目ヂカラUPの最終兵器!美まつ毛を叶えるマスカラ使い方法

shutterstock_298134752

マスカラはメイク大好き女子達の大好物コスメ。目元をパッチリ、印象的に見せてくれるだけでなく、立体感も出せるのでマスカラだけは欠かせない!という人も多数。アイメイクの仕上げにササッとつけがちなマスカラですが、手順を踏んで丁寧につければ、まるで女優さんのような美まつ毛が手に入ります。マスカラを100%使いこなして、アイメイクをレベルアップさせましょう!


1.マスカラの役割と種類

メイクのイメージや、まつ毛・目元の状態に合わせたマスカラ選びが、目元のキレイを引き出します。マスカラには大きく分けて3タイプあるので、それぞれの特徴を知って上手に使い分けましょう。

1-1.ロング:一重・奥二重さん向き

まるでまつ毛が伸びたように、スッと長く見せる効果があるのがロングタイプです。短いまつ毛を全体的に長く見せたり、まつ毛の長さをよりアピールしたい人に向いています。目尻だけに使ってセクシーに、全体的につければパッチリした目元になります。

<ロングタイプのマスカラ使用例:マギーさん(モデル)>

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-19-25-10

出典:Instagram

普段からロングタイプのマスカラを愛用しているマギーさんは、ハーフらしい顔立ちを活かしたナチュラルなマスカラ使いが魅力的です。目は大きいけれども奥二重なので、まつ毛の根本が奥まってしまい、まつ毛の長さが目立ちにくいタイプです。そこで、ロングタイプのマスカラでまつ毛の長さをプラスし、しっかりカールさせることでまつ毛に存在感を出しています。

1-2.ボリューム:二重さん向き

まつ毛1本1本を太くし、全体的にフサフサとしたまつ毛を叶えるのがボリュームタイプです。まつ毛が少ない・細い、生え方にムラがある人にピッタリです。目元にインパクトが出るので、アイシャドウだけでは物足りない場合にプラスしても良いでしょう。重ねづけすると、ギャルっぽくなりがちなので1~2度塗りが正解です。

<ボリュームタイプのマスカラ使用例:深田恭子さん(女優)>

1013926

出典:MAERBLE

キレイになったと評判の深田恭子さんは、ぱっちりの二重まぶたにボリュームマスカラをつけることでよりフェミニンに。まつ毛の1本1本が濃く、太くなるのでグラマラスな印象になります。さらに、まつ毛を扇状に広げて目幅を広く見せることで、大きな目元に。その分、下まつ毛はノーマスカラにして清潔感をキープ。

1-3.カール:どんな目の形の人にも

ビューラーをかけてもカールが長持ちしないなど、下向きまつ毛のお悩みにはカールタイプがマストです。ビューラーの後でまつ毛を持ち上げるようにつけると、まつ毛が上向きになります。カールキープ力のあるポリマー配合タイプやカーブブラシのものが多いのも特徴です。

<カールタイプのマスカラ使用例:まいまいさん(タレント)>

ciel-fashion

出典:pinterest

テラスハウスで大人気だったモデル、まいまいさんはイマドキ感のあるオシャレな雰囲気が素敵ですよね。きちんと感のあるメイクで、華やかだけど上品な印象です。ブラウンアイシャドウにアイラインをきっちり引いたら、カールタイプのマスカラで引き算。素のまつ毛を活かして、カールさせるだけで、控えめだけど女の子らしい目元に仕上がります。

1-4.カラーマスカラ

デイリー用としてはブラック・ブラウンのマスカラが圧倒的に人気ですが、人と差をつけたい時に役立つのはカラーマスカラです。カラーシャドウとブラックマスカラの組み合わせよりも、グッとオシャレな印象になります。肌馴染みの良いボルドーやパープルは普段使いにも取り入れやすいので、
カラーマスカラ初心者さんにもオススメです。

<カラーマスカラ使用例:西内まりやさん(タレント)>

b87rxd3cuai-mch

出典:curet

猫のようなキュッとした瞳が印象的な西内まりやさんはメイクもオシャレ!難しいかな?と思われがちなピンクのマスカラも、西内さんのように目尻だけにオンすれば、ほんのり色っぽいまなざしに。下まつ毛はノーマスカラで抜け感をだせば、カラーマスカラもくどくなりません。アイラインとネイル同色でまとめれば、よりオシャレでPOPな雰囲気になります。

