どんな副作用があるかを知って自宅で簡単!ピーリング方法

shutterstock_212186953

ピーリングとは美容専門機関で行う美容方法の一つで肌の表面の古い角質を除去することですが、最近は古い角質を除去を自宅でセルフケアする人も少なくありません。

毛穴の黒ずみ対策・肌のくすみ改善・肌のたるみを引き締め効果が期待できるので、美容のプロもやっていたなら効果がありそうで試したみたいですよね。

ピーリングを試してみるにはまずは、ピーリングで起こる副作用について知っておく必要がありますよ。ピーリングはもともとは美容のプロから施術を施してもらう方法でしたから、セルフで行いたい人はぜひ知っておいた方がいいでしょう。正しい情報を知ることでただしいピーリングが試せるはずです。

気をつけなければいけないピーリングの副作用について紐解いていきましょう。


1.ピーリングは肌の蘇りが期待できる理由

ピーリングの語源は『古い皮膚の表面をはぎとる』から来ており、語源通り、美容法の一種で『古い皮膚をとって新しい皮膚を形成させる目的』で行われる美容法の一種で多くの人が行っている施術です。

確かに、古い角質は毛穴を詰まらせ・たるませ・くすませ・肌ターンオーバーのバランスを崩しかねませんよね。ピーリングで古い角質を取り除いてしまえば、そのあとは新しい肌が形成されていくので、生まれたてのふっくらとした肌が仕上がるわけです。

加齢や水洗顔などを繰り返すことで角質を溜めてしまっているかもしれません。美肌を保つために定期的にピーリングをしているという人もいるほど、効果的なスキンケアの1つです。

2.ピーリングのやりすぎで起きてしまう3つの副作用

b

ピーリングを試す前に知っておくべき副作用について紹介していいきます。

副作用①乾燥した肌になってしまう

ピーリングをしたことによって必要な油分や成分をも取り除いてしまう可能性があることを知っておきましょう。

副作用②肌に赤みをおびてしまう

ピーリングのしすぎは、元気な皮膚までも取り除くので赤みや紫外線にあたりシミになったりするかもしれません。とくに小鼻部分が赤くなってしまうと、なかなか元に戻らなくなってしまったりすることもあります。

副作用③痛みやかゆみを感じてしまう

痛みやかゆみにも通じるほどの強い乾燥が起こります。かゆいからとかきむしってしまうと肌を傷つけてしまい、肌の状態もよくないため治りも悪くそこを気にして適切なスキンケアができず汚れがたまったり乾燥したり、と悪循環に陥ってしまいます。

ピーリングが原因で起こりうる副作用は「乾燥・痛みやかゆみ・赤み」の3つが多く報告されています。さらに、肌トラブルが悪化する可能性もあります。

3.副作用がでてしまう原因

ピーリングによって副作用が出る原因は角質を取りすぎてしまう行為にあります。

汚れた角質やたまってきたものは取り除く必要がありますが、基本的に角質そのものは肌のバリア機能を高めるためには必要な存在です。すべて取ってしまうと肌は無防備な状態となってしまうため、ひどい乾燥や痛み・かゆみ、赤くなるなどの副作用が表れてしまいます。

また、肌質や肌の状態がピーリングに合っていなかった・使用方法が間違っていた・アフターケアをしっかりしなかった、ことなどが考えられます。

ピーリングそのものが悪なのではなく、使用状況の見極め不足が副作用を招きます。不必要に副作用が怖いと避けるのではなく正しい知識を身につけていきましょう。

4.ピーリングを行う前にチェックする4つのこと

shutterstock_1

ピーリングをしたいけど副作用が心配になってきましたよね。ピーリングの前にチェックしておくことを紹介しておきましょう。

check1|10代の肌は避ける

10代の肌はまだ成長過程なので安定していない可能性があります。若い細胞なので必要以上に取り除くケアは最善策ではない場合が多いです。体内の新陳代謝や食事・睡眠などから改善を考えるのがおすすめですね。

check2|肌の状態を確認する

ピーリングに適した肌質やタイミングを見極めることが副作用を予防する一番の方法となります。

肌のくすみや毛穴の開き、保湿成分がなかなか浸透しないなどがピーリングしたほうがよい目安だとされていますが、その原因が角質のたまりなのかどうかを見極めることがもっとも重要です。

自分ではよくわからないという人は、皮膚科医や美容クリニックでカウンセリング受けたり、大手化粧品メーカーのカウンターでは肌診断無料診断で受けることができるので美容部員さんに相談するのも気軽に行えるのでおすすめですよ。

check3|ニキビがある場合はピーリングは控える

ニキビは肌の凹凸になっているのでピーリングでよりダメージを与えてしまう可能性があります。ニキビが治るのを待ってピーリングをするのがおすすめです。

check4|ピーリングは月に1回程度がおすすめ

スクリーンショット 2015-12-02 13.44.00

ピーリング経験者なら、前回ピーリングをおこなった時期から1ヶ月間は間をおいていいでしょう。ピーリングは頻繁に行う施術ではありません。肌に個人差または、肌のターンオーバーが年代によって周期が違うので、やりすぎにはくれぐれも注意しましょう。

4.自宅でおすすめのピーリングアイテム

石鹸タイプ、クレイタイプ、ジェルタイプ等多くのピーリングアイテムがありますが使用感に定評のある人気のアイテムだけを集めました。

石鹸タイプ

クレンジングサーチ ソープ

AHA(フルーツ酸)が古くなった角質を除去してなめらかで透明感のある肌にしあげてくれます。ドラックストアでも売られるので入手の手軽さと使用感がよっても良かった!と口コミでも人気に火がついたロングセラー製品です。

石けんタイプのこちらは、AHAを使ったクレンジング・ピーリング剤です。りんご酸を使用しているので、ほのかにりんごの香りが漂います。同シリーズから敏感肌用も出ているためこれまで敏感肌でピーリングを諦めていた人にもおすすめです。

RAFRA オレンジドロップ

AHA配合の弾力泡で肌に滞った古い角質や汚れをオフ。オレンジの香りが気分も上げてくれます。毛穴の黒ずみ ・くすみ を感じたときはピーリング石けんでスペシャルケアし、つるつる肌へ。

クレイタイプ

ラッシュ/ピュアブラボー! 

