メイクマスターの近道はブラシにあり!基本のメイクブラシと活用術

shutterstock_134037938

雑誌に載っている人気のコスメや、みんなが持っている定番のアイテムでメイクをしているのに、なんだか発色が違う…と気になったことはありませんか?

それはもしかしたら、メイクブラシを使いこなせているかどうかの違いかも。同じアイシャドウやチークでも、パレットについている小さなチップでつけるのとメイクブラシを使うのとでは、その仕上がりは雲泥の差!

どんなアシャドウを使ってもしっくりこない、いつもチークが濃くなってしまう、眉が上手に描けない…なんてお悩みは、メイクブラシがあれば一気に解決!持っておきたい基本のメイクブラシとその使い方を知って、デイリーメイクを格上げしましょう♪

1.持っておくべき基本のメイクブラシ

プロのメイクさん達は、用途に合わせて何十種類ものブラシを使い分けていますが、毎日のセルフメイクに使うなら、アイシャドウ・チーク・フェイス・眉ブラシの4本と、細かい部分用のチップを揃えておけば十分です。

基本のメイクブラシ使いに慣れたら、やりたいメイクのイメージに合わせて少しずつその他のブラシも揃えていくと良いでしょう。

1-1.アイシャドウブラシ(大・小)

入れ方次第で、断然仕上がりが違ってくるアイシャドウには、アイシャドウ専用のブラシを使うことがオススメです。

大・小の2本があれば、ハイライトゾーンやアイホールなどの広い部分と、まつ毛際や二重幅など狭い部分での使い分けができ、グラデーションもラクラク決まります。

1-2.チークブラシ

頬にふんわり入れたいチークには、毛質の柔らかい肌当たりの良いチークブラシを選びましょう。平筆形のものと丸形のものがありますが、初めて買うなら平筆形のブラシがオススメです。

チークゾーンはもちろん、ブラシを立てればハイライトを入れるのにも使えて便利です。

1-3.フェイスブラシ

ファンデの後に、付きすぎてしまったフィニッシングパウダーを払ったり、ナチュラルメイクの際に、下地とパウダーだけで仕上げたい時に活躍するのがフェイスブラシです。

顔全体に使うものなので、ある程度大きさがあり、肌への刺激になりにくい天然毛でつくられたブラシが理想的です。

1-4.眉ブラシ・スクリューブラシ

アイブロウパウダーで眉を描く時に、欠かせないのが眉ブラシです。毛先が斜めにカットされているので、太く描きたい眉頭も細く流したい眉尻もより繊細に描くことができます。

また、スクリューブラシも揃えておけば、眉をぼかしたり、カットして整えたい時やマスカラコームとしても使えます。

1-5.その他(チップ、細ブラシ)

アイシャドウのグラデーションや涙袋メイク、くっきり入れすぎたラインをぼかすのには、チップや細いブラシが使いやすく便利です。

コスメについているチップでもOKですが、性質上傷みやすく、汚れがつきやすいので、替えをいくつか用意しておくと良いでしょう。

2.メイクブラシを使うメリット

アイシャドウパレットやチークを買うと、小さなチップやブラシがセットされていることが多いですよね。

わざわざブラシを買わなくても、これを使えばいいのでは?と思ってしまいがちですが、より完成度の高いメイクをするなら、断然ブラシ使いがおススメです。

そもそも、コスメについているチップやブラシは、化粧直し用にセットされている簡易的なもの。小さなブラシやチップでは、広範囲に塗りにくくムラになりやすいので、発色がイマイチになることも。

