キラキラオーラを独り占め!簡単パーティーメイクのコツ

hqdefault

パーティーのお誘いをもらうと、ウキウキ、わくわく、とっても楽しい気分になりますよね!

オシャレな人が集まるパーティーや、気の置けない仲間とのホムパなど、大勢の人と出会うパーティーは女子にとっては頑張りどころ。

やっぱり、カワイイって言われたいし、好感度高めも狙いたいですよね。

そんなパーティーに役立つ、デイリーメイクのアレンジ方法をご紹介します。


1.パーティー用華やかメイクにするポイント

かっちりフォーマルではない、パーティー用メイクのポイントは、いつもより「ちょっと」華やかぐらいにするのが理想的。

いつものメイクアイテムでも、アレンジ次第でパーティー仕様は可能です。普段はパパッとできる時短重視のメイクをしている人も、ひとつひとつのパーツを丁寧に仕上げていくのが最大のコツです。

1-1.ベースメイクはツヤ感重視で

普段使いのファンデーションでもパーティー仕様にアレンジ可能です。

ベースメイクは、マットに仕上げると、フォーマルすぎてしまうので、ツヤ感のあるセミマットぐらいがベストです。

パウダーファンデなら下地、リキッド、クリームファンデなら仕上げのパウダーで、ツヤ肌を演出しましょう。下地や仕上げ用パウダーは、細かいパールが入っているものを選びましょう。

1-2.ハイライトで自然な立体感をプラス

自然な立体感を出すためのハイライトは必須です。

アイシャドウのいちばん明るいカラーや、ハイライト用のフェイスカラーを使いましょう。 白のパールパウダーを使うと、目立ちすぎてしまうので、マルチカラーのフェイスパウダーか、イエローやピンクのパールパウダーがなじみも良く、おススメです。

平型のチークブラシに、ハイライトパウダーをとり、目を閉じて、目頭から眉下まで、目の上全体を一気になぞると、ハイライトゾーンにぴったり入るので、簡単です。

さらに立体感を出したい場合は、Tゾーンとあご先にも、アイシャドウブラシでスーッとのせていきましょう。

1-3.目の形別キラキラアイメイクのポイント

パーティー仕様のアイメイクでも、やりすぎは禁物。

いつものメイクアイテムに、ラメ入りコスメなどでキラキラ感をプラスして、ほどよい華やかさを目指しましょう。目の形別に、キラキラポイントが異なるので、参考にしてみて下さいね!

一重さん、奥二重さんなら、リキッドアイラインで印象的な目元に

目元をくっきり見せたい一重さん、奥二重さんなら、アイラインの使い方がキーポイントになります。

リキッドアイライナーでまつ毛の間を埋めてから、上まぶたのまつ毛キワにもラインを入れ、目尻はやや長めに引きます。この時、ラインを上に跳ね上げるとオシャレ系に、自然に真横に流すと上品な印象になります。

