かゆい・だるい・太る… プラセンタに副作用があるってホント?

shutterstock_88171981

肌のうるおいやハリを保つアンチエイジング、新陳代謝の促進やホルモンバランスの正常化など、女性にとって嬉しい効果が認められているプラセンタ。

しかし、そのすばらしい効果と同時によく言われるのが、プラセンタの副作用の可能性です。どんなに良い効果が得られるものであっても、副作用というリスクの心配があれば、安心して取り入れることはできません。 そこで今回は、プラセンタの副作用について徹底検証します。プラセンタでお肌や体の不調を改善したいという人は、ぜひ参考にしてみてください。


1.プラセンタの副作用

1-1.プラセンタとは?

スクリーンショット 2016-07-04 12.10.24

プラセンタは、哺乳類の胎盤から抽出した胎盤エキスです。母体と胎児をつなぐ胎盤は、受精卵をわずか10ヶ月でおよそ3000gの胎児にまで成長させるために、アミノ酸やタンパク質、ビタミン、ミネラル、酵素、成長因子など、多種多様な栄養素を豊富に含んでいます。

そのため、プラセンタを体内に取り入れることで、美肌・美白作用、抗アレルギー作用、新陳代謝の活性化、ホルモンバランスの正常化など、健康な体になるための様々な効果を期待できます。

プラセンタを体内に取り入れる方法は、主に「注射」、「経口摂取」、「体に塗る」の3つです。

1-2.プラセンタ注射の副作用

raen2

プラセンタの注射薬は、厚生労働省の認可を受けた医薬品です。原料は人由来の胎盤エキスであり、日本では現在、メルスモンとラエンネックの2製剤のみが薬事法の承認を受けています。

プラセンタ注射薬の投与法として認められている皮下注射や筋肉注射の場合、重篤な副作用が起こることはほとんどありません。しかし、体質などによっては、まれに悪寒や発疹、発熱などの症状が現れることがあり、この場合はすぐに投与を中止する必要があります。

また、注射後に注射部位に痛みを感じたり、赤みが出てきたりすることがありますが、これらの症状は半日程度で治まることがほとんどです。

1-3.サプリメントの副作用

プラセンタのサプリメントは、医療機関で処方されるものと、市販の錠剤やドリンク剤などの2つに分けられます。医療機関で処方されるプラセンタは人由来のプラセンタで、国内の病院において正常分娩で出産した人の胎盤を原料として用います。

厚生労働省の認可を受けた薬品メーカーのみ製造を許されており、厳重な管理のもとで作られているため、これまでに副作用は確認されていません。

ヒトプラセンタは医療機関でしか使用が認められていないため、市販の錠剤やドリンク剤は豚由来のものが主になります。市販のプラセンタも、健康・衛生管理が整っている農場の動物から抽出し、厳しい検査基準をクリアしたもののみ熱処理を経て製品として販売されるため、安全性は高いと言えます。

中でも、日本SPF豚協会が認定するSPF豚は、クリーンな環境で育てられた病原体や寄生虫を持たない豚で、この豚の胎盤を使った「SPFプラセンタ」は、さらに安全性や有効性が高いとされます。また、最近では、豚よりも安全性が高いと言われている馬由来のプラセンタも増えてきています。

1-4.体に塗る場合の副作用

主に美容効果を目的として、プラセンタが含まれた化粧品などを体に直接塗る場合も、重篤な副作用は報告されていません。ただし、もともとアレルギーを持っている人や過去にアレルギー症状があった人の場合は、赤みやむくみなどの症状が出たりアレルギー症状が悪化したりすることがあります。

2.副作用を未然に防ぐための注意点

2-1.注射の場合

注射でプラセンタを体内に取り入れる場合は、まず注射薬がきちんと認可を受けているメルスモン、ラエンネックの2製剤であることを確認しましょう。

また、認可を受けた皮下注射、筋肉注射以外の投与法では注射しないようにしましょう。プラセンタの注射による副作用は、ほとんどが未認可の投与法で注射することにより起こっています。

