もしかしてメイク下手かも…を解消する垢抜けメイク方法

shutterstock_324633854

「あれ?私ってメイクが下手?!」なんて不安がよぎったときは、トレンド感があるか・ベースメイクやポイントメイクの色が合っているかをチェックしてみましょう。

また、ナチュラルすぎて、メイクをしていないように見えてしまうのも、残念!メイク上手に見せるには、難しいテクニックや頑張って“盛る’必要もありません! ベースメイクは肌に合うものを、眉・アイメイク・リップカラーでトレンドを取り入れることがメイク上手に見せるコツです。


スポンサードリンク

1.メイク上手に見せるには?

shutterstock_277426256

メイク上手に見せる基本は、肌に合ったベースメイクと、ほどよくトレンドを取り入れたポイントメイクです。アイアラインやマスカラなど、使うだけで目元の印象が大きく変わるコスメは、積極的に取り入れましょう。

1-1.肌にあっているベースメイク

顔を見た瞬間、白かったり、顔色が悪く見えると、それだけでメイク効果が大幅にダウンしてしまいます。肌トラブルを隠したいからと、厚塗りするのもNG。老けて見えるうえ、化粧崩れもおきやすくなります。

ベースメイクは、まず下地で肌を整え、ファンデーションは薄くを心がけましょう。

ファンデの色はできれば実際顔にのせてみて、違和感のない色を選びましょう。ニキビ跡やシミ・ソバカスのトラブルは、コンシーラーで部分カバーをすると、自然に見えます。

1-2.ポイントメイクのバランスに注意

メイク上手に見せるなら、基本のブラウンアイシャドウにブラックのアイライン、マスカラが無難です。肌に馴染む色なので、どんなカラーのチークやリップにも合います。流行の赤リップやティントリップとも相性抜群!

目元にブラウン以外の色を使いたい場合は、チークやリップとの相性も考慮に入れましょう。例えば、カーキなどグリーン系にはソフトピンクやライトオレンジ、ボルドーやグレーには同系色やヌードカラーが良く合います。

ポイントメイクは、ぼかさずにベタッと塗ると、それだけでメイク下手な印象になるので注意が必要です。

1-3.アイライン・マスカラは丁寧に

ガタガタのアイライン、ダマになったマスカラは清潔感が失われ、せっかくのメイクも台無しに…。アイラインが苦手な人は、極細タイプのペンシルアイライナーでまつ毛の間を埋めていくと、失敗が少なくなるはず。

マスカラは、つける前にテッシュオフして余分な液を取ることで、ダマができにくくなります。アイラインとマスカラはちょっとした工夫で、キレイにつけることができます。ひと手間を惜しまないことがポイントです。

2.ぶきっちょさんでもOK!簡単メイク方法

盛りメイクブームが去った今、基本のメイクでも十分カワイイメイクが叶います。「メイクが下手かも」と悩んでいる人こそ、基本のメイクをおさらいしてみましょう。慣れたら、トレンドに合わせてカラーを変えるなど、色々アレンジしてみましょう。

2-1.ベースメイク

<パウダーファンデーション:普通肌・トラブルの少ない肌の人向け>

目立った肌トラブルが無い人なら、パウダーファンデーションで手軽に仕上げるのがおススメです。ムラ付きや厚ぼったくなるのが心配な人は、パウダー用のパフでつけると失敗を防げます。

  1. スキンケアをしっかり馴染ませ、下地で肌を整える
  2. リキッドコンシーラーで赤味やクマ、ニキビ跡をカバーする
  3. パウダーファンデーションをパフに取り、肌の上を滑らせるようにつける

<リキッドファンデーション:乾燥・混合肌・カバー力・ツヤが欲しい人向け>

  1. スキンケアをしっかり馴染ませ、下地で肌を整える
  2. 1円玉くらいの量をとり、額・鼻・両頬・顎先にちょんちょんと置いていく
  3. 指でサッと広げた後、スポンジを輪郭に向かって滑らせ、のばしていく
  4. スポンジのキレイな面で顔全体を叩きこみ、密着させる
  5. 輪郭周りをもう一度ぼかす
  6. コンシーラーでクマや赤味、ニキビ跡等をカバーする
  7. 仕上げにルースパウダーでフィックスさせる
  8. パウダーブラシで余分な粉を払う。何もついていないパフではらってもOK

2-2.アイメイク

unspecified.jpg

出典:Beauty&Co:

最近はアイシャドウのグラデーション塗りよりも、単色アイカラーを使ったシンプルな亜メイクが人気です。基本のブラウンを使って、まぶた全体と目のキワを引き締めるだけなので、メイクが苦手な人でも簡単に今っぽくなれます。

アイラインはペンシルタイプでまつ毛の間を埋めてくと、ナチュラルだけど、くっきりした目元に。

<単色アイシャドウの使い方>

  1. まぶた全体をアイシャドウベースか、ハイライトカラーで明るく整えます。
  2. アイホール(まぶた全体)にアイシャドウをブラシでいれる
  3. 二重部分にアイシャドウを重ねる
  4. ビューラーでまつ毛をカールさせ、まつげの根元から立ち上げるように1度塗りする。
  5. 下まつ毛も同様に。
  6. まつ毛の間だけを、ペンシルアイライナーで埋める
  7. 下まぶた全体に、ハイライトカラーを入れ、涙袋を明るくします。

<アイブロウの描き方>

unspecified

出典:くすぐる

顔全体の印象を決める眉は、「難しい…」と思っている人も多いはず。ですが、最近のトレンドでは、整えすぎないナチュラルな太め眉が人気なので、元の眉を活かすことがポイントです。
カットして長さを揃え、余分な産毛を抜くだけでも、垢抜けた印象になります。
リキッドアイブロウで眉尻を描き足し、眉頭~中央をアイブロウパウダーで埋めると自然な眉になります。最後はブラシで整えてぼかしましょう。
プロのメイクさんでも左右対称に描くのは難しいので、左右対称にこだわりすぎないことも大切。

2-3.チーク

unspecified-1

出典:@cosume

顔色を良く見せ、可愛く、オシャレに見せるには、チークとリップがマスト!メイクが長持ちして、発色の良いクリームチークがオススメです。メイク上手にも見えますし、指でなじませるだけなので、簡単です。

<クリームチーク入れ方>

  1. ベースメイクを仕上げた後、クリームチークを指に取り、頬にポンポンと置く
  2. 指で叩きこみながら頬に広げていく。スポンジを使用してもOK
  3. しっかり発色させたいときは数回重ねる
  4. 仕上げ用パウダーで上からおさえれば、化粧モチUP

2-4.リップ

unspecified-2

出典: weheartit.com

最近では口紅をきちんと塗らなくても、テクニック不要でキレイに仕上がるリップコスメが充実しています。ティントリップやリップクレヨン、リキッドルージュなら発色も良く、使い方も簡単です。トレンドカラーを選ぶことも、垢抜けメイクにしあげるポイントです。

2-5.つけまつ毛・アイプチの注意点

unspecified-3

出典:ハウコレ

短いまつ毛が悩みの人や、目をパッチリ見せたいという人に欠かせないつけまつ毛。今では、ナチュラルタイプのつけまつ毛が人気なので、取り入れやすくなりました。そこで気をつけたいのが、接着の甘さ。はがれやすい目尻などは特に注意しましょう。

時間が経って浮いてきてしまうと、それだけで清潔感が無く見え、メイク下手に見えてしまいます。つけまつ毛の根元がクリアで細いタイプを選び、目頭・目尻の細かい部分は先が細いピンセットやヘアピンで押し込んで密着させましょう。

3.メイク上手になるために揃えておきたいメイク道具

メイクの仕上がりを高めるのは、やっぱり小物使い。難しく見えるアイブロウやアイシャドウも、専用ブラシを使うだけで仕上がりにグンと差が出ます。ブラシやスポンジ、パフなどメイク小物は定期的に洗浄して清潔に使うようにしましょう。

3-1.ブラシ

まずメイクブラシを揃えるなら、断然アイシャドウブラシ!アイホール全体にふわっと入れたい時や、二重部分のぼかしもナチュラルでキレイに仕上げることができます。大・中・小サイズがあれば、どんなアイメイクにも対応できます。慣れてきたら、チークブラシも揃えていくと良いでしょう。

3-2.スポンジ

ファンデーションを伸ばすだけではなく、クリームチークのぼかしにも使えるスポンジは洗い替えも含めていくつかストックしておきたいですね。もちろんメイク直しにも活躍します。リキッドファンデーションやクリームチーク、コンシーラーに使う場合は、厚みのある卵型や三角形のスポンジがおススメです。

