人には聞けないオンナの頭皮問題を解決する頭皮ケア14の方法

large-2

「あれ、髪の毛薄くない?」「頭皮のニオイ大丈夫かな?」今日の鏡の中の自分の姿に驚いたことことありますよね。女性は頭皮の悩みを誰にも相談できないでいることが少なくありません。頭皮の悩みを解消するために解決方法を紹介いたします。

目指すは、いい香りのするフサフサツヤツヤ美髪の持ち主!結構増えている頭皮の悩みを徹底調査しました。


1.誰にも言えない頭皮の悩みとは?

実は結構増えている女性の頭皮問題。具体的にどんな悩みがおおいのか調査してみました。

①前髪がぺちゃんこに。外出するたびに気になりすぎる

スクリーンショット 2016-06-03 16.43.56

前髪にボリュームがでずに、カーラーやコテをつかってもなぜかぺちゃんこに。スカスカ感もでてきて前髪が広がりおでこを隠せなくなってきている。

②つむじ・頭頂部が広がって上からの視線が怖い

041

出典:美容整形に関するみんなの本音アンケート

自分では見えにくく他人から最も気づかれやすいつむじや頭頂部の薄毛。背の高い異性からは、結構丸見えの部分です。顔はタイプなのに…と思われている可能性もあります。

薄毛といえば、男性特有の悩みというイメージです、しかし、近年では若い女性の薄毛相談が増えている傾向にあります。男性の薄毛は遺伝的な要因が大きいですが、女性は日々ストレスや不規則な生活などによりホルモンバランスが崩れるのも理由の一つです。

ヘアサイクルが乱れることで、髪が細くなったり、抜け毛を繰り返し薄毛の症状へ進行してしまうケースです。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢で座りっぱなしの仕事の方だと、慢性的に脳神経の疲れや眼精疲労を起こしてストレートネックに陥り薄毛になることも。

③頭皮のニオイってなんのニオイ?ニオイがきになる

large

女性は頭皮のニオイを気にしている人は少なくなく、シャンプーやコンディショナーを香り重視のものが人気です。香水未満だが通り過ぎた時に良い香り何するのは印象も関わってきますよね。

髪の長い人は蒸れやすかったりと頭皮ケアには正しく行いところ。髪の毛自体はその場の空気やタバコの香りなんかがつきやすいく、一度ニオイがついてしまうとなかなか取れないものです。ニオイケアには敏感におこないたいですよね。

2.女性に頭皮・髪の毛悩みが急増中な理由

理由①仕事をする女性が増えホルモンバランスの崩れが頭皮にダメージ

仕事を長く続けていきたいと思っている? YES 86.1 %あなたは「働くこと」が好き? YES 80.6%
25166f4f2cbe48c33477d54a4324e491c56851be23a33417f28880a98baebdda-1

 出典:女性の転職

仕事を持つ女性は今後も増える傾向にあり、重要なポジションについたりと、仕事をしっかりと選ぶ女性が増えています。男性の遺伝的な薄毛事情とは違って、女性の頭皮トラブルは、ホルモンバランスの崩れが原因です。

ハードワークの女性に限っては疲労困憊の日々に疲れが蓄積させ、免疫力を後退させます。そうすることで女性ホルモンを低下させます。

髪の毛は毒素の排出を促す重要な役割を持っており、体が疲れていると排泄機能がうまく働かず毒素が体内に停滞し、頭皮の毛穴が収縮。頭皮環境のめぐりが悪くなり、薄毛や悪臭につながります。

理由②ストレスが増え異様に頭皮がかゆくなる

仕事を持つことでストレスも抱えがちな女性に関わる環境は頭皮に症状もでてきます。

職場でストレスを感じていますか? YES 81.4%
320574_1

出典:専科

ストレスによって頭皮の常在菌の増殖。頭皮のバリア機能が低下しどんどん乾燥してしまいます。そのため、あまり悪さをしない菌が頭皮を刺激し、頭皮が痒くなる状態が続いてしまします。

