メイク下手さんの盲点!知っておきたいメイクの順番

shutterstock_206148457

メイクがなかなか上達しない、仕上がりがいつもイマイチ?そんな風に感じているメイクビギナーさんほど、メイクの順番を見直すべき!メイク中はファンデ・アイメイク・チークなどそれぞれのパーツメイクに囚われてしまいがちですが、理想のメイクを叶えるには全体のバランスを意識することが大切です。チグハグなイマイチメイクから卒業するために、正しいメイクの順番を知っておきましょう。

1.基本のメイクの順番

large-3

メイクをする時の順番に、厳密なルールはありません。メイク上手なyoutuberさんを始め、プロのメイクアップアーティスト、美容部員さんなど、個人により違いがあります。とはいえ、基本的なフルメイクの時こそ、大体の順番を知っておくと、メイクをスムーズに仕上げる事ができます。

ここでは、顔全体の印象を決める眉・チークをメイクの後半にすることで、メイクがバランスよく仕上がる順番をご紹介していきます。

<基本のメイクの順番と目的>

  1. 洗顔・スキンケア:化粧のりの良い肌状態にするためスキンケアはしっかりと!
  2. ベースメイク:下地とファンデを基本に理想の美肌づくりを目指しましょう!
  3. アイメイク:まぶたに立体感を出し、存在感のある目元にメイク!
  4. アイブロウ:顔全体のイメージを決める眉は、アイメイクの後にするのがコツ。
  5. リップ:トレンド感やオシャレ度は、リップで表現しましょう。
  6. チーク:バランス良く仕上げるために、チークは最後にするのが正解!

2.ベースメイク順番

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%

洗顔・スキンケアが終わったら、ベースメイクから開始しましょう。まず、下地を塗る前に顔全体をティッシュで抑え、乳液などの余分な油分をオフします。これだけで、化粧ノリを良くして、持ちを良くする効果があります。テカリ・化粧崩れが悩みの場合は、乳液は省いてもOKです。乳液・美容液タイプの下地なら、化粧水のあとにそのまま使ってもスキンケア効果が持続します。

2-1.下地の塗り方

適量を手に取り、両頬・額・顎先・鼻の順に置いていきます。そのあと、指の腹を使い、顔の外側に向かって伸ばしていきます。崩れやすいTゾーン・小鼻周り・顎は予め少量にしておくと良いでしょう。

また、小じわなど乾燥が目立つ、目の周り・口元・ほうれい線部分は薄く伸ばすようにしましょう。最後に、手の平全体で抑えると密着力がUPします。つけ過ぎた場合は、顔全体をティッシュオフしてから、再度肌上に残った下地を馴染ませましょう。

<パウダーファンデのつけ方>

パウダーファンデーションは、付属のスポンジに半分ぐらいの量をとり、薄く伸ばしていきましょう。ムラづきを防ぐには、少量にすることがポイントです。ナチュラル仕上げにしたい場合は、パフorフェイスブラシでつけると失敗が少なく、キレイに仕上がるのおススメです。

  1. パフにファンデーションをとる
  2. 頬の広い部分から外側にぬっていく(左右同じ)
  3. 額の中央から外側にぬっていく
  4. 顎全体にぬっていく
  5. パフに残ったファンデーションで鼻、口周り、目元にのばしていく

<リキッド・クリーム・BB系ファンデのつけ方>

カバー力・ツヤ・保湿効果を求める人には、リキッドやクリームタイプのファンデがおススメです。エイジングが気になる肌にも向いています。ムラを防いで、厚塗り感なく仕上げるには少量ずつ、手早く伸ばしていくのがコツです。シミ・ソバカスのカバーには、全体を塗り終えた後、ごく少量をスポンジで重ねていきましょう。

  1. ファンデーションを顔の5か所(額、両頬、顎先、鼻)におく
  2. スポンジor指先で頬の広い部分から外側にのばしていく(左右同じ)
  3. 額の中央から外側にぬっていく
  4. 顎全体にぬっていく
  5. 残ったファンデーションで鼻、口周り、目元にのばしていく
  6. スポンジのキレイな面で全体を叩きこむ
  7. 適量のパウダーで仕上げる。

<コンシーラーの使い方>

目立ってしまう下まぶたのクマ、シミ・ソバカス・ニキビ跡はコンシーラーでポイント的にカバーするのが正解です。コンシーラーはスティックやパレットの固形タイプがカバー力が高く、使いやすいはず。使用するタイミングは、パウダーファンデならその前、リキッドやクリームタイプはファンデの後(仕上げ用パウダーの前)、と覚えておきましょう。

上手なクマカバーのコツは、クマの上に直接ぐりぐり塗らないこと!目の下から指1本分下の位置にコンシーラーをサッと塗り、指先でクマ部分まで広げながら、ぼかしていきます。
薄いクマやくすみなら、リキッドコンシーラーでも良いでしょう。ハイライト効果があり、顔色が明るく見えます。

小ジワが目立ちやすい目の下は、仕上げのパウダーは少量にしましょう。・シミ・ソバカスのカバー方法カバー力のあるファンデを使っても目立ってしまうシミ・ソバカスは、コンシーラーを使えばかなりカモフラージュすることができます。自然にカバーするには、ブラシを使用して、シミの上を直接覆うようにしましょう。シミの大きさよりも一回り広げて塗り、周りだけをぼかすと上手くいきます。上からパウダーorパウダーファンデでしっかり密着させれば、化粧モチもよくなります。上からこすらないよう注意が必要です。

3.アイメイク順番

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-19-59-09

基本的なアイメイクは1.アイシャドウ→2.アイライナー→3.ビューラー→4.マスカラ→(5.つけまつ毛等)の手順で進めていくと、スムーズです。アイシャドウブラシやチップはいつも清潔にしておきましょう。

  1. アイシャドウのライトカラーをまぶた全体にぼかす
  2. ミドルカラーを目のキワから二重幅までぼかす
  3. 下まぶたの目尻側にもミドルカラーを細く入れる
  4. アイライナーでまつ毛の間を埋めるようにラインを入れる。
    綿棒でラインの上をぼかすとナチュラル感UP
  5. アイライナーがヨレないようにビューラーで、まつ毛をカールさせてる
  6. カールさせたまつ毛の根元からマスカラを上方向につける
    下まつ毛には、マスカラの先を立てて、下にひくようにつけていくと簡単です。
    ※つけまつ毛を使用する場合は、アイメイクを一度仕上げた後、最後にバランスを見てつけましょう。グルー(糊)が乾いたら、上からアイシャドウを少量重ねると、根元になじみやすくなります。

4.アイブロウ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-20-00-44

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

むくみが気になるこの時期だからこそしっかりケアを

シリーズ累計1,000,000枚突破し様々な雑誌で紹介されている、着圧ソックスをご紹介。

寒くなってくると新陳代謝が悪くなり、むくみで悩む方が多いのではないでしょうか。

【キュッとルームソックス】は理想の美脚を徹底追求!!
段階着圧設計で、足のポンプ作用をサポートする100%日本製の一般医療機器。

超ロングサイズなので気になる太ももも、しっかりケア。
さらに美容成分も配合されているので履き心地もいいです。
可愛いデザインながら、高機能でお部屋コーデもしっかりきまります。

キュッとルームソックス
価格:単品購入 3,480円(税抜)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事