スッキリ解消!毛穴タイプ別おすすめクレンジングと使い方

13188238_m

最近のメイクトレンドは、ナチュラルで作りこまない傾向にあり、肌の印象を大きく左右する毛穴のお手入れはオトナ女子にとって最重要課題!
毛穴の数や、その大きさは遺伝的要素もあり、変えることはできませんが、お手入れ次第で目立たなくすることは可能です。
まずは、自分の毛穴タイプを知り、肌に合ったクレンジングを見直すことは、毛穴レス肌を目指すうえでの大きなポイントとなります。


1.あなたの毛穴タイプは4つのうちのどれ?

【タイプA】厚塗り上等メイクを重ね塗りして毛穴を隠しているタイプ

毛穴を気にしすぎてファンデーションを厚く塗りすぎているのがAタイプです。

毛穴が目立つからといって、ファンデやコンシーラーを重ね塗り。その上、メイク崩れ防止にたっぷりのパウダーで仕上げ。
確かにメイク中の毛穴は目立たなくなりますが、毛穴をファンデやパウダーで埋めていることになるので正しいクレンジングをしていないと、落とし残しによる毛穴汚れが原因でニキビや肌荒れなど、深刻な肌トラブルを招くことも…。
また、最近のファンデーションは長時間メイク持ちする機能ファンデが多いので、しっかりクレンジング出来ているか注意が必要。

【タイプB】紫外線ケアをしていない黒ずみ毛穴が気になるタイプ

黒い小さな点のように見えるポツポツ毛穴。毛穴の黒ずみは、皮脂や汚れが酸化し、黒くこびりついた状態で、特に鼻の周りにできやすくなります。
酸化の原因は多々ありますが、最も大きな原因は紫外線の影響によるもの。日焼け止めを使わなかったり、普段ノーメイクの方は要注意です。
また、黒ずみが気になるからと、毛穴パックやスクラブで落とそうとしても、酸化した黒ずみ毛穴には無意味なことも。

【タイプC】べとべとオイリー肌で毛穴がひらっきぱなしタイプ

テカリやすくて、メイク崩れしやすい、夕方になると肌がどんよりくすみがち。このような方は皮脂分泌が活発になっているので、毛穴も開きがちに。
オイリー肌でも、水分が不足しているために皮脂が過剰になっている場合も考えられます。

毛穴が開いていると保湿しても水分は蒸発しやすくなり、潤いを保てないので皮脂が過剰に分泌され、ベタついてきてしまいます。肌に合ったクレンジングを選び、クリーンな毛穴をキープすることが大切です。

【タイプD】メイクがノらない!角栓つまりっぱなしなタイプ

ファンデーションがピタッとのらず、触るとザラザラ、ゴワゴワしていて、ツルツル感がイマイチ足りない。
こんな悩みのある方は、長時間のエアコンによる乾燥が原因のひとつと考えられます。

乾燥によって、お肌のターンオーバーが乱れ、毛穴に角栓がつまりやすい状態になり、肌バランスが崩れているのかも。
保湿力のあるクレンジングで、スキンケアが浸透しやすい肌に整えていきましょう。

 2.毛穴タイプ別のクレンジングの選び方と使い方のポイント

毛穴の汚れや開き方は、個人差がありますが、自分の肌タイプに合ったクレンジングを使うことで、毛穴の目立たない美肌へ近づけます。

【タイプA】メイク落ちを実感できるオイルタイプがおススメ

毛穴に入ったファンデーションや、色付き顔料をしっかり落とすには、やはりクレンジングオイルが適しています。

一昔前と違い、最近のクレンジングオイルは、汚れ落ちと保湿力を兼ね備えたタイプが多く、洗い流した後のツッパリ感もかなり改善されています。

●ポイント●
半身浴や、蒸しタオルで毛穴を開かせた後、顔全体をやさしくなでるようにクレンジングオイルを馴染ませていきましょう。
毛穴が詰まりやすいTゾーンや、あご先は、指の腹を使い、くるくると円を描くようにしていくと、汚れが落ちやすくなります。

【タイプB】美白成分入りクレンジングなら酸化防止効果もあり一石二鳥

毛穴の黒ずみをケアするには、酸化防止効果のある美白成分入りのアイテムがおススメです。

一度黒ずんだ毛穴は、すぐには元通りにならないので、毎日のクレンジングを継続していくことがとても大切です。
このタイプの人は、日中も日焼け止めを忘れずに使い、年間通じて紫外線対策をしていきましょう。

●ポイント●
特に気になる部分は、指先で丁寧にマッサージするようにして、こびりつた汚れを徐々に落としていきましょう。毛穴専用の洗顔ブラシを部分的に使うのも効果的です。

