合コンは第一印象が大事! 誰でも“モテ女子”になれる服装選び

合コンは第一印象が大事! 誰でも“モテ女子”になれる服装選び

合コンを控えている女性のみなさん! 準備は万全ですか? 「どんなファッションで行こうかな…」と悩んでいる方にまずお伝えしたいのが、「第一印象を制する者は、合コンを制す」ということ。出会った瞬間に「可愛いな」「素敵だな」と思わせて恋愛対象のテーブルに乗ることが、合コンを成功させるためには欠かせません。逆に、第一印象で「この子はないな…」と思われてしまえば、その後の巻き返しは想像以上にタイヘンなのです。

そこで今回は、誰でも簡単に“モテ女子”になれる服装選びのコツをご紹介。今からこっそり&しっかり準備して、いい出会いをゲットしてくださいね!

1. 男性が好きな女性のファッションとは?

「オシャレにはあまり自信がなくて…」という方も、心配はいりません。合コンで大切なのはオシャレかどうかよりも、男性ウケする服装かどうかだからです。

もちろん、オシャレな女性が好きな男性もいますし、ファッションにこだわらない男性もいます。でも、合コン相手の詳しい好みがわかっている場合以外は、一般ウケする服装をしていくほうが、第一印象を制する確率は断然高くなります。これは「男性に媚びる」のではなく「恋愛に発展させる」ための戦略! では、具体的にどんなファッションが好まれるのか見ていきましょう。

1-1. 鉄板はやっぱり「女性にしかできない服装」

ワンピースやスカートは、合コンの鉄板服としてよく取り上げられるアイテム。これは正解と言っていいと思います。パンツスタイルが好きな男性ももちろん多いですが、ワンピースやスカートが嫌いという男性はあまりお目にかかりません。

合コンに参加する男性は、恋愛対象となる女性との出会いを求めています。可愛いと思ったりドキッとしたり、恋愛感情が生まれるひとつのきっかけは、「性差」つまり「女性らしさ」を感じる瞬間。ですから、女性ならではのアイテムやコーディネートを取り入れることは、最大のポイントと言えるでしょう。

<アイテム>

膝丈ワンピース、ふんわりAラインのスカート、ジャストサイズのカーディガン、ヒールのあるパンプスやブーツ

<素材>

シフォン、ざっくりニットやモヘヤなどのもこもこ系、ツイード

<モチーフ>

フリル、リボン

<柄>

小花柄、千鳥格子

<カラー>

ホワイト、淡いピンクなどのパステルカラー、ブラック(特に冬はセクシーに見えるのでオススメ!)
など

具体的なコーディネート例は、このあとの章でご紹介していきます!

1-2. セクシーアピールはどの程度までアリ?

「露出しすぎはNG」というのも、巷でよく聞く合コン服ルール。確かに、極端なミニスカートや胸が大きくあいたトップスでは、下品な印象を持たれてしまいかねません。とはいえ、肌やボディラインがまったく見えないスタイルでも、「色気がない」「ガードが固そう」と思われてしまうキケンがあります。では、どの程度がベストなのでしょうか?

ジャッジラインはズバリ、「中を覗いてみたい」と思わせることができるかどうか。俗に言う、チラ見せです(笑)。太ももむき出しのミニスカートより、席替えやお手洗いに立ったときに裾が揺れて脚がチラッと見えるような、ふんわり素材の膝丈スカート。露出の多いキャミソールより、二の腕が透けて見えるシフォン袖のブラウス。谷間を強調するトップスより、ボタンの隙間から中が見えそうで見えないシャツ。…などなどです。

近年では、ミニスカートやショートパンツとニーハイの間から覗く肌が、「絶対領域」と呼ばれて人気になったりもしました。「ちょっとだけ見える」「見えそうで見えない」…そんな焦れったい感じが、男性のココロと想像力をくすぐるのです。

