すっきり垢抜け美人に!知っておくべき50代のメイクポイント

shutterstock_120600151

お肌やメイクに関する悩みが増えてくる50代。

「新しいメイクを試したくても、何から変えればいいかわからない」「似合っていなかったら不安…」と勇気が出ないこともありますよね。いきなりメイク方法を変えなくても、手持の化粧品の使い方を工夫したり、1点、2点新しいコスメを加えるだけで、印象を劇的に変えることができます。

すっきり垢抜けた メイクで、50代も美しく過ごしたいですね。


1.小泉今日子さん(女優)に学ぶ、50代メイクのポイント

unspecified

いつも見ても、若々しい印象の小泉今日子さんのメイクポイントは、明るいツヤ肌にあります。

ベースメイクでくすみをカバーし、ツヤのある仕上がりにすることで、厚塗りをしなくても、しわや毛穴を自然にカモフラージュできます。目元・口元のポイントメイクにも、透明感のあるカラーを使うことで、さらに顔全体の印象を明るく見せています。

1-1.下地・ファンデ―ション

下地・ファンデ―ションは保湿力とツヤ感を重視して選びましょう。シミ・ソバカスが悩みの人は+カバー力があるものをチョイス。ただし、下地もファンデ―ションも適量を守り、全体的に薄くつける程度にするのが若々しい肌に見せるコツです。

下地

  1. ピンク・ベージュ・イエローなど、顔色が明るくなる下地を選ぶ
  2. 適量を額・両頬・顎先・鼻先に置く
  3. フェイスラインを引っ張りながら、毛穴に逆らってのばす
  4. 目の周り、こめかみ、口元など細かい部分にのばす
  5. 崩れやすい小鼻周りは円を描き、埋め込むようにつける
  6. 最後に両手で顔全体をおさえ、しっかりなじませる
  7. テカリやすい人は、さらにティッシュでもう1度抑える

ファンデーション

リキッド、クリーム、パウダリーのいずれでも、適量を守りましょう。リキッド、 クリームなら1円玉くらい、パウダリーなら、スポンジで軽くひとなでした量が1回分の使用量の目安です。(ブランドによって異なります)

  1. 下地のあと、フェイスラインを引きあげながら、頬から毛穴に逆らって塗る
  2. 額・顎先も同様に塗ったあと、フェイスラインまでのばす
  3. スポンジに残ったファンデーションを目元・小鼻周り・口元に塗る
  4. 最後に何もついていないスポンジで叩きこみ、密着させる
  5. 頬骨回りや目の下など、気になる部分だけに再度重ね付けする

1-2.パウダー

仕上げ用のパウダーは、粉末(ルース)・固形(プレスト)どちらでもOKです。粉末ならより自然になじみ、軽やかに仕上がります。固形タイプは毛穴カバー・崩れ防止効果が高くなります。

いずれも、パフにもみ込んだあと、顔の内側から外側に向かって軽く押し込むようにつけていきましょう。ポンポンとはたくよりも、密着力が高くなります。

パウダーファンデーションの場合は、仕上げ用パウダーは不要ですが、夏場や汗、皮脂が出やすい人はつけておくと、化粧が長持ちします。

1-3.眉

ミセス世代の眉は、濃いめに描くことで、顔だちをはっきり見せることができます。

形を大きく変える必要はありませんが、眉の上、眉間、眉の下の産毛はカットしておきましょう。定期的に長さを揃えておくことも必要です。

アイブロウパウダーを使えば、眉全体をナチュラルに仕上げることができます。眉が薄い人や眉尻が切れている人はアイブロウペンシルでしっかり描いておきましょう。

1-4.アイメイク

50代に似合うアイメイクは、明るく、クリアな発色のアイカラーです。マット(ツヤの無し)な質感やダークブラウンを使ったアイメイクは、まぶたのくぼみを強調し、顔全体をくすんで見せてしまいます。ブラウン系ならベージュ系やコーラル系を選ぶと良いでしょう。

