美肌のコツは使い分け!ポイントメイク落としがマストな理由

21216403_m

普段メイクを落とすのに、顔全体を一つのクレンジング剤で一気に落としていませんか?

美肌のコツは、メイク落としを使い分けることです。クレンジングしか使っていないならポイントメイク落としを使って、肌にやさしくメイクを落とす方法をチェックしましょう。

肌にのせたメイクをクレンジングでしっかり落とすことで肌をまっさらな状態へ戻さなければなりません。

しかし、濃いメイクを落とそうとすると洗浄力の高いものを使わなければならず、肌にとってはストレスフルな状態になってしまいます。

なるべく早く、肌に負担をかけずにメイクオフをするための新常識がポイントメイク落としです。

今回は、ポイントメイク落としが必要な理由と正しい使い方を解説します。ぜひ参考にしてください!


1.ポイントメイク落としがマストな理由

メイク落としは肌に負担がかかる

メイク落としの定番であるクレンジングは洗浄力が高くなればなるほど、肌にとっても大きなストレスとなります。

しかし、しっかり濃いメイクをしたときはクレンジングもきちんとしないとそれこそ肌トラブルの原因となってしまいます。

そのため素早くしっかりメイクを落とすように心がけなければならず、肌に負担をかけないようにするためにはポイントメイク落としが必要となります。

肌に余計なストレスを与えないようにするために、ポイントメイク落としはマストアイテムです。

ファンデーションやアイメイクの色素沈着を防ぐ

通常のクレンジングはやさしく円を描くように肌になじませていき、すすぐことでメイクを落としていきます。

こすらずに指の腹を使ってメイクを落としていきますが、このときに濃い色のメイクをしているとその色素が肌に広がっていってしまいます。

この色素が肌トラブルの元となる可能性も高く、シミの原因にもつながります。

そのため、ポイントメイク落としを使って肌に広げずに濃い色を落とすようにするポイントメイク落としが重要となってきます。

濃い色やウォータープルーフタイプはなかなか落ちない

時間をかけて凝ったメイクを施すことの多い目元や濃い色味を何度も塗り重ねるリップに使うメイク用品はなるべく化粧崩れのないよう落ちにくい成分が使われています。

ウォータープルーフタイプや濃い色のメイクはなかなか落ちないため、クレンジングだけではゴシゴシこすってしまうこともしばしばです。

目元や唇専用のポイントメイク落としを使うことで、肌をなるべく傷めずにキレイにメイクオフできるため、スキンケアのマストアイテムとして注目を集めています。

ポイント使いだからこそのクレンジング力と低刺激性

ポイントメイク落としは、目元専用、口元専用と各部位に合わせて作られているものが多くあります。

こうした専用タイプは、クレンジング力は高く保ちながらも各部位にとって刺激が少なくなるように調整されています。

そのため他部位に使うと荒れてしまうこともありますが、専用部位に使っている分にはしっかりメイクを落としながらケアもできてしまう特性があります。

これはポイントメイク落としだからこそのメリットで、高い洗浄力のクレンジングをたくさん使うよりも肌にとって負担が少ないためスキンケアの新マストアイテムといわれています。

2.ポイントメイク落としの正しい使い方

コットンにしっかり染み込ませる

ポイントメイク落としは、目元や口元と細かい部位にだけ使うため、基本的には拭き取りで使用します。

シートタイプもあり便利ですが、シートがごわごわに感じる肌質の人もいるため注意が必要です。

肌にやさしいコットンを選んだら、強くもつと滴るくらいに染み込ませて使うようにしましょう。

まぶたや唇にのせて待つ

それぞれのポイントメイク落としに書かれている秒数にそって時間をおくようにしますが、特に指定がなければ数十秒?1分くらいを目安に待ってから拭き取るようにします。

水分が蒸発して乾いてしまうと肌を傷つけてしまうことにもつながります。

長く置いたからといってキレイに落ちるようになるわけではないため、肌ストレスを軽減するためにも長く置きすぎないように注意してください。

マスカラはやさしくつまんで引く

マスカラはなかなか落ちにくいメイクの一つです。

マスカラをしっかりつけたまつ毛は10秒程度置いたあと、軽くつまむようにしてやさしく引き落とすようにします。

マスカラ専用のポイントメイク落としもあるため、専用タイプを使うとよりカンタンに落とせるようになります。

綿棒を使ってアイメイクをしっかり落とす

両目とも全体のメイクを落としたら、細かい部分を落としていきます。

綿棒にポイントメイク落としをしっかり染み込ませてから目をつぶり下にコットンを置いた状態でやさしく拭き取ります。

このとき、こすってしまう人が多くいますが、トントントンとやさしくのせるような感じでメイクを落としていくようにしましょう。

綿棒はこまめに替えるようにするとより肌への負担が軽くなります。

このときの注意点は目に入らないようにすることです。

ポイントメイク落としは刺激が強いものが多いため、目に入ってしまうと炎症を起こすことがあります。

綿棒を使うときは慎重に扱うようにしましょう。

専用タイプは使いまわさない

ポイントメイク落としには、目元用や口元用、まつげ用と部位ごとの専用タイプが存在します。

兼用のものもありますが、それぞれ専用となっているものは使いまわさないように気をつけましょう。

特に目元用のものを唇に使うと荒れてしまうこともあります。

兼用のものも、コットンは使いまわさずその都度交換するようにしてください。

肌全体には使わない

ポイントメイク落としは濃いメイクになることの多い部分専用のものです。

濃いメイクを落とせるだけの洗浄力があるため、肌全体に使ってしまうと刺激が強すぎてしまいます。

濃いメイクをその部分だけ集中しっかり落とすためのポイントメイク落としですから、肌全体には使わず、今日はしっかりメイクしたな、という日にだけ使うという方法をとるくらいの特別な存在として扱いましょう。

肌に合わないと感じたらすぐに使うのをやめる

ポイントメイク落としは洗浄力も高いため、敏感肌の人は特に刺激が強すぎてしまうこともあります。

肌がピリピリしたり、洗顔後に痛みを感じたりしたときは使用を中止してできれば皮膚科を受診するようにしてください。

敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使える低刺激のポイントメイク落としもあるため、不安な人はそうしたアイテムを選ぶようにして肌トラブルを未然に防ぐことも大切です。

3.あわせて使いたい+αアイテム

ポイントメイク落としと相性がいいアイテムはやはりクレンジングです。

ポイントメイクを落としたあとは、しっかり全体のメイクを落とさなければなりません。

皮膚の薄い目元や口元に何度もクレンジング剤が触れるため、ポイントメイク落としを使ったときは低刺激性のクレンジングを選ぶようにすることをおすすめします。

オイルクレンジングやリキッドクレンジングは高い洗浄力があるため、ミルクタイプやジェルタイプを使うと肌への負担が少なくなります。

すでに濃いメイク部分はポイントで落としてあるため、洗浄力のゆるいクレンジングでも十分ということも多くあります。一度メイク落としの方法を見直してみましょう。

4.まとめ

ポイントメイク落としを使うことで、手間は増えてしまいますが肌をこすらずにしっかりとメイクオフでき肌ストレスが軽減します。

なるべく早く正確にメイクを落とすためにもポイントメイク落としを上手に使って、素早く肌にやさしいクレンジングができることが理想的です。

メイクをしてキレイな顔をつくることもいいですが、基本的なスキンケアを見直すことで肌が本来もっている美しさを引き出すこともできます。

しっかりメイクをした日だけでも、ポイントメイク落としを使って、肌をきちんと元の状態に戻してあげましょう。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事