1-3. 自分らしさを取り入れたいときの注意点

「男性ウケを意識するとはいっても、自分らしい服装じゃなきゃちょっと…」。そう思う方も多いでしょう。確かに、着慣れていない服を着て浮いてしまったり、自分に自信が持てなくなってしまっては、本末転倒ですよね。

でも、あまりにも個性を主張しすぎているファッションだと、好みが合致するお相手が来ない限り、第一印象で損をしてしまう恐れがあります。「ありのままの私を好きになってほしい」という気持ちももちろん大切ですが、その後の過程で少しずつ知ってもらうのでも遅くはありません。

まずは、あなたの取り入れたい「自分らしさ」が男性ウケするかどうかチェック。これまでの章でお話ししてきた内容を判断軸にしてみてください。そして、もし男性ウケしにくそうであれば、取り入れる箇所は1点にとどめてみましょう。

たとえば、どうしてもスカートに抵抗のある方は、足首の見えるクロップドパンツに、シフォン素材やリボンモチーフなどのフェミニントップスを合わせる。エスニックファッションが好きな方は、エスニック調のピアスなどのアクセサリーで取り入れる。…などなど。いずれも主張しすぎない「さり気なさ」がポイントです。

2. 服装選びに失敗しないための“事前対策”

当日のファッションイメージ、何となく描けてきたでしょうか? 「それでもまだ不安!」という方のために、合コン前に打っておくべき対策をご紹介します。

2-1. お相手の職業や人柄を、幹事に確認する

これ、けっこう重要。ファッションの好みまではわからなくても、職業や人柄を知っておくだけである程度のイメージは掴めます。お相手のタイプを探るというよりは、NGそうなファッションを見極める、といったほうが正しいかもしれません。

たとえば、職業が公務員であったり、真面目な草食系タイプの場合、トレンドを意識したコーディネートよりも「ちょっと地味」「控えめ」くらいが無難。反対に、アパレル・美容・デザイン業界などの目が肥えている男性なら、トレンドアイテムをひとつでも身につけたほうが好印象かもしれません(あえて地味系にしておくほうが新鮮に映る…なんていうケースもありますが)。

もちろん、好みは一人ひとり違いますから一概には言えません。でも、あくまでも「傾向を掴む」という意味でなら、事前にリサーチしておいて損はない情報です!

2-2. 開催会場をチェックする

オシャレなレストランなのか、落ち着いた和食店なのか、カジュアルな居酒屋なのか。合コンが開催される会場によっても、ふさわしい服装は違ってきます。TPOをわきまえるためにも、会場の雰囲気はしっかりチェックしておきましょう。

また、意外と重要なのが、席の形態。テーブル席であれば問題ありませんが、お座敷だと靴を脱ぐことになるため、注意が必要です。脱ぎやすい靴を履いていく、タイツやストッキングは伝線や毛玉がないか確認する、素足の場合はペディキュアの手入れをしておく(派手すぎる色はやめておいたほうが無難!)など、細かなところまで気を抜かないようにしましょう。

2-3. 女性メンバーと服装の話をしておく

一緒に参加する女性メンバーが友人なら、服装について事前に打ち合わせしておく、という手も。自分一人だけ浮いてしまうことはなくなりますし、男性ウケを狙いすぎて同性の反感を買う…なんてことも防げます。「全員、白のニットワンピだった!」なんていう事態も避けたいところですので、どんな服を着ていくつもりか、お互いに話し合ってみてはいかがでしょうか。「ほかの子よりもちょっとだけ目立ちたい…」というときにも、作戦が練りやすくなりますよ。

3. シーズン別|合コンにぴったりの“モテ”コーデ例

では、合コンで第一印象を制するための、具体的なコーディネート例を見ていきましょう。シーズン別にご紹介していきますので、ぜひ取り入れてみてください! お手持ちの服がない場合は、“モテ”コーデ用に1〜2着ほど買い足してもいいと思います。

3-1. 春のおすすめコーディネート

●爽やかシャツワンピ

爽やかシャツワンピ

女性らしいワンピースと清楚な印象のシャツがミックスされた最強アイテム! 春らしい色をチョイスして、爽やかなスタイルに仕上げましょう。

●小花柄のふんわりスカート

小花柄のふんわりスカート

春に着たいもうひとつのマストアイテムは、小花柄のスカート。レギンスやトレンカは男性ウケがあまりよくないようなので、足もとは素足に華奢なパンプスが◎!

