1週間おいしく続ける! スープダイエットの方法&絶品レシピ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-11-43-23

1週間という短期間でも、しっかり痩せることができるスープダイエット。短期集中で確実に結果を出したいという方に、最適のダイエット法です。スープのアレンジに工夫を加えれば、おいしく楽しくダイエットができます。

ただし、きちんと効果を得るためには、定められたルールをしっかりと守ることが重要です。そこで今回は、1週間スープダイエットの正しいやり方をご紹介していきます。おすすめのアレンジレシピも併せて記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.スープダイエットの嬉しいメリット

1-1.低カロリーなのに栄養がきちんと摂れる

large

1週間スープダイエットで食べるスープは、1皿約80~100kcalと非常に低カロリーです。スープは好きなだけ食べて良いことになっていますが、実際にはそれほどたくさんの量を食べることはできません。スープのほかに決められた食材を食べたとしても、ダイエット期間中の1週間は、毎日1,500kcal未満に抑えることができるでしょう。また、スープには6種類の野菜が入っているため、栄養素をきちんと摂ることもできます。

1-2.デトックス効果で体質改善ができる

スープに含まれる6種類の野菜は、どれも食物繊維が豊富な食材です。食物繊維には、腸内環境を整えたり、老廃物や便、コレステロールなどをからめとって排出を促したりする効果があります。食物繊維のデトックス作用に加え、スープダイエットでは脂質をほとんど摂らないため、体質の改善を図ることも可能です。

1-3.ストレスフリーなダイエット法で継続できる

あらかじめ1週間のメニューが決められており、こまかなルールがあるスープダイエット。スープや決められた食材であれば、好きなときに好きなだけ食べることができ、意外にストレスなくダイエットを行えます。ただし、活動時間が短い夜は食べたものが脂肪として蓄積されやすいため、夕食の食事量は少なめにすることが成功のポイントです。

また、1週間という比較的短い期間なので、ダイエットがなかなか続かないという人にも向いています。スープは工夫次第でアレンジが自在ですから、飽きやすい人にもおすすめです。

2.1週間スープダイエットの方法

2-1.1週間のスケジュール

large-5

1週間スープダイエットは、決められたスケジュールに沿って行うダイエット法です。ダイエット効果を高めるため、きちんとスケジュールに従って行いましょう。1週間のメニューは以下の通りです。

【1日目】

食べて良いのは、スープと果物のみ。果物は、バナナ以外であればどのようなものを食べても構いません。また、必要な水分は水か甘味料が添加されていない果汁100%のフルーツジュースで補いましょう。

【2日目】

スープと野菜のみ食べてOK。野菜は、豆とスイートコーン以外であれば何を食べても良いです。また、油(脂質)を使用しなければ、調理法も好みのもので構いません。サラダにドレッシングを使うときにも、マヨネーズなどの脂質が含まれているものは使わないようにしましょう。また、この日は、夕食にベイクドポテト(焼いたジャガイモ)を食べても良いとされています。

【3日目】

スープとフルーツ、野菜のみ食べてOK。どのような種類のものでも、好きなだけ食べて構いません。ただし、2日目とは異なり、芋類の摂取は禁止です。

【4日目】

スープと3本のバナナ、500mlのスキムミルク(無脂肪のミルク)のみOK。3日間のダイエットで不足しつつあるタンパク質や炭水化物、カルシウムなどを、バナナとスキムミルクで補います。この日は、特に水分をしっかりと摂るようにしましょう。

【5日目】

スープとトマト、肉のみ食べてOK。肉は、牛肉や脂身が少ないパーツの豚肉や皮と脂身を取り除いた鶏肉、または煮魚でも構いません。350~700gほど食べてください。トマトは、多くても6個までにしましょう。

【6日目】

スープ、牛肉、野菜のみ食べてOK。この日は、牛肉の量に制限はありません。また、野菜も芋類を除けば何を食べても良いです。スープは、少なくとも1杯は飲むようにしましょう。

【7日目】

スープ、玄米、野菜、フルーツジュース(甘味料なしの果汁100%のもの)を食べてOK。スープを最低1杯は飲むことに気をつければ、そのほかの食べ物の摂取量に特に制限はありません。以上が、スープダイエットの1週間のスケジュールになります。日によってはどうしても栄養に偏りが出てくる場合があるため、体に無理がない範囲で行うようにしましょう。

2-2.ダイエット中に食べてはいけないもの

スープダイエットは、スープなら好きなだけ食べて構いません。摂取量に制限がない日は、決められたものであれば、好きなだけ食べられます。ただし、スープダイエットの1週間に食べてはいけないものがいくつかあります。まず、パンやうどんなど、小麦粉を使った食品は食べてはいけません。揚げ物も、衣に小麦粉が含まれているため控えましょう。また、砂糖やはちみつなど、あらゆる甘味料も禁止です。1週間は、お菓子やスイーツなども我慢しましょう。

2-3.ダイエット中に飲んではいけないもの

炭酸飲料とアルコールは禁止です。お酒を飲んだ次の日からスープダイエットをはじめる場合は、アルコールがまだ体内に残っている可能性があります。さらに24時間を空けて、アルコールが抜けきってからダイエットをスタートしましょう。水分補給は、基本的に水かお茶で行います。ブラックコーヒーなど、糖分を含まない飲み物であれば飲んでも構いません。果汁100%のジュースはOKですが、清涼飲料水やスポーツドリンクなどは避けましょう。

3.基本の脂肪燃焼スープの作り方

【材料】

  • キャベツ 2分の1個
  • セロリ 2分の1~1本
  • 玉ねぎ 3個
  • ピーマン 1個
  • トマト 3個(ホールトマト缶なら1缶)
  • にんじん 1本
  • かつお節10g、昆布5g、鶏がらスープの素小さじ1杯(チキンスープの素1個で代用可)

【作り方】

2~3Lの水に、かつお節と昆布で出汁を取ります。そこに1口大にカットした野菜と鶏がらスープの素を加え、野菜が好みのやわらかさになるまで煮ます。最後に、塩、コショウ、好みですりおろしたショウガを加え、味を調えましょう。

野菜は、少し大きめに切ると食べ応えがアップします。好みによりますが、ショウガや唐辛子を加えることで代謝がさらに高まり、脂肪を燃焼しやすくなります。

一度にかなりたくさんの量が作れるため、大きめの鍋で作ることをおすすめします。夏場は特に、長時間の常温保存では傷む可能性があります。1日で食べきれない分量は1食分ごとに小分けして、冷蔵または冷凍保存すると良いでしょう。

4.飽きずに続ける! 基本のスープの絶品アレンジレシピ

先にご紹介したのがスープダイエットの基本のレシピになります。スープダイエットでは、特に調味料の制限がないため、さまざまなアレンジが可能です。

キムチスープ

large-3

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

むくみが気になるこの時期だからこそしっかりケアを

シリーズ累計1,000,000枚突破し様々な雑誌で紹介されている、着圧ソックスをご紹介。

寒くなってくると新陳代謝が悪くなり、むくみで悩む方が多いのではないでしょうか。

【キュッとルームソックス】は理想の美脚を徹底追求!!
段階着圧設計で、足のポンプ作用をサポートする100%日本製の一般医療機器。

超ロングサイズなので気になる太ももも、しっかりケア。
さらに美容成分も配合されているので履き心地もいいです。
可愛いデザインながら、高機能でお部屋コーデもしっかりきまります。

キュッとルームソックス
価格:単品購入 3,480円(税抜)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事