涙袋をつくるヒアルロン酸注入とは? 費用や注意点を徹底検証

shutterstock_331039157

ファッション雑誌のモデルによくみる「涙袋」。「涙袋」が自分にもあったらな…と考えたことはありませんか?

メイクや美容液を使って地道に涙袋作りをするのもいいですが、もっとカンタンに涙袋が手に入る方法があります。それが、ヒアルロン酸の注入です。

美容クリニックでできるヒアルロン酸注入が大人気とのことですが、本当に効果があるのでしょうか。気になる費用や注意点も含めて、「涙袋のヒアルロン酸注入」について解説します。

1.涙袋をつくるのヒアルロン酸注入方法

shutterstock_115180201

涙袋をつくるにはメイクの他に『ヒアルロン酸の注射』があります。注射と聞くとちょっと怖いですよね。背術の内容を詳しくみていきましょう。

ヒアルロン酸注入の施術内容

涙袋にヒアルロン酸を注入するだけのカンタンな施術です。涙袋は下まぶたの5〜8mmの範囲内にあり、そこへ細い針で注入していきます。

多くのクリニックでは、事前にカウンセリングがあり、仕上がりの希望を聞いてヒアルロン酸をどこへどれだけ入れていくかを一緒に確認してくれるため、安心です。

シミュレーションを使って仕上がりイメージを見せてくれるクリニックも多いため、自分の好みの涙袋を作ることができます。

ヒアルロン酸は、眼輪筋という目のまわりにある筋肉へ注入していきます。注入するヒアルロン酸は片側で0.1cc程度と微量です。たくさん入れてしまうと、皮膚のたるみの原因にもなってしまうため、物足りないと感じても安易に量の追加をお願いしないようにしましょう。

注入されるヒアルロン酸の種類は豊富で、クリニックや担当医師の好みによって変わります。柔らかい「レスチレン・ビタール(ビタールライト)」や痛みが軽減されるリドカインという成分を配合した「ジュビダームビスタRウルトラXC」などさまざまです。

施術前にどんなヒアルロン酸を使うのかチェックしておくと安心です。

ヒアルロン酸は、柔らかいと広がりやすくなり形が崩れる原因に、硬いと凸凹してしまう可能性があります。

どちらがいいかは、医師の腕や慣れによっても変わってくるため、不安なときはカウンセリングのときに質問をして、納得できるまで説明してもらいましょう。

ヒアルロン酸注入が持続する期間

ヒアルロン酸注入の持続期間は、ヒアルロン酸の質や種類にもよりますが、数カ月〜長くて1年とされています。

もっともキレイに見えるのは、注入後数週間から1カ月くらいまでとするクリニックもあります。その後は数カ月?数年かけて皮膚に吸収されていきます。

見た目にハッキリわかる期間は短いため、結婚式前などぷっくりさせておきたいハレの日がある場合には、そのことも医師に相談して日程を組むようにしましょう。

ヒアルロン酸注入の費用相場

  • 安いところだと0.1ccが1万円以下
  • 相場は1ccが3〜6万円
  • 左右両方に入れると2〜10万

ヒアルロン酸は、1つにつき0.8cc?1cc入っていて、一度開けてしまうと長くは取っておけません。実際に涙袋に使う量は両側合わせても0.2cc程度、1つ開けても余ってしまいます。

ヒアルロン酸を数人で分けることができるクリニックであれば、0.1cc単位で販売できるため、安い価格での提供もしています。

注射器の使い回しをするなどの違法行為をして、安価で販売している可能性もあるため、安いからと飛びつく前に、どのように保管しているのかなども確認してから施術を受けるようにしましょう。

2.ヒアルロン酸注入のメリット

shutterstock_205131136

ヒアルロン酸を注入して涙袋を作るメリットは、「カンタンかつ短時間で手軽に涙袋が手に入る」ところです。

ヒアルロン酸を注入せずに涙袋を作ろうと思ったら、念入りなメイクでぷっくりしているように見せたり、専用美容液をつけてじっくり時間をかけて涙袋を作っていったりしなければなりません。

メンドウな手間も時間もかけずに、涙袋を手に入れるためには、ヒアルロン酸注入がもっとも効果があります。お金をかけても、すぐ涙袋がほしい!という人におすすめの方法だといえます。

3.涙袋へのヒアルロン酸注入のデメリット

shutterstock_267076010 (1)

涙袋にヒアルロン酸を注入するデメリットは、3つあります。

まず、費用は安くありません。1回につき、数万円はかかってしまい、永久的に効果が持続するわけではないため何度も施術を繰り返さなければならないと考えるとかなりの費用がかかります。

2つ目は、持続期間が長くはないのに、何度もやるとしこりができてしまう可能性がある点です。

ずっとキレイな涙袋のある状態を維持したいと思ったら、数ヶ月ごとか長くても1年に1度はヒアルロン酸を注入していなければなりません。

何度も注入してしこりになったり、皮膚が伸びてしまってブルドッグのようなたるみができてしまったりすることも。同じクリニックで施術を受けるようにして、医師にチェックしてもらいながら、回数を重ねるようにしましょう。

3つ目は、ヒアルロン酸注入をしたときのダウンタイム中に出る症状です。

1週間ほど続く内出血や数日間の腫れ、痛みを感じることもあります。メイクは数時間後からできますが、この症状が強く出ていると外出するのがためらわれることもあるため、会社や学校を休めるときの施術をおすすめします。

4.ヒアルロン酸注入でトラブルが生じた際の対処法

shutterstock_282964955

内出血や腫れ、痛みはクリニックで相談しましょう。ダウンタイム中はどうしてもこうした症状が出てしまうため、冷やしたり痛み止めをもらって飲んだりなどの処置でやり過ごします。

また、左右差が出ることもありますが、医師の失敗である可能性よりも、もともとの目の左右差が目立ってきた・涙袋の大きさが異なっていた、というケースが多くあります。

左右差が出る可能性もあるということを頭に入れて、なるべく左右対称になるよう医師にお願いしておきましょう。

また、何度も繰り返し注入することで、皮膚がたるんでしまうと元には戻せなくなってしまいます。そうならないよう、やり過ぎには注意してください。

5.失敗しないためのクリニックの選びのコツ

shutterstock_155141132

クリニックを選ぶポイントは「適正価格・デメリットやリスクの説明・カウンセリング」の3つです。これらに気をつけながら、自分に合ったクリニックを選ぶようにしましょう。

価格の確認は事前に行う

費用相場でもご紹介したように、0.1ccで1万円~、1ccで3~6万円くらいが適正価格です。

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

むくみが気になるこの時期だからこそしっかりケアを

シリーズ累計1,000,000枚突破し様々な雑誌で紹介されている、着圧ソックスをご紹介。

寒くなってくると新陳代謝が悪くなり、むくみで悩む方が多いのではないでしょうか。

【キュッとルームソックス】は理想の美脚を徹底追求!!
段階着圧設計で、足のポンプ作用をサポートする100%日本製の一般医療機器。

超ロングサイズなので気になる太ももも、しっかりケア。
さらに美容成分も配合されているので履き心地もいいです。
可愛いデザインながら、高機能でお部屋コーデもしっかりきまります。

キュッとルームソックス
価格:単品購入 3,480円(税抜)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事