ニキビケアの決定版!もう悩まないタイプ別ニキビのケア方法

shutterstock_185882528

10代〜20代前半の思春期はおろか、大人になってもニキビの悩みは尽きないもの。

若いころなら「青春の証」なんてごまかしもできましたが、大人になってからの吹き出物はデメリットだらけです。しっかりケアをしていても、不衛生と思われたり、なんとなく人に顔を見られるのがいやになったり。

あなたの毎日がより輝くように、正しいニキビケアについてご紹介します。きちんとした対策と予防で、誰でもキレイな肌を手に入れられる。明るい毎日を過ごすための、ニキビケアの決定版です。


1.オススメのニキビケア商品

ニキビケアの第一歩は、日々の洗顔や肌のケアから始まります。はじめに、ニキビ予防やケアに有効なオススメ化粧水と塗り薬のご紹介。自分に合った、最適な化粧水と治療薬をみつけてください。

■オロナインH軟膏(大塚製薬)

imgres-1

11g 300円/30g 440円/100g 940円/250g 1,800円/500g 3,200円

赤ニキビに有効なのが、オロナイン軟膏。万能薬という認識かもしれませんが、炎症を抑える成分が配合されているため、赤ニキビに絶大な効力を発揮します。

使用時に注意したいのは、ベタつきやすいこと。適量を指先にとり、ニキビを刺激しないよう丁寧に塗ってください。

■新超強力ニキビ治療薬(ニュートロジーナ)

unspecified

15ml 3,900円程度(日本未発売・ネット購入のみ)

白ニキビや赤ニキビに効果的なのが、こちら。フランス生まれのニキビ薬で、ヨーロッパの広範囲で愛用されているそうです。効果は評判が高く、数時間で効果を実感する人もいるとか。

ただし成分が強めなので、塗りすぎには絶対に注意してください。価格は他のニキビ薬と比較してお高めなのがネック。

■フキディア(小林製薬)

スクリーンショット 2016-03-02 11.06.19

10g 1,000円

市販のニキビ薬のなかで、なかなか高い評価を得ているフキディア。こちらも赤ニキビの炎症に効果があるそうです。使用感はベタつきがなく、サラッとした感じ。伸びのよい白色のクリームなので、メイクとの相性も◎です。

注意点は、若干ながら乾燥を感じる人がいること。合わないと感じたらすぐに使用を停止し、別の薬を試してください。

■オードムーゲ 薬用ローション(小林製薬)

unspecified-1

160ml 970円/500ml 2,600円

ニキビ治療に用いられることが多い、定番の化粧水。毎日使うことで、生理前のニキビも予防できるという声があります。

とにかく利用者が多いのは、効果があることの証拠!? 化粧水に迷ったら、オードムーゲからスタートするのがオススメです。

薬用 クリアローション(オルビス)

unspecified-2

トライアルキット 1200円

オードムーゲに並んでの定番化粧水。なかでもこのクリアシリーズは、ニキビの原因が複数あることに着目して、7種類もの和漢エキスを配合しています。

末期まで進行していないニキビであれば、さまざまな原因に対して効果を発揮してくれそうです。同シリーズには、ボディ用・洗顔料などもあるので、併用するとますます効果的とか。

■草花木果 整肌化粧水・どくだみ(キナリ)

unspecified-3

40ml 700円/180ml 2,800円

大人ニキビでお困りの方へおすすめしたいのが、どくだみ化粧水。どくだみエキスをたっぷり配合し、肌に潤いを与えてくれます。

天然由来成分なので、刺激が少ないのもありがたいところ。常用することで肌の調子を整え、ニキビができにくい体質へと導いてくれます。

2.ニキビの種類

00357

一口にニキビといっても、その原因とケア方法に違いがあるってご存知でしたか? ニキビケアを成功させるには、自分がどの種類で悩んでいるのかを知るところからはじめましょう。

ニキビの種類は、大きく2つに分けられます。大人ニキビと思春期ニキビです。ニキビに悩む人であれば、何度も聞いたことがあるかもしれませんね。

まずは、それぞれの違いからおさらいしましょう。特徴が異なる2つのニキビは、特性に応じた正しい知識習得とケアをしたいもの。

2-1.思春期ニキビとその原因、ケア方法

思春期ニキビはその名の通り、思春期に発生しやすいニキビのこと。

思春期といわれる10代の若い肌は、皮脂分泌が過剰になりやすい状態です。子どもの身体から大人の身体へと移り変わるために、成長ホルモンが大量に分泌されます。

10代の未熟な毛穴に皮脂が溜まり、アクネ菌が増殖、ニキビの発生へとつながるのです。

皮脂量によって発生するニキビですから、予防・治療方法は皮脂量のコントロール。ノットオイリーな肌質へと改善することが一番のケアとなります。またホルモンバランスが整ってくる20代半ばになると、自然と発生し難くなるのも特徴です。

