女性ホルモンの影響でできる肝斑対策のすべて

shutterstock_354838811

年齢を重ねるごとに『肝斑』が気になりませんか?肝斑は女性ホルモンとの深い関係があり、表面化してからではケアが大変なんです。

肝斑に効果的な美容方法の全てを徹底的に調査しました。

  • 肝斑がでる人・でない人
  • 自宅でできる肝斑対策のすべて
  • プロに相談|肝斑に効果的な美容医療

三つのことをポイントに肝斑について解説していきます。このページを読めば予備肝斑から根絶させることができます。


スポンサードリンク

1.肝斑(かんぱん)がでる人・でない人とは

スクリーンショット 2016-03-07 16.19.32

肝斑とは、顔の頬骨のあたりなどに、左右対称に浮き出てくるシミのようなもののことを指します。肝斑の特徴をみていきましょう。

  • 30代を超えてから突然できた
  • ほほ骨に沿って、または目尻のしたあたりにモヤっと広がってできた
  • 左右対称で、季節によって色の濃さが変わる

年齢を重ねてもシミ一つない美肌をキープしている方もしますよね。日々の暮らしのちょっとした習慣が育んだもの、美の秘訣を追求した人としない人のターニングポイントを具体的に解説していきます。

でる人①経口避妊薬(ピル)の服用をしている人

imgb5b18015vp07v3

肝斑は30代から40代にかけて発症することが多く、比較的、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用を契機に発症したりする方が少なくありません。飲んでいる方全員がそうだというわけではありません。しかし肝斑の原因は女性ホルモンと深く結びつきがあり、閉経後は肝斑の影響は薄くなる言われています。

多様な理由でピルを飲むことは仕方がないので、肝斑ケアは同時進行してもいいかもしれません。

でる人②紫外線対策ができていない人

large

紫外線は、直接的な肝斑の原因ではありませんが、肝斑の改善をしにくくし、色を濃くすることに関係していきます。外出して帰宅したあとはできるだけ早く肌をリセットするケアをしてあげるか、外出前にがっちり紫外線ケアをしましょう。

たとえば、ゴミだしにちょっと外出する程度でも日焼け止めはぬることです。一瞬でも浴びたら紫外線の影響は受けてしまいます。

できる人③慢性的にストレスの多い生活をしている人

ショット 2016-03-07 16.37

女性ホルモンに関係してくるストレスは、『老け』を進行させてくる原因です。ストレスは、免疫力を低下させ若さを保つのに必要な成分の分泌の妨げもしてきます。

長年のストレスはもちろん、急激なストレス不可によって肝斑が一気に発生。なんてこともあります、この場合『シミが濃くなっただけ…。』では済まさないこと、まずは内科での診断、さらにはかかりつけのストレス解消方法を見つけておくことが大切になってきます。

20代の方でも条件が揃えば肝斑は表面化してきます。肝斑は改善することができるので諦めずにケアをはじめていきましょう。

2.自宅でできる肝斑対策のすべて

30代を超えても美肌をキープできている人の習慣を参考にセルフケアでできる肝斑対策方法を考えられることすべてを厳選しました。

肝斑対策①徹底的な日焼け止め

紫外線対策は基本バッチリしましょう。どんな時も必ず日焼け止めを塗って、室内でもガラス越しに日焼けするので、朝のスキンケアでUVカットを続けることが大切です。

  • 日焼け止めクリーム
  • 紫外線防止の帽子
  • 紫外線カットサングラス

特に季節の変わり目は要注意!夏以外の日差しは無関心な人も多いですが紫外線ケアは一年中必要です。

『1秒』でも紫外線に当たれば肝斑を加速させ濃くするメラニンが生成されてしまいます。敏感すぎるほどで対策としてちょうどいいです。

肝斑対策②肝斑用スキンケアを使う

朝用と夜用。特別なテクスチャーの1滴で、使い終わった後の気分は生まれ変わったかのような美しい素肌へ。洗顔後にただ一つ使うだけの集中美容トリートメント。

スクリーンショット 2016-03-07 17.05.44

エッセンスエンパワリング 医薬部外品 各45mL  180,000 円 

公式:ザ・ギンザ

肝斑をみつけたら頼りになる集中ケアアイテム、肌の深層部分から改善できる、夜更かし、日光浴など酷使している肌を見事にカバーしてくれます。価格は高価だけどそれだけの価値があると口コミでも評判の本物のケア製品です。

肝斑対策③肌老化を根元から狙いうつブースターを使う

小瓶に密閉された”APPS”パウダーと”フラーレン”をはじめ美肌成分をたっぷり配合した保湿美容液を混ぜ合わせるところから始まるスキンケア。

jeudi_essence4_img01

ジュディシュプリ JS美容液3本セット 0.3gパウダー4本 + 50ml美容液1本 APPS 3% 18,360円

公式サイト:ジュディシュプリ

肌にとって必要な「作る」「守る」働きを同時に実現。進化したJS美容液は、”リフトアップ””ハリ””保湿””弾力””シワ”などの肌悩みに、短時間で効果をもたらします。

