徹底検証!オリーブオイルクレンジングのメリット&デメリット

shutterstock_253044214

クレンジングもオリーブオイルを使って自然派を目指したいからとりあえずキッチンにある食用オリーブオイルを使って試してみよう、と思っているあなたはちょっと待ってください。

肌にいいとされているオリーブオイルクレンジングは確かに保湿力やバリア機能を高めてくれますが、手間をかけて種類を選び、きちんと手順を踏んでおかないと肌トラブルを招いてしまうこともあります。

ここではオリーブオイルクレンジングに心ひかれ始めた人へ、そのメリットやデメリット、クレンジングをするときの注意点などをご紹介しています。不安な要素にもなるデメリットも事前に知っておけばきちんと対策を立てることができます。

肌にも自然にもやさしいオリーブオイルクレンジングについて正しい知識を身につけておきましょう。


1.オリーブオイルクレンジング4つのメリット

jojoba-oil-for-skin

出展:7beautytips

オリーブオイルは料理と一緒に食べるととってもい美味しいですよね!美味しいだけじゃなく美容にも効果抜群なメリット要素をご紹介していきましょう。

自然界のオイルなので肌への刺激が少ない

市販のクレンジングオイルには、肌の刺激になりやすい界面活性剤が含まれていますがオリーブオイルにはそれがありません。そのため、肌への刺激の少なさが美容家の間で注目を集めるようになりました。

オリーブオイルは母乳に含まれている脂肪など体の脂に近い成分のため肌にやさしく安心して使うことができます。さらに、メイクともなじむためクレンジングとして活用すると効果的です。

クレンジングなのに保湿力が高い

市販のクレンジング剤を使うと、肌に本来必要な皮脂も洗い流されてしまい肌が乾いてしまうことがあります。しかし、オリーブオイルクレンジングは保湿力が高いため、クレンジング後の乾燥が気にならなくなります。

その理由は、オリーブオイルに含まれているオレイン酸です。オリーブオイルの約70%を占めるこの成分は、皮脂の約40%を構成している成分でもあります。そのため、オレイン酸のたくさん含まれているオリーブオイルでクレンジングをすると、乾燥せず保湿力が高まる効果が期待できます。

栄養満点で肌のバリア機能を高めてくれる

強い洗浄力をもつクレンジング剤は肌に必要な皮脂までも壊してしまうことがあります。メイクはオイルを成分に含んで作られているため、同じオイルで浮かせて落とすといいといわれています。しかし、同時に皮脂も流してしまうため使い方に注意が必要なクレンジング剤です。

ところが、オリーブオイルはメイクだけを浮かせて落としてくれ、肌のバリア機能を果たす皮脂は洗い流されません。すでに乾燥してしまっていたり、弱ってしまっていたりする肌もオリーブオイルクレンジングを使い続けることで、本来の力を取り戻し健康な肌になっていきます。

きめ細かい肌にも浸透毛穴の黒ずみを落としてくれる

皮脂と同成分を含むオリーブオイルは、毛穴の黒ずみや角栓を浮かせて落としてもくれます。市販の毛穴パックの多くが、肌に必要な皮脂までも剥がしてしまうことがあります。

そのときに肌が傷つくこともあるため取り扱いが難しい存在です。
それでも黒ずみや角栓も一時的に取れるため毛穴パックが手放せないという人は、オリーブオイルでやさしく落としてみることをおすすめします。

2.オリーブオイルクレンジングの知っておくべき4つのデメリット

ニキビ肌の人は要注意!使用を控える

メイクともなじみやすく、肌のバリア機能を損なわない要因であるオレイン酸。いいことばかりのように思えますが、ニキビの大好物でもあるというデメリット面もあります。

ニキビの原因であるアクネ菌にとって、オリーブオイルに含まれているオレイン酸は豊富な栄養源です。アクネ菌が活性化することでニキビがより進行したり、広がったりするためニキビ肌に悩んでいる人にとってはオリーブオイルの使用はNGです。同じようにオレイン酸を含んでいるグレープシドオイルやアボカドオイルも避けておきたいところです。ニキビ肌でどうしてもオイルを使いたいときは植物由来のホホバオイルを選ぶようにしましょう。

オリーブオイルは純度の高いもでないスキンケアとしては効果薄

オリーブオイルクレンジング最大の難点ともいえるのが、手間がかかるということです。オイル選びもしっかりしなければなりませんが、オリーブオイルは純粋なオイルであるため水を弾いてしまい洗い流すことができません。蒸しタオルでゆっくり拭き取る必要がある

ため、忙しくてスキンケアは時短が大前提という人には向かないクレンジング方法です。きちんと拭き取ることができずに肌にオイルが残ってしまうと、ニキビの原因にもなりますし酸化したオイルが肌トラブルを引き起こすこともあります。手間や時間がかかるものであることを認識しておきましょう。

落としきれないメイクもあり

メイクとなじみやすいオリーブオイルですが、ウォータープルーフのマスカラや濃いアイメイクなどは落としきれないことがあります。濃いメイクをしているときは、その部分だけポイント落としをしてから全体をオリーブオイルでクレンジングするようにしなければなりません。

目元やリップ専用のクレンジングも市販されていますし、お湯で落ちるマスカラなどを上手に取り入れるなどの工夫をすれば、オリーブオイルクレンジングも取り入れることができます。

