意外に頭皮に優しくはない?!石鹸シャンプーのメリット・デメリット

スクリーンショット 2017-08-28 9.58.54

石鹸で体や顔を洗った延長上でシャンプーがわりに頭も洗うって人いませんか?特に短髪の男性は経験があるかもしれないです。

『石鹸で頭を洗う』って『シャンプー代がかからなくていいんじゃない?』ってメリットもありますが、頭皮にとってとってもよくないのです。

石鹸シャンプーと聞くとなんとなく『皮膚に優しい』イメージがあるかもしれませんが、デリケートな頭皮にとってはそうではないんです。今回は石鹸シャンプーのメリットデメリットをまとめました。


1.石鹸シャンプーとは

石鹸の成分は非常にシンプル

まずは石鹸がどんな成分で作られているかを知っていきましょう。全てではありませんが、石鹸の主な原料は2つあり、脂肪酸とアルカリ成分です。

  • 脂肪酸|ココヤシ・パームヤシなどの天然の植物成分
  • アルカリ|水酸化ナトリウムなど基礎化学品の一つ

石鹸の成分は非常にシンプル、ですが水と油のように本来は自然には混じり合わない成分なので石鹸は界面活性剤にあたります。

shutterstock_632689160

石鹸を作る製法は、5000年もの前から採用されていて、石鹸と聞くと天然で体に優しいイメージがありますが、それは成分がシンプルなゆえのイメージであって、実際は合成界面活性剤にあたります。

ただ、石鹸はいわゆる合成界面活性剤とはかなり違っている部分があるのが最大の特徴です。

石鹸の特徴

石鹸の歴史はとても長く、初めての石鹸の誕生は大昔、獣の肉を焼いた時に滴り落ちた油が木炭と反応してできたと言われています。

こんな原始的な方法でできた石鹸ですが、本質的にその製法は今も変わっていないのです。

通常、合成界面活性剤は、高温・高圧をかけ複数の科学技術を駆使してようやく出来上がるのですが、石鹸はいたってシンプルな製法で出来上がります。これは他の合成界面活性剤とは大きな違いです。

このシンプルな製法で出来上がることから石鹸は人に対する安全性が確かめられている数少ないものなのです。

確かにそんな大昔から使われている石鹸は人体に重大な悪影響が出たとかありませんよね。

石鹸シャンプーとは

石鹸シャンプーは、石鹸で頭を洗うことで石鹸と同じ脂肪酸とアルカリのシンプルな成分のものを使用しているシャンプーのことを言います。

石鹸でシャンプーすることのメリットは、

  • 昔から使用されている石鹸なので人体への安全性
  • 成分が非常にシンプルなことから自然に優しい成分

の2つがあげられます。そのため実際石鹸シャンプーは製品化されており人気のものもあります。

固形の石鹸でシャンプーをするよりも頭皮専用に作られた石鹸シャンプーを使うことをおすすめしたいので、特に人気のアイテムを紹介しておきます。

2.製品化されている人気の石鹸シャンプー2選

無印良品|石鹸シャンプー(詰め替え用)

4549738970347_1260

画像出典:無印良品

全成分

水、ココアンホ酢酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ラウリン酸、オレイン酸、PG、水酸化K、コカミドプロピルベタイン、スベリヒユエキス、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-6、クエン酸、塩化Na、BG、ポリソルベート80、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料 参考:無印良品ネットストア

石鹸シャンプーでは無印良品のアイテムが人気ですが、洗い上がりがキシキシするという口コミもいくつかありました。香りは柑橘系で、詰め替え用のみの販売になっています。

みよし|無添加せっけんシャンプー

香料・着色料・防腐剤など全て無添加で水と石鹸だけで作った、余計なものが入っていない石鹸シャンプー。さっぱりとした洗い上がりなのが特徴。

130482画像出典:MIYOSHI

無添加ではありますが、洗浄力は強いので洗い上がりにキシキシしたり髪がごわつくという口コミ多数、なので使用する場合は専用リンスを使うことを推奨されています。

このように石鹸シャンプーは専用アイテムがあるほど、石鹸シャンプーの良さがあります。共通するメリットは、シンプルな成分で作られているという点と環境に優しいというところです。