お肌になじませると漂ってくるのは、気持ちを落ち着かせるラベンダーの香り。忙しい毎日で疲れた心をほっと穏やかにしてくれます。冷蔵庫から取り出し、目の周りを避けて適量をたっぷりと顔にのばします。5-10分おいてぬるま湯で優しくマッサージしながら洗い流すことで古い角質を除去し、お肌を清潔に整えます。

ジェルタイプ

アンネマリーボーリンドのピールクレンジング50ml

アンネマリーボーリンドはオーガニック製品を製造していることで知られているメーカーです。こちらのピーリング剤も肌にやさしく乾燥肌でも使えるといわれています。天然素材をふんだんに使用している分価格は安くはありませんが安心して使えます。

5.自宅で簡単!セルフピーリング方法

美容ケアになるピーリングをセルフで行うおすすめの方法をご紹介していきましょう。はじめての方も簡単に安心できるものにしました。

準備するもの

  • ピーリンングアイテム
  • ぬるま湯(36度前後)
  • タオル(できるだけ柔らかいもの)

ピーリングアイテムを持っていない人もいますよね、保湿クリームでできるピーリング方法を過去に紹介いたしましたので、そちらもご参考になるとおもいます。今回は専用のピーリングアイテムを使用して紹介していきます。

ベストタイムは夜!クレンジング後の洗顔の代打

ピーリングのベストタイムは朝よりも夜がいいでしょう。就寝が控えているので肌の生まれ変わりをより手助けできる環境が整っているからです。ピーリング後の肌は長時間休ませてあげることも大切なポイントになります。

ピーリングをおこなうのは夜が望ましいとされています。肌が無防備になるため、美容液なども浸透しやすい状態になっていたり、ピーリング直後は日光に当たらないようにするなど注意が必要だったりと夜におこなうメリットはたくさんあります。

メイクをしっかり落とした後、ピーリングをスタート!

湯気で毛穴を開きピーリング剤を肌にのせていく

蒸しタオルやお湯の蒸気を顔の表面に5分程度あてておくと毛穴が開きピーリングをしっかり行うことができます。ピーリングアイテムを肌にのせていきます。泡立てが必要なアイテムはしっかり泡立てたものを優しくのせていきましょう。

とくに油分を多く感じる部分・毛穴が気になる部分などケアしたい部分には丁寧にのせていくのがいいでしょう。

長時間放置しない

ピーリング剤を肌にのせた後、気をつけたいのがその放置時間です。大体5分未満で洗い流しましょう。放置しすぎることで必要成分まで取り除いてしまう可能性があるので、副作用の心配があります。気をつけるべきは長時間放置しすぎないことです。通常の洗顔料は長く肌においておかないようにしなければなりませんが、ピーリングは少し待つことで効果を引き出します。

10回以上すすぎタオルで優しく拭き取りましょう。

保湿ケアを念入りに行いましょう

ピーリング後のスキンケアはとにかく保湿が重要なポイントです。いつも行っているスキンケアより保湿を強化した手段がおすすめです。ピーリングでバリア機能が弱くなっているので外からバリアを補ってあげましょう。

さらにスキンケアの浸透率も高くなっています。ハンドプラスをほどこしじんわりと浸透させましょう。アフターケアの保湿は忘れずにしっかりおこなうことも覚えておきましょう。

5.副作用が出てしまった時の対処法

ピーリングをしたあとに、乾燥・痛みやかゆみ・赤みを感じてしまった時に対処方法を知っておくと安心です。

十分な保湿をする

ピーリングによって副作用が出てきてしまったら、まずできることは保湿です。本来、ピーリングのアフターケアとしても大切な保湿を怠ってしまう人も多くいますが、ピーリングをしたらとにかく保湿を心がけましょう。

ピーリングの副作用は肌のバリア機能が弱まることで表れます。バリア機能が自然と本来の状態へ戻るまでは外からの保湿ケアで保護しなければなりません。乾燥や痛みを感じたら保湿、と覚えておきましょう。

専門医を受診する

痛みやかゆみ、乾燥がひどくなってきたら皮膚科や美容クリニックを受診しましょう。本当は、ピーリングを行う前にもカウンセリングをしてもらってから始めるのが望ましいとされています。副作用が出て自己流のケアで悪化させてしまうくらいなら早めに受診をしましょう。

受診の際はどんなピーリング剤を使ったのかを説明できるように、使ったものを持参するといいでしょう。どんな成分ややりかたで副作用がでてしまったのかがわかれば治療もしやすくなります。つらいときには迷わず受診してください。

6.まとめ

これまでピーリングを避けていた人も、何も考えずにピーリングしていた人も、副作用という観点からピーリングを見直すことで本来の使用方法が見えてきたのではないでしょうか。

本当に今使っていい状態なのか、副作用を引き起こしてしまう使い方はしていないか今一度チェックして、正しい使い方でつるすべ肌を目指していきましょう。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事