意外と知らない!? 化粧水の正しいつけ方・間違ったつけ方

shutterstock_383672365

化粧水は一番初めに肌につける基礎化粧品で、肌にとって大切な多くの効果がありますが、忙しい毎日の中で雑なお手入れになっていることも。中には美容液や乳液はつけるけれど、化粧水はつけないという人もいるのではないでしょうか?

肌の乾燥を防ぐために不可欠な化粧水はもちろんつけた方がいいのですが、つけ方を間違えると、化粧水の効果が得られないばかりか、肌にダメージを与えることもあるのです。そこで今回は、化粧水の正しいつけ方・間違ったつけ方をご紹介します。


 1.化粧水のつけ方が重要な理由

af9920059226m-re

化粧水は、主に洗顔によって失われた水分を補う役割を担っており、肌の乾燥を防ぐのに不可欠なものです。また、角質を柔らかくしてくれる成分やニキビに効果的な殺菌作用がある成分なども含まれており、肌の状態を整えてくれます。さらに、乳液やクリームが肌になじみやすいようにし、油分のバランスを調節してくれる機能もあります。

化粧水のほとんどが水分でできていることから、化粧水は必要ないと考える人もいるようですが、化粧水にはこのように、お肌のスキンケアには欠かせない多くの働きがあるのです。

しかし、つけ方を間違えるとこれらの効果が十分に発揮されないばかりか、かえって肌を傷め、乾燥肌やニキビ肌の原因になることもあります。

化粧水の効果が100%発揮されることで乳液やクリームなどの効果も高まるため、正しいつけ方で効果を最大限に引き出すことが重要になると言えます。

2.肌が生まれ変わる! 化粧水の正しいつけ方

2-1.パッティングはコットンと手のひらのダブルケア

large_223939_2

化粧水を肌につける際に、コットンを使うべきか手のひらを使うべきかでは様々な意見があると思いますが、どちらにもメリット・デメリットはあります。一番良い方法は、両方のメリットだけを取り入れることです。おすすめは、コットンで丁寧にお手入れし、最後に両手で包み込むようにして顔全体を温めてあげて、化粧水の浸透力を高める方法です。

手のひらを使う場合は、人肌に温まった化粧水を使うことができるため浸透力が高まるというメリットがありますが、人の手は意外と雑菌がつきやすい部位でもあり、肌の清潔感を保つという点ではデメリットになります。

コットンの場合は衛生的ですし、ムラなく均一に浸透させることができます。柔らかく肌にやさしい、品質が良いものを選びましょう。

2-2.コットンの使い方

洗顔から時間が経てば経つほど乾燥を引き起こす原因となるため、パッティングは「洗顔後なるべく早く!」が基本です。化粧水をたっぷりと含ませたコットンを中指と薬指の上に置き、人差し指と小指で挟み込むように持ちます。

化粧水の量は、指が透けて見えるくらいが目安です。化粧水が十分含まれていないコットンを使うと、摩擦で肌の表面が傷ついてしまいます。惜しみなくたっぷりと含ませるくらいで十分です。

基本は下から上へ、毛穴の流れに沿ってこすらないように注意しながら、やさしく肌に浸透させていきます。小鼻の周辺は、薬指の上に置いたコットンを人差し指と薬指で挟む形に持ち替え、細部までしっかりなじませてください。

また、顔の皮膚の中でも非常に薄い部分で乾燥が気になる目元は、特に入念なケアが必要です。化粧水をたっぷり含んだコットンをまぶたの上にのせて、30秒から1分程度パックしましょう。シワやくすみ、目の下のクマなどを改善する効果も期待できます。

2-3.化粧水は適量で

各メーカーによって異なりますが、多くの場合は500円玉程度の量が適量であると言われます。もちろん化粧水のパッケージに記載されている使用量は目安として参考にするべきですが、あくまでも目安であり、適切な量はそれぞれの肌の状態によって異なることを理解しておきましょう。

