その可愛さズルイ!愛され女子のテッパン涙袋メイク

shutterstock_174313796

アイメイク上手な人は必ずといっていいほど取り入れているのが、涙袋メイク。とっても簡単なのに、デカ目・立体感・ハイライト効果があって、瞳がキレイに見えるなどいいとことずくめ!涙袋をアピールするだけで、女の子らしさも格段にUP。

目がキラキラして見えるので、モテモテ女子のテッパンメイクでもあります。トレンドのナチュラルメイクにも、さりげなく取り入れればズルイくらいの可愛い目元になれちゃいます。


スポンサードリンク

1.目の形別、効果絶大涙袋の作り方

そもそも涙袋とは下まぶたのふくらみのこと。顔立ちによって、ふっくらしている人もいればフラットな人もいます。ですがどんな目の形の人でも、ニコッと笑った時にふくらむ部分が目の下の涙袋 です。

ここにシャドウやラメをプラスすれば、涙袋の存在感がUPしてデカ目効果や立体感のある印象的な目元になります。自分の目の形を引き立てる効果的な涙袋メイクにトライしてみましょう♪

一重さん向けワイド目に近づく涙袋メイク

unspecified

出典:Melon Garden

目の横幅に広がりを持たせたほうがデカ目に見える一重さんは、ぷっくり感を強調しすぎの涙袋メイクはトゥーマッチ。キラキラ感のあるラメやパールのライナータイプで目の下にラインを入れ、チップか綿棒で下まぶたになじませていきます。

白やパールピンクなど、ハイライト効果のあるカラーがベスト。密着するクリームアイシャドウで代用してもOKです。この時、下まぶた全体に広げないよう注意しましょう。

下まぶたに幅広く涙袋カラーを入れるよりも、輝きのあるラメやパールで目の下に光をプラスすることで、目の横幅が広く見え、目元が大きく見えます。

奥二重さん向け可憐に見える涙袋

unspecified-1

出典:ライスタ

奥二重さんの涙袋メイクには、まず色選びがポイントです。ホワイトやシルバーなど、肌とコントラストが強いカラーでの涙袋メイクは奥二重をさらに強調してしまいます。

ピンクブラウンやゴールドのアイカラーなど、肌なじみの良い色を下まぶた全体に入れることで、目元の存在感が広がりデカ目に見えます。

さらにウルウル感をアピールしたい時は、同系色の涙袋用ライナーで下まぶたの目頭から黒目の下までラインをプラスしてみましょう。こうすることでハイライト効果が得られるので、目がうるんでいるように見せることができます。

二重さん向けうるみ目をつくる涙袋

unspecified-2

出典:masimaro

ぱっちり二重さんの涙袋メイクは、さりげなく立体感を出すことがキーポイント。パールやラメが目立つアイカラーで涙袋メイクをすると厚化粧に見えるうえ、目だけが目立って不自然な印象になります。

自分の肌色に合わせて、マットに近い質感のピンク・イエロー・アイボリー・ベージュなど明るいカラーを涙袋部分にチップでサッと入れていきましょう。これだけでも涙袋がアピールできて、ナチュラルだけど大きな目元になります。

2.涙袋部分が平たい人向け、疑似涙袋の作り方

自分の目の形に似合う涙袋メイクはわかったけれど、どうしてもあのぷっくりした涙袋が欲しい!という人には「疑似涙袋メイク」がオススメです。ラインやテープで涙袋を作ってしまえば、リアルな 涙袋が完成します!

フェイクラインで簡単涙袋メイク

unspecified-3

出典:KAUMO

いつものメイクの延長で簡単にできるのが、下まぶたに涙袋の影を描いてしまうこと。明るめカラーのアイブロウペンシルか、ブラウンアイシャドウパレットのミドルカラーで、目の下の涙袋ラインの上をなぞっていきます。力を入れずに、スーッとなでる感覚で描いていくことがポイント。

ラインを描いたあと目の下にハイライトカラーを入れれば、ふっくら見える疑似涙袋の完成です。

アイテープでぷっくり涙袋をメイク

unspecified-4

出典:mejutuリアルタンク

もっと存在感のあるリアルな涙袋が欲しい人は、涙袋用アイテープでつくってしまうのもアリです! アイメイクのあと、涙袋の幅を決めたら専用アイテープを伸ばしてグイっと押し込み、しっかり留めます。

両端の余ったテープをカットして指で押さえて密着させたら、最後にパールシャドウで明るく整えます。不自然にならないように、自分の涙袋ラインより広げない位置で留めることがナチュラル見えのコツ!

