自己流は絶対NG! 紫ニキビの後悔しない治し方

shutterstock_385110049

顔にできるニキビほど嫌なものはありません。そのうえ紫ニキビだと、目立ってしまいとても恥ずかしい思いをしてしまいます。

だからといって、自分でつぶしたり見えないようにメイクを厚塗りして隠したりすることは、逆効果になってしまいます。紫ニキビは特に跡が残りやすいニキビです。

この記事には、紫ニキビの症状や原因、正しい治し方について詳しく書いています。残ってしまったニキビ跡に後悔しないためにも、しっかりした知識を持ち、厄介な紫ニキビに対処してください。

1.紫ニキビとは
2.紫ニキビの正しい治し方
3.治療に向けて自分で気をつけるべきこと
4.まとめ


1.紫ニキビとは

1-1.ニキビの種類・段階

ニキビは、症状の進み具合によって、大きく5種類に分けられます。それらは、白、黒、赤、黄、紫と、見た目の色で分けられ、段階的に症状がひどくなっていきます。紫ニキビはニキビの最も重症な状態で、ここまでになってしまうと、たとえ治ったとしても跡が残ってしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

しかし、何もなかった綺麗な肌から突然紫ニキビが出現するわけではありません。徐々に段階を経て、ニキビは重症化していきます。紫ニキビについての理解を深めるために、まずはニキビの種類と症状の段階を把握しておきましょう。 ニキビの始まりは白ニキビです。

白ニキビは、毛穴にコメドと呼ばれる余分な皮脂や老廃物、汚れなどが詰まって、白く盛り上がっている状態です。ニキビ初期であるこの段階では痛みもなく色も白いため、あまり目立つことはありませんが、触るとプツプツして気になることもあります。

毛穴に詰まった皮脂や汚れなどのコメドが、空気によって酸化し黒ずんでしまった状態が黒ニキビです。白ニキビから1つ進んでしまった段階の黒ニキビは、増えてくるとだんだん目立つようになってきます。 次の段階の赤ニキビは、炎症が起きてしまっている状態です。

腫れや痛みがあり、肌のダメージも大きくなってしまいます。 炎症を起こしている赤ニキビが悪化している状態が黄ニキビです。黄色く見えるのは、膿です。

膿を持ってしまう段階まで行くと、毛穴だけではなくその下の真皮の部分までも炎症による細胞ダメージが広がってしまっています。治ってもニキビ跡や色素沈着が残ることがあります。 そして、黄ニキビがさらに進行し、毛穴の中に血や膿が溜まっている状態が紫ニキビです。ゴリゴリしたしこりが感じられる場合もあります。

紫ニキビはニキビが最も悪化した、最終段階です。

1-2.紫ニキビの症状

最も悪化した状態のニキビの内部では、真皮まで炎症が及んでいるため新陳代謝がおこなわれず、排出されない膿や血が古くなって紫色に見えます。これが紫ニキビの正体です。

黄色ニキビの特徴でもある膿は、炎症部位で白血球が戦ってくれている証拠でもあります。血液中の白血球は人体に備わった自己防衛機能の1つで、身をていして炎症や細菌の攻撃から体を守ってくれています。

黄色ニキビからさらに紫ニキビに進行してしまったということは、炎症との戦いが長引いて膠着状態になっているという意味でもあります。 紫ニキビの段階では毛穴の周辺や真皮細胞などの皮下組織のダメージが大きく、簡単には完治しません。

治ったとしても色素沈着やケロイド状、クレーター状の痕が残ることも多いようです。

1-3.紫ニキビの原因

白、黒、赤、黄、紫とその症状がだんだん重くなっていくニキビですが、赤よりも黒、黄色よりも赤といったより早い段階で食い止めることができたら、治りも早くニキビ跡も残りにくくなります。

紫ニキビまで進行してしまった直接的な原因は、化膿している段階の黄ニキビをこじらせてしまったことにあります。ニキビのケアには、肌を清潔に保ち健康的な皮脂バランスを整えることと同時に、体の内面からのケアも非常に重要になってきます。

