そこが知りたい!皮膚科でのシミ取り方法完全ガイド

shutterstock_241814986

どんなにスキンケアを頑張っても、新しいホワイトニング化粧品を試してもなかなか消えないシミ・ソバカスは悩みの種になりますよね。ベースメイクでも隠せなかったり、年々濃くなっている場合などストレスを感じるようであれば皮膚科でのシミ取り治療を検討してみましょう。

施術内容や費用など心配な点もありますが、皮膚科治療のメリット・デメリットを参考にしてシミ・ソバカスのケアにじっくり向き合っていきましょう。

1.主なシミの種類と原因

シミ・ソバカスといっても実は様々な種類があり、そのメカニズムも異なります。また、皮膚科での治療もシミ・ソバカスの状態や種類によって施術方法が変わってきます。 効果的にケアするためにもシミの種類を知っておきましょう。

1-1.シミの種類と原因

<雀卵斑>

ソバカスを医学用語では雀卵斑と呼びます。幼少期から現れやすく、鼻周りから目の下、ほほ骨付近に茶色い細かなシミが広がっている状態です。遺伝的要素により発生しやすいソバカスですが、紫外線の影響によりさらに濃くなる恐れがあります。

スクリーンショット 2016-04-04 19.21.59

出典:明治通りクリニック

<老人性色素班>

いわゆる一般的な「シミ」にあたります。「老人性」とありますが年配者だけにできるものということではありません。紫外線が主な原因で発生しやすくなります。中でも紫外線のダメージを受けやすい鼻・ほほ骨付近・こめかみ・額にできることが多くあります。シミの濃さや大きさには個人差があります。

スクリーンショット 2016-04-04 19.22.04

出典:スキンケア大学

<肝斑>

紫外線によるシミ(老人性色素班)と見分けがつきにくいのが肝斑です。肝斑はほほ骨の上付近に左右対称に、横に広がった形で出るのが大きな特徴です。額や口元に現れる場合もあります。

肝斑の原因は紫外線だけではなくホルモンバランスが影響しているとされ、過度のストレスや妊娠、経口避妊薬の服用や更年期などが関わっていると言われています。シミの約40%がこの肝斑であるとのデータもあります。

スクリーンショット 2016-04-04 19.25.04

出典:形成外科

<炎症後色素沈着>

炎症したニキビがスムーズに回復しなかった時や、ニキビが潰れて跡になった場合も色素沈着として肌に残りやすくなります。炎症したニキビがあった部分は肌の深部までダメージを受けているため、時間がたつほど治りにくい傾向にあります。また、火傷やケガの跡も同様に考えられます。 紫外線の影響でさらに濃くなってしまうことも。

スクリーンショット 2016-04-04 19.25.10

出典:明治通りクリニック

2.皮膚科の選び方と治療方法

ファンデーションやコンシーラーでもカバーしきれずできるだけ薄くしたい場合や、消していくことを 目標にするなら美容皮膚科での治療を検討してもいいでしょう。シミの種類や濃さ、状態によって治療方法は異なるのでクリニックを選ぶ際は、しっかりカウンセリングを行っているか・治療例が豊富か・最新のマシン(レーザー機器など)を導入しているかを基準にすると良いでしょう。

2-1.薬での治療

シミ・ソバカスの種類や診断によっては薬での治療がメインになることもあります。病院で処方 される薬は化粧品や市販医薬品とは異なり、有効成分の配合量が多いため効果が出やすくなります。診断によっては保険適用可能な場合もあります。

<内服薬>

  • ビタミンC製剤

体内で生成することができないビタミンCは抗酸化作用が高く、シミ・ソバカスなどの色素トラブルに有効です。同じく抗酸化作用があり、血行促進効果のあるビタミンEと併用することもあります。 紫外線を浴びた後などの炎症を抑える作用もあります。価格は3,000円前後(自由診療の場合)が目安です。

  • トラネキサム酸

肝斑の治療に使用されることが多く、人工合成されたアミノ酸が主体の薬品です。

数か月単位の服用で集中的な治療に用いられます。シミ対策の市販医薬品にもトラネキサム酸が配合されていますが、病院の処方せんのほうが配合量が多くなっています。個人差はありますが、シミ(肝斑)が薄くなってくるなどの効果が得られます。価格は6,000円前後(自由診療の場合)です。

<外用薬>

  • ハイドロキノン

ハイドロキノンは一言でいうと漂白作用が強く、シミ・ソバカスの改善には高い効果を発揮します。 コーヒー・麦芽・イチゴに含まれる天然成分に由来しており、シミ・ソバカスを発生させるメラノサイトに働きかける作用があります。

それによりメラニン色素が抑えられ、シミの防止や改善が期待できます。ただし、人によってはかゆみ・肌荒れ・腫れなどの副作用が現れることもあり、深刻な場合は白斑(皮膚の一部が白くなりまだら状になる)が発生することもあります。他にも、塗布後は紫外線を避けるなど使用方法の遵守が必要な薬です。

使用を検討する際は必ず医師と相談しパッチテスト等で相性を確認してからにしましょう。 また保険適用外の薬のため、一般皮膚科より美容皮膚科や美容クリニックでの取扱いが多い薬です。価格は2,000円~5,000円を想定しておきましょう。

2-2.美容皮膚科での治療

シミ・ソバカスの治療は、その種類と状態により向いている治療方法があります。 代表的な例としては以下に挙げられます。また、肝斑の場合は治療方法により効果に個人差があるので自己判断せずに医師に相談してから治療を開始するようにしましょう。

雀卵斑レーザー・フォトフェイシャル(軽度)
老人性色素班レーザー・フォトフェイシャル(軽度)
肝斑内服薬・外用薬
炎症後色素沈着外用薬

<レーザー治療>

シミ・ソバカス改善のために、多くの美容皮膚科で取り入れられているのがレーザー治療です。 レーザー光はシミ・ソバカス部分の色素に反応し、そこに熱を放出することでメラニンを破壊して シミ・ソバカスを改善していきます。即効性があり、比較的短期間で治療がすむというメリットがあります。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

むくみが気になるこの時期だからこそしっかりケアを

シリーズ累計1,000,000枚突破し様々な雑誌で紹介されている、着圧ソックスをご紹介。

寒くなってくると新陳代謝が悪くなり、むくみで悩む方が多いのではないでしょうか。

【キュッとルームソックス】は理想の美脚を徹底追求!!
段階着圧設計で、足のポンプ作用をサポートする100%日本製の一般医療機器。

超ロングサイズなので気になる太ももも、しっかりケア。
さらに美容成分も配合されているので履き心地もいいです。
可愛いデザインながら、高機能でお部屋コーデもしっかりきまります。

キュッとルームソックス
価格:単品購入 3,480円(税抜)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事