涙袋をつくるヒアルロン酸注入とは? 費用や注意点を徹底検証

shutterstock_331039157

ファッション雑誌のモデルによくみる「涙袋」。「涙袋」が自分にもあったらな…と考えたことはありませんか?

メイクや美容液を使って地道に涙袋作りをするのもいいですが、もっとカンタンに涙袋が手に入る方法があります。それが、ヒアルロン酸の注入です。

美容クリニックでできるヒアルロン酸注入が大人気とのことですが、本当に効果があるのでしょうか。気になる費用や注意点も含めて、「涙袋のヒアルロン酸注入」について解説します。


1.涙袋をつくるのヒアルロン酸注入方法

shutterstock_115180201

涙袋をつくるにはメイクの他に『ヒアルロン酸の注射』があります。注射と聞くとちょっと怖いですよね。背術の内容を詳しくみていきましょう。

ヒアルロン酸注入の施術内容

涙袋にヒアルロン酸を注入するだけのカンタンな施術です。涙袋は下まぶたの5〜8mmの範囲内にあり、そこへ細い針で注入していきます。

多くのクリニックでは、事前にカウンセリングがあり、仕上がりの希望を聞いてヒアルロン酸をどこへどれだけ入れていくかを一緒に確認してくれるため、安心です。

シミュレーションを使って仕上がりイメージを見せてくれるクリニックも多いため、自分の好みの涙袋を作ることができます。

ヒアルロン酸は、眼輪筋という目のまわりにある筋肉へ注入していきます。注入するヒアルロン酸は片側で0.1cc程度と微量です。たくさん入れてしまうと、皮膚のたるみの原因にもなってしまうため、物足りないと感じても安易に量の追加をお願いしないようにしましょう。

注入されるヒアルロン酸の種類は豊富で、クリニックや担当医師の好みによって変わります。柔らかい「レスチレン・ビタール(ビタールライト)」や痛みが軽減されるリドカインという成分を配合した「ジュビダームビスタRウルトラXC」などさまざまです。

施術前にどんなヒアルロン酸を使うのかチェックしておくと安心です。

ヒアルロン酸は、柔らかいと広がりやすくなり形が崩れる原因に、硬いと凸凹してしまう可能性があります。

どちらがいいかは、医師の腕や慣れによっても変わってくるため、不安なときはカウンセリングのときに質問をして、納得できるまで説明してもらいましょう。

ヒアルロン酸注入が持続する期間

ヒアルロン酸注入の持続期間は、ヒアルロン酸の質や種類にもよりますが、数カ月〜長くて1年とされています。

もっともキレイに見えるのは、注入後数週間から1カ月くらいまでとするクリニックもあります。その後は数カ月?数年かけて皮膚に吸収されていきます。

見た目にハッキリわかる期間は短いため、結婚式前などぷっくりさせておきたいハレの日がある場合には、そのことも医師に相談して日程を組むようにしましょう。

ヒアルロン酸注入の費用相場

  • 安いところだと0.1ccが1万円以下
  • 相場は1ccが3〜6万円
  • 左右両方に入れると2〜10万

ヒアルロン酸は、1つにつき0.8cc?1cc入っていて、一度開けてしまうと長くは取っておけません。実際に涙袋に使う量は両側合わせても0.2cc程度、1つ開けても余ってしまいます。

ヒアルロン酸を数人で分けることができるクリニックであれば、0.1cc単位で販売できるため、安い価格での提供もしています。

注射器の使い回しをするなどの違法行為をして、安価で販売している可能性もあるため、安いからと飛びつく前に、どのように保管しているのかなども確認してから施術を受けるようにしましょう。

2.ヒアルロン酸注入のメリット

shutterstock_205131136

ヒアルロン酸を注入して涙袋を作るメリットは、「カンタンかつ短時間で手軽に涙袋が手に入る」ところです。

ヒアルロン酸を注入せずに涙袋を作ろうと思ったら、念入りなメイクでぷっくりしているように見せたり、専用美容液をつけてじっくり時間をかけて涙袋を作っていったりしなければなりません。

メンドウな手間も時間もかけずに、涙袋を手に入れるためには、ヒアルロン酸注入がもっとも効果があります。お金をかけても、すぐ涙袋がほしい!という人におすすめの方法だといえます。

3.涙袋へのヒアルロン酸注入のデメリット

shutterstock_267076010 (1)

涙袋にヒアルロン酸を注入するデメリットは、3つあります。

まず、費用は安くありません。1回につき、数万円はかかってしまい、永久的に効果が持続するわけではないため何度も施術を繰り返さなければならないと考えるとかなりの費用がかかります。