1つは「静脈注射」ですが、臨床試験などの結果、血液低下や痙攣、ショック状態、呼吸困難などの重大な副作用が表れたケースがあり、非常に危険です(点滴も同様)。そもそも、プラセンタを血管に直接投与してもすぐに排出されてしまうため、効果は期待できません。

もう1つは、「カクテル注射」です。ビタミン剤などの他の薬剤と混合させた注射薬で、他の薬剤とプラセンタとの相互作用により、体に危険が及ぶ可能性があります。美容クリニックなど、カクテル注射を扱っている医療機関は少なくありませんが、安全面を考慮するならば避けた方が良いと言えます。

2-2. サプリメントの場合

医療機関で処方されたサプリメントにより副作用を引き起こすことはほとんどありませんが、市販のサプリメントやドリンク剤の場合は注意が必要です。

市販のサプリメントを選ぶ際は、安全性が確認できる動物由来のプラセンタであるか、熱処理などにより滅菌された安全な製造方法であるか、の2点をチェックしましょう。市販のプラセンタの中には「生プラセンタ」などと表記されているものがあります。

効果が高いように感じられるかもしれませんが、病原菌や寄生虫による感染症のリスクもゼロとは言えないことを考慮する必要があります。また、特にアレルギー体質の人は、防腐剤などの添加物が入っているものを避けることも重要です。

2-3.体に塗る場合

過去にアレルギー症状があった人やアレルギー体質の人は、プラセンタを含む化粧品を使用する前に医師に相談した方が良いでしょう。事前にパッチテストを受けて、症状が悪化する危険性がないか調べてもらいましょう。

また、妊娠中にプラセンタ化粧品を使う場合も、医師の判断の下で使用することをおすすめします。一般的に塗布だけでなく、注射や経口摂取の場合も妊娠中のプラセンタの摂取は問題ないとされています。しかし、胎児や母体への影響が100%ないとは言い切れないため、事前に相談しておいた方が安心です。

3.副作用が表れた時の対処法

3-1.体重増加への対処法

large-3

プラセンタの摂取後太った、という声は多くあります。プラセンタは豊富な栄養素を含んでいるため、太る原因になると考える人は多いようですが、プラセンタ自体のカロリーが高いということはなく、プラセンタそのものが体重増加の原因とは言いにくいでしょう。

プラセンタには新陳代謝を促進する働きがあるため、疲れがとれて体が健康になり、食欲が増進する人がいます。基本的に代謝が良くなることはダイエットにもつながるので、プラセンタによって代謝が上がったけれどそれ以上に食べている、ということが体重増加の一因であるかもしれません。食事の摂取量やバランスに気を付けてみましょう。

3-2.胃のむかつき・吐き気への対処法

s3USgEu5873zo85_26117_34

プラセンタを摂取したことで胃のむかつきや吐き気を感じる場合は、プラセンタに含まれるアミノ酸などの分解が上手くできていないことが1つの原因として挙げられます。経口摂取の場合は、起床後や就寝前などの空腹時に飲むのが特に効果的とされていますが、症状が改善されない場合は空腹時を避けるなど、飲み方を工夫すると良いでしょう。

3-3.眠気への対処法

akubi_girl

プラセンタを摂取すると、ひどい眠気に襲われることがあります。この症状は、ストレスや不規則な生活などで自律神経が乱れ、睡眠障害がある人に起こりやすいものです。

副作用というよりも、プラセンタの効果で自律神経のバランスが保たれ、眠いと感じた時に眠れる正常な体になった、という方が正しいと言えます。摂取する時間帯を就寝前に変えて、健康的な質が良い睡眠のサポートとしてプラセンタを活用してみると良いでしょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?プラセンタは、摂取方法や選び方を間違えなければほぼ副作用はなく、安全性が高いものであることが分かっていただけたのではないかと思います。ぜひ、プラセンタを上手に正しく活用し、健康で美しい体作りに役立ててみてください。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事