《超優秀プレストパウダー》使用方法・特徴5つのメリット

shutterstock_264455480

ドラッグストアやデパートのコスメコーナーなど、様々な場所で見かける「プレストパウダー」。名前を聞いたことはあるけど、どんな時に使えばいいのか、どんなメリットがあるのかなど、イマイチよく分からないという方もいらっしゃると思います。

実はこの「プレストパウダー」、とっても優れたコスメ用品。日常のメイクに取り入れない手はありません。正しい知識をつけて、メイクの時間をさらに楽しくしちゃいましょう!


スポンサードリンク

1.プレストパウダーって??

そもそも、「プレストパウダー」ってどんなものなのでしょうか。

プレストパウダーはフェイスパウダーの一種で、粉状のパウダーに圧力をかけて固めたもの。基本的には、メイクの仕上げやテカリ防止、化粧崩れ防止、肌の表面を均一に整えるために使用するアイテムです。パウダーですが、くっきり、しっかり、メイクを仕上げることができます。

1-1.ルースパウダーとココが違う!

ルースパウダーもプレストパウダーも、フェイスパウダーの一種。

ルースパウダーは基本的に粉末状。サラサラの触感が特徴で、ふんわりした印象に仕上がります。優しくナチュラルなイメージに仕上げたい人は、ルースパウダーをチョイスするのが良いかもしれません。しかし、ルースパウダーは通常大きなケースにパウダーが入っています。そのため、持ち運びにはやや不向き。

一方プレストパウダーは、押し固められた粉ですので固形状。しっとりした触感です。しっかりメイクを抑えることができますので、シャープな雰囲気を出したい人におすすめです。プレストパウダーはコンパクトなケースがほとんどのため、持ち運びにも便利。外出先でもサッとメイク直しをすることができます。

1-2.ファンデーションの方が負担が多い!

プレストパウダーはメイクの仕上げ、ファンデーションはベースメイクに使うものという大きな役割があります。その分、含まれている油分は、ベースメイクに使うファンデーションの方が圧倒的に多いのです。油分が含まれている分落ちにくく、カバー力がありますが、肌への負担はプレストパウダーよりも大きくなります。

一方プレストパウダーには、油分はほとんど含まれていません。肌の密着度も、クレンジング剤がいらない程度。軽いつけ心地が特徴で、肌への負担も少なめです。あまり肌に悩みがない方はプレストパウダーだけでも充分だと思います。

2.プレストパウダーの使い方

プレストパウダーのつけ方は2種類あります。ブラシを使う方法と、パフを使う方法です。ブラシは軽く自然に、パフはしっかりつけることができますので、イメージに近い方を選んでみてください。

2-1.ブラシでのつけ方

  • ブラシでプレストパウダーを適量取る。
  • ティッシュの上でブラシを動かし、均一になるようになじませる。
    ⇒厚くつけすぎないよう、余分な粉を落としておくのがポイントです。
  • 顔の中心から外側に向かって、ブラシをクルクル回しながらつける。
  • 小鼻と目元は念入りに。
  • フェイスラインをぼかすようにブラシでなぞる。
  • ブラシの粉をしっかり払った後、顔全体を軽く払う。

ポイントは、つけすぎた粉をしっかり払うこと。ナチュラルに仕上がりますし、化粧崩れもしづらくなります。

2-2.パフでのつけ方

  • パフにプレストパウダーを取る。
    ⇒清潔なパフを使いましょう。汚れたパフを使い続けると、肌トラブルのもとになってしまいます。
  • パフを揉み込む。
    ⇒パウダーを均一にするため、しっかり揉み込むのがポイント。均一にしておかないと、ムラができて厚くなりすぎてしまいます。
  • 顔の中心から外側に滑らせるように乗せる。
    ⇒ポイントは、頬やおでこなどの広い面から乗せていくこと。表面だけを滑らせるイメージで軽くつけていきましょう。
  • 崩れがちな小鼻と目元はパフを折りたたんで丁寧に。
  • フェイスラインから首筋にパフを滑らせ、馴染ませる。