4.メイクが下手に見えてしまう原因

メイクをするときには、使うアイテムの色選びはもちろん、細かい部分を丁寧に仕上げることで差がつきます。ひと手間を惜しまず、スキの無い仕上がりを目指しましょう。

4-1.ファンデーションの色が合っていないか

元の肌色と異なる色系統や明度(明るさ)のかけ離れたファンデーションは、メイク下手に見えてしまいます。時間たつとくすんだり、化粧崩れが目立つといったデメリットもあります。色白に見せたいからと、明るいファンデーションを選んでも、首から浮いてしまうので不自然に見えてしまいます。逆に、白浮きを避けるため、暗すぎる色のファンデーションを使うと、顔色がどんよりくすんで見えてしまいます。

明るさは、自分の肌より1トーン明るいか、暗いかぐらいが理想です。ピンク系かオークル系かでも透明感に差が出ます。ファンデーション選ぶときは、必ず、一度肌にのせてなじむ色を見つけましょう。コスメカウンターで、選んでもらうのも良い方法です。

4-2.ファンデーションの量が多い

ファンデ―ションを塗ってます!!というような厚塗り感満載のベースメイクも避けたいところ。マダムっぽく見えてしまうこともあります。

広い範囲に塗るファンデーションはごく少量(多くても1円玉大)を使うことを心がけましょう。スポンジやファンデーションブラシを使うと、少量でも薄くつけることができます。カバーしたい部分は、コンシーラーでピンポイントカバーすると自然です。

4-3.グラデーションが雑

よくある残念なアイシャドウ使いは、ぼかしが甘いために、色がベタッとついて見えること!

まぶたが重く見えたり、古臭い印象を与えてしまいます。アイシャドウブラシを活用すると、グラデーション塗りも簡単です。チップを使う時は、締め色をまつ毛のキワに入れたいときなど、細かい部分のメイクに向いています。ブラシもチップも定期的に洗い、常に清潔にしておきましょう。

4-4.アイラインがガタガタ

極端に太かったり、目尻が長すぎる、跳ね上げすぎているなど、メイク下手がバレやすいのがアイラインです。テクニックいらずで、自然にラインを入れるなら「埋めライン」が断然おススメです。ソフトな質感のペンシルライナーでまつ毛の間を埋めるだけでOK。ペンシルライナーなら、目尻まで伸ばすのも簡単です。ペンシルライナーに慣れてからリキッドライナーを使うと、失敗しにくくなります。

5.失敗知らずのコスメ3選

どんどん新しいものが出てくるコスメは、機能や成分など常に進化しています。プチプラでも優秀なものが多いので、色々なメイクにトライして、メイクレベルを上げていきましょう。

5-1.商品名:モイストラボ BBミネラルファンデーション

unspecified

出典:美肌ショップ

メーカー:明色化粧品価格:1,296円(税込)
おススメポイント:防腐剤やオイルを含まないミネラル成分でできたパウダーファンデーションで、肌タイプ問わず使えます。毛穴やシミ・ソバカスにも高いカバー力を発揮します。
ひと塗りでセミマットな肌が完成するので、ベースメイクが苦手な人にもOK!

5-2.商品名:ロン・エ・ロン ウォーターカクテルファンデーション

unspecified

出典:ロン・エ・ロン公式

メーカー:ボーテ・ド・モード株式会社 価格:1.400円(税抜)
おススメポイント:化粧水とパウダーの2層式のリキッドファンデーションは、難しそうに思えるかもしれませんが、実は薄付きでナチュラルな仕上がり。水分ベースなので皮脂テカや毛穴が気になる人にも向いています。軽く、みずみずしいつけ心地です。厚塗り感なく、毛穴や赤味をカバーしたい人におススメです。

5-3.商品名:オペラ シアーリップカラーN

スクリーンショット 2017-02-01 11.39.40

出典:イミュ公式

メーカー:イミュ株式会社 価格:1,296円(税込)
おススメポイント:保湿リップクリーム、口紅、グロスの効果が1つになった多機能リップです。口紅よりも軽いつけ心地で、グロスよりもテカテカせず、抜け感のある発色が楽しめます。今っぽく仕上がるので、リップコスメはしばらく買い替えていないという人にも、トライしやすいはず。

6.まとめ

メイク上手に見せるには、とにかく旬のコスメを取り入れるのが手っ取り早い方法です。手持のコスメでも、何年も前に購入したものを使っていると、メイクの仕上がりも古い感じに見えてしまいます。プチプラでもいいので、シーズンごとに新しいコスメをチェックして感度を高めるようにしましょう。

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事