加齢の白髪と若白髪の違いとは?若くても白髪になってしまう4つの理由

Premature canities

10代・20代なのに白髪に悩んでいる方は少なくありません。加齢によるものではないのですが、若いのに白髪があるって気になりますよね。

今回は白髪と若白髪について調べてみました。

1.若白髪になってしまう4つの理由

白髪と若白髪の違いははっきりと明らかになっていません。白髪自体は髪の毛のメラニン色素が減少していることからなのですが、若白髪の原因は加齢以外のものが考えられますよね。

  • 体質
  • ストレス
  • 精神的なショック
  • 薬の副作用

いろいろなケースが考えられることは確かです。年齢が若いということで精神的な負担もしくは体質ととらえている方が少なくありません。

2.若白髪を抜いてはいけない理由

白髪に限らずなのですが、自然に抜ける髪の毛は一日100本程度はあります。その髪とは違って自ら抜いてしまうと毛根がダメージを受けるため、白髪しか生えてこなくなる、または髪の毛自体生えてこなくなってしまうという最悪のケースも考えられるので

白髪を見つけても抜く行為だけはやめておきましょう、どうしても放置したくないという場合は、抜くのではなく根元からカットする方がいいです。

3.若白髪の方の白髪の染め方・隠し方

若白髪の方も量によっては染めてしまった方がおすすめ。ただ、頭皮のことを考えて上げると健康な髪を期待することができます。カラーリングはするけれどなるべく負担のないようにケアしていきましょう。

白髪カラーは地毛より少し明るい色をチョイスするのがおすすめ

明るい色のカラー染料の方が白髪には色素が定着しやすいので長持ちすると言われています。

初めての白髪染めには、地毛よりもワントーン明るいカラーにするのがおすすめ。

カラー染料は、くらい色ほどブラウン染料が多く入っているので、髪の色素が定着して色が定着しにくく、カラーを変えたくなった時、他の色に変えにくくなってしまうので避けたほうが無難です。

明るめの色で染めると伸びてきた白髪にも馴染みやすいですしカラー変えもしやすいです。

ヘアカラーと白髪染めでは断然白髪染めの方が長持ちする

若白髪の場合、『白髪染めを使いたくない』という気持ちもありますよね。白髪染めとヘアカラーの違いは色持ちの違いが圧倒的にあります。

白髪の髪を染めるのと、黒髪を染めるのでは違うんですね。

ヘアカラーの方が色は綺麗に入るが、シャンプーをするたびに色が抜けてしまうので長持ちがしません。

最近は白髪染めにもカラーバリエーションが豊富なので、若白髪出会っても白髪染めでカラーするのがおすすめです。

部分白髪ならヘアマニキュアで充分

こめかみ部分やもみあげだけ白髪があるなど部分的な白髪はヘアマニキュアで対策しましょう。乾きやすく落ちにくく、簡単に使えるのでおすすめです。

ビゲンヘアマスカラ

マニュキュアタイプなのでポーチに入れていても違和感ありませんし、トイレなんかでもサッと白髪をカバーすることができて簡単です。

ビゲン

出典:ビゲン

髪にも絡みにくく塗るのは簡単です。髪を洗うと同時に簡単に落とせるのでとっても簡単だし便利です。価格も1000円以下です。

生え際が白髪の場合はクリームタイプの白髪染めでリタッチ

生え際が白髪で、ヘアマニキュアでは範囲が広すぎてカバーできないという場合はクリームタイプがおすめです。

シエロワンプッシュクリームタイプ

使い残しは保存できるのが嬉しいワンプッシュタイプの白髪染め。混ぜる手間もなくリタッチするにはちょうどよくとっても便利です。

シエロ

出典:シエロ

白髪の全体染めは2ヶ月に一度ぐらいがおすすめ

白髪染め自体も頭皮には負担になってしまうことを忘れてはいけません。気になる白髪を回避するための全体染めは2ヶ月に一度ぐらいがおすすめ。

なのでカラーが長持ちするものをチョイスしていきましょう。

全体染めは専用サロンがいいですが、ホームカラーでも充分綺麗に染めることはできますよ。

ダメージが気になる方はカラートリートメントを試す価値あり

少し生えてきたぐらいの白髪ならカラートリートメントでカバーすることができます。カラートリートメントは毎日使えることが最大のメリット。

普段使っているトリートメントに置き換えて、自然に色が入っていくトリートメントを使ってみるのもおすすめ。髪をいたわる成分も含まれているのでツヤを保ちつつ白髪をカバーすることができますよ。

資生堂ベネフィークカラートリートメント

髪の毛を補修するエッセンスと、色ツヤマニュキュアのダブル効果があるカラートリートメント。

資生堂

出典:Amazon

若白髪のかたは、髪の健康を気遣ってあげながらカラーリングをするのがおすすめ。一本だけの白髪だからといって抜いたり、またはマスカラやアイブロウ用のマスカラを使うのはおすすめしません。手軽ではあるのですが、うまく落ちずに髪の負担になってしまうこともあるんです。

4.まとめ

若白髪といっても白髪専用のアイテムを使うことがおすすめです。カラートリートメントならば、ピンクやアッシュ系もあるし7日間ぐらいで色を変えることもでいるのでおすすめです。白髪染めをした後はケアを忘れずにしていきましょう。

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

むくみが気になるこの時期だからこそしっかりケアを

シリーズ累計1,000,000枚突破し様々な雑誌で紹介されている、着圧ソックスをご紹介。

寒くなってくると新陳代謝が悪くなり、むくみで悩む方が多いのではないでしょうか。

【キュッとルームソックス】は理想の美脚を徹底追求!!
段階着圧設計で、足のポンプ作用をサポートする100%日本製の一般医療機器。

超ロングサイズなので気になる太ももも、しっかりケア。
さらに美容成分も配合されているので履き心地もいいです。
可愛いデザインながら、高機能でお部屋コーデもしっかりきまります。

キュッとルームソックス
価格:単品購入 3,480円(税抜)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事