効果を体感するまでに時間がかかる

肌にとってやさしく、本来もつ力を取り戻したり肌サイクルを整えたりするメリットのあるオリーブオイルクレンジングですが、その効果を実感するまでには時間がかかります。肌サイクルは28日周期のため、1カ月以上続けてみてやっと肌がよくなっていることを感じられるようになると考えていましょう。

すぐに結果がでないからといって途中でやめてしまうと、せっかく肌がいい方向へ進んでいても元に戻ってしまいます。オリーブオイルクレンジングで肌を自然な状態にしていきたいと思っているときは、じっくり時間をかけて様子を見ていくようにしてください。

3.オリーブオイルクレンジングをはじめるときの2つの重要点

オリーブオイルの選び方|エキストラバージンのものを選びましょう

shutterstock_130921997

スキンケア用のオリーブオイルも販売されていますが、食用のものでも使うことができます。

ただし肌に直接つけることを考えると、精製度の高いものを選ばなければなりません。食用のなかから選択するときには、エクストラバージンオリーブオイルで開封後2カ月以内のものを使うようにしましょう。

食用のオイルは、スキンケア用に精製されているものよりも香りが強いものが多いため、匂いが気になる人はスキンケア用から選ぶようにしてください。少し試してみたいだけのときには、食用を選んでおくと途中でやめてしまっても、料理に使えるため心置きなく始められます。好みに合わせて選べることもメリットといえます。

おすすめのクレンジング方法

  1. 最初に、オイルを拭き取るための蒸しタオルを用意しましょう。
  2. 水でぬらしたタオルを電子レンジで40秒〜1分程度蒸らすとほどよい温度のタオルがカンタンに出来上がります。
  3. 濃いメイクを先に落としてから手をしっかり洗いオイルを手のひらに大さじ1ほど出して両手のひらで温めます。
  4. オイルは温めることで伸びがよくなるため、しっかり時間をかけて温めるようにしましょう。
  5. オイルが温まったら、おでこと鼻からあご、目元・口元と順番に指の腹を使ってクルクルとやさしくなじませていきます。
  6. 全体になじませることができたらキッチンペーパーを使って軽くトントンとオイルを拭き取ります。
  7. 最初に作った蒸しタオルを当ててゆっくりしっかり拭き取ります。
  8. その後は通常どおりの洗顔やスキンケアを進めていきましょう。

4.オリーブオイルクレンジングがおすすめできない肌は4種類

shutterstock_82394719

肌にやさしいクレンジングであるオリーブオイルの合う肌質は、敏感肌や乾燥肌から普通の肌の人までと幅広いことも特徴の一つです。

しかし、デメリットでもご紹介したように、ニキビ肌の人にはおすすめできません。ニキビを予防することはできても、今あるニキビにとっては栄養にしかならないためです。

  • ニキビ肌
  • オイリー肌
  • 極端な乾燥肌
  • 赤くなりやすい敏感肌

敏感肌で合うかどうか気になるという人はパッチテストを行って様子を見てから使うようにしましょう。食用よりもスキンケア用に精製されているもののほうが精製度も高いため、心配なときにはそちらを使うようにすると安心です。

★ニキビ肌におススメの洗顔★

出典;草花木果
草花木果は繰り返す大人ニキビに着目したスキンケア。バリア機能の改善が期待できる、「ドクダミエキス」ニキビケアに着目した「ACコントローラ」「オウバクエキス」などを配合しています。
トライアルセットがあるので、一度試してみるのもいいかもしれません。
トライアルキットの詳細はこちら⇒

★オイリー肌におススメの洗顔★

出典:スノーパウダーウォッシュ

オイリー肌の原因は食生活はもちろん、間違ったスキンケアをしている事が多く、オイリー肌だからといって余分な皮脂をゴシゴシ洗い無理やり剥がし、保湿を怠っている可能性があります。
スノーパウダーウォッシュはとにかく濃密な泡が特徴で、汚れはしっかり落とし必要な皮脂を残します。保湿成分も入っているの洗った後突っ張ることもなく、しっかり保湿もして肌の水分量を保ってくれます。
詳しい商品チェックはこちら⇒

★敏感肌におススメの洗顔★

出典;アルファピニ28マイルドウォッシュ

赤ちゃんの肌にも使えるほど肌に優しいのに汚れはしっかり落とし、尚且つ保湿もしてくれる、敏感肌の方にはうれしい洗顔。日焼や後や季節の変わり目など肌が特に敏感になる時期は誰しもあるかと思います。そんな時は特に成分にこだわり、より低刺激な洗顔料をおススメします。

詳しい商品チェックはこちら⇒

5.肌に異常を感じた時の対処方法

オリーブオイルクレンジングは肌によいとはいえ、人によっては肌に合わず異常を感じることもあります。乾燥がひどくなった、肌がピリピリとしたという人は使用を中止し、場合によっては皮膚科へ行くようにしましょう。

そこまでではないという人は、オイルが古くなっていないか、クレンジング方法が間違っていないかを再度確認してみることも大切です。

4.まとめ

オリーブオイルクレンジングは正しいものを選び、きちんと扱えば肌にやさしいスキンケア方法となります。パッチテストをしておけば、オリーブオイルが合わず肌トラブルを引き起こすこともありませんし、手順をしっかりふめば乾燥を招くこともなく効果をじっくり引き出すこともできます。肌にも自然にもいいオリーブオイルクレンジングをあなたも始めてみませんか。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事