女性に嬉しいオメガ3の機能とおすすめサプリ5選

スクリーンショット 2017-06-21 16.13.38

疲れにくく健康な体づくりの鍵を握る脂肪酸として注目されているのが『オメガ3』。

健康に気を使う方はすでに耳にしているかもしれません、口コミを調べたところ『疲れや冷えがとれる!』との体感があるようで、特に、女性にとって嬉しい機能が豊富なのがオメガ3系脂肪酸の特徴なんです。

積極的に取り入れたいけど、どうやって摂ればいいのかわからない人も少なくないのでは。

そこで今回は簡単にオメガ3をとれすおすすめのサプリメントをかなーり厳選したのでまとめました。

オメガ3ってなに?といった根本的なところもわかりやすく解説していきます。


1.オメガ3脂肪酸とは

オメガ3は脂肪酸の種類の名称です。

脂肪酸は構造により、飽和脂肪酸(ほうわしぼうさん)と不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)の2種類に分類できますが、オメガ3は不飽和脂肪酸にわけられます。

スクリーンショット 2017-06-22 14.17.20

オメガ3は主に青魚に含まれる

飽和脂肪酸はオメガ3・オメガ6・オメガ9に分けられ、オメガ3脂肪酸は、青魚・えごま油・オリーブオイル・チアシードオイル・シソ油・胡桃(クルミ)・緑黄色野菜・豆類の食品からも摂取することができます。

shutterstock_432344374オメガ3は主に青魚・えごま油・アマニ油・シソ油・胡桃・緑黄色野菜・豆腐類に含まれる

脂肪酸(しぼうさん)と聞くと『ダイエットの大敵』というイメージがあるかもしれませんが、脂質のバランスを整えることで全身の細胞の代謝がよくなり、むしろ太りにくくなるんです。

特に美肌はすぐに実感できる体験談は少なくありません。

オメガ3青魚・えごま油・チアシードオイル・シソ油・胡桃(クルミ)・緑黄色野菜 等
オメガ6ベニバナ油・コーン油・ごま油・サラダ油・マヨネーズ 等
オメガ9オリーブオイル、キャノーラ油(なたね油) 等

オメガ3・オメガ6のバランスが重要

オメガ6は、ベニバナ油・コーン油・ごま油・サラダ油・マヨネーズといった、幅広い調理にたくさん使われる脂肪酸。オメガ6ばかりを摂取してオメガ3をほとんど摂らないと体に様々な悪影響を及ぼします。

現代はとてもオメガ6の摂取が多すぎる傾向にあるので不調を招きやすい環境です。

オメガ3とオメガ6の理想的なバランスは、厚生省が基準を定めています。

参考資料:日本人の食事摂取基準・厚労省

女性の場合

18才〜29才オメガ68.0gオメガ31.6g
30才〜49才オメガ68.0gオメガ31.6g
50才〜69才オメガ68.0gオメガ32.0g
70才〜以上オメガ68.0gオメガ3 1.9g

男性の場合

18才〜29才オメガ611.0gオメガ32.0g
30才〜49才オメガ610.0gオメガ32.1g
50才〜69才オメガ610.0gオメガ32.4g
70才〜以上オメガ68.0gオメガ3 2.1g

年齢によっても理想的なバランスは変わるようです。

オメガ6を取りすぎるとキケン

オメガ6過多の食生活がアトピーや花粉症などのアレルギー症状の悪化や不調の原因のひとつになっていることは間違いありません。(参考資料:厚生労働省総合医療情報発信サイト

反対にオメガ3は、全くその逆の働きをするのです。良質なオメガ3を摂ることはとても大切なのです。

2.オメガ3を摂取すると期待できる5つのメリット

オメガ3を積極的に摂取することで健康にどのようなメリットがあるのかをまとめました。女性には嬉しい機能ばかりなので不調にお悩みの方に注目が集まっているんです。

オメガ3を意識してとると、脳・肌・血液と全身に嬉しい作用を発揮してくれます。

メリット①脳細胞が活性化!落ち込む気分も改善

オメガ3が不足すると脳細胞にダメージを与え、記憶などに影響を及ぼすことがわかっています。

脂肪酸の摂取バランスが恐怖記憶に影響

「オメガ 3 系」は脳が正常に働くために必要な栄養素であり、豊富に摂取すると弱いながらも高齢者の認知機能低下を改善するなどの効果が報告されています。参考資料:独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)

逆に、不足が解消されることで、脳が活性化するので、うつ症状の改善も期待できると見ている研究者も多いです。

メリット②血中中性脂肪が増えにくく!