2.マスカラの正しいつけ方

マスカラの効果を最大限に活かすには、正しい使い方で丁寧につけることが一番の近道。マスカラを上手に使いこなせば、つけまもマツエクもいらない、美まつ毛が完成します。

2-1.ビューラーの基本の使い方

ビューラーはまつ毛の根本、中央、毛先の3段階でかけていくとキレイにカールさせることができます。まず、まつ毛の根本を挟み、上に向かって位置をずらしながら、少しずつかけていきましょう。片方の手で眉上をひっぱりながら行うとスムーズです。力を入れすぎると、まつ毛が抜ける原因になるので注意しましょう。

下まつ毛はビューラーを逆さまに持ち、根元から下方向に向かってかけていきます。下まつ毛が短い人は、根本のみ下に下げるようにするだけでOKです。

2-2.ホットビューラーの基本の使い方

下向きまつ毛や、カールがとれやすい人にはホットビューラーがおススメです。まつ毛も髪の毛と同じで、熱を加えるとクセがつきやすくなります。通常のビューラーのように、挟んで圧を加えないので、まつ毛にもやさしく、抜けにくくなります。

使い方はビューラー同様に、まつ毛の根本~毛先まで、2,3秒ずつ持ち上げるように当てていきます。1か所に長時間当てるのはNGです。まつ毛の生え際の皮膚に熱が当たらないよう注意しましょう。

下まつ毛には、根元にホットビューラーを当て、2,3秒そのままでクセづけするだけでOK。下まぶたの粘膜や皮膚に当たらないよう注意しましょう。

2-3.マスカラのつけ方

長さUP・カールキープ・落ちにくさを重視するなら、マスカラをつける前に、専用のマスカラ下地を仕込んでおきましょう。ビューラーのあと、まつ毛の根元からブラシを左右に動かし、上下のまつ毛全体につけます。重ね塗りをするとダマになりやすいので注意しましょう。

まつ毛をしっかり立ち上げ下地をつけたら、いよいよマスカラの出番です。ササッと済ませがちなマスカラも、丁寧につけることで仕上がりの美しさが格段にUP!

  1. マスカラブラシをティッシュオフし、余分なマスカラ液をとる
  2. まつ毛の中央の根元に置き、マスカラブラシで持ちあげるように塗る
  3. ボリュームを出すなら、左右小刻みに毛先まで、長さを出すなら、毛先までスッと流すと良い
  4. 目尻・目頭のまつ毛にも同様に塗る
  5. 下まつ毛には、ブラシを立てて下方向に引くように塗る

一通りつけ終わったら、マスカラが乾ききる前にまつ毛用コームかスクリューブラシで、まつ毛をとかしておきましょう。ダマを防げるだけでなく、まつ毛1本1本を離すことで、ぱっちりした目元になります。

3.マスカラを活かしたメイク例

マスカラをつけるだけでも印象的な目元になれますが、アイシャドウやつけまつ毛との合わせワザで、よりイメージ通りのメイクが実現します。いつもと違うマスカラ使いで、マンネリメイクとサヨナラしましょう。

3-1.ブラウンマスカラでウォーミーな抜け感メイク

ツヤのあるオレンジベージュのアイシャドウで目を囲んだメイクには、同系色のブラウンマスカラがピッタリ。ブラックのように強い印象がないので、抜け感が出て今っぽい雰囲気になります。上下のまつげにつけても重たくならず、ナチュラルメイク派さんにもチャレンジしやすいはず。ラフに指付けした赤味ブラウンのリップで、温かみをプラスしてぬくもりのある表情に。

3-2.マスカラ+つけまつ毛で外国人風メイク

密集したふさふさのカールまつ毛は、それだけで立体感が出るので、外国人風メイクには欠かせません。ブラウン系のアイシャドウをまぶた全体にぼかし、目尻側に重ね塗りして彫の深い目元をつくります。そのあと、まつ毛のキワ全体をアイラインで引き締め、ボリュームタイプのつけまつ毛をプラスします。つけまつ毛は、毛質が柔らかく、目尻側が長くなっているタイプがおススメです。最後に、つけまつ毛と地まつ毛をなじませるように、カールタイプのマスカラを塗っていきます。ダマを防ぐため、1度塗りで仕上げましょう。

