歯の黄ばみ、なぜ起きる? 原因・落とし方・予防方法まで徹底解説!

shutterstock_267078734

「歯が黄ばんでいるから人前で笑いにくい」
「芸能人のような白い歯になりたい」
「毎日歯磨きをしているのに歯が白くならない」

こんなふうに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。歯が黄ばむ原因はいくつかありますが、普段の生活習慣が原因であることも多いです。ここでは、なぜ歯は黄ばんでしまうのか、黄ばみを落とす方法、黄ばみ予防の方法まで幅広くお伝えしていきます。


1.歯の黄ばみの原因

人間の歯は、中心部に「神経(歯髄)」があり、その上に「象牙質」があります。そして歯の表面には「エナメル質」という厚さ2~3ミリほどの硬い組織が存在しています。エナメル質は半透明で、象牙質は淡い黄色。日本人の歯は欧米人と比べてエナメル質が薄いため、少し黄色っぽく見えるのが一般的といえます。

ただ食生活や歯磨きといったふだんの生活習慣によって、歯の黄ばみが悪化してしまうケースがあるのです。ここでは歯の黄ばみを発生させる原因を一つひとつ紹介していきましょう。

1-1.色のついた食べ物や飲み物

ものを食べたり飲んだりすると、口の中ではかならず唾液が出ますよね。唾液が歯のエナメル質に接触すると、ペリクルという成分をつくりだします。ペリクルは口内の酸から歯を守る役割をしているのですが、一方でポリフェノールやタンニン、色が濃い食品や飲み物の色素と結合するという特徴が。これにより黄ばみが発生します。

<色の濃い食品群・飲み物群>

  • カレー、ミートソース、キムチ、ネギ、にんにく、チョコレート、ベリー系の果物などの食べ物
  • 赤ワイン、コーヒー、紅茶、抹茶、ウーロン茶、コーラ、ココアなどの飲み物
  • 醤油、味噌、ケチャップ、ソース、わさびなどの調味料

1-2.喫煙によるタバコのヤニ

喫煙で歯が黄ばむというイメージがあると思います。これは、タバコのヤニ成分であるニコチンが歯に付着してしまうことで、歯が黄ばんだり黒ずんだりしてしまうのです。

1−3.歯磨きのしすぎ

「歯を白くさせたい」と思って念入りに歯を磨いている方も多いと思いますが、これは逆効果になることも。ゴシゴシと力を入れて磨いたり、研磨剤入りの歯磨き粉を毎日使ったりすることで、歯の表面であるエナメル質が削られてしまい、黄色っぽい象牙質が目立ってしまいます。

1-4.加齢

加齢によってエナメル質は薄くなり、象牙質はより黄色くなっていきます。結果として歯の黄ばみが目立ってしまうという老化現象があります。

1-5.薬物

0歳~12歳という歯の形成期に、テトラサイクリン系の抗生物質を服用することで、歯の象牙質がグレーがかったり縞模様になったりしてしまうことがあります。

2.黄ばみを落とす方法

歯が黄ばんでしまう原因はたくさんある、ということを知っていただけたでしょうか? でも一番知りたいのは、どのように黄ばみを落としたらいいのかということですよね。

この章では、セルフケアでできる方法と、歯医者さんで受けられるケア方法をそれぞれご紹介していきます。

2−1.セルフケアの方法

◎美白用歯磨き粉を使おう

ふだんの食事が黄ばみの原因になっている場合は、セルフケアによって黄ばみを落とすことが可能です。ホワイトニングを目的とした歯磨き粉、また喫煙されている方の場合はタバコのヤニを落とす効果のあるものを選びましょう。一つだけ気をつけてほしいことは、研磨剤入りのものは避けるようにすること。研磨剤入りの歯磨き粉で磨くとエナメル質が削られてしまうため、余計に黄色が目立ってしまう可能性が高くなります。

◎デンタルフロスを使おう

歯の黄ばみは、歯の表面だけに起きるのではなく、歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)にも生じます。そこで、いつもの歯ブラシで磨いた後に、デンタルフロスを使うことで歯を清潔に保つようにしましょう。使い方は、歯と歯の隙間に入れて上下に動かして磨いていくだけ。強く磨いてしまうと歯茎を傷つけてしまうことがありますので、ゆっくりと丁寧に磨きましょう。