2つ目は、持続期間が長くはないのに、何度もやるとしこりができてしまう可能性がある点です。

ずっとキレイな涙袋のある状態を維持したいと思ったら、数ヶ月ごとか長くても1年に1度はヒアルロン酸を注入していなければなりません。

何度も注入してしこりになったり、皮膚が伸びてしまってブルドッグのようなたるみができてしまったりすることも。同じクリニックで施術を受けるようにして、医師にチェックしてもらいながら、回数を重ねるようにしましょう。

3つ目は、ヒアルロン酸注入をしたときのダウンタイム中に出る症状です。

1週間ほど続く内出血や数日間の腫れ、痛みを感じることもあります。メイクは数時間後からできますが、この症状が強く出ていると外出するのがためらわれることもあるため、会社や学校を休めるときの施術をおすすめします。

4.ヒアルロン酸注入でトラブルが生じた際の対処法

shutterstock_282964955

内出血や腫れ、痛みはクリニックで相談しましょう。ダウンタイム中はどうしてもこうした症状が出てしまうため、冷やしたり痛み止めをもらって飲んだりなどの処置でやり過ごします。

また、左右差が出ることもありますが、医師の失敗である可能性よりも、もともとの目の左右差が目立ってきた・涙袋の大きさが異なっていた、というケースが多くあります。

左右差が出る可能性もあるということを頭に入れて、なるべく左右対称になるよう医師にお願いしておきましょう。

また、何度も繰り返し注入することで、皮膚がたるんでしまうと元には戻せなくなってしまいます。そうならないよう、やり過ぎには注意してください。

5.失敗しないためのクリニックの選びのコツ

shutterstock_155141132

クリニックを選ぶポイントは「適正価格・デメリットやリスクの説明・カウンセリング」の3つです。これらに気をつけながら、自分に合ったクリニックを選ぶようにしましょう。

価格の確認は事前に行う

費用相場でもご紹介したように、0.1ccで1万円~、1ccで3~6万円くらいが適正価格です。

あまりに高すぎる価格や安すぎるときには注意が必要です。0.1ccなら6,000円以上であれば、安価ではありますが、怪しむほどではありません。

ヒアルロン酸の種類によっては0.8ccが1本あたりの総量というものもあり、2万円程度で施術を受けられます。量と価格のチェックを必ず行いましょう。

デメリットやリスクの説明が担当医師からある

カンタンなヒアルロン酸の注入施術とはいえ、デメリットもリスクもないわけではありません。「大丈夫、大丈夫」ときちんと説明してくれないクリニックはおすすめできません。

しっかりデメリットやリスクまで説明してもらえ、そのときの対処法やクリニックで行ってくれるケアまで教えてくれるクリニックで、施術をお願いしましょう。

カウンセリングで医師や院の方針との相性チェックする

価格も適正、デメリットやリスクの説明もあった、でもなんとなく医師と相性が合わない、というケースもあります。

「この人にお任せしたい」という医師が見つかるまでは大変かもしれませんが、安心して施術を受けられるかどうかは大事なポイントです。カウンセリングでの相性チェックも重要です。

6.国内で有名な美容クリニックまとめ

自分でクリニックへ行って、説明を受けたりカウンセリングで相性を確認したりといった行動は大切ですが、涙袋へのヒアルロン酸注入を扱うクリニックはたくさんあります。

まずは、そのなかから、絞り込むために口コミで人気のクリニックをチェックしておきましょう。ここでは、人気の高いクリニックを3つご紹介します。

聖心美容クリニック

mainv_eyes公式サイトはこちら

痛みの少ないヒアルロン酸注入が受けられるクリニックです。

カウンセリングが無料で受けられる他、メールでの相談もできます。全国展開しているため、最寄りのクリニックで施術を受けられます。

湘南美容外科クリニック

スクリーンショット 2016-02-02 16.39.30

公式サイトはこちら

アレルギーの心配の少ないヒアルロン酸を扱っている湘南美容外科クリニックは、全国的にも有名で口コミでも常にトップ層にランクインしています。

全国45拠点に47院が開設されています。モニターの募集を行っているときもあるため、こまめにチェックしておくことをおすすめします。

渋谷美容外科クリニック

スクリーンショット 2016-02-02 16.42.17

公式サイトはこちら

渋クリと呼ばれ、若い世代に人気の高い渋谷美容外科クリニックでは、無痛ヒアルロン酸も選べます。全国展開はしていませんが、首都圏の主要都市に4院開設しているため、仕事帰りやお休みの日に行きやすいクリニックです。

無料カウンセリングもあるので、気になったら、一度行って雰囲気を確かめてみましょう。

7.まとめ

ぷっくり愛らしい涙袋が手軽に手に入る、ヒアルロン酸注入。確かにカンタンに短時間で理想の目元を作り出せますが、デメリットやリスクもきちんと理解しておかないと怖いのも事実です。相性のよい信頼のおけるクリニックを探して、施術を受けるようにしましょう。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事