もずくダイエットで、食べ過ぎ・便秘・肌トラブルを一気に解消!

shutterstock_465937550

独特のぬめりが特徴的なもずくですが、実はダイエットにも効果があることを知っていますか?

しかもダイエットだけでなく、食べ過ぎや便秘、肌トラブルなど女性が陥りがちな悩みを一気に解決してくれる魔法のような食べ物です。

今回は、そんなもずくのさまざまな効果を解説します。


スポンサードリンク

1.もずくがダイエットに効果的な理由

1-1.低カロリー

海藻の一種であるもずくは、非常に低カロリーな食材です。100グラムで、およそ4キロカロリーから6キロカロリーほどしかありません。

もずくに酢を加えた「もずく酢」でもおよそ30キロカロリーから40キロカロリーほどです。コンビニやスーパーなどで手に入れやすいのも、続けやすいメリットといえるでしょう。

1-2.少量で満腹感

もずくは非常に低カロリーなうえに、少量で満腹感を得られます。これは、もずくに含まれている不溶性食物繊維が関係しています。

不溶性食物繊維は水を含むと膨れる性質を持っており、もずくの場合、体内に入ると10倍近くに膨れ上がります。これにより、食べる量が少なくても十分な満足感を得られます。小腹が空いたときなどにも最適です。

もずくであらかじめお腹を膨らませておくことによって、食事や間食などでの食べ過ぎも防止できます。

1-3.ダイエットに効果的な成分が多い

もずくに含まれる成分のうち、ダイエットに効果があるとされている主なものが、フコイダンとフコキサンチンの2つです。

フコイダンには糖の吸収を抑えて、血糖値が急激に上がるのを防いでくれる働きがあります。血糖値が上がると、肥満ホルモンと呼ばれる「インシュリン」が活性化し、吸収しきれなかった糖を脂肪に変えてしまうのです。

フコイダンは胃の粘膜を保護し、食べ物の消化を緩やかにするため、太りにくい体作りへと改善する効果が期待できます。

またフコイダンには整腸作用があります。胃や腸が健康になると、余分なものがしっかりと体外へ排出され、必要な栄養素の吸収率がアップするという良いサイクルが生まれます。ダイエットをより効果的に、健康的に進めることができるのも、もずくダイエットのメリットでしょう。

一方フコキサンチンは、エネルギーの消化を促したり、内臓脂肪を燃やしたりするのに効果的。これらの栄養素をもずくから摂取することで、ダイエットをアシストしてくれます。

2.ダイエットだけじゃない! もずくのうれしい効果

もずくはダイエットだけでなく、女性の美容や健康の悩みにも効果が望めます。ここでは、ダイエットのほかにも発揮される、もずくのうれしい効果をご紹介します。

2-1.便秘解消

前述したフコイダンの整腸作用は、便秘を治してポッコリお腹の解消にも一役買ってくれます。

胃や腸の調子が整うと、腸の動きを活性化してお通じが良くなりますし、実際、もずくを夜に食べるようになったら翌朝すっきり出るようになったという人もいるようです。

2-2.肌トラブル解消

もずくには肌トラブルを解消してくれる効果もあります。

ダイエットをすると肌が荒れるという人もいますが、これは、ダイエット中の食事制限などによりビタミンやミネラルが不足してしまうためです。その点、もずくにはビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、もずくを食べると肌に必要な栄養分を補えます。

また、もずくはアンチエイジングにも注目の食材です。もずくが持つ抗酸化作用は、老化の原因となる活性酸素を除去してくれます。さらに髪に必要なたんぱく質の合成を助ける効果もあり、肌だけでなく髪も美しく保つことができます。

