シミ治療を検討中なら必見! あなたを悩ませるシミの種類&正しい治療法とは?

shutterstock_204037009

いつもキレイでいたい女性にとって、顔のシミは悩みの種。いくらスキンケアをしても消えないし、メイクでも隠れないし、鏡をのぞいてはため息…なんて方も多いと思います。

今回は、シミの治療に興味のある方、実際に治療を検討している方に向けて、シミ治療にまつわる基礎知識をまとめました。

シミは、正しい治療をすれば治る可能性が高いものですから、まずは正しい知識を身につけるところから始めましょう!

1 . シミ治療でまずやるべきこと

シミ(しみ)とひとくちに言っても、実はいろいろな種類があります。ときには複数の種類のシミが混ざっているケースも。種類によって適した治療法が変わってきますから、まずは皮膚科で自分がどのシミなのか診断してもらうことが重要。

ここでは、主なシミの種類と特徴を紹介しますので、受診前の参考にしてみてください。

1-1. 老人性色素斑

シミのなかでも代表的なのが、老人性色素斑。「老人性」とありますが、早い人は20〜30代から発症するケースもあります。

できやすい部位は、頬やこめかみ。直径数mm〜数cmほどの平坦な薄茶色や褐色のシミで、境界がはっきりしています。人によってはそばかすのように細かくたくさんできる場合も。

主な原因は紫外線と言われています。紫外線によるダメージでメラニンが過剰生成され、やがてシミとなって表れてしまうのです。「まだ若いから」「少し外に出るだけだから」と油断せず、日頃から紫外線対策をしっかり行なうことが、老人性色素斑の予防には効果的です。

1-2. 肝斑(かんぱん)

肝斑の特徴は、頬・額・鼻の下などに左右対称にできること。濃淡が均一な、べったりとした褐色のシミです。目のまわりにはできないため、メガネをかけているように見えることもあります。

発症するのは主に30〜40代。妊娠中やピル服用中にできやすいため、女性ホルモンが関係していると言われています。閉経を迎える50代後半頃には自然と消えてきます。

1-3. 雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかすのこと。頬や鼻に散らばったようにできる、斑点状の茶色いシミです。幼少期からでき始め、思春期に最も目立つようになります。

原因は遺伝によるところが大きいとされていますが、紫外線で色が濃くなったり増えたりすることも。遺伝だからと諦めず、日頃の紫外線対策をしっかり行なうことが大切です。

1-4. 太田母斑(おおたぼはん)

一般的なシミより皮膚の深い部分にある、厳密にはアザの一種。頬や目のまわりを中心に、青みがかった色素斑ができるのが特徴です。

通常は顔の片側に表れますが、ときには両側性の場合も。生後間もなく表れるか、もしくは思春期頃に目立ってきます。中年以降に顔の両側に表れた場合は「遅発性両側性太田母斑」である可能性が高く、目の下のクマが太田母斑であるケースもあります。

原因は色素細胞の異常繁殖で、先天性のものだと言われていますが、肌の老化やホルモンバランスの乱れなどが原因となることもあるそう。命に関わる病気ではありませんが、眼球や口内に広がる恐れもあるため、一度専門医に相談してみてください。

1-5. 炎症性色素沈着

ニキビ、やけど、かぶれ、虫さされ、ムダ毛処理によるダメージなど、皮膚が炎症を起こしたあとにできるシミ。

傷が完治したタイミングで色素が沈着しているようなら、一時性の可能性が高いので、放置しても肌のターンオーバーにともなって消えていきます。一方で、ニキビやかぶれが同じ場所に慢性的にできている場合は、色素が徐々に沈着してシミとして残ることも。

さらに、その場所が紫外線にさらされると、色がだんだん濃くなっていくこともあります。

ここでは主に5種類を紹介しましたが、ほかにも「脂漏性角化症」「摩擦黒皮症」など種類はさまざま。ケアを検討している場合は、自己判断だけで済ませるのではなく、必ず専門医に診断をしてもらうようにしましょう。

2. 老人性色素斑の主な治療法

レーザー

効果的な方法として推奨されているのは、「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」による治療。1億分の1秒という短時間で発する強いレーザーにより、ほかの組織にダメージを与えることなくシミを1回で取り切ることが可能。さらに、再発しにくいというメリットがあります。

ただ、レーザーをあてた部分がかさぶたになり、消えるまでに7〜10日ほどかかるという注意点も。かさぶたができている間は保護テープや絆創膏を貼るのが一般的ですが、専用のカバー剤で隠せる場合もあるようです。

また、治療の1ヶ月後くらいに色素沈着が起こることも。通常は自然と消えていきますが、ときには数ヶ月かかるケースも。

治療費の相場は、シミの直径1cmあたり1万円程度となっています。

フォトフェイシャル

シミが広範囲に渡っている場合や、接客業などでかさぶたができるのが困るという場合は、フォト(光)治療という選択肢もあります。

フォトフェイシャルは、レーザーに比べて照射面積が広く、光がマイルド。そのため、約1ヶ月ごとに1回の治療を、半年前後にわたり続ける必要があります。ただし、レーザーのように目立つかさぶたができにくいのが特徴です。

治療費の相場は、顔全体で1回2万円程度というクリニックが多いようです。

外用薬

レーザーやフォト治療に抵抗がある場合は、ハイドロキノンやトレチノインなどの美白剤を塗り、徐々に薄くしていくという方法もあります。レーザー治療のあとに併用するケースも多いです。

1ヶ月分の価格相場は、ハイドロキノンが2000〜3000円程度、トレチノインが4000〜6000円程度。基本的にはクリニックで処方されるものですが、濃度の低いハイドロキノンが配合されている市販の化粧品もあるようです。

3. 肝斑の主な治療法

内服薬

老人性色素斑に効果的な強いレーザーは、肝斑を余計に濃くしてしまう恐れがあります。代表的な治療法は、色素沈着抑制効果のあるトラネキサム酸の内服。治療を始めてから4〜5週間で効果が表れてくるとされています。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

この夏にオススメ!ホワイトニング&保湿ケア

紫外線の多いこの時期に特に!おすすめな京美人の美しさの秘訣を凝縮したホワイトニング美容液オールイワンゲルをご紹介します!

KYO BIJINはホワイトケアと保湿ケアを同時に叶えてくれる新発想のホワイトケアオールインワンゲル

水の代わりに白樺の樹液をベースに使用。
白樺の樹液にはエイジングケアには欠かせない成分ビタミンCやフラボノイドが入っているうえ、とても浸透力が高い注目成分です
その他にも、シミやくすみを防ぐシルク・肌にハリをもたらす酒粕エキス・紫外線後のダメージを補修する米ぬかエキス・美容力をさらに高めるビタミンC+ビタミンPなど美容成分37種配合。
美白も保湿もエイジングケアもと欲張りケアしたい方は一度試してみてください!

KYOBIJIN
価格:1周年記念感謝セール 1609円(税込)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事