◎歯間ブラシを使おう

デンタルフロスと同様にオススメしたいのが、歯間ブラシです。サイズはSSSサイズからLサイズまでありますので、自分の歯間のサイズにあったものを選びましょう。初めての方は小さいブラシから試してみるのが良いです。

自宅でできるセルフケアについてお伝えしてきました。ただし、黄ばみの原因は自分で特定するのは難しいものです。自分にあった方法で歯を白くしたいのであれば、歯医者さんなど専門家を頼ることをオススメします。次の項では歯医者さんで受けられるケア方法についてお伝えしていきます。

2−2.歯医者さんでのケア方法

■オフィスホワイトニング

歯の表面に高濃度の薬剤を塗り、特殊な光を当てることで薬剤の漂白効果を高めていくという方法です。1回あたりの所要時間は30分~60分程度で、一度の施術でも効果を実感することができますが、希望の白さになるまで複数回通院する方もいます。

【1】問診・カウンセリング

歯の悩み、希望の白さ、現在の歯の色や口内状況などを確認したうえで、治療方法や施術内容を説明します。この際に、歯周病や虫歯などがある場合は施術できないと判断される可能性があります。

【2】開口器具の装着(事前に歯のクリーニング)

ヤニや歯石などの汚れを専用の器具で落としていきます。汚れを落としたら、口を大きく空けて固定するための開口器具を装着します。

【3】ホワイトニング剤の塗布

唇にガーゼを当て、歯茎を保護するための薬剤を塗布した後、ホワイトニング剤を歯の表面に塗っていきます。1本いくらという価格設定を行なっている歯医者もありますが、だいたい上下の前歯12本を対象とすることが多いです。

【4】光を照射

目を保護するサングラスを装着したら、光を歯の表面に当てていきます。これにより薬剤の漂白作用を促進させます。

【5】薬剤の洗浄

口をゆすいでうがいをします。効果を出すために上記を2回~3回繰り返します。

[価格相場]

一般歯科で3万円~5万円が相場ですが、ホワイトニング専門歯科では1万円~3万円と比較的安価で受けられます。ただ診察料などが加算されるクリニックもありますので、事前に価格を確認しておくと良いでしょう。

■ホームホワイトニング

その名のとおり、自宅でホワイトニングをすることができます。ホワイトニングジェルを塗布したマウスピースを装着し、定期的に続けることで白さを実感するというものです。ただし、ホームホワイトニングはすぐ始められるわけではありません。まずホワイトニングを扱っている歯科医院に行き、自分の歯にあったマウスピースをつくる必要があります。また、どのくらいの濃度のジェルを使用するかなども専門家の診断をあおぐ必要があります。

3.黄ばみ予防のために日頃から気をつけたいこと

歯が変色してしまう前の着色汚れであれば、日頃のケアで落とすことができます。黄ばみ予防のために、普段の生活習慣を少しずつ変えていきましょう。

3-1.色の濃い飲食物の頻度を減らす

カレーやシチュー、コーヒー・紅茶・緑茶など、黄ばみの原因になりやすい飲食物を完全に避けることは難しいと思いますが、できるかぎり食べる頻度を減らしていきましょう。週に1回を2週間に1回など、無理のないペースで減らしていってください。

3-2.飲食後すぐに口をゆすぐ

色素が歯に触れている時間が長いほど、黄ばみの原因になります。食べたり飲んだりした後は、すぐに水で口をゆすぎましょう。

3-3.正しいブラッシングを

ゴシゴシと力を入れて歯を磨くのではなく、丁寧にやさしく磨いていきましょう。歯の表面に歯ブラシの先を当てて、前歯は縦に、それ以外の歯は横で小刻みに動かして磨いていきましょう。

4.まとめ

いかがでしたか? 生活習慣によって歯の黄ばみが発生してしまうことを、分かっていただけたのではないかと思います。日常のケアを少し変えるだけで黄ばみは予防できますので、ぜひ今日から試してみてくださいね。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事