皮膚科・美容皮膚科が行う肌荒れ治療の違いと診断方法保存版

shutterstock_255146332

『肌荒れって皮膚科に行けば治るの?』肌荒れが常習的に起こってしまう人は、専門家の意見を参考にしたくなりますよね。肌の不調は小さな芽のうちに摘み取っておいたほうが美肌をキープすることへつながります。

皮膚科には『皮膚科』と『美容皮膚科』があります。皮膚科と美容皮膚科、ふたつとも医療機関で医師が診断し、治療を行うという点は一緒ですが、それ以外にどこで線引きをされているのかどう違うのか知っておくと便利ですよね。

肌荒れのイザという時にはもちろん、皮膚の困ったことを何でも相談できるのが皮膚科・美容皮膚科です。実際肌荒れの時に皮膚科・美容皮膚科が行ってくれる診断の流れや改善方法を紹介していきましょう。

美肌の人がかかりつけ医としているおすすめの診断ですので、自分にあったかかりつけ医を見つける参考になりますよ。


1.皮膚科と美容皮膚科の違い

shutterstock_126812141

皮膚科には『皮膚科』と『美容皮膚科』があります。皮膚科と美容皮膚科、ふたつとも医療機関で医師が診断し、治療を行うという点は一緒ですが、それ以外にどこで線引きをされているのかどう違うのか知っておくと便利ですよね。

肌の病気は皮膚科がおすすめ

皮膚科は基本的に、主に保険で治せる疾患治療をしています。保険が適用される治療が施せる皮膚の症状は次項です。

  • 乳児湿疹・湿疹・ニキビ・乾燥肌
  • かぶれ・虫さされ・じんましん・金属アレルギー
  • ヘルペス・帯状疱疹・水ぼうそう・乾癬・掌蹠膿疱症
  • ホクロやイボの除去・とびひ・みずいぼ・たこ・うおのめ・水虫・脱毛症・しみ・そばかす・あざ・白斑
  • アトピー性皮膚炎・その他皮膚疾患の診断治療・あせも
  • 皮膚症状の現れる性病
  • やけど・日焼け・けが(すりきず、切りきず)・掌蹠膿疱症・巻き爪・皮膚腫瘍等
  • 様々な皮膚のスキンケアについても相談
  • レーザー外来・ピーリング外来※病院による

また、その皮膚科によって得意な治療があります。題材的に『ニキビ治療が得意です』『アトピー治療が得意です』などアピールしている皮膚科もありますし、レーザー治療やピーリング治療はできないといった院もありますので、肌荒れの症状が通う皮膚科では治療法がどうかを調べるべきでしょう。

医療機関なので、つい大きな期待をしてしまいますが、先生や医療器具の揃いも院によってムラがあるので近くの皮膚科の評判・または自分で診断へ行って感触を確かめるのもいいかもしれませんね。肌の病気は皮膚科がおすすめです。

肌の悩みや肌改善は美容皮膚科がおすすめ

美容皮膚科では自己負担もあるが治りが早いです。美容皮膚科の場合、病気というよりも美容的な側面の強い疾患を治療します。美肌に詳しい肌の専門ドクターが、悩みやコンプレックス・トラブルを最先端の医療機器と治療で改善していくのが美容皮膚科です。

  • ニキビ治療
  • シミ治療
  • 毛穴治療
  • アンチエイジング・ヒアルロン注射
  • 医療エステ
  • 美肌育成カウンセリング
  • レーザー治療
  • 超音波治療
  • 肌再生治療
  • うす毛治療
  • 専用コスメの販売

美容皮膚科は皮膚科とは違いインテリアもオシャレで病院のイメージがほとんどありません、客観的にではありますが、先生方もフレンドリーな印象の人が多く感じます。肌の悩みの相談や肌の改善は美容皮膚科がおすすめです。

 2.皮膚科での肌荒れ治療の流れ

さて、肌荒れをしてしまった時の皮膚科が行ってくれる治療の流れを紹介していきましょう。

①皮膚科の診察ボードへの記入 例

shutterstock_66405394

保健書を出し診察ボードへの記入をおこないます。簡単なプロフィールとどんな症状・症状が発症した時期・過去の病歴などを記入することが多いです。

②皮膚科の診察と治療 例

shutterstock_141343786

皮膚科のお医者さんとの診断をします。症状が起こっている部分を見てもらいその場で施せる治療をしてもらえます。例として、肌荒れの主な症状にどのような治療が保険料いないでしてもらえるのか紹介しておきましょう。

