妊娠初期は肌荒れをする??妊娠中の肌荒れ対策におすすめするスキンケア

pregnant-dog-very-gassy-newborn-poop-grainy-baby-15845

妊娠が発覚し幸せ気分が絶頂になっている中、妊娠5〜6週頃から、マイナートラブルに悩まされる妊婦さんは多いようです。初めて妊娠した方はその体や心に変化に戸惑うこともあるかもしれません。

特に妊娠初期、安定期に入る前までに吹き出物が増えたり、今まで以上に乾燥し痒くなったり便秘になったりと様々な症状があるかと思います。
こちらでは、妊娠初期の肌荒れの原因や効果的な対処法をご紹介します。

1.妊娠期の肌荒れの原因

妊娠中の肌荒れの原因を説明します。心当たりがないか確認していきましょう。

ホルモンバランスの変化

妊娠初期は、妊娠を維持するため、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンが盛んに分泌されます。

この2種類のホルモンによって身体は「妊婦モード」に変わっていくのですが、プロゲステロン(黄体ホルモン)は男性ホルモンに似たはたらきをすることが知られています。

プロゲステロンによって皮脂腺の働きが活発化し、皮脂の分泌が多くなることで、肌質が脂症になり、ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなります。

精神的ストレス

初めての妊娠でも二人目以降の妊娠でも、お腹に子どもを宿した状態というのは不安なものです。

ホルモンバランスの乱れから気持ちが不安定になりやすいところに、周囲から期待やアドバイスを込めた口出しも増えます。ありがたいながらも、鬱陶しく感じることもあるでしょう。それら心理的なプレッシャーが肌荒れを悪化させることがあります。

睡眠不足

妊娠初期のつわり症状に、「眠い」あるいは「眠れない」というものがあります。眠い場合はできる限り寝てしまうのが一番ですが、眠れないタイプの症状の場合は、肌荒れの原因になることもあります。

体の抵抗力が落ち、病気にも罹りやすくなります。

肌荒れがあまりに酷い場合は、寝不足や体力不足によって身体の抵抗力が落ちていることにも注意しましょう。

栄養の偏り

妊娠初期の代表的なつわり症状が「食の好みの変化」です。

ご飯の炊ける匂いが苦手になったり、酸っぱいものしか受け付けなくなったり、フライドポテトなどのジャンクフードばかり食べたくなったりします。これらの栄養の偏りは肌に影響します。

また、羊水を作るために、身体は大量の水を必要とするようになります。水を飲む量が足りないと、乾燥や皮脂の分泌過多による肌トラブルが起きやすくなります。

便秘

妊娠中は便秘をしやすくなります。

妊娠を維持するために分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)は内蔵の活動を抑えて栄養を溜め込み、子宮の収縮による胎児の流出を防ごうとするはたらきを持ちます。

プロゲステロンによって、胃腸の働きが弱くなり、便が溜まりやすくなります。それに水分不足や栄養の偏りが加わるため、便秘とそれに伴う肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

2.妊娠初期の肌荒れができやすい場所と症状

妊娠初期に現れる肌荒れの主な場所と症状は以下です。まずは、症状を知って対策をしていきましょう。

主な場所

妊娠初期に肌荒れができやすい場所は主に口回り、顎、頬、生え際など肌の敏感な部分に起きることがあります。その他にも背中や下半身など今までできたところのない場所にできることがあるようです。

症状①かゆみ・乾燥

もともと乾燥肌の人は、乾燥が悪化してガサガサした感じになってしまうことがあります。顔のお肌だけではなく、お腹や脛、腕などがカサカサして痒くなったり、ピリピリと痛みやすくなったりします。

症状②ニキビや吹き出物

皮脂の分泌バランスが崩れて、口周りや額を中心にニキビや吹き出物ができやすくなります。皮膚科に行っても、妊娠初期の場合は薬が処方されないことが多く、劇的な改善はなかなか望めません。

自力で治そうと頑張るあまり、ニキビを洗いすぎてさらに悪化させてしまうこともあります。

3.肌荒れ時期はいつまでか

妊娠中の肌荒れがいつまでかと不安になりますが妊娠中期、いわゆる「安定期」に入ると、ホルモンバランスが整い、身体が妊婦モードに慣れてきます。その頃から肌トラブルが収まってくる方が多いようです。

妊娠中期から後期にかけては女性らしさを出すホルモン(エストロゲン)の分泌が高まるため、独特の美しい肌になれることも多く、「妊娠中の女性は美しい」と言われている由縁になっています。

妊娠を喜びつつも、マイナートラブルに悩まされると「いつまで続くのだろう…」と先行きが不安になるかもしれません。

ひとまず安定期に入るまでは「そういうものだ」として様子見をしても良いでしょう。出産後は妊娠前の肌質に戻る方も、今までとまったく違う肌質になる方もいるようです。

4.妊婦さん向け肌荒れ対策3ステップ

肌荒れ対策は3ステップできます。簡単にできるポイントを紹介しましょう。

step1:メイクを控える

妊娠前に使っていた化粧品が突然合わなくなってしまうことがあります。

そのような場合は、低刺激性のドクターズコスメを試したり、ポイントメイクを控えたりしてみましょう。特に粘膜の近くに施すマスカラやアイライン、口紅などは、肌の変化に敏感です。

現在ではお仕事の都合上、日中ノーメイクで過ごすことが難しい女性も多いでしょう。かゆみや不快感のない程度の、やさしいメイクに控えるだけでも充分です。

step2:クレンジング・洗顔で肌を洗い過ぎない

クレンジングや洗顔で、ゴシゴシと強く洗うのは禁物です。皮脂の落とし過ぎも肌荒れを悪化させる原因になります。あまり潔癖に洗いすぎないようにしましょう。お腹や脛などの肌荒れは、石鹸をつかわずに洗うだけでもだいぶ改善されます。

step3:保湿ケアは24時間365日気をくばる

保湿は充分にしましょう。

肌荒れは水分と皮脂のバランスが崩れて発生しているものなので、化粧水だけではなく、乳液やスキンオイル・バターなどで油分を補うことも大切です。妊娠前の化粧水などが「なんだか合わない気がする」と感じたときは、勿体無くても使用を中止し、今の自分の肌質に合う基礎化粧品を探しましょう。

5.妊婦さん向けアイテムを選ぶ3つのポイント

肌荒れを乗り切るためのアイテムの選び方を紹介します。

匂いのしないもの

毎日使用するアイテムは、あまり香りのきつくないものにしたほうが良いでしょう。そのときは良い香りだと思っても、つわりによって突然受け付けなくなってしまうことがあります。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

高品質のコスメを低価格で使い続けたい

一流ブランドの品質を1/3ほどの価格で提供している”アテニア”から出ている、とってもお得な化粧下地とファンデーションのセット!超微細な「スキンレタッチ粒子」が光を反射させ肌にライトを当てたように 影が消え去り、均一でなめらかな明るい肌に導きます。セット販売のシルキービジョンはリキッドファンデーションのような高保湿で、肌にピタッと密着させてくれるのでスキンレタッチャーと相性抜群です 。

スキンレタッチャー
単品:1728円(送料無料)
スキンレタッチセット:2900円(セット特別価格)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

kireca おすすめアイテム

kireca おすすめ

kireca編集スタッフが厳選&オススメするお得なトライアルセットで自分にピッタリのアイテムを見つけよう!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

スキンレタッチャーセット

ランキング

人気の記事

おすすめの記事