的には、垢(アカ)となり、自然に剥がれ落ちる構造です。

つまり、細胞が生成され、それぞれの役割を果たしながら、最終的には垢となって剥がれ落ちる。この一連のサイクルを、ターンオーバーというのです。

ターンオーバーによって、お肌は守られている

ターンオーバーによって、表皮が常に入れ替わっていることを紹介しました。では、表皮がいつも新しいことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

表皮の解説でも紹介しましたが、大きく2つの大切な役割を果たしています。ひとつが、バリア機能。皮膚の表面から、ホコリや菌が侵入することを防いでいます。もうひとつが、保湿機能。お肌の水分が、体外に過剰に蒸散するのを防ぐことで、乾燥を抑制しています。

ターンオーバーの仕組みがあることで、常にお肌は、新しいバリア=しなやかで強く美しい角質に守られ、バリアと保湿の機能を維持できるのです。

2.ターンオーバーの周期

shutterstock_61394113

ターンオーバーはお肌を守るため、一定の周期で繰り返されています。では、一定の周期とはどの程度の期間なのでしょうか。バリアと保湿の機能が最大限に発揮されるためには、最適なターンオーバーの周期が望ましいところ。

標準的なターンオーバーは28日!?

ターンオーバーの周期は、個人差はもちろん、身体の部位ごとに異なると言われています。一般的には28日とされていますが、実際には倍以上の開きが。標準的な周期として、28日〜56日程度と理解しておくと良いでしょう。

基底層から顆粒層までで14日〜42日、角質細胞となってはがれ落ちるまでが14日。速度に個人差があるものの、14日〜56日がターンオーバーの周期と考えられています。

いまこの瞬間に生まれた表皮細胞は、代謝活動を行ないながら14日後に角質となり、さらに14日後にバリアの役目を終えてはがれ落ちます。

※ただし、手足など末梢部分については、血行の関係によりさらに周期が長くなるとされていることも覚えておいてください。角質層の層数は、身体の部位によって異なります。多い部位では、10層以上のバリア層があり、ターンオーバーのサイクルにも違いがあります。

あなたのターンオーバー周期はどのくらい?

ターンオーバーの役割と大切さ、標準的な周期が理解できたところで、あなたの周期について知りたいと思いませんか?

気になる人は、角質チェッカーを試してみてください。角質の状態をチェックすることで、ターンオーバー周期を測ることができます。個人で器具を購入することも可能ですが、お値段はちょっと高め。サロンなどで簡単に調べてもらうことができるので、気になる方は相談してみてください。

3.ターンオーバーの周期が遅い・早いとおこる症状

shutterstock_128877811

ターンオーバーの標準的な周期、自分の周期を知る方法について紹介しました。では、ターンオーバーの周期が標準とずれていたらどうなるのでしょうか。周期が早い場合、遅い場合の問題について考えてみましょう。

はじめに結論からお伝えすると、

ターンオーバーが遅い:古い角質が肌に残ってしまい、ターンオーバーが機能しない。
ターンオーバーが早い:セラミドなどの成分が充分に生成されず、バリア機能が弱くなる。

そうです。ターンオーバーの周期は、早すぎても遅すぎてもお肌にとって良くありません。だからこそ、ターンオーバーを正常化させる・正常な周期をキープする必要があります。

周期のずれによって起きる問題点を、詳細に見てみましょう。

ターンオーバーが遅いとおこる症状

自然とはがれ落ちるはずだった老廃物=垢が肌の表面に付着しつづけることになります。生命力のない細胞が肌の表面を覆い隠し、角質層が厚くなります。毛穴がふさがれてしまい、古い角質や皮脂が外に出ることができず詰まってしまうのです。

古い角質が排出されないことで、肌がくすんで見えてきます。シミやシワ、くすみなどが目立つ原因でもあります。この期間が長くなるほど、たるみやゴワつきが発生し、肌が硬化して乾燥しやすくなります。

またターンオーバーが遅れる原因のひとつに、加齢があります。年齢を重ねるごとに、どうしても細胞の働きが弱まり、ターンオーバーの周期が長くなってしまうもの。加齢を差し引いても周期が遅れている場合は、早急なケアが必要です。

ターンオーバーが早いとおこる症状

ターンオーバーの周期が加齢によって遅れていくわけですが、早い場合の影響はどうでしょうか。一見すると、お肌や細胞が若々しいためにターンオーバーの周期が早まるように思えます。ところが、早すぎるターンオーバーにもお肌トラブルの原因があるのです。

ターンオーバーが早くなるということは、準備のできていない細胞がお肌・皮膚の表面に出てくる状態です。準備の整っていない細胞とは、小さく薄く傷みやすい状態。充分に育っていない角質が肌を覆い、機能の弱いバリアを形成することになります。