3.涙袋メイクのメリット

とっても簡単なのに、涙袋メイクの効果は絶大!目が大きく見えるだけではなく、ソフトで女性らしい表情になれるので、男性の目を意識したい時のモテメイクにもピッタリです。まだやったことがない…という人はその違いに驚くはず。

メリット①デカ目に見える

unspecified-5

出典:Topicks

元AKB48で女優の大島優子さんは、パッチリしたクリクリの大きな瞳がチャームポイントですが、涙袋の有り・無しの比較画像を見ると、全く違う印象ですね。 下まぶたの涙袋部分に存在感があると、目の大きさが涙袋の下まで拡大して見えるので、目が大きい印象になります。

また、下まぶたに明るいパールカラーをプラスすることで、レフ版効果が出て白目がキレイに見えるので、目が大きい印象を与えることができます。

また、目の下は時間がたつとくすみがちになりますが、涙袋部分を明るく整えておくことで顔全体の透明感もキープできます。

メリット②女の子らしさUPする

unspecified-6

出典:花王AUBEクチュール公式サイト

モテモテ女子の代表ともいえる女優の石原さとみさんも、しっかりメイクで涙袋をアピールしています。涙袋が強調されていると、笑った時にもふっくらと盛り上がり目元が優しく見えます。

さらにパールやラメでキラキラ感をプラスすると、瞳全体がうるんで見え女の子らしさがUPします。

4.涙袋メイクの失敗例

誰にでもトライしやすい涙袋メイクですが、その分ちょっとした手抜きで残念顔に陥る場合もあります。アイメイク全体のバランスが悪かったり、目元の肌コンディションが不調だと老け見えしたり、お疲れ顔になってしまうことも。ありがちなミスポイントをチェックして、涙袋メイクの失敗を阻止!

目の下のシワが目立って老け顔にみえがち

アラサー・アラフォー女性の涙袋メイクは要注意。小ジワや乾燥が出やすい目の下にパール強めのアイカラーや、ラメ感たっぷりの涙袋ライナーはちょっとキケンです。

シワに入りこんでヨレたり、乾燥でラメだけ浮いた状態になりやすく、時間がたつと余計にシワやクマが目立ってしまう場合もあります。

また、涙袋のぷっくり感を強調しすぎると若作りに見えやすく、イタイ印象になってしまうことも。オトナの女性の涙袋メイクは、リキッドコンシーラーなど保湿力が高く肌に密着するタイプがオススメです。シャドウを使うなら、粒子が細かくシアーな発色など質感の良いものを選びましょう。

上まぶたのメイクが濃すぎてびっくり目にみえがち

デカ目効果の高い涙袋メイクですが、上まぶたのアイメイクが濃すぎると目を見開いたようなビックリ顔に見えてしまうこともあります。

特にフルタイプのボリュームつけまつ毛に、がっつりグラデーションのアイシャドウ、直径の広いカラコンなどを組み合わせるとまるでギャルメイク。

インパクトはあっても清潔感のない印象になってしまいます。鏡を見ながらバランスの良い仕上がりを目指しましょう。

目の下のクマとミックスされてお疲れ顔にみえがち

涙袋メイクで目の下のクマカバーはできません!ベースメイクできちんとクマをカバーしておかないと、せっかくの涙袋メイクもくすみを助長させる原因になります。

下地やファンデーションだけで隠せないクマは、きちんとコンシーラーでカモフラージュしておきましょう。また、涙袋用シャドウの発色が悪いという時は、肌色より少し赤味の入ったオレンジ系のシャドウが便利。

下まぶたにサッと入れるだけで、クマやくすみが瞬時にカバーできます。

5.涙袋メイクにおススメのコスメ

手持のアイカラーでも涙袋メイクは可能ですが、専用コスメならもっと手軽に狙ったとおりの涙袋がつくれます。ラメ入りタイプやなじみやすいパウダータイプなど、好みに合った質感のものをチョイスしましょう。

商品名:ビッグアイ ラブバッグ ライナー

unspecified

出典:メイベリン公式サイト

メーカー:メイベリン 価格:1,296円(税込)

おススメポイント:ラメ感たっぷりの輝きで涙袋に立体感を与えるリキッドタイプの涙袋用ライナーです。涙袋には指でぼかして幅広く、目頭下にライン状に入れれば、アクセントとしても使えます。ベージュとピンクで肌になじみやすい2色展開です。

商品名:涙袋ハイライトチップ <パールゴールド>

unspecified-1出典:レレバンス公式サイト

メーカー:レレバンス   価格:1,296円(税込)

おススメポイント:使いやすいチップタイプのパウダーなら、涙袋メイクは初めてという人でも気軽にトライできます。肌がキレイに見える色設計なので、ナチュラルでふっくらした涙袋が実現します。美容液成分入りで、デリケートな目元にも優しく使えます。

商品名:mejutu リアルタンク<涙袋テープ>

unspecified-2出典:ラブリット公式サイト

メーカー:mejute 価格:1,296円(税込)

おススメポイント:もっと存在感のある、ぷっくりした涙袋が欲しいという人には、涙袋専用テープで涙袋をメイクしちゃいましょう。医療用の肌色テープなので目立ちにくく、肌にも優しい使い心地です。汗や水にも強いので1日中リアルな涙袋がキープできます。

6.まとめ

目の下の涙袋は別名ホルモンタンクと呼ばれるほど、女性らしさをアピールできるパーツです。いつものメイクでも、涙袋に存在感があるだけでフェミニン度がグンと上がります。頑張らなくても可愛く見えちゃう涙袋メイクは、今すぐ迷わず取り入れて!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事