3-3.一重・奥二重さんもOK!クールな流し目メイク

一重・奥二重さんに最も似合うのが、流し目風のマスカラ使いです。まず、ビューラーでまつ毛全体を立ち上げ、根元からロングタイプのマスカラを塗っていきます。

目尻側のみ、マスカラブラシの先端を使い、斜めに流すようにします。長さが無い人は、目尻だけに部分用つけまつ毛をプラスしても良いでしょう。さらにアイラインも目尻より5mmほど長めに描くと、流し目効果もUP。目を伏せると、まつ毛の長さが際立って、coolなのに色っぽい印象に見えます。

4.マスカラの困ったレスキューワザ

バッチリきまったアイメイクでも、よく見るとマスカラがまぶたについていたり、ダマだらけのまつ毛になっているとせっかくのキレイも台無しに。よくあるマスカラの困った!を防いで、360度スキのないまつ毛を目指しましょう。

4-1.まぶたについてしまう

まぶたは眼球に沿ってカーブしているため、マスカラがまぶたについてしまうということもしばしば…。これを防ぐには、マスカラをつける際に名刺大のカードをまぶたに当ててガードしてしまうのが正解。

他にもティッシュ、綿棒でも代用できますし、専用のマスカラガードを利用しても良いでしょう。万が一、まぶたについてしまったら、マスカラ液が乾いた後、綿棒にリキッドファンデをつけて拭き取り、その部分だけリタッチすれば目立ちません。

4-2.パンダ目

時間がたつと、目の下が黒くなるというパンダ目のお悩みには、皮脂プルーフ効果のあるマスカラがおススメです。パンダ目になってしまうのは、マスカラの油分と目の下のファンデやコンシーラーの油分が、時間とともに混ざり合い、マスカラがにじんでしまうことが原因です。

そのため、ウォータープルーフ効果だけではなく、油分のにじみを防ぐ皮脂プルーフのマスカラが有効です。
また、目元のスキンケアの余分な油分(アイクリーム等)を残さないことも大切です。ファンデやコンシーラーはパウダーでしっかりおさえ、サラサラにしておくこともポイントです。

4-3.ダマになる

ダマになったガビガビのまつ毛は、清潔感ゼロ…。ダマのない、スッとキレイなまつ毛を叶えるには、マスカラを使う時のひと手間が大切です。

つける前に、マスカラのブラシをティッシュオフする、つけた後はコームやブラシでとかして、セパレートさせることが美まつ毛への最短方法です。特にボリュームタイプ、繊維入りマスカラはダマになりやすので、重ねづけには注意しましょう。

4-4.中身がすぐなくなる?!

マスカラ液は速乾性のものが多いため、使うたびに空気に触れると、どうしても中身が乾きやすくなります。お気に入りのマスカラを少しでも長く使うために、正しく保管しましょう。

  • 使用後はしっかり締める
  • マスカラの口・ブラシの柄についたマスカラ液をまめにふき取る
  • つきが悪いからと、ブラシと本体をピストンのように動かさない

5.マスカラの正しい落とし方

落ちにくいマスカラは、全顔用のクレンジングで一気に落とすのはよくありません。デリケートな目元とまつ毛のダメージになりやすく、まつ毛が抜けたり、切れてしまうこともあります。アイメイクリムーバーでアイシャドウを落とした後、綿棒を使いながら、マスカラだけを丁寧にオフしていきましょう。

  1. ポイントリムーバーをコットンにとり、アイシャドウをオフする
  2. コットンを裏返し、半分に折ってまつ毛の下にあてる
  3. 綿棒にリムーバーを含ませ、コットンと綿棒で挟むようにマスカラをオフする
  4. 下まつ毛も同様にオフする
  5. 落ち切らない時は、2~3を繰り返す

6.マツエク・つけまをしている時のマスカラ事情

まつ毛のエクステであるマツエクは、基本はマスカラ不要です。マツエク自体は摩擦に非常に弱く、クレンジングの際にとれやすくなります。そのため、マスカラをつけると、クレンジングが必要になり負担がかかるので、マスカラは使用しない方がエクステが長持ちします。