では石鹸シャンプーのデメリットはどんなところなのか解説して行きます。

 3.石鹸シャンプーの3つのデメリット

①環境には優しいが洗浄力が強すぎるのが難点

石鹸シャンプーは歴史も古くその成分も非常にシンプルなのがいいところですが、洗浄力は強いのが難点なシャンプーなのです。

シャンプーに配合されている洗浄成分は主に4種類あり、洗浄力が異なります。

  • 石油系
  • オレフィン系
  • 石鹸系
  • アミノ酸系

シャンプーに配合される洗浄成分の強さ順まとめ

スクリーンショット 2017-08-14 16.48.58

石鹸シャンプーの洗浄力は決して頭皮にとって優しいものではありません、石鹸シャンプーを使ってキシキシするだったりフケが増えたなどの大きな原因のひとつです。

  • 髪がキシキシときしむ
  • かゆみを感じる
  • フケが出る
  • ツヤがなくなった
  • 髪がべたつく など

洗浄力が強いということは、必要な皮脂も取りすぎてしまうので頭皮トラブルも発生しやすくなるんです。洗浄力が強いことで髪のキューティクルが開き髪がパサついたりツヤが保ちにくくも。

汚れはしっかり落ちるにしても美しさをキープするのとは難しくなってしまいがちなのがもったいないですよね。

②髪をコーティングしていたシリコンまでも取り除いてしまう

石鹸シャンプーは大体がノンシリコン。加えて、髪をコーティングしていたシリコンまでもその強い洗浄力で取り除いて行きます。

キューティクルが失われた髪はダメージも外側にさらされたままで、そこに石鹸シャンプーの脂肪酸が入り込み髪の毛がベタっとした印象に、まさに海苔のような印象になるので美髪とは全くせい正反対な方向へ使えば使うほどなってしまうという悪循環に。

こうなるとプロの技術を持ってしないとサラサラヘアーには戻りにくいとも言われるので、石鹸シャンプーを使うときは専用のリンスを使うことを強くおすすめします。

③ダメージヘアを改善できない

傷んだ髪の毛は石鹸シャンプーでは改善ができません。石鹸シャンプーは洗浄力が強いので、これからの見てくる部分の髪に関しては健康な状態の髪の毛が期待できますが、ダメージを緩和したいなどの方にはおすすめができません。

洗浄力が頭皮に優しいシャンプーはアミノ酸系を選ぶべし!

頭皮に優しい洗浄力はアミノ酸系シャンプー。ただしアミノ酸シャンプーとうたっているだけで決めてはいけません。アミノ酸の配合量が少なすぎるものはケッッ曲頭皮に優しいとは言えないんです。

アミノ酸シャンプーはその配合量に関わらずおも『アミノ酸シャンプー』とうたうことができるので、本当に少量配合のものも、たくさん配合しているものもパッケージだけ見るとどちらもアミノ酸シャンプーには変わりないのです。

見分けるには裏面にあるラベルの表示をみて次項の成分名がなるべく前の方に掲載されているものを選びましょう。

  • ラウロイルグルタミン酸
  • ラウトイルサルコシン
  • ココイルサルコシン
  • ココイルメチルタウリン
  • ココイルメチルアラニン
  • ラウロイルメチルアラニン
  • ココイルグルタミン酸
  • 植物性アミノ酸|ヤシ油脂肪アシルグルタミン酸TEA液

これらはアミノ酸の別名です。水の次に表示されていたりすれば配合量は多いと考えて大丈夫でしょう。

4.石鹸シャンプーを使うときは専用のリンスを使うのが必須条件

デメリットを理解した上でも石鹸シャンプーが好き!石鹸シャンプーを上手に使いたい!という方は少なくありません。石鹸シャンプーのデメリットをカバーしてくれるのが、酸性リンスです。

石鹸シャンプーユーザーは既に知っていると思いますが、石鹸シャンプーを使うと髪は弱酸性に傾くので、酸性リンスで酸性に戻してあげると相性がとってもいいのです。なので石鹸シャンプーと同じラインのリンスはほぼ酸性リンスになっています。

Main20body20350ML20of20olive20field20acidulous20rinse

画像出典:アマゾン

せっけんシャンプーで弱アルカリ性に傾いた髪を弱酸性のフルーツ酸で中和し、やわらげます。オリーブ油、ミルクプロテイン、シャクヤクエキス配合で、買b窿Ic`cjり仕上げます。巣電防止剤も天然。ムクロジエキスを配合しました。

石鹸シャンプーの正しい使い方を理解すれば健康な地肌を保ちサラサラな髪を保つことが可能です。ぜひ参考に自分の髪にあったシャンプーを見つけてください。

5.まとめ

髪質や頭皮は人によってそれぞれ、使っていて自分が気持ちいと感じるものを使うのがおすすめです。健康状態も環境によって変化するので体調に合わせてシャンプーを変えるのもおすすめです。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事