3-2. 夏のおすすめコーディネート

●マリンテイストのボーダーワンピ

マリンテイストのボーダーワンピ

元気な女の子を演出するなら、マリンテイストがおすすめ。女性らしいフォルムのワンピを選んで、カジュアルになりすぎないように注意して。

●デニムスカート×ガーリーアイテム

デニムスカート×ガーリーアイテム

デニム素材も、フレアスカートなどフェミニンなものを選べば合コンスタイルに。シフォンのトップス、ヒールのサンダルなど、ガーリーなアイテムと合わせましょう。

3-3. 秋のおすすめコーディネート

●ツイード素材のキュロット

ツイード素材のキュロット

スカートが苦手な方は、スカートに似たシルエットのキュロットはいかが? 素材は、品のよさと季節感を兼ね備えたツイードがおすすめ。

●ジャストサイズのカーディガン

ジャストサイズのカーディガン

カーディガンは、羽織るだけで上品に決まる万能アイテム。シャツをインしたり、プリーツスカートを合わせたりして、きちんと感をさらにアップ!

3-4. 冬のおすすめコーディネート

●白のニットワンピ

白のニットワンピ

文句なしに可愛い白のニットワンピは、やっぱり外せません! ニーハイブーツなどの長め丈のブーツを合わせて、「絶対領域」をつくりましょう。

●寒い冬にブラックコーデ

寒い冬にブラックコーデ

白ワンピと同じくらいおすすめなのが、トップスにブラックを持ってくる艶やかコーデ。アンゴラニットなどの柔らか素材と、ボディラインが出る細身サイズを選ぶのがポイントです。

4. 小物・ネイル・髪型の“モテ”ルール

アクセサリーやバッグなどの小物、ネイル、髪型にも、服装と同じように「男性ウケする」「しない」があります。せっかく選んだ服ですから、これらでコーディネートを台無しにしてしまってはもったいない! 細部まで気を抜かず、ベストな“モテ”コーデに仕上げましょう。

<小物>

服と同様、小物も「女性らしい」「派手すぎない」がキホン。大ぶりなアクセサリーや大胆すぎる柄のバッグなどはやめておいたほうがいいでしょう。盲点になりやすいのが、ラグジュアリーブランドのアクセサリーやバッグ。「お金のかかる女の子」と思われると、今後付き合っていくイメージを持たれにくくなる恐れもありますので、注意が必要です。

<ネイル>

こちらも、派手すぎるものはNG。ビビットなレッド・ピンク・ターコイズなどのワンカラーは、女性目線だと可愛いのですが、迫力が出すぎてしまうためおすすめしません。色は淡いピンクやベージュにおさえ、グラデーション、フレンチ、ワンポイントのラインストーンなどで上品に仕上げましょう。指先は想像以上に見られているパーツなので、きちんとお手入れしてくださいね。

<髪型>

ゆるふわウェーブのロング、大人っぽいワンレンボブなどは、男性に好評のヘアスタイル。アレンジするなら、後れ毛を残したポニーテールやハーフアップが◎です。ショートであっても、前髪を斜めに流して片側のサイドを耳にかけたり、華奢なカチューシャをするなど、女性らしさを演出すればOK。女性に人気のおだんごは、男性にはあまり好かれない傾向にあるようです。

5. まとめ

いかがでしたか? 第一印象を制することができそうな“モテ”コーデは見つかったでしょうか。着ていく服が決まったら、当日までに一度自宅で着てみることをおすすめします。全身のバランスをチェックしたり、着慣れない服であれば自分自身に慣れさせることも大切ですよ。しっかり準備して自分に自信がついたら、あとは笑顔で思いきり楽しめば大丈夫! あなたの成功を祈っています!

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事