パープルやピンクもおススメカラーです。ラメやパールが強すぎず、スッとなじむものがベスト。

アイラインの引き方

目元がぼんやりしてきた…と感じたなら、アイラインで引き締めましょう。ペンシルよりもリキッドタイプのほうが、発色が良くおススメです。目元がくっきりするので、顔の印象が違って見えます。

  1. アイシャドウのあと、目頭から1/3ずつに分け、ラインを引いていく
  2. 目尻は5mm程度長く、やや上にスッと流す
  3. ビューラーでまつ毛を上げ、まつ毛の根元からマスカラをつける

1-5.チーク・リップ

大人の肌こそ、チークは重要!チークは顔色を健康的に見せるだけではなく、ブライトアップ、リフトアップ効果も期待できます。

チークブラシを用意して、頬骨の上を斜め上にふんわりのせていきましょう。ポイントは、クリアなカラーを選ぶこと。くすみがかかった色や、馴染みカラーは、顔色を暗く見せてしまうので避けましょう。

リップは、保湿効果のあるリキッドルージュなどがおススメです。唇のしわカバーにも役立ち、ほどよくツヤのある仕上がりになります。

2.50代メイクにプラスしたいワザ

いつものメイクにも、ちょっとしたテクニックを使うことで、コンプレックスもさりげなくカバーできます。仕上がりにグンと差がつくので、ぜひトライしてみましょう。

2-1.ハイライト

unspecified-2
出典:STYLEHAUS

肌に透明感が欲しい、顔だちにメリハリをつけたい、若々しく見せたい、という時にはハイライトを入れてみましょう。下記の写真の箇所に、肌色より明るいパウダーやハイライト専用のクリームをつければOK.。

ハイライトパウダーはメイクの仕上げに、クリームハイライトはリキッドファンデーションの上から使います。白いパウダーを使うと浮いてしまうので、ピンクやイエロー、ベージュのパール入りパウダーを使いましょう。

2-2.しわカバー

気になるしわ・たるみの部分には、ファンデーションを塗りすぎないように注意。時間とともにヨレや乾燥が進み、さらにしわが目立ってしまいます。

unspecified-3

出典: @コスメ

長時間、上手にカバーするには、 ファンデ―ションはごく薄くつけ、リキッドコンシーラーで明るく整えることがコツ。しわやたるみの影を、コンシーラーで明るくするイメージで使いましょう。

2-3.シミカバー方法

ファンデ―ションで隠しきれないシミ・ソバカスには、スティックタイプの固形コンシーラーか、パレットタイプのクリームコンシーラーを用意しましょう。いずれも、専用のミニブラシ(リップブラシで代用可)を使い、ポイントでカバーすると自然に見えます。

コンシーラーでしみを隠す方法

  1. コンシーラーをブラシにとり、シミの上に塗っていく。大きなシミの場合は指にとって
    上から叩きこんでいく
  2. シミの周りのコンシーラーと肌の境目をぼかす。綿棒を使ってもOK。上からこすらないように注意
  3. くずれ・ヨレを防ぐため、最後にパウダーでおさえる。カバー力をさらに高めたい場合は、
    パウダーファンデーションでおさえる

3.50代におススメのコスメ

年齢を気にして、メイクも保守的になってしまうのはもったいない!現在では、ミセス世代向けに発色や質感が工夫されたコスメも多く出ています。ターゲット年齢に合ったブランドから選べば、失敗も少なく、使い心地もGOOD。

3-1.AUBE ブライトアップ アイズ

unspecified

出典:AUBEcouture

おススメポイント:アイシャドウの発色と色持ちをよくするベースシャドウと、アイシャドウ、引き締め用カラーがセットになったパレットです。

アイシャドウは2色同時につけることができるよう工夫されており、アイメイクに自信がない人も簡単に使えます。くすみやエイジングサインが気になる時も、明るく仕上がる処方です。