2-3.免疫力が上がる

もずくを食べると免疫力が上がるとされていますが、これはもずくが免疫力をアップさせる「ナチュラルキラー細胞」の動きを活性化させるためです。

ナチュラルキラー細胞とは、体内にウイルスに感染した細胞や、がんなどの異常な細胞をあるか察知して攻撃する役割を担っています。

このナチュラルキラー細胞を活性化させることにより、免疫力がアップし、風邪などの病気にかかりにくくなるだけでなく、がんなどの重大な病気の予防にも繋がります。

2-4.血液がサラサラになる

もずくには血液をサラサラにする効果もあります。もずくにはアルギン酸という食物繊維があり、悪玉コレステロールを体外へ排出するためのサポートをしてくれます。これによって動脈硬化を防ぎ、健康的でサラサラな血液を維持できます。

3.もずくダイエットの正しいやり方

これまでさまざまなもずくの効果をご紹介してきましたが、もずくダイエットはただ食べればいいというわけではありません。

やり方によっては逆効果になることもあるため、効果的なやり方を実践していくことが大切です。ここではもずくダイエットの正しいやり方をご紹介します。

3-1.食べ方

もずくダイエットに大切なことは、食べるタイミングと量、調理法の3つです。まず食べるタイミングですが、食事の前が効果的。前述したようにもずくは糖の吸収を抑えたり、胃や腸のコンディションを整えてくれたりする働きがあります。

食事の前に食べておけば、そのあとの食事に対し、これらの効果を最大限に発揮してくれます。

次に、食べる量は1日にもずく酢をパック1つ分食べるといいでしょう。もずくに含まれているフコイダンは、1日24グラム摂取すると効果的といわれており、この量をちょうど摂取できる量がパック1つ分です。

最後に調理法です。調理法としておすすめなのは、酢を入れる、加熱するの2つです。酢にはクエン酸が含まれているため、もずくと一緒に摂ることで疲労回復効果が期待できます。スーパーで売っているものは最初から酢と一緒になっているものも多いため、そのまま食べてOK。

またフコイダンは加熱すると吸収率がアップするため、加熱することによってより効果的に栄養素を摂取できます。

3-2.注意点

もずくダイエットの注意点は、毎食もずくに置き換えないことと、調理の際に洗いすぎないことです。

いくらダイエットに効果的といえ、もずくだけでは生活に必要な栄養素を摂取できません。毎食もずくに置き換えてしまうと、必要な栄養素を摂取できずに体調を崩したり、リバウンドしたりする可能性が高くなり、むしろ逆効果。健康的に痩せられてこそ、ダイエットの意味があります。

もずくはあくまで食事のサポートとして考え、すべての食事をもずくに置き換えることは避けてください。

それから、もずくを調理する際には洗いすぎないことも大切です。洗いすぎるとフコイダンが流れてしまい、もずくに含まれている栄養素の効果が半減してしまいます。調理をする際にはさっと水洗いをする程度に留めておきましょう。

4.苦手な人にもおすすめ! 絶品もずくレシピ

これまでもずくダイエットについて紹介してきましたが、なかにはもずく独特のぬめりが苦手という人もいるでしょう。そんな人のために、食べやすいもずくのレシピをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

4-1.もずく豆腐

shutterstock_49026829

もずく酢の中にカットした豆腐を入れ、細かく切ったネギなどでトッピングするだけのお手軽料理です。豆腐はもずく1パックにつき50グラムほどが適当ですが、好みで量を変えても問題ありません。

お好みでオクラや納豆などをトッピングしてもおいしいです。

参照:cookpad

4-2.もずくスープ

shutterstock_425584603

まず鍋にお湯をわかし、鶏ガラスープの素とお酒、しょうゆをそれぞれ小さじ1杯ずつ入れます。塩と黒コショウはお好みで加えてください。

次に水を切った生もずくを先ほどのスープに入れ、煮立たせます。あとは白ごまと刻みネギを入れた器に盛れば完成です。

鶏ガラスープの素を和風だしの素にし、ごまとコショウを使わなければ、お吸い物としても楽しめます。生もずくは冷凍もしておけるため、お好みの量だけ使って余った分はあとから使うことも可能です。

参照:cookpad

5.まとめ

もずくダイエットはダイエットのほかにも肌の悩みや便秘などの悩みを解決してくれる、女性にうれしいダイエット法です。無理なく健康的に痩せたい方は、ぜひ実践してみてください。

スポンサードリンク



imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事