ストレス以外では、洗浄力が強すぎて必要な皮脂までもあらない流してしまうこともあります。フケが目立つ場合はシャンプーがあっていないので使用をやめましょう。

3.シャンプーから食生療法まで正しい頭皮ケア14の方法

①シャンプー前に湯シャンする

湯シャンとは「お湯シャンプー」の略語で、シャンプーなどの洗浄剤を使わずにお湯だけで頭皮・髪の汚れを落とすことです。生活のなかで頭皮や髪についた汚れやニオイを落とし、頭皮のマッサージをする機会になります。

シャンプーの開発技術が飛躍的に進展している中で「洗いすぎ」を防ぐ行為でもあります。

使用するお湯は体感ではかなりのぬるま湯がおすすめで、36度前後が理想的です。必要な皮脂まで洗い流すと乾燥や常在菌を増やしすぎてしまいます。

②正しいシャンプーの仕方はゴシゴシ洗わないこと

実は顔の皮膚より繊細なのが髪の毛と頭皮なんです。汚れを落とそうと必要以上に摩擦したり頭皮を刺激しながら洗うことは避けましょう。

  1. シャワーのお湯を頭皮に近づけて頭皮の髪の根元からしっかりと温めて汚れを落としましょう。
  2. シャンプーは手の中である程度あたためて原液を直接つけるのはさけます。
  3. 頭皮に直接指は入れず髪同士の摩擦で泡をなじませるように優しくシャンプー

③コンディショナーはつけすぎに注意

コンディショナーやトリートメントはつけすぎに注意。つけすぎて髪がねっとりと不潔な印象になってしまい美容サロンに駆け込む方は少なくなく。髪のケアを頑張っている人に限って起こる現象です。

つけすぎるとツヤがなくなるのと、洗い残しや洗いすぎにつあんがるので注意が必要です。

  1. コンディショナーは小指の第一関節ほどの量で充分です。(長さがある方は美容サロンでたずねてみましょう)
  2. 地肌にはつけづに耳から下の部分に少しづつ伸ばします
  3. ある程度ぬめりが残るぐらいのすすぎでOK
  4. つけすぎると流し加減がわからなくなるので注意です

④ボリュームを出すためにパーマをかけるのは逆効果

パーマやカラーは頭皮に負担がかかり根本的な解決にはなりません。特にカラーリングは人工的な色素を取り入れることになるので毛髪内の色素が破壊され頭皮に相当のダメージがかかります。

パーマ剤を地肌に直接つけづに施述することもできるので美容サロンで相談しましょう。

⑤頭皮が熱くなるまでドライヤーをあてない

ドライヤーをかけすぎると頭皮が乾燥してしまいます。なるべく髪から話して、必要以上の熱を与えないようにしましょう。頭皮に優しいケア系ドライヤーやアイロンを使うのがおすすめです。

さらに髪の色素は下に向かって枝分かれしれいるのでドライヤーの風を下から上にかけるとぱさついてしまいます。ドライヤーの風は上から下に向けてください。

⑥男性用の毛髪剤は女性には刺激が強い

女性に増えている薄毛問題ですが、男性用の育毛剤は刺激が強いのでおすすめできません。女性専用を使うようにしてください(男性用化粧品にも同じことが言えます)

男性用の刺激が強い育毛剤を使うと炎症やかぶれを引き起こしてしまう可能性があります。それに比べて女性用の育毛剤は低刺激で頭皮の保湿に効果のある製品が多いので化粧水感覚で出かける前と後に使用するのがおすすめです。

⑦睡眠時間をしっかり確保し生活リズムを整える

ハードワークの女性なら深夜に帰宅し翌朝も早く家を出る生活をしている方は頭皮へのストレスがかかります。夜更かしをすると疲れやすくなり体が冷えたり体の歪みの原因になります。

特に骨盤の歪みに影響が出てきますが、これが薄毛を引き起こします。また暗がりでのスマホの操作も眼精疲労を引き起こし頭皮にも影響するので、就寝前などにはなるべくアロマを焚いたりストレッチをしたりとリラックスの時間をもうけ、睡眠時間は7時間はとるようにしましょう。