特に、いつもの黒ラインの上にラメ入りのアイライナーを重ねれば、ほどよい華やかさと、今っぽさが両立されて、洗練された目元に仕上がるので、オススメです。

切れ長さんは、目尻ラインで優し気に

クールに見られがちな切れ長アイの人なら、目尻のアイシャドウ使いで、優し気な印象にチェンジしてみましょう。

アイメイクの最後に、目の下目尻側1/3ぐらいを目安に、濃いめのブラウンシャドウで影をつくるように入れます。

この時、目尻を下げるように太めに入れ、最後に綿棒かチップでぼかします。こうすることで、たれ目風メイクになり、優し気な雰囲気になります。

細かいラメ入りのシャドウなら、さりげないアクセントになり、美人度がUPします。

小粒目さんはW涙袋メイクで可憐に

少しでも目を大きく見せたい小粒目さんは、下まぶたのパールシャドウで涙袋を強調して、目を拡大して見せるのがベストです。

パールピンクやベージュの明るめシャドウを下まぶた全体に入れた後、さらに目頭から黒目の下までをラメ感やパール感のある涙袋用ライナーでほんの少し、ラインをひきます。

これだけで目が潤んで見えるので、小粒目さんならではの女性らしい印象的な目元になります。

くっきり二重さん

ぱっちり二重さんは、単色アイカラーにアイラインだけでも十分引き立ちますが、やりすぎると派手に見えがち。

そんな二重さんには、再び人気が復活した、ラメマスカラがおススメです。いつものマスカラで仕上げた後、まつ毛の先だけに、ほんの少しラメマスカラをつけるだけ。

目尻のまつ毛だけにつけると、控えめなキラキラ感がプラスされて、さりげなくオシャレな目元になります。

1-4.落ちにくい仕込みチークがベスト

頻繁にメイク直しのできないパーティーシーンでは、練りチークで仕込みをしておくと安心です。

ベースメイクをパウダー類で仕上げる前に、練りチークを入れておきましょう。指先でなじませ、密着させておくことがポイントです。

こうすれば、チークが長持ちするうえ、メイク直しをする時も上からパウダーチークをひとはけするだけで完了!

1-5.クレヨンリップで落ちにくいリップメイクを

食事やおしゃべりに夢中になると、すぐに取れてしまいがちなグロスは、パーティーには不向きです。

ペンシル型のクレヨンリップなら、ある程度落ちても長持ちして、お直しも楽ちんなので、1本持っていると便利です。リップクリームで保湿をした後、ティッシュオフしてから使いましょう。

2.パーティー別メイクポイント

テーマによって、場所も雰囲気も異なるパーティーでは、メイクもTPOに合わせたほうがスマートです。

化粧直しも頻繁にできないことが多いので、ベースは崩れにくく、ポイントメイクはウォータープルーフコスメで長持ちさせる工夫をしておきましょう。

2-1.結婚式2次会

披露宴よりもカジュアルなウェディングパーティーの2次会では、質感重視の上品なメイクがオススメです。

ツヤ感のあるメイクなら、暗めの会場でも映えますし、日中の太陽光でも立体感のある表情がつくれます。

パール入りの下地とリキッドファンデでツヤのあるベースをつくりましょう。また、アイメイクは、クリームシャドウを取り入れると、ツヤ感と化粧モチが持続するのでオススメです。

跳ね上げアイラインとボリュームマスカラ、目の下の涙袋シャドウで、目を大きく見せれば、写真写り対策もバッチリです。

2-2.おうちパーティー

参加者との距離が近いおうちパーティーでは、ナチュラルメイクの方が好感度UPにつながります。

カバー力の高い色つきの下地やBBクリームで整えた後、大きめのフェイスブラシでパウダーファンデをふわっとのせると、つくり込みすぎない、抜け感のある肌の完成です。

シミ・ソバカスやニキビ跡が気になる場合は、下地のあとにコンシーラーでカバーしておけばOKです。目元は、ベージュやピンクのシャドウで明るさをプラスして、ロングタイプのマスカラで自然な印象に仕上げます。

アイラインでまつ毛のキワだけを埋めておくと、ナチュラルながらも、目元が引き立ちます。

3-3.オシャレ系パーティー

イベントなど、オシャレな人が集まるパーティーなら、メイクにもトレンドを取り入れてイマドキ感をアピールしたいもの。

手っ取り早くトレンドメイクにするなら、流行色のペンシルアイシャドウがアススメです。二重さんなら、ボルドーやウォームブラウン、奥二重、一重さんなら、カーキやネイビーがお似合いカラーです。

手持ちのブラウンシャドウでアイホールを整えた後、二重幅にペンシルアイシャドウをぼかせばOKです。一重さんなら、目の下の目尻側にアクセントで入れてもオシャレです。

3.やりすぎパーティーメイクの注意点

パーティー前のメイクタイムは、気合が入りすぎて、気づけばとんでもなく厚化粧になっていたり、お洋服と合っていない、チグハグなメイクになっていたりと、落とし穴もたくさんあります。

ついついやってしまいがちなミスポイントに注意して、洗練されたパーティーメイクに仕上げましょう。

3-1.ファンデが厚すぎ

肌トラブルを隠したい、肌をキレイに見せたいからと、ファンデを何度も重ね塗りするのはNGです。特に照明がきいている会場では、写真に納まると顔だけ真っ白に写ってしまう場合も。