どうしてもマスカラをつけたい場合は、お湯で落とせるマスカラやマツエクOKの表記があるものに限定しましょう。また、つけまつ毛を使う場合は、地まつ毛をマスカラで仕上げてから、つけまつ毛をオンするようにしましょう。つけまつ毛の装着後にマスカラをつける場合は、地まつ毛と馴染ませるように1本1本丁寧につけていくことがポイントです。軽いタイプのマスカラを1度塗りで仕上げると、ダマにならずナチュラルに仕上がります。

7.人気マスカラ5選

毎日のメイクに欠かせないマスカラは、新製品から定番モノまで気になるものがたくさんありますよね。デイリーに使えるプチプラから、気分のアガるラグジュアリーブランドまで種類も機能も豊富です。お気に入りのマスカラで理想のまつ毛が叶えば、メイクの仕上がりも上々!

7-1. エテュセ ラッシュバージョンアップ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-19-38-43

出典:エテュセ公式

メーカー: 株式会社エテュセ 価格:1,080円(税込)

おススメポイント:繊維入りや白いマスカラ下地は、仕上がりが不安…、そんな心配も無用で使えるブラックのマスカラ下地です。黒繊維を含んだリキッドがまつ毛に密着し、コーティングするのでマスカラを重ねてもダマになりにくい処方です。また軽量の液体のため、長時間カールをキープしてくれます。根本からつけやすいコーム型のブラシで、ぶきっちょさんでもカンタンに使えます。

7-2. クリニーク ラッシュパワーマスカラ ロングウェアリングフォーミュラ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-19-39-36

出典:クリニーク公式サイト
メーカー:クリニーク価格:3,780円(税込)
おススメポイント:長さのある繊細なまつ毛になれると、ロングセラーの人気マスカラです。まつ毛1本1本をしっかりとらえて、セパレートしながら長さをプラスするので、まつ毛そのものが伸びた印象に。長いまつ毛でパッチリ目元にしたい人、ナチュラル感のあるまつ毛にしたい人におススメ!
下まつ毛にも使いやすい小ぶりのブラシと、汗・皮脂に強いロングウェア処方、お湯で落とせるところもポイントです。

7-3. ファシオ パワフルカールマスカラ(ボリューム)

1f6a6b9e2a99accbd7db2679acf5ca7

出典:FASIO公式サイト
メーカー:株式会社コーセー価格:1,200円(税抜)
おススメポイント:一塗りでカール&ボリュームのあるフサフサまつ毛に近づけます。太さと濃さが出せるので、まばらなまつ毛や、毛が細くて存在感のないまつ毛の人に向いています。汗・皮脂・水に強く、カールが持続するので1日中美まつ毛をキープできます。プチプラなのにたっぷりつかえるところも◎

7-4. ヘレナルビンスタイン ラッシュクィーンセクシーブラックWP

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-19-41-35

出典:ヘレンルビンスタイン公式サイト
メーカー:ヘレナルビンスタイン価格:4,800円(税抜)
おススメポイント:華やかなカールとボリュームある仕上がりで、女度UP間違いなし!独自に設計されたユニークなマスカラブラシは、まつ毛を根元からキャッチし、しっかりカールをつくります。まつ毛全体を上向きにし、パノラマ上に広げやすいので、ぱっちりした印象的な目元に近づけます。
下向きまつ毛、カールが持続しない、まつ毛が少ない人に特におススメです。

7-5 .商品名:デコラガール カラーマスカラ(パープル)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-19-42-22

出典:creamode
メーカー:クレアモード株式会社 価格:1,620円(税込)
おススメポイント:初めてのカラーマスカラでも挑戦しやすいパープルは、肌馴染みも良いおススメカラー。ツヤやかな発色とロング&ボリュームタイプで目元にしっかり存在感が出せます。速乾・ウォータープルーフ・皮脂プルーフでにじみにくいので機能性もバッチリ。他にもレッド・ブルー・グリーンのオシャレなカラーが揃います。

8.まとめ

どんなメイクにも欠かせないマスカラは、上手に使えば印象的な目元になれる優秀コスメ。オン・オフのメイクパターンに合わせて、様々なタイプのマスカラを使い分けるのも◎。定期的なコスメパトロールで、最旬のマスカラチェックも抜かりなく!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事