ちなみにブラッシングのしすぎも毛穴への負担が大きのであまりよくありません。

⑧髪の紫外線ケアをする

紫外線対策のヘアケア商品は頭皮に良くない成分が入っている可能性があるのでスプレータイプはあまりおすすめではありません。帽子や保湿効果のある育毛剤を出かける前と後につけるのがおすすめです。

⑨便秘やダイエットは頭皮に悪影響がある

髪の毛には体の排泄機能を補う重要な役割があります。便秘や過度なダイエットをすると毒素が体内に溜まってしまうので毛穴が縮小して髪の毛が細くなったり薄毛の原因になります。バランスのとれた栄養を養って代謝機能を働かせることが大切です。

⑩頭皮に良い食事は京料理がおすすめ

頭皮ケアにおすすめな食事は京料理がおすすめ。胃腸が栄養を吸収しやすいように和食中心にしましょう。昔ながらの素材を活かした薄味の京都料理は、野菜とたんぱく質のバランスが良く摂取することができます。

男性ホルモンを増やしてしまう食事は避けると薄毛のケアになります。料理しないという方はサプリメントのサポートもかりましょう。

⑪就寝前は頭皮マッサージをする

就寝前には部分的なマッサージがおすすめです。正しいやり方をマスターしましょう。

▼頭皮マッサージ

生え際や頭頂部は刺激を与えすぎるのがよくありません。育毛剤や頭皮用美容液をつけて耳上やこめかみの辺りを下から上に、筋肉をほぐすようにゆっくりマッサージしていきましょう。寝る直前に行こなうのがベストです。

⑫シャンプーは1日1回がベストです

朝と晩に2回シャンプーをしているなら1回にしましょう。2日に1回でもいいくらいですが、汚れやニオイもきになるので1日1回がおすすめです。髪の再生は夜に行われるので、朝より夜の寝る前にシャンプーしてください。市販のものではなく育毛やスカルプなど頭皮ケア目的のシャンプーを使うなら、1日なんど使用してもOKです。

⑬生活習慣を見直せば薄毛は改善します

薄毛は絶対に改善しないということはありません。ストレスや疲労の蓄積による免疫力の低下など様々な要因が薄毛につながっています。まずは日々の生活全廃を見直し、ホルモンバランスを安定させて免疫力をあげれば徐々に改善していきます。すぐに効果が出るわけではないので継続的に取り組む必要が有ります。

⑭どうしても改善しない場合はクリニックに相談しましょう

皮膚科や総合病院でも薄毛・抜け毛の治療を受けることはかのうですが、より専門的な知識と治療方法を求めるなら発毛・育毛専門クリニックへいきましょう。それぞれの悩みに応じたカウンセリングを元に医学的な観点から根本的な治療を行うことができますよ。

4.即刻性を求める人のヘアアレンジ方法

食生活や毎日のシャンプーに気をつけることは頭皮ケアは大切なことですが、即効性を求めるなら ヘアアレンジが効果的。お手頃価格のアイテムで自然にボリュームアップを図ることができます。

①自分で行うアップヘア方法

▼【簡単ヘアアレンジ☆】自分でできるぎゃくりんぱヘアアレンジ☆ Way’s表参道 吉田達弥

髪の印象で相手に与える9割が決まってきます。自分でできるヘアアレンジで髪のボリュームアップをしてみてコンプレックスを改善していきましょう。

②簡単おしゃれウィッグで「いざ」という時に

▼ドンキで8000円のウィッグ買ってきた!これで就活もお洒落もバッチリ‼︎ ラパンドアール ウイングショート Lapin d`or

ヘアアレンジする髪自体がないという方はウィッグを活用しましょう。ウィッグは高額なものもありますが、安いものなら1万円以下のものもあります。上手に活用して、「いざ」という場面に活用できるようになれば活動の場も広がります。

5.まとめ

頭皮ケアは顔のたるみ、おでこのシワとも深く関わっていきます。いざという時はヘアアレンジやウィッグにたよって、長期的にな頭皮ケアをつづけることでかならず改善されるます。人の印象は見た目が9割!正しいヘアケアをしていきましょう。

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事