【タイプC】洗い上がりさっぱりのオイルやリキッドタイプで汚れ落ち重視

オイリータイプの人は、時間が経つとともに、お肌の上でファンデ—ションと皮脂が混ざり合ってしまい、ドロドロした汚れになりがちです。

汚れをきちんと落とし、清潔なお肌に整えることが重要なので、汚れ落ち効果の高い、キッドタイプやジェルタイプのクレンジングを使うことが大切です。

●ポイント●
説明に書かれている適量よりも多めの量を、顔全体に馴染ませ、ぬるま湯ですすぎましょう。
但し、クレンジングを1分以上馴染ませていると、余計に汚れを塗りこめていることになるので注意しましょう。

【タイプD】カサカサ、ゴワゴワが深刻な時はクリームタイプで保湿重視

乾燥が気になるのに、毛穴の角栓がつまっていてザラザラ、夕方には粉を拭いたように見えるという方には、クリームタイプのクレンジングが向いています

●ポイント●
特にザラつきや、ゴワつきが気になる場合は、適量よりも多めの量を使い、マッサージするようにメイクと馴染ませていきます。
その後、ティッシュで軽く抑え、蒸しタオルやスポンジクロスでふき取ると、潤いが奪われず効果的です。

これを続けていくと、肌の柔軟性が戻ってくるので、徐々に毛穴の汚れも落ちやすくなり、化粧水等の浸透がよくなるので、保湿力が各段にUPします。
乾燥がひどいときや、肌アレしているときは、W洗顔を避けても良いでしょう。

3.毛穴タイプ別!おすすめクレンジング

【タイプA】DHC薬用ディープクレンジングオイル

300_XL

商品名|DHC薬用ディープクレンジングオイル(M)(DHC)
価格|¥1,604(税込)
容量|120ml
効果|しっかりメイク派におススメのクレンジングオイルです。圧倒的な汚れ落ちと、保湿力を両立させた定番人気のクレンジングオイルがおすすめです。
使ってみて|毎日ばっちりフルメイクをしているのですが、これは軽く馴染ませるだけで汚れも落ちるし、洗い流した後のツッパリ感もありません。
毛穴の角栓や黒ずみも気にならなくなってきて、ずっと使っています。無香料・無着色・パラベンフリーなのも安心です。

購入サイト|DHC

 【タイプB】マナラ ホットクレンジングゲル

CG500_300

商品名|マナラ ホットクレンジングゲル(マナラ)
価格|¥4,104(税込)
容量|200g
効果|黒ずみケアもできる美白成分入りのクレンジングです。美容液成分90%以上の温感クレンジングゲルで毛穴汚れもスッキリオフ。
使ってみて|肌にのばすとじんわり温かくなり、毛穴の汚れが落ちてくるのが実感できました。
ハイドロキノン(美白成分)や、ヒアルロン酸、コラーゲンなど美容成分が多く入っていて、しっとりするところも好きです。

購入サイト|マナラ

【タイプC:リキッド】オルビス クレンジングリキッド

new_special_top06_1510

商品名|オルビス クレンジングリキッド(オルビス)
価格|¥1,440(税込)
容量|150ml
効果|洗い上がり爽快のクレンジングリキッド水分ベースでオイルカットなので、素早い汚れ落ちとさっぱりとした洗い上がりがオイリー肌向けです。
使ってみて|とにかくメイク馴染みが早くて、洗い流した後もオイルのような皮膜感がなく、さっぱりします。
以前から気になっていた角栓が少なくなってきたような気がします。

購入サイト|オルビス

【タイプC:ジェル】フルリ クリアゲルクレンズ

22a7852-319x650

商品名|フルリ クリアゲルクレンズ
価格|¥3780(税込)
容量|150g
効果|毛穴の目立ちや黒ずみに悩む女性のために、皮膚科医とエステティシャンによって共同開発された集中ケアクレンジング。実際に、毛穴に対する臨床試験(毛穴の黒ずみ、キメに対する有用性試験)を行い、 医学会の認定も受けた毛穴のことを真剣に考えた確かな実力派です。@コスメ第1位・モンドセレクション三年連続金賞受賞!!
使ってみて|アイメイクもしっかり落ちる洗浄力がありつつ、洗い上がりがしっとりもちもちでつっぱりません。使い続けると、毛穴のザラザラ感がなくなるのを実感。

購入サイト|フルリ

【タイプD】ポンズ ふきとるコールドクリーム

pht_detail_cream_cold_wipe

商品名|ポンズ ふきとるコールドクリーム(ポンズ)
価格|¥945(税込)
容量|270g
効果|保湿しながらメイク汚れも毛穴ケアもできる乾燥肌の救世主的クレンジング。肌に優しい処方でありながら、メイクや毛穴汚れもしっかり包み込んで落とし、しっとり効果が持続するクレンジングクリーム
使ってみて|小じわも出やすい乾燥肌なので、このふき取りタイプを愛用しています。
クリームがやわらかいので、ゴシゴシこすらなくてもよく馴染むし、ふき取った後のお肌がモチモチになるのでやみつきです。