例えば皮膚科が行うニキビ治療 例

  1. レチノイド→毛穴の詰まりを取り除く治療薬
  2. 抗菌薬→塗り薬と飲み薬があり、炎症を起こしたニキビへ処方
  3. イオウ製剤→ニキビに直接塗る薬で角質を剥がし、開きやすくします。初期のニキビに効果的
  4. 面ぼう圧出→専用器具を使って毛穴から詰まっている皮脂や角質を物理的に取り除く

保険のきかないニキビ治療 例

ケミカルピーリング →フルーツ酸などの働きで古い皮膚をはがし、新しい皮膚へと再生を促します。

例えば皮膚科が行う乾燥肌・敏感肌治療 例

  • 白色ワセリン
  • ヒルドイドローション
  • ステロイド外用薬
  • 抗ヒスタミン剤

の処方があります。

③皮膚科の薬の処方と次回の予約 例

shutterstock_308066765

症状があった薬を処方してくれます。治療の経過もみるので次回の予約をします。

 3.美容皮膚科での肌荒れ治療の流れ

では、保険内以外の治療も積極的に提案してくれる美容皮膚科での診療の流れはどういったものでしょうか。

①徹底したカウンセリング

shutterstock_79060939

美容と健康を結びつけた診断をしてくれます。そのためカウンセリングは直接行われることが多く長い時間を取ってくれます。

  • 生活習慣
  • 食の環境やメニュー
  • スキンケア方法
  • 肌の悩み

カンセリングは生活習慣からしていき原因を探っていきます。素人では判断できない部分を医師の目線で診断してくれるので自分ではたどり着けないところを指摘してくれますよ。

また『肌の悩み』と言った部分を敏感に聞いてくれるのでニキビひとつでも受診しやすい感じがあります。吹き出物ができて落ち込んでしまう気持ちを美容皮膚の先生たちは知っている場合が多く長期的に通う患者さんも多いようです。

②美容皮膚科の診断と治療の提案 例

shutterstock_109017986

美容皮膚科は保険外の治療を得意とするので治療方法の提案の幅が広いです。また肌への悩みが多い人に合わせて治していく順番やどういった治療が何にいいのかを説明してくれますよ。

例えば美容皮膚科でのニキビ治療 例

  • ニキビ跡を残さない
  • 今あるニキビを治す
  • ニキビを繰り替えさない肌質へ改善する

ニキビ治療では過去・現在・未来に向けての治療の提案がされます。患者の状態に合わせてその治療法は変わってきます。また、ひどいニキビ跡なんかは化膿してしまいその後クレーター状になってしまった場合、保険診療では限界があるので美容皮膚科の方が早く治療することができるかもしれませんね。

例えば美容皮膚科での毛穴治療 例

  • ピール治療
  • レーザー治療
  • 角質除去
  • イオン導入
  • フェイシャルケア

毛穴の種類に合わせた治療をおこなってくれます。年齢や毛穴に起こってしまった症状の原因に合わせて納得のいく治療をえらぶことができますよ。また、皮膚科ではこういった治療はほとんどしません。

③スキンケアの提案・薬の処方・サプリメントまで

shutterstock_301663208

肌荒れの多く患者さんが良かれと思っているスキンケアが間違っていて化粧品かぶれを起こしていることも多いので、スキンケア方法の提案を行ってくれます。そしてその理由もわかりやすく説明してくれますね。

アトピーに悩んだらプラセンタコスメを紹介してくれたりするのは美容皮膚科ならではの治療です。自分の肌の状態を熟知してくれるかかりつけ美容皮膚科があると安心ですね。

4.肌荒れ患者に多い主な4つの原因

shutterstock_280950482

肌荒れのケアがもう自分の手では追えない』と感じた患者さんが皮膚や美容皮膚科へ駆け込みます。そういった患者さんに多く見られる原因をあげていきましょう。あなたの肌荒れもいずれかが原因かもしれません。

