メイクマスターの近道はブラシにあり!基本のメイクブラシと活用術

shutterstock_134037938

雑誌に載っている人気のコスメや、みんなが持っている定番のアイテムでメイクをしているのに、なんだか発色が違う…と気になったことはありませんか?

それはもしかしたら、メイクブラシを使いこなせているかどうかの違いかも。同じアイシャドウやチークでも、パレットについている小さなチップでつけるのとメイクブラシを使うのとでは、その仕上がりは雲泥の差!

どんなアシャドウを使ってもしっくりこない、いつもチークが濃くなってしまう、眉が上手に描けない…なんてお悩みは、メイクブラシがあれば一気に解決!持っておきたい基本のメイクブラシとその使い方を知って、デイリーメイクを格上げしましょう♪


スポンサードリンク

1.持っておくべき基本のメイクブラシ

プロのメイクさん達は、用途に合わせて何十種類ものブラシを使い分けていますが、毎日のセルフメイクに使うなら、アイシャドウ・チーク・フェイス・眉ブラシの4本と、細かい部分用のチップを揃えておけば十分です。

基本のメイクブラシ使いに慣れたら、やりたいメイクのイメージに合わせて少しずつその他のブラシも揃えていくと良いでしょう。

1-1.アイシャドウブラシ(大・小)

入れ方次第で、断然仕上がりが違ってくるアイシャドウには、アイシャドウ専用のブラシを使うことがオススメです。

大・小の2本があれば、ハイライトゾーンやアイホールなどの広い部分と、まつ毛際や二重幅など狭い部分での使い分けができ、グラデーションもラクラク決まります。

1-2.チークブラシ

頬にふんわり入れたいチークには、毛質の柔らかい肌当たりの良いチークブラシを選びましょう。平筆形のものと丸形のものがありますが、初めて買うなら平筆形のブラシがオススメです。

チークゾーンはもちろん、ブラシを立てればハイライトを入れるのにも使えて便利です。

1-3.フェイスブラシ

ファンデの後に、付きすぎてしまったフィニッシングパウダーを払ったり、ナチュラルメイクの際に、下地とパウダーだけで仕上げたい時に活躍するのがフェイスブラシです。

顔全体に使うものなので、ある程度大きさがあり、肌への刺激になりにくい天然毛でつくられたブラシが理想的です。

1-4.眉ブラシ・スクリューブラシ

アイブロウパウダーで眉を描く時に、欠かせないのが眉ブラシです。毛先が斜めにカットされているので、太く描きたい眉頭も細く流したい眉尻もより繊細に描くことができます。

また、スクリューブラシも揃えておけば、眉をぼかしたり、カットして整えたい時やマスカラコームとしても使えます。

1-5.その他(チップ、細ブラシ)

アイシャドウのグラデーションや涙袋メイク、くっきり入れすぎたラインをぼかすのには、チップや細いブラシが使いやすく便利です。

コスメについているチップでもOKですが、性質上傷みやすく、汚れがつきやすいので、替えをいくつか用意しておくと良いでしょう。

2.メイクブラシを使うメリット

アイシャドウパレットやチークを買うと、小さなチップやブラシがセットされていることが多いですよね。

わざわざブラシを買わなくても、これを使えばいいのでは?と思ってしまいがちですが、より完成度の高いメイクをするなら、断然ブラシ使いがおススメです。

そもそも、コスメについているチップやブラシは、化粧直し用にセットされている簡易的なもの。小さなブラシやチップでは、広範囲に塗りにくくムラになりやすいので、発色がイマイチになることも。

その点、ブラシを使えば、狙った部分にサッと入れる事ができ発色の調節も簡単なので、イメージ通りのメイクが楽しめるようになります。

2-1.アイメイクでのメリット

ハイライトやアイホールなど、広い部分にアイシャドウをムラなくキレイに入れるには、ブラシ使いがベストです。

チップや指付けだけだと、アイカラーがベタッとついてしまい、厚化粧に見えたりムラになる場合もあります。

その点、アイシャドウブラシなら、まぶたの形に沿ってふんわりと入れることができ、重ねれば濃さの調節もできるので、グッとプロっぽい仕上がりになります。

2-2.チークブラシのメリット

鮮やかカラーのチークでも、おてもやんにならずに入れるにはチークブラシがマスト。専用の大きめブラシに、チークカラーをしっかり含ませてから肌にのせると、ナチュラルな柔らかい発色が楽しめます。