3-2.イヴ・サンローラン ラディアントタッチ

unspecified-4

出典:イヴ・サンローランボーテ公式サイト

メーカー:イヴ・サンローラン 価格:5000円(税抜)

オススメポイント:シミ・ソバカスを隠すというより、小じわやほうれい線、クマ、くすみのカバーに最適なリキッドコンシーラーです。

肌色をワントーン明るく整えてくれるので、 目元や小鼻周り、口元に使えば、顔全体がリフトアップした印象に。ハイライトとして目の下、頬に使っても良いでしょう。

3-3.エルシアプラチナム クイックフィニッシュBB ホワイトUV

unspecified-5

出典:エルシア公式サイト

メーカー:コーセー 価格:ノープリントプライス

オススメポイント:BBクリームは、カバー力やつけ心地が不安…というミセス世代も、納得の仕上がりを叶えます。

カバー力はもちろん、高いUVカット効果やツヤのある仕上がりなど、機能も充実。肌にポンポンと直接おいて伸ばすだけなので、手が汚れず使い方も簡単!普段使いにピッタリです。

4.TPO別50代メイクのポイント

メイクはTPOに合わせて変えれば、もっと楽しめます!一番簡単なのは、服装に合わせた色を、アイシャドウで取り入れること。プチプラアイシャドウでも良いので、いくつか揃えておくのもおススメです。

4-1.仕事・学校行事

仕事や、きちんとした服装が必要な学校行事などでは、眉をきちんと描き、目元はアイラインで引き締めておきましょう。ラインでしっかり引き締めてることで、顔だちにメリハリが出せます。

4-2.同窓会・おでかけ

友人や家族と会う日には、トレンドカラーを取り入れてみましょう。アイシャドウやリップのどちらかだけでも、流行を取り入れると雰囲気が変わります。洋服と色を合わせると、オシャレな印象に。

4-3.結婚式

和装か、洋装かによっても似合うメイクは異なりますが、基本のメイクを大切に丁寧に仕上げましょう。化粧直しをする時間が少ないので、ベースメイクは崩れないように仕上げておきましょう。

涙が出る場面も多い結婚式では、アイメイク用のマスカラ・アイライナーはウォータープルーフタイプを使用しておきましょう。

5.50代メイクの注意点

大人世代のメイクこそ、ほどよく流行を取り入れつつ、上品に仕上げたいもの。時には手持ちのコスメを見直して、今の自分に合ったものを選んできましょう。

5-1.白すぎ

透明感・白肌にこだわるあまり、下地もファンデ―ションもパウダーもと、全て明るい色にするのはキケン!特に、写真に写ったときに、真っ白になってしまう場合もあります。

ファンデ―ションは、顔に近い色、若しくはワントーン暗いを色を選び、仕上げ用パウダーやコンシーラーで部分的に明るく仕上げた方が、自然に見えます。また化粧崩れも目立たなくなります。

5-2.無難すぎ

厚化粧になるのはイヤだからと、無難な色ばかり使っていると、古臭く見えるうえ、老けた印象に…。アイシャドウやチーク、リップなどのポイントコスメは、新色やトレンドカラーを取り入れて、「少しだけ華やか」を目指しましょう。

5-3.思い込み

お気に入りのコスメや、ずっと同じ化粧品をリピートしている…。それ自体がNGではありませんが、もっと今の自分に合うコスメがあるかもしれません。

シーズンごとに新商品がでる化粧品は、年々進化しているもの。時にはコスメパトロールをして、新しいファンデーションやポイントメイクにチェンジする勇気も必要です。コスメを変えただけで、パッと印象が変わることもありますよ!

6.まとめ

50代がターゲットのコスメブランドも続々登場し、大人世代が楽しめるコスメも豊富に出ています。気になるコスメはどんどん試して、メイクも気持ちもアップデートしていきましょう。気分が変われば、表情も自然と明るく若々しくなりますよ!

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事