『髪きれいだね』って思われたい♡地肌にやさしいオーガニックシャンプー5選

オーガニックシャンプー

『髪きれいだな、、、。』とあなたの髪を見てこっそり感じている人がいるかもしれません。

美しい美髪を作るために頭皮のことを考えたシャンプーを選ぶことは得策、シャンプー選びが肝心なのです。そこで今回は、頭皮に優しいと言われている余計なものが入っていないオーガニックシャンプーに注目してみました。

オーガニックシャンプーと聞くと、頭皮に優しいイメージですが、具体的にはどんなメリットがあるのかと言えば、知らないという人が案外いるのではないでしょうか。

おすすめのオーガニックシャンプーも厳選したのでぜひシャンプーを選ぶときに役立ててください。


1.オーガニックシャンプーとは

オーガニックシャンプーとは、農薬や化学肥料に頼らず、自然の太陽や大地などの恵みを受けて加工された原料を使ったシャンプーのことで、そういった原料を有機栽培と言います。

オーガニック シャンプー

有機栽培とは人工的な農薬や化学肥料を使わず、自然のままの太陽や大地で育った作物。作るのは大変ですが人間の体には安全なものと言えます。

オーガニックシャンプーはそういった有機栽培された原料を元に作られたシャンプーのことです。

シャンプーには主な成分として、水・洗浄成分は必ず入っています。それ以外にシャンプーによりますが保湿成分・潤い成分・ダメージ補修成分・香り成分があり、それらの原材料にオーガニックのものを使用しているということなのです。

髪を清潔に保つ目的として使うシャンプーに農薬や化学薬品の入っていたら少し不安ですよね。オーガニックシャンプーにしかない特徴を次項ではまとめて行きます。

2.意外に知られていないオーガニックシャンプーの特徴

オーガニックシャンプーの特徴を調べていくとあまり知られていないこともいくつかありました。

最大の特徴は頭皮にやさしいこと!

オーガニックシャンプーの最大の特徴は自然由来の洗浄成分が配合されていることから、頭皮にやさしいこと。頭皮に優しいことで次のような方にはとても使いやすいシャンプーなのです。

  • アレルギー体質の方
  • 肌が弱い方
  • 低刺激のシャンプーを探している方
  • 自然派志向の方
  • 強すぎる香りが苦手な方

確かにいいことづくめ!ですよね。しかし目的によってはオーガニックシャンプーがおすすめできない方もいます。

オーガニックシャンプーをおすすめできない人はこんな人

  • 長時間シャンプーの香りを持続させたい方
  • シャンプー後の爽快感
  • 育毛・発毛を期待したい時

オーガニックシャンプーには、これらのことができない場合があります。3つのことをシャンプーで叶えたい方がオーガニックシャンプーを使うと『このシャンプー全然良くない!』となってしまうのでオーガニックシャンプーの特徴を知っておくと選び方を間違えたりはしないですよ。

念の為、オーガニックシャンプー以外の特徴も知っておきましょう。

3.シャンプーは髪の悩み別に選ぶべし!目安になる4つの種類

さまざまなシャンプーがありますが、今回は髪の悩みよって分けて見ました。

ダメージ補修シャンプー

枝毛や切れ毛など、カラーリングやパーマで傷んでしまった髪をどうにかしたい!といった方におすすめのシャンプー。髪への有効成分を配合している場合が多いです。代名詞として知られているのはパンテーンシリーズ。

パンテーン

出典:パンテーン

育毛・発毛を視野に入れたスカルプシャンプー

抜け毛や白髪が気になるといった方におすすめなのがスカルプシャンプー。毛穴のつまりをしっかり落とし地肌環境を整えてくれる成分が入っています。人気なものはスカルプDシリーズ、価格帯も高いものが多いです。