オメガ3とオメガ6のバランスが改善されることで肝臓での中性脂肪の合成に関わる遺伝子の発現を抑える方向に作用。

食生活と脂質の中身を考える

n-3 系脂肪酸の一種であるα-リノレン酸は亜麻やエゴマの種子に多く含まれ,食用油やサプリメントとして,市場に流通しています。

EPA と DHA は魚油に含まれており,n-3 系脂肪酸のうち世間一般に広く認知された成分で,血中の中性脂肪を低下させる機能を有し,先述の生活習慣病の予防効果が注目を浴び続けています。参考資料:日本食品分析センタ

脂質代謝が改善するので、メタボ対策として期待できると言われています。

メリット③花粉症などのアレルギー抑制としても期待

オメガ6が過多だと炎症を促進する方向に作用してしまいます。オメガ3とのバランスが改善されると炎症やアレルギーが起きにくくなると期待されているのです。

花粉症対策

オメガ3系脂肪酸といい、炎症を抑制する働きをします。オメガ3系脂肪酸は、熱に弱く酸化しやすいので、生で摂ることをおすすめします。参考資料:ヘルスコミュニケーション

メリット④代謝アップで冷えにくく

オメガ6が過多だと血小板などの免疫細胞を活性化し、血栓をできやすくしてしまいます。

逆にオメガ3とのバランスが改善されると、血栓ができにくく、血液サラサラに。結果、全身に血が巡りやすくなり、代謝アップや冷え予防効果が期待できます。

参考資料:日本医薬情報センター臨床試験情報

メリット⑤肌しっとりの実感多数

肌細胞の膜の機能が改善して、肌のハリがアップ。過去の実験でも、オメガ3を積極的に摂取することで肌の水分量が増え『しっとり感を実感できた!』と行った体験談の声が多いです。

参考資料:美容と脂質の摂りかた

オメガ3は細胞レベルで体を活性化!特に日本人には不足しがちなオメガ3を摂取することで、細胞膜もホルモン様物質も正しく機能するように期待が持てます。

体への利点を理解したところで、早速オメガ3を積極的に摂るにはどうしたらいいのか、具体的な方法を次項で解説していきます。

 3.オメガ3を積極的に摂る方法

①調理油から摂る

オメガ3の多いオメガ3オイルは、亜麻仁油・えごまオイル・シソ油。これらを美味しくたっぷり摂るのに一番手っ取り早い方法は、そのままかけたりつけたりするのがおすすめです。

スクリーンショット 2017-06-22 10.50.38

  • 亜麻仁油|精製方法によって透明なものもあれば、濃い黄色のものも。味や香りのばらつきが商品によってある
  • えごま油|えごまの種子から搾油した油
  • シソ油|シソの実から絞ったシソ油、透明で匂いがなくさらっとした口当たり。

オメガ3オイルは長時間の加熱調理には向かないので、豆腐にそのままかけたり、ドレッシングやタレに混ぜると摂りやすいです。

②食材から摂る

食材にも豊富なオメガ3、魚介類や胡桃(くるみ)は、食べやすいのでどんどん食べましょう。

スクリーンショット 2017-06-22 11.29.15

  • 魚介類|青魚によく知られるDHCやEPAもオメガ3の一種。実は青魚以外の魚介類にもオメガ3は豊富。
  • くるみ|くるみは手に入れやすく、食べやすいのも嬉しいですね、おやつ代わりにはくるみがおすすめ。
  • シアチード|食物繊維もオメガ3がたっぷり。

③サプリメントで摂る

誰でもできて、続けられるのがサプリメントでオメガ3を摂る方法。

どんな生活習慣の方でも、手間がかからず続けやすいです。摂取方法が一番簡単なことで自然と長期的に摂り続けることもでき、経済的な負担も軽い。

オメガ3オイルは熱に弱いという特徴を持つので、加熱料理には向いていません、さらに、コレステロール値が高く食事や調理油からの摂取が難しい方はサプリメントが断然おすすめ。

shutterstock_580437526

それでは、オメガ3サプリメントの選ぶポイントを知っておきましょう。価格・金額・口コミ評価を厳選しおすすめのオメガ3サプリメントを紹介していきます。

4.おすすめのオメガ3サプリメント5選

1位|知名度抜群!オメガ脂肪酸をバランスよく摂れるオメガエイド

1日6粒目安オメガ脂肪酸520mg(6粒)オメガ脂肪酸の酸化を防ぐ

photo43347l公式:SUNTORY

人気の理由

オメガ脂肪酸がバランスよく採れる

  • オメガ脂肪酸は摂取のバランスがとても大切。サプリメントならその難しいバランス調整はいりません。

3つの脂肪酸を摂ることができる

  • アラキドン酸(オメガ6脂肪酸)|考えたり・学ぶ習慣としの関わりで注目の成分
  • DHA(オメガ3脂肪酸)|知力をサポートするだけでなく全身の健康にも大切な成分
  • EPA(オメガ3脂肪酸)|気持ちの健康との関連性が注目を集めている成分

オメガ脂肪酸はとても酸化しやすい。それを防ぐためにアスタキサンチンを一緒に配合されているのはこのサプリだけ。

さらにコレステロールを含む卵・お肉・青魚多く含まれるオメガ脂肪酸は、食事だけで十分に摂るのが難しいのでサプリメントならば必要な栄養素を狙って摂ることができますよね。

こんな「うっかりさん」に愛飲されています

  • 人の名前が出てこない
  • 知っているはずの漢字がかけない
  • 外出時、鍵をかけたかどうか不安になることが増えた
  • 鍋の火をつけっぱなしが最近多い
  • コレステロールが気になる方