2−2.大人ニキビとその原因、ケア方法

思春期が終わりホルモンバランスが整った後に、男性ホルモン優位の状態になると発生しやすいのが大人ニキビ。毛穴に角栓が溜まりやすくなることが原因です。

オイリーだった肌が乾燥しやすくなり、角質に含まれる水分が減少することで肌のバリア機能が低下します。するとよりニキビが発生しやすくなるので、ホルモンバランスと保湿に注意が必要です。

ノットドライな肌質をキープし、女性ホルモン優位の状態を目指すことが最大のケアになります。

またストレスや不規則な生活習慣によって、肌のターンオーバーに乱れが生じることも原因のひとつ。ターンオーバーの周期は個人差がありますが、リズムが乱れることで角質が溜まってしまいます。

角質層全体が厚くなることで毛穴が狭く詰まりやすい状態になるのです。

2−3.思春期ニキビと大人ニキビの違い

発生原因とケア方法に違いがある、思春期ニキビと大人ニキビ。もうひとつの違いとして、ニキビができる場所についても知っておきましょう。

思春期ニキビは皮脂の過剰な分泌が発生原因です。必然的に、皮脂分泌の多い部分、頬や鼻などのTゾーンを中心とした広い範囲に発生します。逆に大人ニキビはUゾーン、顎やフェイスライン、首筋に出来やすいという特徴があります。

ただし、必ずしも発生場所でどちらのニキビかが決まるわけではありません。フェイスラインにできたからといってノットオイリーな肌を目指してしまい、実は皮疹過剰分泌が原因だった場合は丁寧なケアが逆効果になることも。

原因の見極めが難しい場合は自分で判断せず、専門医に診断をしてもらいましょう。

3.6段階に分かれるニキビの進行度

shutterstock_282964955

ニキビの種類を理解したら、次に知っておきたいのは症状の6分類。初期の状態から末期状態まで、6つのステージに分かれています。

ニキビの根本的な治療方法に大きな差はありませんが、進行具合によって対症療法は異なるもの。自分のニキビがどの段階にあるのかを見極め、適切なケアをしましょう。

3−1.初期ニキビの状態

ニキビの最も初期段階は、角栓が発生した状態です。角栓が毛穴を塞いだ直後ともいえる段階で、肉眼で確認することは不可能。

男性ホルモンが活発に働いている、また角質が乾燥することでバリア機能低下を引き起こし、毛穴が収縮した状態です。肉眼で測ることが難しいため、確実な処置方法はありません。

ただし、何も手を出せないわけではなく、普段から角質層の乾燥を防いでおくのが最善の策。保湿を重視したスキンケアで、発生する前の予防に努めましょう。

3−2.白ニキビの状態とケア方法

初期ニキビが進行すると、角栓によって塞がれた毛穴内部に皮脂が溜まっていきます。この段階になると、肉眼でニキビの発生を確認することが可能。肌を清潔に保つことで自然と消失することも期待できる状態です。

ただし頻発するようであれば、早めに専門的なケアを施しましょう。女性ホルモン優位の状態をキープすることを一番に考えてください。

ホルモンバランスを整えることが一番のケアです。すでに発生したニキビを除去する方法として、医療機関で行なう面法圧出があります。白ニキビ状態であれば完治させることは難しくありません。

3−3.黒ニキビの状態とケア方法

毛穴内部に溜まった皮脂が、表皮から顔を覗かせている進行状態です。空気中の酸素に触れることで、酸化がはじまり黒く変色しています。悪化すると炎症を起こし、次の段階へと進んでしまいます。

白ニキビよりも一段階進んでいますが、まだまだ初期状態と捉えて大丈夫。面法圧出を施すことで完治が期待できます。

普段からできるケア方法としては、白ニキビと同様でホルモンバランスを整えること。頻繁に発生するようでしたら、迷わず医療機関で適切な処置を受けましょう。

3−4.赤ニキビの状態とケア方法

黒く変色したニキビが汚れや酸化の進行によって、炎症を引き起こしている状態です。炎症していますので、指で触るなど刺激を与えるのは厳禁。無理に潰したり放置したりすることで、ニキビ跡の原因となります。

赤ニキビのケアでまっさきに行ないたいのが、炎症を止めること。抗生物質やステロイドなどの医薬品を用いるケースが増えてきました。根本的な治療のためには、前段階のニキビと同じようにホルモン療法が有効です。

3−5.黄色ニキビの状態とケア方法

赤ニキビの炎症が進み、膿が発生して黄色くなった状態です。膿が出たところからは、重度化しているといえます。男性ホルモンを抑制するための薬品を服用し、症状の緩和を行なうことが先決。まずは膿を抑えることに注力しましょう。

この段階では潰してしまうと、高い確率でニキビ跡が残ります。強力なホルモン療法で処置することも検討しましょう。発生が頻発するようなら、肌質を根本的に改善するケアも必要な段階です。

3−6.紫ニキビの状態とケア方法

黄色ニキビの膿を止めずに、炎症が最大にまで悪化した状態です。毛穴の中には膿と血液が溜まってしまい、腫れ上がった状態となります。ニキビの末期症状ともいえる段階で、ここまで進んでしまうと治療を施してもニキビ跡が残ってしまうでしょう。

