キレイな子はやってる! 自宅でできる正しいピーリング方法

shutterstock_21665602

肌の表面に古い角質が溜まると、毛穴を詰まらせてニキビの原因になったり、手触りがゴワゴワして化粧のりが悪くなったりします。そんな時に有効なスキンケアが「ピーリング」です。

エステや美容皮膚科で行うだけでなく、ピーリングはコツと注意点さえ押さえれば自宅で簡単に行うこともできます。つるんとしたゆで卵のような素肌を手に入れるための、上手なセルフピーリングの方法や注意点などをご紹介したいと思います。


1.自宅でやるセルフピーリングの正しい方法

1-1.タイミング

私たちの肌の細胞は、新陳代謝によって古いものは剥がれ落ち、下からどんどん新しい皮膚が生まれてきます。 肌のターンオーバーの周期は、健康な肌状態であれば約28日ですが、加齢や乾燥、さまざまな肌トラブルなどによりターンオーバーが乱れてしまうことがあります。

ターンオーバーが正常に行われないと、剥がれ落ちなかった角質によって肌は堅くなり、毛穴が詰まったり、肌がくすんで見えたりする原因になってしまいます。毛穴の詰まりはニキビを引き起こしますし、くすんだ肌では、いくらメイクをしてもなかなか綺麗に決まってくれません。

自宅でピーリングを行うタイミングの目安は、洗顔後の化粧水が浸透していかない気がする、なんとなく肌がゴワゴワして化粧ノリが良くないな、と思ったときに始めるのがベストです。女性の場合は、生理期間になると肌が敏感になることもありますので、生理前や生理中を避けるようにしましょう。

1-2.ピーリング方法

市販されているピーリング剤は大きく分けて二種類あります。つけて肌を擦ると消しゴムのカスのようにポロポロと角質が落ちてくるタイプのピーリング剤と、AHAと呼ばれる酸で古い角質を溶かして落とすタイプのピーリング剤です。

どちらも同じような価格帯で、ドラッグストアなどで売られています。

ここでおすすめしたいのは、AHAという酸を使ったピーリング剤です。リンゴや柑橘類などにも含まれている酸で、フルーツ酸と呼ばれることもあり穏やかな作用が特徴です。 AHAが含まれている洗顔せっけんや、化粧水、美容液などを使って、毎日のケアとして穏やかにピーリングを取り入れることができます。

擦るタイプのピーリング剤は、ポロポロが目に見えるので「落ちている感じ」が実感しやすく、すっきりした気分になりますが、とにかく肌への負担が大きいためあまりおすすめしません。

1-3.注意点

ピーリングは肌のターンオーバーを正常に導く手段の1つですが、やり方を間違えると、かえって肌を傷めてしまいます。 ピーリングにはまず、向いている人と、向かない人がいることを知りましょう。

ピーリングに向かない人は、ひどい乾燥や肌荒れに悩んでいる人、悪化しているニキビや治りきっていない傷がある人です。また、敏感肌の人もピーリングをおすすめすることはできません。

顔の皮膚は、薄いティッシュペーパー1枚の半分ほどしか厚さがないと言われ、いくら不要な角質といっても、肌の表面をはがすことに変わりはありません。肌トラブルを抱え刺激に弱い状態の肌にとっては、ピーリングはまさに避けるべき刺激となります。無理に使用すると痛みや赤み、かゆみなどの症状が出てしまうこともあります。

また、ピーリング剤に記載されている頻度の目安を守らないのも良くありません。たとえ「週一回の使用が目安」と書かれていたとしても、初めて使用する場合は2週間に1度くらいのペースから始めてみるくらいの慎重さが必要です。早く効果を出そうと、頻回にピーリングを行うことは、かえって逆効果になることを覚えておきましょう。

2.セルフにおすすめのピーリング剤

この記事でおすすめするのは、AHAを使用したピーリング剤です。ピーリング作用のあるAHA配合の化粧品時はたくさんありますが、中でも代表的なピーリング剤の種類をご紹介します。

2-1.洗顔せっけん・洗顔フォーム

月に1度のスペシャルケアよりも、毎日使うもので角質を溜めないようにする方が、肌への負担は少なくなります。そこでおすすめなのが、AHA配合の洗顔せっけんや洗顔フォームです。毎日使うものだから、優しく穏やかな効果に重点を置いています。

150076出典;http://www.aha-soap.com/soap/index.html
AHA配合洗顔美容ソープ
AHA(フルーツ酸)が古い角質をケアし、毛穴の黒ずみや肌のくすみのないツルツル肌へと導く美容石鹸。シラカバ樹皮エキス・ブドウ葉エキスを配合しました。肌をキュット引き締め、毛穴の目立たない肌に洗いあげます