小さく薄い角質は、水分の保持力が低いため、傷み・乾き・縮みやすいという性質があります。バリアとしての機能が弱いため、過敏に汗や皮脂を放出することになり、敏感肌や肌荒れへとつながるのです。この状態を長くつづけることで、お肌の過敏さが増幅され、シミが発生し易い状態、赤み、炎症ニキビ、湿疹等炎症のリスクが高まります。

ターンオーバーが早い場合のトラブル

ターンオーバーが早いことで、さまざまな肌トラブルが発生します。トラブルの種類は、バリアとなる角質層の量や皮脂の量によって異なります。部位ごとに角質・皮脂の量が異なりますので、それぞれの場所で発生しやすいトラブルをまとめてみました。

角質層が薄い・皮脂の少ない部位:カサカサ肌・ガサガサ肌、肌の硬化、シワ、シミの発生、大人ニキビ、赤みや湿疹

角質層が標準的な量・皮脂の多い部位:皮脂や汗の増量によるべたつき・てかり、毛穴の目立ち、毛穴の黒ずみ、角栓の発生、皮脂詰まり、赤み、炎症ニキビ、湿疹等皮膚トラブル、過敏さの増加

4.ターンオーバーを正常化させる方法

ターンオーバーは早くても遅くても、正常ではない=乱れた状態であり、お肌・皮膚にとって悪影響を及ぼします。でも、どうしてターンオーバーが乱れてしまうのでしょうか。ターンオーバーを正常化させる方法を知るためにも、その原因をきちんと把握していきましょう。

ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーを乱す原因の多くは、生活習慣にあります。本来、人間の身体は正常なターンオーバーを行なおうとしているものの、それを邪魔する行為・習慣を身につけてしまうことで、お肌の新陳代謝を乱してしまうのです。

以下に挙げた悪い生活習慣に心当たりはありませんか?

  • 血行不良
  • 睡眠不足
  • ストレスが多い
  • 栄養不足
  • 間違ったスキンケア

血行が悪いと、細胞が空腹状態になります。働きが悪くなるため、通常であれば1ヶ月で生まれ変わるターンオーバーのリズムが遅れてしまいます。

睡眠不足も美肌の大敵。お肌の再生能力が活発になるのは、夜に眠っている時間帯です。睡眠不足によってターンオーバーが乱れ、お肌の再生が行なわれなくなります。

睡眠不足や栄養不足に並んで、お肌トラブルの原因となるのがストレスです。ストレスを受ける・溜め込むことでホルモンバランスが崩れ、お肌にさまざまな悪影響を及ぼすのです。

その他、食生活の乱れや日焼け、間違ったスキンケアによっても、ターンオーバーは乱されていきます。

ターンオーバーを正常化する食生活

さまざまな生活習慣が、ターンオーバーを乱す原因となっています。それぞれ、どのように改善することが、ターンオーバーの正常化につながるのかを見ていきましょう。

まず、食生活について。基本的には、コレステロールや中性脂肪を減らすことが重要です。卵やレバーなどはコレステロールが高い食材ですから、極力減らすこと。逆に、海藻やきのこ類、緑黄色野菜などの食物繊維を多く摂ることが良いとされています。

1日3食を基本として、中性脂肪を減らした栄養バランスの整った食事を摂ることが、血流を良くすることにつながります。

ターンオーバーを正常化する睡眠

ターンオーバーは寝ている時間に行なわれます。良質な睡眠こそが、ターンオーバーの正常化に欠かせません。

ゴールデンタイムやエンジェルタイムという言葉を聞いたことがありますか? お肌にとって最も大切な時間帯である、午後10時から午前2時を指します。美容エキスが大量に分泌される時間帯と言われ、まさにゴールデンであり、お肌にとってのエンジェルなんです。

とはいえ、毎日22時に眠りにつくのは難しいですよね。心配はいりません。時間帯以上に重要なのが、睡眠時間です。ターンオーバーが行なわれるのは6時間程度と言われています。つまり、最低でも6時間の睡眠をキープすること。しかも断続的ではなく、きちんと6時間の継続した睡眠=お肌にとって質の良い睡眠を目指しましょう。

ターンオーバーを正常化する生活習慣

hpyq8i2S5WVhuysX1LGQyYX2ckrND8cmTkEbM3oXoI0

食事、睡眠がターンオーバー正常化の基本ですが、その他にも意識したい生活習慣があります。洗顔、運動、飲酒・食事の時間です。

洗顔

疲れて帰ってきたことを理由に、洗顔やクレンジングをサボってしまうこと、ありませんか? お肌にとっては大敵です。汚れがついたままの状態でターンオーバーの時間を迎えるため、細胞の生まれ変わりを邪魔してしまいます。

運動

睡眠の直前に、ハードな運動をしていませんか? ダイエットのためのランニングや筋トレなど、体力を消費する運動がターンオーバーの邪魔をしているんです。

ターンオーバーはエネルギーを消費します。寝る前の運動でエネルギーを使ってしまうと、ターンオーバーのためのエネルギーが不足することに。就寝の2時間前には、過度な運動は避けるようにしましょう。ただし、ストレッチなどはOKです。心身をリラックスさせ、より深い眠りを誘ってくれる運動ですので、ゆっくりと疲れない程度に行なってください。