ホルモンバランスの乱れ、便秘や血行不良などにより老廃物を溜めこみやすい体質、強いストレスなども、紫ニキビの原因として考えられています。

これらの体の不調は、免疫力を下げ、外部からの刺激や細菌に対する抵抗力を弱めてしまう原因でもあります。 また女性であれば、生理不順や月経困難症などが原因として考えられる場合もあり、単なるニキビと考えずに、体調の面にも十分注意を払うことが大事です。

2.紫ニキビの正しい治し方

2-1.まずは1日でも早く皮膚科へ

白ニキビや黒ニキビなどニキビの初期状態であれば、家庭でのスキンケアを正しく行えば改善されますが、赤ニキビや黄ニキビなどの、痛みや腫れ・炎症が起きてしまう状態になると、自力で綺麗に治すのは難しく時間がかかってしまいます。

まして、紫ニキビになってしまうと、もはや重症の皮膚炎と一緒ですので、一日でも早い皮膚科専門医の受診を考えてください。毛穴の奥や真皮などの皮下組織に多大なダメージがある紫ニキビは、切り傷ややけどのように、完治しても皮膚に跡を残してしまう可能性があります。

肌表面の凹凸や、ケロイド状のニキビ跡、色素沈着などが顔に残ってしまうと、コンプレックスやストレスの大きな一因となり、そのストレスなどからますますニキビが悪化してしまう、という恐ろしい負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。 紫ニキビの跡をなるべく残したくないのであれば、自己流のケアはぐっと我慢して、急いで 皮膚科を受診しましょう。

2-2.治療の種類

日本皮膚科学会で推奨されている皮膚科で行われるニキビの治療法は、炎症を抑える抗生物質の内服薬や塗り薬、毛穴を詰まりにくくし再発を防ぐ塗り薬の処方、中に詰まった膿や皮脂などを取り除く圧出処置が、主なものになっています。

他にも、保険適用外ですが、ケミカルピーリングや漢方薬、ホルモン療法などもあります。皮膚科医の診断の下で、適切と思われる治療法を根気よく続けていくことが大切です。

2-3.薬の種類

上記の日本皮膚科学会におけるニキビ治療のガイドラインでは、毛穴のつまりに効果があり、治癒した状態を長く維持できる塗り薬アパダレンが推奨されています。同じような効果でディフェリンゲルという塗り薬が処方される場合もあります。

赤ニキビから紫ニキビまでの、今現在の炎症を鎮めるためには、抗生物質であるアクアチムクリーム(ローション)や、ダラシンTゲル(ローション)が処方されます。

また、ニキビの根本要因であるアクネ菌を殺菌する抗菌剤ベピオゲルが、2015年4月から保険適用になり、ニキビ治療の新薬として注目されています。

ベピオゲルの主成分「過酸化ベンゾイル」は抗菌作用のほかにも、毛穴のつまりをなくすピーリング作用をもち、海外ではニキビの治療薬としてよく使われている塗り薬です。

2-4.治るまでの期間

炎症が収まっても紫ニキビが完治するまでは、少し時間がかかります。肌のターンオーバーにかかる期間は一ヶ月ほどですが、このターンオーバーを何回も繰り返すことで、傷ついた細胞は自然に剥がれ落ちていきます。

早いと2ヶ月から3ヶ月過ぎたころから、効果が実感できるようになるでしょう。 しかし、その治癒に向かう期間内に新たなニキビができてしまうようでは、さらにそれから時間がかかってしまうことになります。

今あるニキビの治療とともに、これからのニキビを作らせないような予防対策が必要となってきます。

3.治療に向けて自分で気をつけるべきこと

3-1.スキンケア

ニキビ対策の1つとして、まずは洗顔の重要性があげられます。余分な皮脂や汗、ホコリなどの汚れを落とし、肌を清潔に保つようにしましょう。

生え際やフェイスラインなどに残った洗顔料が原因でニキビになることもありますので、すすぎの際はたっぷりの流水ですすぎ残しがないよう行ってください。洗顔後は乾いた清潔なタオルで押さえるように水けを取り、化粧水や保湿剤などで保湿を重点的に行ってください。 ただし、ここで1つ注意点があります。