最後に何もつけていないブラシで払うと、さらにナチュラルに仕上がります。

3.プレストパウダーの選び方

プレストパウダーの使い方が分かったら、なりたい肌になれる選び方を学んでいきましょう。基本的に抑えておきたいポイントは大きく分けて2つ。

1つは、なるべく粒子が細かいものを選択すること。肌にフィットしやすいためです。テスターなどでなるべく手触りが良いものを選んでみましょう。

2つ目は、皮脂吸収パウダーが含まれているものを選ぶこと。特にテカリが気になる人は、皮脂吸収パウダーが含まれている商品を選ぶことがMUSTです。過剰に分泌されてしまった皮脂を取り除いてくれるので、化粧崩れも防げます。その他、肌質別・色別にも選び方のポイントをご紹介していきましょう。

3-1.肌質別 プレストパウダーの選び方

オイリー肌は…

できるだけマットに仕上がる、固めの触感のものがオススメ。皮脂吸収パウダーが含まれているかチェックするのは必須です。カバー力が高まり、毛穴の開きなども気にならなくなります。

敏感肌は…

無香料・アルコールフリー・パラベンフリー・紫外線吸収剤無配合の商品をチョイスしてみましょう。オーガニック成分で作られていたり、ミネラルが含まれているプレストパウダーもオススメです。洗顔料のみで洗い流せるような軽いテクスチャのものを選んでみましょう。

すぐにくすんでしまう肌は…

つけた時に、「少し白いかも」と感じるプレストパウダーが実はぴったり。肌に馴染んでくると自然な白さになり、顔色を明るく見せてくれます。また、パールが配合されているプレストパウダーは、さらに透明感のある肌に仕上がります。

3-2.色別 プレストパウダーの選び方

ルーセント(透明)

ファンデーションの色味を活かしてくれるルーセントタイプ。肌に乗せると光の反射でくすみや毛穴を目立たなくしてくれます。ナチュラルな印象になるので、薄めのメイクが好みの方にピッタリです。

オークル

日焼けした小麦肌の方は、オークルを。色味が濃いほどカバー力も高いので、くっきり仕上げてくれます。気を付けたいのが、イエロータイプの肌の方がオークルを使うとくすんでしまう可能性も。自分の肌色に合った商品を見つけましょう。

ピンク

不自然なく白い肌を作るには、ピンクがオススメ。日本人のイエロータイプの肌にしっかり馴染んで、白浮きを防止してくれます。血色の良い自然な色白肌を作ることができる色です。初心者の人にもオススメ。

パープル

ピンクよりも透明感のある肌を作ってくれるのがパープル。くすみや黄色味に悩んでいる人にはオススメです。大きめのブラシで薄く肌に乗せれば、とても自然に仕上がります。

4.オススメのプレストパウダー3選

口コミを中心に「本当に使える!」というプレストパウダーをご紹介します。ぜひ試してみてくださいね。

カネボウ|フェースアップパウダー<ミラノコレクション>

e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-18-13-22

[24g/12000円(税抜)]
年に1回発売される限定商品。触感はベルベットのようにしっとり滑らか。きめ細かく透明感のある仕上がりが特徴です。保湿成分にエーデルワイスエキスとローヤルゼリーエキスが配合されています。

マキアージュ|スノービューティーⅢ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%b

[25g/7020円(税込)]
こちらも数量限定。昼はパウダー、夜は素肌ケアとして使える約要美白フェイスパウダー。七色のパウダーと半透明のマグネットホワイトパウダーの効果で、色むらや毛穴をカバーしながら透明感を高めてくれます。

クレ・ド・ポー ボーテ|レオスールデクラ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%

[10g/8000円(税抜)]

先端テクノロジーが生み出す光の動きが、流れるような美しい輝きをもたらしてくれるフェイスカラー。イルミネイティングビーズが表情を明るく見せてくれます。ケースもかわいいので、持っているだけでハッピーになれそう。

5.まとめ

使い方次第でなりたい肌になれるプレストパウダー。あまり馴染みのなかった人もいると思いますが、普段のメイクに取り入れない手はありません。自分の肌質や目指すメイクイメージに合った商品をぜひ見つけてみてください。フワッとお顔に乗せるだけで、いつもよりもイキイキ明るい自分になれるはず!

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事