肝斑対策③日本で唯一の肝斑専用医薬品を摂る

肝斑に最も効果が高いとされているのが

  • トレチノイン
  • ハイドロキノン
  • フルオシノロン

3剤併用ですが、日本の美容皮膚科ではフルオシノロン(ステロイド)を使用することは少なく入手が困難。選ぶならトレチノイン・ハイドロキノンを使用した内服薬が高価を期待することができます。

toranshino2

トランシーノⅡ 2ヶ月分 6300円

公式サイト:第一三井ヘルスケア

日本で唯一の肝斑改善薬。肝斑の原因となるメラトサイト活性因子の働きをブロックするトラネサキム酸を配合しています。加えてしみをケアするL−システインやアスコルビン酸なども配合しています。1日2回(食後)に服用して約8週間で改善への導くプログラムが用意されています。

肝斑対策④漢方を摂る桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

スクリーンショット 2016-03-07 17.48.01漢方を選ぶならホルモンバランスを整えてくれるものがおすすめです。

漢方では、血行障害や鬱血を“お血”(おけつ)という概念でとらえ重視します。女性の月経トラブルを含め、いやゆる“血の道症”には、この“お血”を改善する漢方薬がよく使われます。

肝斑対策⑤プラセンタサプリメント

プラセンタは美白効果がありますから肝斑にも効果をきたいできます。メラニン色素をたくさん発生させる活性酸素を除去して肌の新陳代謝を促進するからです。病院ではプラセンタ注射を使われることもあります。

注射が苦手な方は時間がかかっても安全な飲むプラセンタが気に入っているという方も少なくありません。

3.シミと肝斑の違いとは

『肝斑かどうか』は自分では判断しにくいです。シミが濃くなったのかなと思い込みがちで自分では判断せずに、専門の医師に判断してもらうのがいいでしょう。

しみの種類を見極めることが透明美肌への近道です。一口にしみといっても実は一人一人、その原因や成り立ちは様々。 しみと肝斑の違いをそれぞれの特徴で見極めていきましょう。

 肝斑の特徴

スクリーンショット 2016-03-07 17.53.21
  • 30代〜40代にかけて盛んにできた
  • ほほ骨のラインにもっやとした感じでできた
  • 左右対称にあらわれた

そばかすの特徴

スクリーンショット 20
  • 鼻周辺ん、細かく散らばっている
  • 3歳頃からある
  • 思春期ぐらいからめだつようになった

色素沈着の特徴

スクリーンショット 2016-03-07 17.53.32
  • 化粧かぶれや虫さされの跡がある
  • ひどいニキビや炎症に悩まされたことがある
  • 目の縁を避けてでてきた
  • 紫外線を多く浴びた跡にできた
  • 大小様々な大きさがある

それぞれの特徴を くらべてそれが、肝斑かどうか見極めていきましょう。難しければ専門の医師の診断が明確です。肝斑かどうかの診断だけなら皮膚科・内科・美容皮膚科どちらでも行ってくれます。

4.プロに相談|肝斑治療は美容皮膚科がおすすめな理由

肝斑を専門の医師に相談するなら美容皮膚科がおすすめです。大きな理由は3つで、

  • 早く改善の効果が見られる
  • 肝斑具合にもよるがセルフケアよりも低価格で結果を得れる場合も
  • セルフケアよりも具体的に効果を体感できる可能性が高い

自由診療で保険外の診断にはなりますが、断然治りが早く・そこまで高額な費用ではないからです。美容皮膚科での治療はレーザートーニングが一般的です。

スクリーンショット 2016-03-07 18.08.03

出典:亀田皮膚科

肝斑治療のレーザートーニングとは、肝斑治療に有効な照射モードを搭載したレーザー。肌に余計な刺激をあたえることなく、蓄積したメラニンを少しずつ分解していきます。痛みはほとんどなく赤みも出にくい効果を期待できる治療方法です。

レーザートーニング詳細 週に一回 約10分間 効果は510回位   1回 約10000円弱

セルフケアももちろんですが美容皮膚科での治療は断然に早く結果をだすことができます。美容皮膚科のカウンセリングを重視して納得がいくまで医師と相談してください。

しみ治療でもっとも求められることはその医師の見立て。数カ所カウンセリングのみを行い納得のいく医師を探すことも大切です。

5.まとめ

肝斑の原因は不明ですが、内服薬で改善できるのでチャレンジする価値はありそうですね。肝斑がなければ、もっともっと輝けるはず。諦めずに対策をしていきましょう。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事