「ニキビができやすいのは油性肌だから、しっかりアブラを落とそう」と洗浄力の強い洗顔料を使ったり、一日に何度もゴシゴシ洗顔をしたりすることは逆効果でとても危険です。皮脂を落とし過ぎることによる肌バリアの機能が低下したり、反対に皮脂分泌が過剰になってしまったりします。

大切なのは、油分と水分の皮脂バランスです。適度な皮脂は肌を守る大切なバリアですので、落としすぎないように注意しましょう。

【正しい洗顔方法】

  • 洗顔前に手を洗って清潔にしておく
  • できるだけ気泡の少ないきめ細やかな泡を作る
  • 強くこすらず、手と顔の間に泡のクッションを作る
  • 汚れが肌に残らないようにすすぎは丁寧に。こするのは避ける
  • タオルで押さえるように拭き取った後は、すぐに保湿する

【おススメ洗顔料】

出典:フルリ

皮膚科医とエステティシャンによって共同開発されたフルリクリアゲルクレンズ。敏感肌の方でも安心できる処方になっており、毛穴ケアも期待できます。紫ニキビでより敏感になったお肌には、刺激の少ない洗顔料を選ぶといいかもしれません。

【正しいスキンケアの仕方】

  • 必ず手を洗い清潔な状態にする
  • 適量を手に取り乾燥しやす頬からやさしく伸ばす
  • 乾燥しやすい箇所は重ね付けをする事をおすすめします。
  • 目周りは特に優しく塗る

【おススメスキンケア】

出典:草花木果

 

3-2.生活習慣

肌のトラブルは、体の中のトラブル、そして精神面のトラブルとも密接に関係しています。睡眠不足や暴飲暴食、深酒、喫煙などの不摂生、強いストレスなどでも、ニキビは悪化していきます。

本気でニキビを改善したいのであれば、たっぷりとした睡眠、適度な運動、健康的な食生活を、意識して実行することが近道です。 だからといって、ストイックになり過ぎたり、頑張り過ぎたりしてしまっては、かえってストレスになる可能性があります。

リラックスして心から笑える時間を持ち、夢中になれる趣味や自分だけの上手な息抜き方法を取り入れながら、毎日を過ごすようにしてください。

3-3.食事

ジャンクフードやスナック菓子、脂肪分や塩分の多い肉料理や丼もの、甘さの強いこってりとした洋菓子なども、ニキビにとっては当然好ましくありません。

ニキビの改善に効果的な食事は、ヘルシーな和食が最適です。脂肪の少ない肉や魚、食物繊維やビタミンの多い野菜類をバランスよく摂取しましょう。腸内環境がよくなることで、ニキビの大敵である便秘や冷え性が改善され、免疫力のアップが期待できます。 また、体内に食べたものがある限り、寝ている間も消化吸収のために胃腸は休みなく働きます。

夜の食事の時間を早くしたり、量を控えたりすることで、胃腸を休ませることができ質の良い睡眠をとることができます。そしてお腹が空いて目覚めるので、朝もスッキリ早起きできるようになります。

夜の食事時間を見直すだけで、良い睡眠サイクルを得ることができますので、体調や肌の調子が優れないという人にぜひおすすめしたい方法です。

4.まとめ

紫ニキビの原因は、1つではありません。たくさんの要素が複合的に絡まって、重大な皮膚疾患ともいえる紫ニキビを引き起こしています。紫ニキビができてしまったら自己流のケアは控えてすみやかに専門医に相談しましょう。そして、生活習慣や食生活を見直し、ニキビのできにくい肌を目指していくことが、美肌への一番の近道です。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca おすすめアイテム

kireca おすすめ

kireca編集スタッフが厳選&オススメするお得なトライアルセットで自分にピッタリのアイテムを見つけよう!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事