ターゲットとしては年配の方向けになっています。『サントリーだから安心』『三つの成分が配合されているのでお得』といった声がかなり多かったです。

商品詳細まとめ

カプセル:ソフトカプセルで飲みやすい
原材料名:DHA・EPA含有精製魚油、ARA含有食用油脂/ゼラチン、グリセリン、ヘマトコッカス藻色素
1日あたり:6粒-オメガ脂肪酸520mg
内容量:180粒・360粒
180粒(約30日分)6000円(税抜)定期コース5400円(税抜)
360粒(約60日分)10800円(税抜)定期コース9720円(税抜)

定期コースは10%お得な値段、ちょっとお高いかもしれません。

2位|北海道産のピュアオイルをそのまま! 亜麻仁油サプリメント

1日6粒目安オメガ3(n-3)系脂肪酸 0.9g北海道産のピュアオイルを使用

img10565585597亜麻仁の里

人気の理由

  • 1日6粒で厚生労働省が推奨するオメガ3の量(1g)の約50%を摂取できます。
  • ろ過しただけの100%ピュアオイルをそのままカプセルに閉じ込めている。
  • 北海道が育てた、唯一の国産亜麻が使用されている。

商品詳細まとめ

カプセル:ソフトカプセルで飲みやすい
原材料名:亜麻仁油、ゼラチン、グリセリン
1日あたり(目安量):6粒-オメガ3(n-3)系脂肪酸 0.9g
内容量:180粒(30日分)4,968円(税込)+送料
定期購入:180粒(30日分)4,471円送料無料

3位|女性に人気!南極海のピュアな天然成分|ドクターズサプリ

1日1粒目安EPA60mg
DHA27mg
アスタキサンチン0.45mg
 クリニックで導入

item_1000049256_1ドクターズサプリ

人気の理由

世界約70カ国、日本国内1,500以上の専門機関とサロンで導入され「人生を変えるスキンケア」として多くの方から愛されているブランドです。

商品詳細まとめ

カプセル:ソフトカプセルで飲みやすい
原材料名:クリルオイル(オキアミオイル)・ゼラチン・グリセリン
1日あたり(目安量):1粒-セサミン10mg
内容量:60粒(2カ月分) 5400円

4位|DHA・EPAとセサミンも摂れるサプリ|サントリーDHA&EPA

1日4粒目安DHA300mg EPA100mg(4粒)セサミン配合

suntory1DHA&EPA 公式

人気の理由

サントリーのセサミンEXのセサミン量はそのままに、生活習慣対策が期待できる有用成分をさらに摂取することができちゃう優れものサプリ。

DHA・EPAとは、青魚に含まれる栄養素ですっきり健やかにイキイキ過ごす毎日に役立つうれしい要素がいっぱいです。

商品詳細まとめ

カプセル:ソフトカプセルで飲みやすい
原材料名:DHA・EPA含有精製魚油、米胚芽油、セサミン、ゼラチン、ビタミンE、グリセリン
1日あたり(目安量):4粒-セサミン10mg
内容量:120粒・240粒
一回のみの定価:120粒(5940円)・240粒(10260円)
定期購入:120粒(5346円)・240粒(9234円)

5位|リーズナブル重視で選ぶなら|アマニ油&DHA

1日4粒目安DHA200mg
EPA100mg
α-リノレン酸200mg
安い

41EkyTfDGBL._SX425_アマニ油&DHA

人気の理由

人気の理由はその安さ。他の商品と比較してもかなりリーズナブルなので試しに購入という方が多いです。

原材料名に酸化防止剤(V.E)とありますが、これはビタミンEのことで、食品の保存力をあげる働きがあるものです。

商品詳細まとめ

カプセル:ソフトカプセルで飲みやすい
原材料名:DHA・EPA含有精製魚油、ゼラチン、食用アマニ油、グリセリン、酸化防止剤(V.E)
1日あたり:4粒-DHA200mg /EPA100mg /α-リノレン酸200mg
内容量:120粒(約30日分)3240円(税抜)

購入サイトによっては、値引きしているときもあります。

5.ご年配の方がサプリメントを選ぶポイントは、どう包装されているか

ご年配の方がサプリメントを選ぶ時に気をつけていただきたいのは、どのように包装されているかです。薬のようにアルミ包装されているものの場合、実際に誤飲してしまうことがあり危険なのです。

一粒づつ分けられていて、便利に思うのですが実際飲んでしまうケースが起きています。

ptp誤飲を防ぐためにパッケージも変わってきています。しかし全てではありません。

若い世代には想像もできないですがサプリメントを飲んでいる家族がいたら注意深くみてあげてください。

6.まとめ

オメガ3は熱に弱いので、調理で摂るのは非常に難しく、加熱調理には向かないんですよね。オメガ6とのバランスが大切なポイントになるので、飲むだけで調節されているサプリメントは非常に便利です。活力ある毎日にぜひ役立ててください。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事