また、サッとなでるだけでチークが入るので、時短にもなりますし、つけすぎも防げます。チークパレットについているミニブラシは、毛先にしか色がつかないため、メイク直しの時だけに使うのが理想的です。

2-3.フェイスブラシのメリット

フェイスブラシが1本あれば、ベースメイクの仕上げはもちろん、時短メイクにも使えてとにかく便利。ファンデーションの仕上げにパウダーで抑えたあと、余分な粉を払ったりパウダーをブラシでつけることもできます。

また、急いでいる時は、下地の後にパウダーファンデーションをブラシでつければ、アッという間にベースメイクが完了します。

1-4.眉ブラシ、スクリューブラシのメリット

自然な眉を描きたい時は、ペンシルよりもパウダーアイブロウをブラシ使いするほうが実は簡単。多色入りパウダーアイブロウを混ぜて、自分の眉に合う色に調節したり、ぼかしておきたい眉頭なども眉ブラシならテクニックいらず。

スクリューブラシもあれば、上からなでるだけで眉と皮膚の境目をかじませることができるので、思い通りのナチュラル眉が描けます。

1-5.チップ、細ブラシのメリット

アイメイクのアクセントにしたい鮮やかカラーや、アイシャドウでグラデーションをつくる時にはチップが活躍します。

チップは、狙った部分にピンポイントでアイカラーを入れることができるので、二重幅や目尻、目の下のラインや涙袋など、細かい箇所のメイクに向いています。

また、アイカラーをぼかして、グラデーションにしたいときや、しっかり入れすぎたアイラインをなじませたい時にも重宝します。

3.メイクが変わる!ブラシの使い方

メイクブラシを使うのは初めて、という人でも簡単にできて、キレイに仕上がるブラシの基本的な使い方をマスターしましょう。アイシャドウやチーク、アイブロウパウダーなどは、一度ブラシに取った後、軽くティッシュオフしてから肌にのせていくとつけ過ぎ防止になります。

3-1.アイメイク

アイシャドウのミドルカラーなど、まぶた全体(アイホール)に塗りたいときに使います。毛先にアイシャドウを含ませ、ティッシュの上で余分な粉を落としてから、目尻側からブラシを横にして入れていきます。

まぶたのくぼみに沿ってブラシを動かしていくとキレイにつきます。しっかり発色させたい時は、調整しながら2,3回繰り返していきます。

unspecified-1

出典:ハウコレ

次に、小サイズのアイシャドウブラシに、締め色のアイカラーをとり、まつ毛のキワから二重幅を目安に目尻から目頭に向かって、入れていきます。そのあとブラシを横にして、アイホールに向かって少しずつぼかしていきます。

unspecified-2

出典:Topicks

下まぶたにもアイシャドウを入れて引き締めたいときや、涙袋メイクをしたいときには、ブラシよりもチップを使ったほうがピンポイトで入れやすく、簡単です。

unspecified-3

出典:大人可愛い

3-2.眉メイク

パウダーアイブロウで眉を描く時には、眉尻→眉山→眉頭の順で描いていくことが自然な眉をつくるコツ。眉尻はアイブロウパウダーの濃い色で、ブラシを寝かせて線を引くようにスッと流すと上手に描けます。

眉山と眉頭は、アイブロウパウダーの明るめカラーを使い、ブラシを立てて眉尻に向かって一定方向に描いていきます。このとき力を入れず、色をのせる感じで柔らかく描いていきましょう。

最後に必ず、スクリューブラシでぼかしてなじませましょう。このひと手間で、仕上がりが断然変わってきます。

unspecified-4

出典:美的.com

3-3.チーク

まずは、チークブラシ全体にチークをたっぷり含ませてから、顔にのせていきましょう。顔の形を問わず、チークの基本はニコッと笑った時に高くなる頬骨をメインに入れていくこと。

頬骨の一番高い部分を起点に黒目の下までブラシをなでるように入れると、ナチュラルにまとまります。可愛く見せたい時は、黒目の下と小鼻横の交差点を起点に、円を描くように入れるとキュートな印象に。