飲酒・食事の時間

食生活と関係が深い部分ですが、栄養バランスに優れた食事とは別に意識したいのが、飲酒の習慣や食事の時間帯です。食べ物の消化には、エネルギーを消費します。運動と同じように、ターンオーバーで使いたいエネルギーが不足してしまうことに。充分に消化ができなければ、胃もたれや便秘につながる可能性もあるので、布団に入る3時間前からは食事を控えてください。

同じように、寝る前の飲酒も厳禁! アルコールを分解するために、体内にある水分を大量に消費します。身体が乾燥してしまうこと、睡眠の質を低下させること、ビタミンを消費してしまうこと……など、ターンオーバーにとって良いことがありません。寝酒の習慣がある人は、すぐに改善してください。

5.ターンオーバーを正常にするおススメスキンケアランキング

ターンオーバーの正常化を助けるスキンケアをご紹介します。正しいケアをして正常に保つ為の対策をしましょう。

1位 メディプラスゲル


出典;メディプラス

間違ったスキンケアをすると、肌にストレスがかかりターンオーバーを乱すとご説明させていただきましたが、スキンケアの際の摩擦を少なく肌へのストレスを最小限に!!これ1つで化粧水・乳液・美容液・ミルクと4役もこなしてくれるオールインワンジェルです。ターンオーバーに欠かせない”セラミド”を3種類も配合。
その他、保湿や、ハリ弾力に欠かせない美容成分を60種類以上配合しており、肌の内側からうるおい不足を解消。オールインワンの物足りなさを一切感じない驚きのうるおい感です。

商品の詳細はこちら⇒

2位 IN-BE+vCARBO-MIST(インビィカーボミスト)

出典;ジェイウォカー

濃度100%の濃厚炭酸ミスト!!厳選された美容成分を独自にブレンドし、より効果を実感。毛穴ケア・たるみ・むくみケア・乾燥肌対策と贅沢に配合された美容成分でマルチに使える1本です。炭酸ガスは肌内部に直接入り込みやすく肌に浸透すると肌は酸素を取り込もうと血管を拡張させ血流が促進されます。酸素量増えより新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーを促進され肌トラブル改善に期待大!!なにより従来の炭酸化粧品に比べコスパがとってもいいのでお財布にもありがたいです。
商品の詳細はこちら⇒

3位 アスタリフトホワイト

出典;アスタリフト

紫外線はターンオーバーも乱す原因の一つです。美白成分+ターンオーバーを正常にするセラミド+うるおい成分でターンオーバー正常化をめざします。
保湿はターンオーバー正常化にはかかせないものです。肌を守り、肌を潤し代謝を活性させる成分を補いましょう。
まずはトライアルセットをご使用頂くのもいいかもしれません。

商品の詳細はこちら⇒

4位 米肌

出典;米肌

上記でも説明をさせていただいていますが、ターンオーバー正常化されていないとセラミドが生成されずバリア機能が弱まり、肌のトラブルにつながります。
すでにバリア機能が弱ってしまったお肌にはセラミドの保湿成分がしっかり入った物を選ぶことをおすすめします。
米肌はライスパワー11という独自成分でセラミドを作りだし、自ら肌を潤してくれます。
低刺激処方なので、バリア機能が弱まった敏感な肌にはとってもうれしいです。

商品の詳細はこちら⇒

5位 ALL-J

出典:株式会社季然堂

セラミドの中でも保湿力が抜群に優れた天然ヒト型セラミドを配合。
22種類すべての美容成分を国産にこだわっているのも特徴。こだわりの美容成分が肌本来のバリア機能や保湿力を強化してくれます。
また、弱まった肌は摩擦などに弱いことも多く、一つのスキンケアで6役もの(化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地)役割を果たしてくれるので、肌へのダメージを最小限に抑えられます。

商品の詳細はこちら⇒

 

6.まとめ

美肌を手に入れるために、何よりも大切なターンオーバーの正常化について紹介しました。どんなにスキンケアを念入りにしても、どれだけ高級な化粧品を使っても、流行のメイクを取り入れても、ターンオーバーが乱れてしまうと、美しいお肌を手に入れることはできません。

  • ターンオーバーとは、お肌を守るバリアが定期的につくられる仕組み・サイクル
  • ターンオーバーの周期は、28日〜56日
  • ターンオーバーの周期が遅いと、古い角質が肌に残ってしまい、ターンオーバーが機能しない。
  • ターンオーバーの周期が早いと、セラミドなどの成分が生成されず、バリア機能が弱くなる。
  • ターンオーバーが乱れる原因は、生活習慣にある。
  • ターンオーバーを正常化するには、食事、睡眠、運動、飲酒に気をつける

ターンオーバーの仕組みや周期、乱れることでのリスク、正常化させる方法を理解して、今日から美肌づくりにチャレンジしてみてください。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事