長い時間をかけて治療すれば、ニキビ跡の消失も見込めないことはありませんが、滞留物の除去には切開しての治療も検討しなくてはいけません。ニキビ跡を極力小さくするためにも、潰してしまうのは絶対に避けてください。

4.日常生活でできるニキビ予防

ニキビの状態ごとに、ケアする方法が異なることを理解いただけたでしょうか。とはいっても、一番の理想はニキビをつくらないこと。

初期ニキビすらも発生させないために、日常生活でできるニキビ予防について考えてみましょう。

ニキビ予防の基本中の基本は3つだけ。これを守れば、ニキビのないキレイな肌を手に入れられる確率がグンっとアップします。

4−1.ニキビ予防は食べ物で決まる

ニキビ予防のひとつめは、食べ物です。発生原因から考えて、以下のような食品に気をつける、摂り過ぎないことが重要です。

  • 脂っこい食事:血液中の中性脂肪を増加させてしまい、皮脂分泌を促進してしまいます。
  • 辛い食事:辛い食事はダイエットに効果がありそうですが、実は内蔵に大きな負担を強いる結果に。内蔵に負担をかけることが、ニキビ発生につながると考えられています。
  • 甘い食事やおやつ:間食や食事のあとに、ついつい手を出してしまう甘いもの。少量であれば問題ありませんが、大量の摂取は厳禁です。余分な脂肪を蓄えてしまい、脂肪の過剰な分泌により毛穴を詰まらせるリスクがあります。
  • 炭水化物:特にもち米が原料となると、糖分と炭水化物が大量に含まれます。胃で消化する際に糖分と変化し、分解されることで脂肪分へと変わるのです。脂っこい食事や甘い食事・おやつと同じように、毛穴を詰まらせることにつながります。

また、ビールや日本酒などにも糖分が多く含まれているので、飲み過ぎには注意が必要。蒸留酒である焼酎やウイスキー、ブランデーには糖分が含まれないので、アルコールを摂取する際の参考にしてみてください。

ただし、どちらにせよアルコールの摂り過ぎはオススメできませんよ。

対して、ニキビ予防に有効と考えられる食べ物もあります。

毛穴のつまりを解消してくれるビタミンA、角化を調整し肌を正常にたもつビタミンB2、抗酸作用のあるビタミンCやビタミンE、ホルモンバランスを整える効果があるミネラル、脂質代謝を調整してくれる食物繊維、肌のターンオーバーに欠かせないコラーゲン。これらを含む食事が理想といえます。

4−2.ニキビ予防の基礎は洗顔

shutterstock_313411667

ニキビの原因の最たるものとしては、肌の汚れや皮脂があります。日々の洗顔によって洗い流されるはずが、正しい洗い方をしないと逆効果に。

汚れの落ちきっていない状態で肌をゴシゴシ洗ってしまうと、自ら肌に傷をつけているのと同じこと。洗顔によって傷ついた肌に、落としきれていない汚れが擦り込まれていくのです。

メイク落としでクレンジングを使う場合、肌に刺激がありすぎるものは避けましょう。また油分が多い洗顔剤やクレンジングは、必要な成分までも流し落としてしまうことに。

肌のバリアを低下させ、刺激や乾燥を受けやすくなってしまうのです。

正しい洗顔をし、汚れを綺麗さっぱり落としたら、保湿を忘れずに行なってください。化粧品や保湿美容液、乳液などを使って、肌にたっぷり潤いを与えることが重要です。

洗い終わったらしっかりと残さず洗顔料を洗い落とす。洗顔料の洗い残しがニキビの原因になることもあります。

4−3.ニキビ予防に欠かせない就寝時間

shutterstock_216349234

食事、洗顔と並んで大切なことが、睡眠です。睡眠といっても、良質な睡眠と適切な時間だけでなく、眠りにつく時間に気をつけましょう。

身体の成長を促進するホルモンが大量分泌される時間=お肌のゴールデンタイムに眠ることが重要です。ゴールデンタイムは、夜の22時〜深夜の2時ころ。活発に新しい細胞がつくられ、お肌のターンオーバーが積極化されます。

古い角質が剥がれ落ち、毛穴を引き締めてくれるターンオーバー。正常なターンオーバーのためには、睡眠の質や時間以上に、ゴールデンタイムという時間帯に気をつけることが必要なのです。

5.まとめ

ニキビに効果的なアイテム、ニキビの進行度と対処法、そしてニキビ予防のために気をつけたいことをご紹介してきました。

できてしまったニキビの適切なケアはもちろん、ニキビの原因をつくらないための日頃のケアも、ニキビのない美肌づくりにはとても大切です。

お肌がキレイだと自分に自信が持てるようになり、恋も人間関係もうまくいきやすいもの。より一層充実した毎日を過ごすためにも、今日からさっそく実践してみてください!

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

kireca おすすめアイテム

kireca おすすめ

kireca編集スタッフが厳選&オススメするお得なトライアルセットで自分にピッタリのアイテムを見つけよう!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事