また、おフェロ顔など、色っぽさを出したい時は、黒目の下から真横にブラシを動かすとほんのり上気したような頬になります。

つけすぎてしまった時は、清潔なパフで上からクルクルなぞると余分なチークがとれてなじみやすくなります。

unspecified-5

出典:biche

3-4.フェイスブラシ

ファンデーションの仕上げには、パウダー使用でフィックスさせることが大切。しかし、意外とパウダーの量を調節するのは難しいもの。

そんな時は、パフでしっかりパウダーをつけて、後からフェイスブラシで顔全体を払うようにすると、余分な粉だけオフできるので簡単にセミマットな肌が完了します。

また、ナチュラルメイクでベースをパウダーだけで仕上げたい時や、パウダーファンデーションを手早く着けたい時は、ブラシ全体に含ませて、額から顎先までジグザグを描くように顔全体に滑らせていくだけでOK。パウダーだけでもつややかな肌になります。

unspecified-6

出典:Web34

4.そのブラシ清潔?ブラシの洗い方

せっかく揃えたメイクブラシも、定期的にお手入れをしないと劣化を早めてしまいます。また、コスメの色素や肌の皮脂、ファンデーションがついたまま繰り返し使っていると、発色も悪くなり、ひいては肌荒れを招く原因にもなります。

ブラシを使ったあとは、毎回ティッシュで拭いて、軽く汚れをオフしておきましょう。使用頻度にもよりますが、自宅使いなら最低月2回はしっかり洗浄してケアしておけば、ブラシも長持ちし清潔に使えます。

  1. まずティッシュで、ブラシ表面の色素やホコリをふきとる
  2. 中性洗剤をうすめたぬるま湯で洗い、きれいな水ですすぐ
  3. タオルで毛の部分をしっかり拭く
  4. 完全に乾くまで、室内で干しておく

ナイロン毛などの場合は、毛先が開いてきたり抜けてくるようになったら買い替え時です。また、天然毛なら、洗った後乾かす前にごく少量のヘアオイルをなじませておくと、柔らかな毛質がかなり長持ちします。

5.おすすめのメイクブラシ5選

肌に直接当てるメイクブラシは、肌触りが良くてチクチクしないものを選びたいもの。初めて買うなら、リーズナブルなブラシからトライしてみましょう。

慣れてきたら、自分に合った使いやすいブラシを揃えていきましょう。また、ハイプライスではありますが、天然毛の上質なものならお手入れ次第で一生使えます。

アイシャドウブラシ DHC アイシャドウブラシ L

unspecified-7

出典:DHC公式通販サイト

メーカー:DHC 価格:950円(税抜)

おススメポイント:普段使いにちょうどよい大きさと、柄のカーブが持ちやすく、アイシャドウが入れやすい設計です。高級ナイロン毛100%なので、肌当たりも良く、お手入れも簡単なところが嬉しいですね。同シリーズで、他のサイズのブラシも揃っています。

チークブラシ ケサランパセラン

unspecified-8

出典:ケサランパサラン公式サイト

メーカー:ピアス株式会社 価格:4,000円(税抜)

おススメポイント:柔らかく、上質なポニー毛100%でできた平筆型のチークブラシです。粉含みも良く、どんなチークの入れ方にも対応できるブラシ設計なので、プロにも愛用者が多くずっと使っていきたい1品です。

フェイスブラシ パウダー ~ビギナーシリーズ~

unspecified-9

出典:晃祐堂公式通販サイト

メーカー:晃祐堂 価格:3,600円(税抜)

おススメポイント:顔全体に使うフェイスブラシは、肌にやさしい使い心地で、上質なタイプを選びたいもの。プロユースも多い熊野化粧筆の技術でできた山羊毛ブラシなら、納得の品質で長く愛用できます。

眉ブラシ 資生堂 シュエトゥールズ ブロー&ラインブラシ

unspecified-10

出典:資生堂公式サイト

メーカー:資生堂 価格:1,500円(税抜)

おススメポイント:小さいながらもコシのある毛質で、眉全体はもちろん、細く描きたい眉尻もスッと流しやすい設計です。ブラシを立てれば、アイシャドウをアイライン代わりに入れたい時にも便利です。肌当たりが柔らかい天然毛仕様なので、安心して使えます。

プチプラメイクブラシセット ECoTools バンブー6ピース

unspecified-11

出典:iHerb公式サイト

メーカー:iHerb 価格:1,540円(税込

おススメポイント:チークブラシ・アイシャドウブラシ・アイライナーブラシ・まつ毛・眉毛グルーマー・コンシーラーブラシ・専用ポーチがセットになった、コスパの高いメイクブラシセットです。

メイクビギナーさんや、1本1本揃えるのが面倒、という人にもオススメです。天然リサイクル素材を使用したエコ製品です。

6.まとめ

メイク上手な人は、100%使っているといっても過言ではないメイクブラシ。ブラシがあれば、様々なメイクパターンも自由自在!ブラシを活用すれば、いつものメイクもワンランクアップした仕上がりになるはず。ぜひ、毎日のメイクのパートナーとして揃えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事