購入サイト|ポンズ

4.自宅で出来るワンランク上の対策

大人世代の毛穴の広がりは、お肌の水分不足によるディハイドレーションスキン(脱水症状のひとつ)化が主な原因です。

加齢とともに代謝が落ち、角質が厚くなっていくと、お肌は固くなり、保湿成分が浸透しにくくなり、毛穴も目立つようになります。
角質を厚くしないよう、お肌の柔軟性を保ち、スキンケアが浸透しやすい状態をキープすることが重要です。

そのためには、毎日のお手入れやスペシャルケアをしっかり継続することで、確実に毛穴は変わっていきます。

毎日のケア

  • クレンジング前の蒸しタオルパック(出来れば毎日)
  • 紫外線対策をしっかりする
  • 保湿力の高い化粧水、美容液を使う
  • 低刺激のピーリング石鹸で洗顔する

ピーリング石鹸について、詳しくは「素肌で勝負!たまご肌を叶えるピーリング石けん完全ガイド」をご覧ください。

スペシャルケア

  • 週1回、角質ケアを取り入れる(ふき取り化粧水、パック、スクラブなど)
  • 医療機関でケミカルピーリングを受ける

また、コラーゲンやエラスチンといったお肌のハリを保つ細胞が衰えてくると、毛穴が涙型に広がりやすくなるので、美容液やサプリメントなどで、コラーゲンを補うケアをプラスしても良いでしょう。

大人世代が悩む毛穴のたるみについて、詳しくは「30歳を過ぎたら老け顔予防!毛穴のたるみの改善方法」をご覧ください。

5.毛穴が広がるNG習慣

知らず知らずのうちにやっていると、毛穴がどんどん肥大し、もはやファンデーションでも隠し切れない状態に…。そんな毛穴に良くない悪習慣を断ち切って、毛穴の目立たない肌に近づきましょう。

間違った毛穴ケア

毛穴パック

毛穴パックは角栓を無理矢理引き抜くので、毛穴が拡がったり、毛穴周りの皮膚にダメージを与えてしまう事もあるので、大人世代には不向きです。

毛穴が気になる時は、汚れを吸着するクレイタイプのパックや、酵素入り洗顔料などで、肌に負担の少ない方法でケアしましょう。

クレンジングや洗顔の時のこすりすぎ

脂っぽくなるのが嫌で、念入りに洗顔をしようと、ついゴシゴシとこすりすぎてしまうと、角質層を傷つけてしまう事になります。

そうなると、お肌の角質層がバリア機能をうしない乾燥の原因をつくり、皮脂が過剰分泌されてしまうため毛穴が開いてしまいます。

保湿不足

Tゾーンは顔の中でも他の部分に比べて、約7倍の毛穴が存在するとも言われています。

しかし、テカりやすいのを怖がって乳液やクリームなど保湿を行わないと、肌が乾燥を防ぐために皮脂を過剰分泌してしまい、かえってテカり、毛穴のつまりや黒ずみの原因になってしまいます。

喫煙

タバコ2本を吸うだけで、1日分の体内のビタミンCが消耗されると言われています。ビタミンCはコラーゲンの合成や、酸化防止、美白効果など美肌を保つ上では
必須のビタミンです。タバコはシワや、黒ずみ、毛穴の開きを助長し、毛穴だけでなくお肌全体の老化を早める原因となるので、禁煙するのがおススメです。
どうしてもやめられないという人は、サプリメント等でビタミンを補う工夫をしましょう。

汗をかかない

皮膚の毛穴は、その収縮作用により、体温を調節する大切な役割があります。しかし、長時間エアコンのきいた室内で過ごすことによって、その機能が鈍くなり
毛穴が開きっぱなしになったり、固く閉じてしまって、汚れが落ちにくい状態に陥ってしまいます。
適度な運動や岩盤浴、半身浴などで発汗習慣をつけ、毛穴の収縮作用を鍛えましょう。

6.毛穴が目立たないお肌のメリット

さあ、想像してみてください!毛穴がないツルツル美肌を。毛穴が目立たないお肌を実現することで、長年の肌悩みから解放されましょう!つまり、毛穴ケアをすることで、バランスの整った理想的なお肌に近づくことができるんです。

  • ファンデーションの厚塗りが必要なくなり、化粧崩れを気にしたり、クレンジングに時間をかけなくてもよい
  • 毛穴に汚れが詰まることによって起こる、ニキビや肌アレといったトラブルがなくなる
  • 毛穴そのものが目立たなくなり、自然なツヤのある若々しい肌印象が実現
  • すっぴんが自慢できる

7.まとめ

毛穴がない美しい肌は確実に若く見られます。おばあちゃまになっても肌はつるつるだと嬉しいし、褒めてくれる人も多いですよね。今からケアしておくとハッとした美しい肌を手に入れることができます。毛穴ケアをすることは肌の老化を防ぎシワも減らすことができるのでメリットがいっぱいです。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事