また、ファンデの厚塗りは化粧崩れを早めますし、パーティー中はこまめに直せる時間もないので、テカテカ、カピカピの悲惨な状態に陥ります。

厚塗りしなくても、美肌度が上がるファンデテクで、写真も崩れも心配ナシ!のベースメイクにしておきましょう。

<厚塗り防止対策>

  • バー力のある下地を使う
  • カバー力の高いクリームファンデを薄くつける
  • シミ、そばかす、ニキビ跡などは、コンシーラーでポイント的に隠す

<白浮き対策>

  • ファンデの色をいつもよりワントーン暗いものを使う
  • 仕上げ用パウダーをベージュ系のものにする

3-2.アイメイクが濃すぎてギャルメイクに

パーティーだから♪と、メイクを盛りすぎるのも要注意。華やかを通り越して、派手な人認定されてしまい、周囲から浮いてしまうこともあります。

大粒のラメや、キラキラパール配合のアイシャドウは目元がギラギラしすぎて悪目立ちしやすく、ちょっと古臭い印象に。

また、オシャレですが、万人受けしないダークカラーでのスモーキーメイクや、ボリュームタイプのつけまつ毛に極太アイライナーなど、頑張りすぎに注意しましょう。

盛りグセのある人は、アイメイクアイテムをブラウン系にすれば、強すぎない印象になります。

3-3.ファッションと合っていない

パーティーのイメージによってファッションも変わりますが、メイクはいつも通り、という人も意外と多いもの。

例えば、ホームパーティーではカジュアルなほっこりスタイルなのに、隙のないフルメイクだったり、巻き髪&キレイ色ワンピのコーディネイトにすっぴん風メイクなど、服装と顔がチグハグになると美人度もダウンしてしまいます。

着ていくお洋服とメイクのイメージを合わせて、トータルでバランス良く見せましょう。

4.パーティーメイクのちょい足し便利アイテム

手持ちのコスメと合わせて使えて、パーティーメイクにも役立つアイテムなら、揃えておいて損はナシ!いつもと少し、印象を変えたい時にも使えるので、デート用メイクにもオススメです。

4-1.マルチカラーパウダー

おススメ商品名:ル・プリズム(全6色)
6VFyvxSC86u7VQLhPi2c-kc38AIWPqY2HjULCo0a9gA出典:ジバンシイ公式サイト  メーカー:ジバンシイ  価格:6,800円(税抜)

おススメポイント:くすみやテカリが気になった時に、ブラシでサッとお直しできるマルチカラーパウダーは、時間がないパーティー会場でも大活躍間違いなし!

1色のパウダーよりも、なじみが良いので、白浮きせず、顔色を明るく、イキイキと見せてくれます。小さなコンパクト状も便利です。

4-2.ラスティングリップ

おススメ商品名:カラーバースト バーム ステイン

PJ40pZGbpG1-zhYq0DgBwqXIcl3As85SPVxOfsd68b8
出典:レブロン公式サイト メーカー:レブロン  価格:1,200円(税抜)

おススメポイント:リップクリームと口紅が合体したクレヨン型リップなので、高い保湿力と高発色が1本で叶います。繰り出し式なので、どこでもスマートに塗れますし、落ちにくいので、パーティーでは特に頼れるリップです。

4-3.ラメ入りマスカラ

おススメ商品名: トゥインクルリトルティアーズ

xys2imsS6o1gnSQZFVQExTY5FeGz-_b4uL3x

出典:キャンメイク公式サイト メーカー:キャンメイク  価格:600円(税抜)

おススメポイント:少量つけるだけでも、十分キラキラ感が楽しめるシルバーラメ入りのマスカラです。まつ毛全体ではなく、ポイント的に使用するのが、上品に仕上げるコツです。プチプラなので、トライしやすいのも嬉しいですね。

4-4.ラメ入りアイライナー

おススメ商品:ドド ラメライナー

fsYGBpvlNEgq4_pzEo6H3i出典:パルガントン公式サイト メーカー:パルガントン  価格:559円(税抜)

おススメポイント:いつもの黒アイラインの上に重ねて、アクセントとして取り入れたいラメライナーです。リキッドタイプなら、落ちにくくラメ感が持続するので、お直し不要です。シルバーやブラウンのラメなら、なじみが良くどんなアイシャドウにもマッチします。

5.まとめ

いつものメイクをアレンジするだけで、気分の上るパーティーメイクは簡単にできちゃいます。いつもと違うキラキラオーラをまとったあなたに、みんなの視線は、きっと釘づけになるはずですよ!

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事