スカルプシャンプー

出典:スカルプ

元気な髪に仕上げたい時のボリュームアップシャンプー

ユビキノンなどの有効成分配合されているボリュームアップを目指したタイプのシャンプー。コシやハリといった髪に不足しているところを補ってくれるのが目的です。

ユビキノンとは、抗酸化作用のあるビタミンEの働きを促進するのが特徴でいつまでも若々しくいたい時に欠かせない成分で医薬品成分の一つ。

低刺激のシャンプー
(オーガニックシャンプー・ボタニカルシャンプー・ノンシリコンシャンプー)

敏感肌の方や子供の肌にも使えるシャンプーで、洗浄成分がやさしい自然由来のものが多く、ここにオーガニックシャンプーは含まれます。

余計なものが配合されていないので『安心して使える』が最大の特徴です。

4.オーガニックシャンプーとボタニカルシャンプーの違い

最近人気沸騰中のボタニカルシャンプーはオーガニックシャンプーと特徴がかなり曖昧なのでこちらで微細ではありますが違いを書き出して見ました。

ボタニカルシャンプーとは

新しいシャンプーとして話題になったボタニカルシャンプー。ボタニカル=植物の・植物性のという意味なので、植物性のシャンプーというのが特徴です。

植物のデザインを取り入れた洋服をボタニカルファッションと呼び、成分だけに使われるフレーズではないようです。

出典:amyblogblog

出典:tobiusagi_official

ボタニカルシャンプーは、自然由来の成分が一つでも配合されて入ればOKという、かなり枠が広いコンセプトの自然派のシャンプー。「ボタニカルシャンプー」といったこれまでになかった新しいフレーズだったのも人気のひとつですね。

オーガニックシャンプーはボタニカルより安定した安心感がある

一方、オーガニックシャンプーは、有機栽培の成分を原料に使用しているシャンプーのこと、有機栽培で生産されているので使用されいる原料に安心することは確かです。

  • オーガニック=「有機栽培」という意味
  • ボタニカル=「植物・植物性」という意味

だからと言ってボタニカルシャンプーよりオーガニックシャンプーが良い!という理由にはなりません。なぜなら人の髪質は十人十色。結局は自分の髪の悩みを解決してくれるシャンプーが一番いいですよね。

話題や広告の見出しは選ぶ参考のひとつと捉えて、特徴を理解してシャンプーを選ぶことが大切になってきます。

5.おすすめのオーガニックシャンプー5選

無農薬ハーブを使ったハーブガーデン

天然由来成分100%使用のノンシリコンシャンプー。ハーブの香りがふわっとするのでリラックスできます。

  • アミノ酸シャンプー
  • 100%天然由来成分
  • 防腐剤不使用
  • 石油系界面活性剤不使用

オーガニックシャンプー

出典:さくらの森

7種類のオーガニックハーブを厳選したものを使っているシャンプー。

  • ローリエ|髪を育て、フケ防止、肌を整えてくれます
  • バジル|髪を清潔に保つ
  • よもぎ|ケイ酸が豊富でかゆみを抑える
  • カモミール|髪を育てリフレッシュな香り
  • ローズマリー|髪をサラサラに
  • すぎな|ケイ酸とミネラルが豊富
  • ミント|髪を清潔に保つ消化促進

洗浄成分は、ラウロイルメチルアラニンNaを使用しているシャンプーで、低刺激で安全性が高い洗浄成分です。

カラーリングやパーマなどの保持を考えて弱酸性の配合になっています。

クリーミーな泡がなめらかな仕上がり|プロダクトのシャンプー

7つの原料で作られたプロダクトのオーガニックシャンプー。全成分をご紹介します。

オーガニックシャンプー

出典:product

不純物を取り除いた天然水を使用

ヤシ油アルキルフルコシド

ココナッツオイルから作られたマイルドな洗浄成分を使用しており、余分な皮脂と汚れをすっきり落としてくれます。頭皮の負担が少ないので洗い上がりもきしみ感がありません。