⑴肌荒れを放置し最悪に悪化した状態

20代〜30代の女性には特にニキビの相談が多いです。

特に吹き出物や傷など、1つや2つできたぐらいでは病院を受診しにくい理由から放っておいて症状が最悪に悪化してしまっている状態です。

ニキビはクレーター状の黒ずみや跡になってしまってからでは保険内の治療では改善しにくい場合も多いです。

単にニキビだと思っていても、カビの一種であるマラセチア菌や肌の常在菌であるニキビダニなどの原因の場合は医療機関での治療が必要です。

きれいな肌に戻すには早めの受診がおおきな鍵になってきます。

⑵間違ったスキンケアが原因での肌荒れ

良かれとおもっていおこなっているセルフケアが間違っていて化粧品かぶれを起こしていることが多いです。

症状は悪化しつづけスキンケアも迷走状態になり、無駄な出費も重なる可能性もあるので、美容皮膚科での簡単なヒアリングからトライしてみてはいかがでしょうか。

⑶肌荒れの悩みがストレスになり症状が悪化

肌荒れしていることがストレスになり、症状を悪化させている場合も多いです。ストレスは肌荒れの大敵です。知識あるプロに相談するだけでも解決の兆しが見えストレス緩和になりますよね。相談はお早めに。

⑷ダイエットによる栄養不足での肌荒れ

美容と健康は別ではなく同じカテゴリー内にあります。おすすめの治療は、分子整合栄養学検査です。血液と尿の検査力自分に不足している栄養素や不調の原因を診察する検査があります。(※病院へお尋ねください

20代〜30代の女性のほとんどが隠れ栄養失調だというお医者さんは多いです。特に鉄分が女性は不足傾向になるのでおすすめのサプリメントなどを教えてくれますよ。

5.皮膚科・美容皮膚科にかかってよかった5つのこと

shutterstock_86734816

肌荒れで皮膚科・美容皮膚科に診療してもらい、よかったことをお伝えしていきます。

①医療アドバイスで悩みや不安が大きく軽減した

医療の面からアドバイスを聞くことができ、肌荒れへの不安を打ち明けることができるだけでもストレスを軽減することができてよかったという人は多いです。

やはり自分だけで肌荒れ改善していくには不安がつきものです、手助けをしてくれるアドバイスは安心しますね。

②肌荒れに効果的な薬を処方してもらえた

肌の炎症はスキンケアだけでは改善できないもの、処方された医薬品を保険内でゲットできるので嬉しいですね。化膿したり傷になってしまっている表面の症状は薬をつけたほうが跡になりにくいかもしれません。

③スキンケア以外の改善方法を知れた

肌荒れすると、まずはスキンケアに力を入れがちですが、実際は『栄養不足』『生活習慣』『ストレス』なんかも原因の上位には多いです。

改めて自分の生活の乱れを直視することができ、睡眠時間や喫煙の量・食事の内容なんかの許容範囲を医療の目線でのアドバイスをもらうことができ、知ることで、改善を意識するきっかけにもなりますよね。

④セルフでは行えない最先端医療を施術してもらえた

美容皮膚科が力をいれている保険以外治療は、レーザー治療・イオン治療なんかもあり、特殊な美容医療機器を施してくれる場合もあります。すごく高額ってわけでもないので、時間をかけずに確実に治療したい方にとっては嬉しいですよね。

また、肌荒れのマイナス面の肌を治しさらに美肌へするプラス面の治療もできるのが嬉しいところです。肌荒れのない美肌をめざすことができますよ。

⑤サプリメント・漢方薬の選び方がわかった

肌荒れの症状によって、サプリメントや漢方薬を勧められる場合は少なくありません。なかなか不慣れな分野ですが、選び方を知ってしまえば低価格のものも多くドラックストアやコンビニエンストアでも気軽に購入できるのでより改善への利点になります。

肌荒れ改善とともに疲れにくくなったや栄養素のバランスがよくなっったなんてことも大いに期待できてうれしいものです。

6.まとめ

皮膚科・美容皮膚科で肌荒れで受診を希望する患者さんのほとんどが20代〜30代の女性です。働き盛りや美容に関心の高い年頃でもあるので、医療の目線から一度腰を据えて美肌治療するのにも一番いい年代ですよね。

自分の肌とは長年付き合うので肌荒れを機会にかかりつけの皮膚科・美容皮膚科をみつけてはいかがでしょうか。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事