もう失敗しない!ナチュラルメイクで目元をつくるアイラインの引き方

hutterstock_260519864

「自然な目元に仕上げたいのに、なんだかぼやけてしまう…」「いつも目力ばかり強くなって、メイクのバランスが悪い…」

ナチュラルメイクが好きなのに、目元だけが決まらない。こんなふうにお悩みのあなたは、もしかするとアイメイクの基本を間違えているかもしれません。顔の印象を決める、といっても過言ではない目元。ナチュラルに仕上げたいのなら、“目のカタチにあわせたアイメイク”が重要になります。

そこで、この項では「一重」「奥二重」「二重」など、目のカタチにあわせたアイラインの引き方をご紹介します。今更聞けない基本的なアイラインの引き方から、なりたいイメージ別のアイメイク方法まで。幅広く伝えていきますので、メイク初心者さんも「いつもと違う自分になりたい」という方もぜひお付き合いいただければと思います。

1.目のカタチにあわせた基本のアイラインの引き方

1-1.涼しげな目元を演出!「一重」のアイメイク

一重は、まぶたに厚みがある場合が多く、腫れぼったい印象を与えることがあります。そのため、アイメイクでは涼しげな目元を演出することを心がけることが大切です。

  • まつげの間をしっかりと埋める。
  • 目を開けたときに確認できるくらい、太めにアイラインを引く。
  • 目尻から5mm〜7mmほど横幅を出す。

メイクの流れ

  1. まぶたを軽く押さえながら上に引っ張り、まつ毛の間をしっかり埋めるように、少しずつ動かしながらアイラインを引いていきましょう。目尻から中央へ、目頭から中央へ向かって引くと、キレイに引くことができます。
  2. もう一度、キレイな線を引いていきます。今度は目頭から中央、中央から目尻に向かうように引きましょう。目尻を描く際は、目尻の延長線上を5mm〜7mmほど長めに引くと魅力的な目元を演出できます。
  3. 肌とアイラインを密着させるために、綿棒でラインを軽くなぞります。アイラインが完全に乾いてしまう前に行なうのがポイントです。眉山をあまり高くせず、フラットな形を心がけると涼しげな目元をつくることができます。
  4. 目を開けた時に、きちんとアイラインが見えるかどうかを確認しましょう。理想の太さになるまで微調整し、目を開けても線が見えるようになれば完成です。

1-2.可愛さアップ!「奥二重」を活かすアイメイク

奥二重の場合は、しっかりと二重の奥行を強調することで、ナチュラルな可愛さをアピールすることができます。

  • まつげの間をしっかり埋める。
  • 二重幅にアイラインを入れない。
  • 目尻に向かって太くしていく。

メイクの流れ

  1. まぶたを軽く押さえながら上に引っ張り、まつ毛の間をしっかり埋めながらアイラインを引きます。目の中央から目尻へ向かって細めにアイラインを引くことがポイントです。
  2. 次に目頭から中央へ向かって細めにアイラインを引いていき、先ほど引いたアイラインに繋げていきます。
  3. 目尻に少し太めにアイラインを書き足していきます。目尻の延長線上を意識しながら引くのがポイントです。
  4. 目を開けた時に、まつげの間がきちんと埋まっていること、二重幅にかぶっていないことが確認できれば完成です。
  5. お好みで下まぶたにも軽くアイラインを入れると、目がキレイに見えます。

1-3.ナチュラルに可愛く!「二重」のアイメイク

二重の場合は、しっかりとメイクをすると逆に目力が強くなりすぎることも。ブラウンやグレーなど黒以外のカラーアイライナーで引くと、ナチュラルメイクに近づくことができます。

  • まつげの間をしっかりと埋める。
  • できるかぎり細めにアイラインを引く。
  • 黒以外のカラーで引くと自然な仕上がりに。

メイクの流れ

  1. まぶたを軽く押さえながら引っ張り、まつ毛の隙間を埋めていきましょう。これまでと同様に目尻から中央へ、目頭から中央へ向かって引くとキレイに引けます。
  2. よりナチュラルな仕上がりを希望する方は、黒目の中央部分だけにアイラインを引くことをオススメします。

2.応用編!なりたいイメージ別のアイラインの引き方

2-1.キャットアイ

  1. まつ毛の間を埋めるように、しっかりとアイラインを引きます。
  2.  猫目のポイントとなる跳ねラインをつくるため、目を閉じた状態で目尻のラインが跳ね上がる角度を想定します。
  3.  想定した角度にそって、目尻から5mm〜7mmほど長く太めに引いていきます。
  4.  目尻にマスカラやつけまつ毛を重ねたら完成です。

※最後に目頭にアイラインを入れて目頭切開メイクをすると、より猫目らしくなります。

2-2.たれ目メイク

  1. まつ毛の間を埋めるように、しっかりとアイラインを引きます。
  2. 目尻から3mmほど下に向けてアイラインを描き足します。
  3. 目尻のラインの下にブラウン系のアイシャドウをのせていき、たれ目を演出していきます。
  4. 下まつ毛の目尻にマスカラを重ねることで、たれ目度をさらにアップさせることができます。

ここまで、さまざまなアイラインの引き方について紹介してきました。太めにひいたり細めにひいたり、目のカタチにあわせてアイラインのカタチも変えていく必要があることを知ることができたと思います。

次は、さまざまな目のカタチに対応できるオススメのアイライナーをご紹介していきます。キレイな仕上がりをキープできる「乾きやすい」「にじみにくい」「落ちにくい」といった特徴のものを前提にピックアップしました。

3.ナチュラルメイクにおすすめのアイライナー

3-1.カラーステイ アイライナーS

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-14-50-30

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

この夏にオススメ!ホワイトニング&保湿ケア

紫外線の多いこの時期に特に!おすすめな京美人の美しさの秘訣を凝縮したホワイトニング美容液オールイワンゲルをご紹介します!

KYO BIJINはホワイトケアと保湿ケアを同時に叶えてくれる新発想のホワイトケアオールインワンゲル

水の代わりに白樺の樹液をベースに使用。
白樺の樹液にはエイジングケアには欠かせない成分ビタミンCやフラボノイドが入っているうえ、とても浸透力が高い注目成分です
その他にも、シミやくすみを防ぐシルク・肌にハリをもたらす酒粕エキス・紫外線後のダメージを補修する米ぬかエキス・美容力をさらに高めるビタミンC+ビタミンPなど美容成分37種配合。
美白も保湿もエイジングケアもと欲張りケアしたい方は一度試してみてください!

KYOBIJIN
価格:1周年記念感謝セール 1609円(税込)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事