タンジェリンエッセンシャルオイル

豆類から採れるコンディショニング成分で髪をコートしもつれを防ぎます。静電気・パーマ・ドライヤーによる熱などの外界からのダメージから髪を守ってくれます。

アメリカヤマナラシ樹皮エキス

アメリカヤマナラシの樹液から採取したエキス。フケやかゆみなどの頭皮のトラブルをケアし頭皮のターンオーバーをサポートしてくれます。

パンテノール

自然由来のパンテノールは頭皮の潤いと弾力を取り戻しターンオーバーをサポート。保湿力で髪に潤いをしっかりチャージしてくれます。

クエン酸

柑橘果実の天然成分のクエン酸を使用。頭皮の角質をケア。

いい香りのするシャンプーで泡立ちももっちりとした感じのオーガニックシャンプー。

環境に優しく動物実験を行わないネイチャーズゲート

オーガニックシャンプー

出典:ネイチャーズゲート

ネイチャーゲートはアメリカのブランド。植物の機能に徹底的に研究しニーズに合わせて製法を開発しているブランド。地球環境に配慮していて環境破壊をしない成分精製・動物実験を行わないこと、製品は全てリサイクル可能なパッケージを使用しています。

アメリカのオーガニック認証など厳しい基準をクリアしたオーガニックシャンプーです。

あのモデルさんも使用しているアルジェランオーガニックシャンプー

多くのモデルさんたちも使用していアルジェランのオーガニックシャンプーはマツモトキヨシで購入が可能です。

マキアオンラインで公開中の、 「ARGELAN」のタイアップ企画に出演しています! 実際に自宅で使わせてもらっていますが、写真のバランシングモイストシリーズのスカルプシャンプーはスッキリ洗えてサラサラな仕上がりで、安らぐ香りがお気に入り✨ 「オーガニック=高価で、意識高い人たちが使ってるもの」というイメージから、「オーガニック=日々当たり前に触れるもの」になったら、それはとても健やかで、ハッピーな事だと思うんです。 それを目指すブランドの姿勢にもとても共鳴します👏🏻 消耗品はやっぱりコスパも大事!アルジェランは手頃な価格でマツキヨで手に入るので、ぜひ選択肢に入れてみてね❣️ supported by MAQUIA ONLINE #argelan #アルジェラン #maquia #maquiaonline

EMI SUZUKIさん(@emisuzuki_official)がシェアした投稿 –

出典:suzukiemiさんInstagram

オーガニックコスメの認証基準が定まっていない日本で本当のオーガニックコスメを広めたいという思いから取り扱いがはじまったリーズナブルなシャンプー。

毎日のシャンプーとして使いやすく品質も厳格な処方されているヨーロッパ基準の認証基準の製品です。

洗い上がりすっきり!オレンジシャンプー

柑橘成分が育毛効果に良いと言った特徴に着目されたオレンジシャンプー。頭皮のための天然アロマオイルやアミノ酸配合ミストなど成分にこだわったアイテムです。

オーガニックシャンプー

出典:エスコス

天然オレンジの力で毛穴の汚れすっきりしハリやツヤのあるふっくらした洗い上がり。

2017年5月以降の商品には微量のメントール(0.5%未満)を添加しております。
メントールには、気温が高いと清涼感を感じやすく、気温が下がると感じにくくなる性質がございますので、真夏は清涼感が少し増したように感じる場合がございますが、秋以降は従来品と変わらずご使用いただけます。その他の成分は一切変更しておりませんので、ご安心ください。 引用:エスコス

オーガニックシャンプー

オーガニックシャンプーは地肌に優しいさシャンプー、気になるものは是非一度使っって見てください。

6.まとめ

毎日髪を洗うシャンプーだから、安心使えるオーガニックシャンプーはうれしいですよね。色々なシャンプーを使ったけど最終的にはオーガニックシャンプーを使い続けているという方も少なくないのでぜひ一度手にとって見てください。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

スキンレタッチャーセット

ランキング

人気の記事

おすすめの記事