2-2.化粧水・美容液

洗い流さなくても良い化粧水や美容液にAHAが配合されている製品の場合は、刺激も少なく毎日使用できます。化粧水タイプのピーリング剤は、刺激も少なく肌の角質層まで浸透して内側から新陳代謝を促進してくれます。

「肌のターンオーバーは約28日」と先ほど書きましたが、実はこれは20代の人の話であり、30代では40日、40代では55日がその目安となっています。化粧水や美容液タイプのピーリング剤は、じんわり肌に染み込むため、肌の新陳代謝を良くしてくれる効果が期待できます。

今あるものを無理に剥がすのではなく、あくまでも代謝によって肌をあたらしく保とう、というイメージです。 化粧水タイプのピーリング剤には、コットンに染み込ませ使用するふき取りタイプのものもありますが、やはりどうしても擦ることになってしまうので刺激が強く、簡単にはおすすめできません。

117848

出典:http://www.aha-soap.com/c_cl/index.html

5種のAHA(角質ケア成分)と3種の保湿成分を配合したローションです。残存メラニンを含む古い角質や黒ずみをすっきりふき取って、クリアでやわらかいすべすべ肌に整えます。古い角質を除去した肌は、あとに使う化粧品の肌なじみをうながし、スキンケア効果も高めます。朝の洗顔代わりとしても使用できます。

3.ピーリング剤を簡単に手作りする方法

おすすめするピーリング剤はAHAという酸を使っているため、肌に悪い影響のない酸性の成分を用いて、自宅でも簡単にピーリング剤を作ることができます。

3-1.クエン酸を使った方法

毛穴を詰まらせ直接的なニキビの原因にもなる角栓は、皮脂汚れや古くなった角質からできています。しっかり洗顔していてもなかなか取れないのが、角栓です。

じつは角栓を落とすには、角質のたんぱく質を落とす必要がありますが、普通の洗顔ではたんぱく質まで落とすことはできません。そんな時はクエン酸を使って手作りのピーリング剤を作ってみてはいかがでしょうか。クエン酸は、酸のパワーでたんぱく質を溶かし角栓のないツルツルのお肌を目指すことができます。

クエン酸ピーリングの作り方は簡単です。クエン酸が10g、精製水が100mlを清潔な陽気で混ぜるだけで完成です。クエン酸も精製水もドラッグストアにて500円ほどで購入できます。

洗顔後の清潔な肌に、手作りピーリング剤を塗り、5分ほどたったら洗い流します。使用後にピリピリとした刺激を感じる人は、クエン酸を少なくし濃度を薄めてみるのも良いでしょう。ただし、決して擦ってはいけません。クエン酸の効果よりも、擦った摩擦の方があとあと怖いので、優しく扱うことをおすすめします。

また、品質の維持を目的とした保存料も、手作りのピーリングローションであれば、心配ありません。その分長時間の作り置きはできないので、作ったら冷蔵庫に保管し一ヶ月ほどを目安に使い切るようにしましょう。

3-2.ホエイを使った方法

ホエイとは乳清とも言い、無糖のヨーグルトから出る粘性のある透明な水分です。ホエイは古い角質を柔らかくし落としてくれる効果があります。ピーリングの効果的にはクエン酸よりも優しく、敏感肌の人にも向いています。

使い方は、洗顔後の清潔な肌に乳清をたっぷりと塗り、10分〜15分ほど置き良くすすぎます。その後は、化粧水や乳液など通常通りのスキンケアをしてください。ふっくらと内側から潤う感じで肌に柔らかさと弾力が生まれます。

4.ピーリングとあわせて行いたいスキンケア

ピーリングが終わった肌は、表面の角質は剥がれ、むき出しの状態です。乾燥しないように保湿をしっかり行うことが何よりも大切です。また、紫外線にも気をつけなければいけません。寝ている間に肌の代謝は行われるので、ピーリングを行うのであれば、紫外線の被害を気にしなくていい夜の洗顔後が最適です。

5.まとめ

皮膚の再生、ターンオーバーを正常な状態に導いてくれる「ピーリング」は、上手に行うことができれば、まるでエステに行ったような柔らかで健康的な肌を手に入れることができます。大事なことは、角質を無理にはがそうとせず、じっくりと時間をかけて取り組むことです。焦らず、ゆっくりと、美しい肌にアプローチしていきましょう。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事