美肌キープの第一歩!紫外線と日焼け止めの基礎知識

shutterstock_288608612

紫外線はお肌に良くないからと、なんとなく日焼け止めを使っている人も多いのでは?確かに、紫外線を無防備に浴び続けていると、シミ・ソバカスなどの色素トラブルを招き、シワ・たるみを進行させてしまいます。しかし、日焼け止め選びや、使い方が間違っているとUVカット効果も半減してしまいます。紫外線の影響と日焼け止めについて正しい知識を知って、紫外線に負けない肌作りをしていきましょう。

1.ナゼ日焼止めを使うの?紫外線の影響とは?

美肌の大敵である紫外線には、大きく分けて2種類がありますが、日焼け止めを使うことでその影響をしっかり抑えることができます。効果的に日焼止めを活用するためにも、紫外線と日焼け止めの基礎知識を知っておきましょう。

1-1.紫外線とは

unspecified

出典:「光老化」はズバリ紫外線対策

太陽光には可視光線(目に見える光)、赤外線、紫外線の3種類があります。そのうち紫外線は波長が最も短い光であり、UVA、UVB、UVCの3つに分かれています。それぞれに特徴があり、浴びた場合の肌へのダメージも異なってきます。

<紫外線の特徴>

UVA波長が最も長く、肌内部まで届く紫外線。物質(窓ガラス等)を透過しやすく、曇りの日でも地上に届いている。
UVBオゾン層で吸収されるが、一部は地上に届く。紫外線の量は少ないが肌への影響が強い
UVCオゾン層で吸収されるため、ほとんど地上には届かない。ただしオゾン層の破壊が進むと、将来的に地表に届く可能性がある。

<季節ごとの紫外線の量>

unspecified-1
出典:one-world

年間を通じて紫外線は降り注いでいますが、その量が最も多いのは7月~8月の夏場です。盛夏の7,8月は日照時間が多くなるため紫外線量も増加します。

しかし、紫外線そのものが一番強くなるのは5月~8月までと春~夏にかけての時期になります。この間は、雨季(梅雨)に入るため、紫外線量はさほど多くありませんが、紫外線の強さは最大になります。特に梅雨の晴れ間の紫外線には要注意です。

一方、秋~冬の時期の紫外線は、春夏に比べ穏やかになりますが、日常的なUV対策は必要です。また、環境や場所によっては真夏並みの紫外線になる場合もあります。

空気が澄んでいる冬場はその分、紫外線の透過も良くなっていますし、雪やゲレンデなどは太陽光の反射により日焼しやすい環境になっています。そのため、一年を通じて紫外線対策をすることが美肌への第一歩となります。

1-2.紫外線の害

unspecified-2

出典:nahlsエイジングアカデミー

無防備に紫外線を浴びた場合、肌へのダメージとなって様々なトラブルが引き起こされます。それぞれの紫外線による肌への影響を知って、日焼け止めでしっかり対策をしていきましょう。

UVA
波長が長く、肌内部の真皮まで到達します。そのためハリ・弾力をキープする線維芽細胞などを刺激し、シワ・たるみ・乾燥などエイジングトラブル(光老化)を招きます。さらに、すでに潜んでいるメラニン色素を黒化させシミ・ソバカスを濃くしてしまいます。浴びた直後にダメージが現れるわけではありませんが、じわじわと蓄積され、加齢や何らかの刺激をきっかけに急激にに表面化することがあります。
UVB
主に、「日焼け」の状態を引き起こすのがUVBです。肌への作用が強く、短時間浴びただけでも肌が赤くなったり(サンバーン)、数日後に皮がむけて肌が黒くなる(サンタン)状態になります。UVBは波長は短いですが、肌表面の炎症や、シミ・ソバカスの原因となるメラノサイトを刺激する作用があります。

2.日焼止めの基礎知識

日焼け止めや化粧下地には、必ず「SPF値」「PA値」がパッケージに記載されています。これは国で定められている、紫外線からの防御効果を数値化したものです。この数値を目安に、好みの質感(クリーム・ジェル・乳液など)の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

2-1.SPF値とは

SPF値とは、紫外線B波からお肌を守る数値の目安となります。SPF1=20分と換算して、紫外線を防ぐ効果の目安時間とします。例えば、SPF10の日焼け止めを使った場合、紫外線を浴びてから200時間後まで、紫外線による影響(赤くなるなど)が出てくるのを遅らせることができる、というものです。そのため、数値が高ければ高いほど紫外線カット効果が上がる、普段から数値の高い日焼け止めを使っていれば大丈夫!という訳ではありません。予定に合わせて適切な日焼け止めを選ぶことが大切です。

SPF値の目安
  • SPF10~30・・・・通勤・通学・近所への買い物・洗濯物干しなど
  • SPF20~40・・・・・外勤・屋外での軽いレジャー、スポーツ
  • SPF50+以上・・・・・海・山・プールなどレジャー・旅行・リゾートなど

2-2.PAとは

PAとは紫外線A波からお肌を守る機能を+記号で表したものです。表記についてはPA+~PA++++までの4段階までと国で定めらています。プラス記号が多いほど、防御効果は高くなるのでその日の予定に合わせて使い分けると良いでしょう。

  • PA+~++・・・・・・・・通勤・通学・家にいる日など
  • PA+++・・・・・外勤・屋外でのレジャー・スポーツ
  • PA++++・・・・海・山・プールなどレジャー・旅行・リゾートなど

2-3.ノンケミカル処方って?

unspecified-3

出典:ユークロマ・ビハクエンのハイドロキノン効果

日焼け止めのパッケージなどには「ノンケミカル」と書かれているものと、そうでないものがあります。これは、簡単に言うと日焼け止めの処方の違いにあります。日焼け止めの主な処方は、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」に分かれており、「ノンケミカル」と記載のあるものは「紫外線散乱剤」を使用しているということになります。

紫外線散乱剤
紫外線散乱剤(ノンケミカル)タイプは、物理的に紫外線を反射・散乱させて肌に入るのを防ぐ効果があります。紫外線が当たっても肌の上で変質しないため、刺激になりにくく、敏感肌用の日焼け止めや下地、ファンデーションに使用されていることが多くあります。
 紫外線吸収剤
 紫外線吸収剤はその名の通り、肌の上で紫外線を吸収し、科学的に熱やエネルギーに変質させて放射することで肌に入るのを防ぎます。紫外線カット効果は、紫外線散乱剤よりも高いとされていますが、肌の上で変質することにより、人によっては刺激になる場合もあります。

2-4.去年の日焼け止めを使っていい?

ワンシーズンで使い切らなかった日焼止めを、翌年に持ち越して使用している人もいますが、それはNG!一度開封した日焼止めは、最低でもそのシーズン内に使い切ることが鉄則です。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

むくみが気になるこの時期だからこそしっかりケアを

シリーズ累計1,000,000枚突破し様々な雑誌で紹介されている、着圧ソックスをご紹介。

寒くなってくると新陳代謝が悪くなり、むくみで悩む方が多いのではないでしょうか。

【キュッとルームソックス】は理想の美脚を徹底追求!!
段階着圧設計で、足のポンプ作用をサポートする100%日本製の一般医療機器。

超ロングサイズなので気になる太ももも、しっかりケア。
さらに美容成分も配合されているので履き心地もいいです。
可愛いデザインながら、高機能でお部屋コーデもしっかりきまります。

キュッとルームソックス
価格:単品購入 3,480円(税抜)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事