面倒に感じるかもしれませんが、1回目で使用する量は目安量の2分の1から3分の1程度にし、少量ずつ使いながら数回に分けてなじませ、うるおいが十分でないようならば少しずつ足していく、という方法が最も理想的です。

両手で肌全体を包み込んでそっと離し、もっちりと手のひらに吸い付くような感覚があれば、十分に浸透しているサインになります。

3.効果が半減! 化粧水の間違ったつけ方

3-1.肌を叩くパッティング

bathing-body-care-at-4-healthy-tips-about-how-to-care-body-after-bathing

化粧水を肌の奥深くまで浸透させようと、強くパッティングするのは間違ったつけ方です。もちろん手のひらで叩いて刺激を与えてもいけません。肌を叩くことは、皮膚に細かな傷をたくさんつけ、肌にダメージを与える行為です。

また、叩くことでせっかく水分を補おうとしているのに、浸透するはずの水分が外に逃げてしまいます。

強い力を与えなくても、数回に分けてやさしくなじませてあげれば、化粧水はきちんとお肌に浸透します。パッティング後の肌が赤らんでいるような場合は、かなり強い刺激になっているため注意が必要です。

3-2.コットンや手のひらでこすりつける

肌の内部まで届けたいという思いで、コットンや手をこすりつけるようにする人もいますが、これもやってはいけない行為です。こすっても肌への浸透度は変わらないばかりか、摩擦によるダメージでかえって肌が傷んでしまいます。摩擦はメラニンを生み出し、くすみの原因にもなります。

パッティング後のコットンが毛羽立っているようならば、少々力が強すぎるサインです。毛穴に化粧水を染み込ませるようなイメージで、肌に沿ってやさしく浸透させましょう。

3-3.たっぷりの化粧水で必要以上の保湿

たっぷりの化粧水で肌にうるおいを与えればプルプルでみずみずしい肌になる、という考えも間違いです。どれだけたくさん化粧水をのせても、肌が吸収できる水分量には限りがあります。

余分な水分はいずれ蒸発しますが、その際に肌に留まっているべき必要な水分まで失われ、乾燥を招いてしまいます。肌の様子を見ながら、自分の肌にとって適切な量を使うようにしましょう。

4.化粧水の効果を倍増させるコツ

4-1.メイクや余分な皮脂をしっかりと取り除く

スクリーンショット 2016-03-08 14.41.53

化粧水をしっかりと浸透させるためには、クレンジングや洗顔の際に、しっかりとメイクや余分な皮脂、ほこりなどを落としておくことが重要です。ただし、クレンジングに時間をかけると肌に負担をかけてしまうため、できるだけ短い時間で終わらせるのがポイントです。クレンジング料は、直接顔につけずに手のひらで人肌に温めてから使いましょう。

そうすることで、皮脂がいち早く溶けだし、手早く完了することができます。冬場など手が冷たくなっている時は、お湯で手を温めてから使いましょう。

4-2.週1~2回のピーリングを行う

肌に古い角質が残ったままであると、化粧水の浸透を妨げます。週1~2回を目安にピーリングを行い、肌のターンオーバーを促しましょう。ただし、ピーリングそのものがやり方によっては肌にダメージを与えることもあります。肌への刺激が少ないジェルなどを活用し、ピーリング後はしっかりと保湿を行いましょう。

5.おわりに

いかがでしたでしょうか?意外と多くの人が、正しいつけ方だと思い込んで間違ったつけ方をしていたのではないでしょうか。成分などにこだわって化粧水を選ぶことはもちろん重要なのですが、つけ方を間違えて、有効な美容成分・保湿成分が浸透してくれないのは、非常にもったいないことです。つけ方を間違えていたという人は、ぜひこれをきっかけに自分のスキンケア方法を見直して、みずみずしくうるおった肌を手に入れてください。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事