その点、ブラシを使えば、狙った部分にサッと入れる事ができ発色の調節も簡単なので、イメージ通りのメイクが楽しめるようになります。

2-1.アイメイクでのメリット

ハイライトやアイホールなど、広い部分にアイシャドウをムラなくキレイに入れるには、ブラシ使いがベストです。

チップや指付けだけだと、アイカラーがベタッとついてしまい、厚化粧に見えたりムラになる場合もあります。

その点、アイシャドウブラシなら、まぶたの形に沿ってふんわりと入れることができ、重ねれば濃さの調節もできるので、グッとプロっぽい仕上がりになります。

2-2.チークブラシのメリット

鮮やかカラーのチークでも、おてもやんにならずに入れるにはチークブラシがマスト。専用の大きめブラシに、チークカラーをしっかり含ませてから肌にのせると、ナチュラルな柔らかい発色が楽しめます。

また、サッとなでるだけでチークが入るので、時短にもなりますし、つけすぎも防げます。チークパレットについているミニブラシは、毛先にしか色がつかないため、メイク直しの時だけに使うのが理想的です。

2-3.フェイスブラシのメリット

フェイスブラシが1本あれば、ベースメイクの仕上げはもちろん、時短メイクにも使えてとにかく便利。ファンデーションの仕上げにパウダーで抑えたあと、余分な粉を払ったりパウダーをブラシでつけることもできます。

また、急いでいる時は、下地の後にパウダーファンデーションをブラシでつければ、アッという間にベースメイクが完了します。

1-4.眉ブラシ、スクリューブラシのメリット

自然な眉を描きたい時は、ペンシルよりもパウダーアイブロウをブラシ使いするほうが実は簡単。多色入りパウダーアイブロウを混ぜて、自分の眉に合う色に調節したり、ぼかしておきたい眉頭なども眉ブラシならテクニックいらず。

スクリューブラシもあれば、上からなでるだけで眉と皮膚の境目をかじませることができるので、思い通りのナチュラル眉が描けます。

1-5.チップ、細ブラシのメリット

アイメイクのアクセントにしたい鮮やかカラーや、アイシャドウでグラデーションをつくる時にはチップが活躍します。

チップは、狙った部分にピンポイントでアイカラーを入れることができるので、二重幅や目尻、目の下のラインや涙袋など、細かい箇所のメイクに向いています。

また、アイカラーをぼかして、グラデーションにしたいときや、しっかり入れすぎたアイラインをなじませたい時にも重宝します。

3.メイクが変わる!ブラシの使い方

メイクブラシを使うのは初めて、という人でも簡単にできて、キレイに仕上がるブラシの基本的な使い方をマスターしましょう。アイシャドウやチーク、アイブロウパウダーなどは、一度ブラシに取った後、軽くティッシュオフしてから肌にのせていくとつけ過ぎ防止になります。

3-1.アイメイク

アイシャドウのミドルカラーなど、まぶた全体(アイホール)に塗りたいときに使います。毛先にアイシャドウを含ませ、ティッシュの上で余分な粉を落としてから、目尻側からブラシを横にして入れていきます。

まぶたのくぼみに沿ってブラシを動かしていくとキレイにつきます。しっかり発色させたい時は、調整しながら2,3回繰り返していきます。

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

この夏にオススメ!ホワイトニング&保湿ケア

紫外線の多いこの時期に特に!おすすめな京美人の美しさの秘訣を凝縮したホワイトニング美容液オールイワンゲルをご紹介します!

KYO BIJINはホワイトケアと保湿ケアを同時に叶えてくれる新発想のホワイトケアオールインワンゲル

水の代わりに白樺の樹液をベースに使用。
白樺の樹液にはエイジングケアには欠かせない成分ビタミンCやフラボノイドが入っているうえ、とても浸透力が高い注目成分です
その他にも、シミやくすみを防ぐシルク・肌にハリをもたらす酒粕エキス・紫外線後のダメージを補修する米ぬかエキス・美容力をさらに高めるビタミンC+ビタミンPなど美容成分37種配合。
美白も保湿もエイジングケアもと欲張りケアしたい方は一度試してみてください!

KYOBIJIN
価格:1周年記念感謝セール 1609円(税込)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事