枝毛を見つけたらどうすべき?枝毛の原因と正しい対処法方

枝毛

毛先を何気なく見ていると『なにこのやばい枝毛!』と気づくほどすごい枝毛を見つけちゃう時ってありますよね。

枝毛は、髪の美しさであるキューティクルが剥がれ、髪の表面のうろこ状の部分が裂けてしまっている状態。

乾燥を受けやすい毛先に現れるダメージの症状。枝のようになっていることから枝毛と言われています。

枝毛を見つけた時つい、切ってしまいますよね。果たしてそれは正しいことなのかどうか。今回は枝毛の原因と正しい対処法方を解説していきます。

枝毛のない髪にしたい方はもちろん。枝毛が気になってしょうがない!と云うダメージヘアの方はぜひ参考にしてください。


1.枝毛ができてしまう3つの原因と具体的行動

枝毛があるのは髪が傷んでいるから、髪が傷んでしまうできる限るの原因をまとめて行きます。枝毛の原因は大きく3つ。

  • 摩擦
  • 乾燥

これらの3つのダメージになってしまう具体的な行動を見て行きましょう。

枝毛の原因①紫外線(熱・乾燥)

紫外線を長時間髪に浴びると発生する活性酸素が髪の毛母細胞(もうぼさいぼう)にダメージ・髪の内部ではキューティクルがダメージを受け、枝毛の原因になってしまうのです。

毛母細胞

紫外線は枝毛はもちろん、直射日光を浴びやすい頭皮にも悪影響があります。

枝毛の原因②ブリーチ・縮毛強制による薬剤(熱・薬剤)

美容室での施術の中でもダントツに髪を痛ませるのがブリーチ。その次は縮毛強制です。

ブリーチ

ブリーチは、髪の色素メラニンを脱色し、そこにカラー剤を入れていくのですが、この時髪の表面のキューティクをはがすことになるので、枝毛はもちろんかなりのダメージになります。

縮毛強制は、くせ毛を強力な薬剤と温度の高いアイロンを使ってまっすぐにしていくので、一歩間違えるとチリチリのハイダメージになってしまう施術。

ですが、ブリーチ・縮毛強制をしていても綺麗な髪の方はいますし全ての髪の毛が枝毛になるという訳ではありませんが、枝毛の原因になりやすいのは確かです。

枝毛の原因③シャンプーを泡だてずに使う(摩擦)

シャンプーをテクスチャーのまま頭皮に乗せてそのまま泡だてながらシャンプーすると髪が擦れ摩擦ダメージが枝毛の原因に。

シャンプー

テクスチャーを頭皮にそのまま乗せるのは毛穴のつまりにもなるのでメリットはありません。

枝毛の原因④濡れた髪をゴシゴシタオルドライ(摩擦)

タオルドライ

髪を乾かすとき、バスタオルでゴシゴシこすることで摩擦のダメージを受けてしまいます。せっかくトリートメントをしても摩擦で髪の表面のキューティクルが剥がれて枝毛の原因になってしまいます。

枝毛の原因⑤アイロン・コテによる熱(熱・摩擦)

ヘアメイクには便利なアイロン・コテは毛先に使うことが多いですよね。200度以上の高温で熱を与え摩擦も起こるので髪はどんどん枝毛に。

ヘアアイロン

このように髪を洗ったり髪を染めたりすることでつきまとう枝毛。枝毛を一本もないというまでは難しいのですが、なるべくなら減らしたいもの。

枝毛のある髪の毛にメリットはありません。

2.枝毛がもたらす印象

枝毛の印象はメリットがありません。具体的にどんな印象を与えてしまうのか評判を聞いて見ました。

枝毛だらけだとカラーリングするのはいいけどおしゃれになっていない

繰り返しカラーリングやブリーチを繰り返すのは、見た目を良くするためですが、ケアが追いつかずに枝毛だらけの髪の毛を無視続けるとしたかったおしゃれから遠ざかってしまう印象があるようです。

が傷んでいると老けて見える

髪が傷んでいることで、見た目年齢が老けて見えてしまうもの。これはツルツルでうるうるの髪だと実際の年齢より若く見えるということです。

顔立ちが整っているのに髪のダメージがひどいと残念

一生懸命メイクに時間をかけて顔立ちを整えても髪がボロボロだととても残念。表面的な美意識が見てわかってしまうので顔にかけるケアの時間を髪にも投資して欲しいです。

枝毛だらけの髪は相手に与える印象もデメリットばかり。枝毛が多くて諦める前に正しい枝毛ケアを知っておきましょう。

3.枝毛を見つけたらするべき正しい対処法方

『あ、枝毛だ。』目についた時あなたはどういった対応をしますか?無視できないほどすごい枝毛になってしまっているものもありますよね。正しい対処法方を試して行きましょう。

枝毛は切るしかない

枝毛を見つけたらもう切るしか対処法がありません。とても残念なのですが一度枝毛になってしまった髪が再びキューティクルを取り戻すことはないのです。

枝毛を切ることは

枝毛の多い髪をダメージのない美髪にするには時間をかけて髪の質自体を変えなければなりません。

枝毛がたくさんあるからといってトリートメント変えても即効性はそれほどない

枝毛がたくさんある人がやりがちなのはトリートメントを変えたりシャンプーを変えたりすること。全く効果がないというわけでなありませんが、それだけでは枝毛ばかりの神からの卒業はできません。

髪へのダメージを極力避ける

枝毛ばかりの髪を変えていくために、はじめに行うべきことは髪へのダメージを極力避けること。枝毛ができる大きな原因は3つなので、この行為から髪を守り習慣にすることがはじめにすることです。

  • 摩擦
  • 乾燥

カラーリング・ブリーチを一旦やめて地毛を健康に保つことに努めなければ美髪に戻ることはかなり難しいです。

睡眠時間をきちんと確保する

睡眠時間中に人間は細胞の再生をすることができ、髪の毛の健康を保つ成長ホルモンが分泌されます。連日寝不足の毎日を過ごしていると髪に栄養がいきとどかずどんどん乾燥し枝毛をやらすことが難しいのです。

4.まとめ

枝毛を一本見つけると時間を忘れて探し続けてしまいますよね。その時間はとても勿体無い。枝毛を着ればその一本の枝毛はなくなるのですが、それは根本的な解決にはなりません。地肌・髪の健康を真面目に考えることが枝毛の少ない髪へ続くのです。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事