今すぐ使うべき!美・唇をつくるリップライナーの基本

shutterstock_17560135

リップメイクは大好きだけど、リップライナーは使ったことがない…。

なんて人も多いのでは?確かにリップライナーは手間にもなるし、口紅やグロスで十分メイクできるので必要性を感じないことも多いかもしれません。

しかしリップライナーは、口紅やグロスを落ちにくくしたり、唇の形を補正したりする効果もあります。リップライナーは、使うだけでリップメイクの完成度がグンと高まる、隠れ優秀アイテムなんです。

リップライナーの基本を知って、ワンランク上のリップメイクを叶えましょう♪


1.リップライナーの役割

リップライナーは、唇の輪郭を描くためのペンシル。口紅を塗る前に、唇のアウトラインをはっきりさせることで、より美しいリップメイクができます。

<リップライナーのメリット>

  • リップメイクの完成度を高める
  • 唇の形がはっきりする
  • ボリュームのある唇にしたいなど、印象を変えられる
  • 唇のシミなどをカバーできる
  • 口角を引き締めるなど、若見せ効果が期待できる
  • 口紅やグロスのにじみを防ぎ、落ちにくくする
  • きちんと感が出る

2.リップライナーを使った唇メイク見本

2-1.スタンダード

オフィスシーンやフォーマルシーンなど、きちんと見せたいときにはリップライナーがマスト。

shutterstock_539050186

口紅と同色のライナーで唇の形をきちんと描き、口紅をブラシで丁寧にムラなくつけることがポイント。口角まできちんと色をのせることで引き締まった表情に見えます。

2-2.ボリューム

shutterstock_539815516

女性らしさをアピールしたいときや、唇が薄いなどの悩みがある人は、リップライナーでボリュームの唇メイクをしてみましょう。

唇のアウトラインを丸く、オーバー気味に描くことでふっくらした印象の口元に。ツヤありタイプの口紅やグロスを重ね付けすることで、よりぷるんとしたボリュームリップに近づけます。エイジングが気になる人にもおススメの方法です。

2-3.ハイライト

口元を立体的に、若々しく見せたいときは唇にもハイライトをプラスしてみましょう。

shutterstock_240457999

ライトカラーのコンシーラーペンシルかハイライト用のリップライナーを使うことで、唇に存在感が出ます。プロのメイクアップアーティストもよく使うワザです。

3.リップライナーの使い方

リップライナーは、使い慣れればとてもカンタン!基本の使い方をマスターしてリップメイクの完成度を高めましょう。

3-1.基本

リップラインを引くときは、一気に描かないことがコツ。唇の山→下唇→両サイドとパートを分けて描いていくことが基本です。

<リップラインの基本の書き方>

リップクリームで唇全体を整え、上からティッシュオフしてから始めましょう。

スクリーンショット 2017-10-03 14.00.41

  1. リップライナーで唇の山を描く
  2. 下唇の中央を描く
  3. 上唇の右、左、それぞれにラインを描く。口角まできちんと描く
  4. 口角から下唇の中央まで右、左、それぞれラインを描く。

3-2.ボリューム

基本の描き方は同じですが、ふっくら見せたいときは、ラインを丸くオーバー気味に描きます。

元の唇の輪郭より1,2mm外側にゆるく弧を描くようにラインをとっていきます。下唇も同様です。
口紅を塗ったあとは、下唇の中央にグロスを重ねると、よりふっくらした口元になります。

3-3.ハイライト

唇にもハイライトを入れることで、顔全体をリフトアップして見せることができます。

スクリーンショット 2017-10-03 14.02.39

ハイライトを入れる場所は、唇の山の上と口角の下。この部分にライトカラーのコンシーラーやリップ用ハイライトを入れてから、通常のリップライン、口紅を塗りましょう。入れる場所を守り、ポイント的に入れることがコツです。

4.リップライナーの選び方

リップライナーを選ぶ時は、持っている口紅や用途に合わせてチョイスしましょう。力を入れずに描いても、唇に負担がかからない、柔らかい芯のものが良いでしょう。

<きちんとラインを描くなら>

  • 発色の良いものを選ぶ
  • 口紅と同系色、または同じ色を選ぶ

<ボリュームを出すなら>

  • ラインで主張しないよう、薄いカラーを選ぶ
  • 明るいカラーを選ぶ

<グロスと合わせて使うなら>

  • 唇に近い色を選ぶ
  • ぼかしやすい柔らかい芯のものを選ぶ

5.おススメリップライナー5選

リップライナーはメイクの脇役だけに、なかなかイメージ通りのものが見つからないもの。発色を重視するならデパーとブランド、唇との一体感を求めるなら国産ブランドがおススメです。

5-1.ランコム ル リップライナー

l-7

出典:ランコム公式

メーカー:ランコム  価格:2,600円(税抜)

オススメポイント:なめらかな使い心地でスルスル描けるリップライナーは、基本の1本としておススメ。

初心者さんからメイク上級者さんまで、年代問わず幅広く使いやすいタイプです。見た目ははっきりした色ですが、やさしく描くことで口紅の邪魔をしないソフトな発色です。反対側にリップブラシがついているのも便利です。

5-2.ケサランパサラン スムースリップライナー

l-8

出典:ケサランパサラン公式

メーカー:ケサランパサラン 価格:2,160円(税込)

オススメポイント:唇の形を補正するコンシーラーやハイライト効果のあるリップライナー2色と何色でも合わせやすいピンクベージュ1色の合計3色展開。

芯もやわらかく、ソフトな描き心地で色落ちしにくいタイプです。ハイライトやコンシーラーを探している人にはもちろん、どんなカラーとも合わせやすいリップライナーを探している人にぴったりです。

5-3.ちふれ リップライナー

l-9

出典:ちふれ公式

メーカー:ちふれ 価格:500円(税抜)

オススメポイント:口紅のにじみを防ぎ、輪郭がはっきりと描けるタイプ。

さまざまなカラーに合わせやすい6系統の色展開です。繰り出し式の容器も便利!口紅別に揃えておけるプチプラ価格も魅力的。初めてライナーを使う人も気軽に試せます。

5-4.オルビス リップペンシル

l-10

出典:オルビス公式

メーカー:オルビス 価格:1,100円(税抜)

オススメポイント:唇への密着力があり、落ちにくい処方ながら、スルスルとなめらかにラインを描けます。芯が柔らかいので、そのまま唇を塗りつぶしてマットタイプの口紅がわりとしても活躍。

肌になじむ色展開なので、口紅の色も選ばず使えます。繰り出しタイプで、レフィル対応しているため長く使えます。

5-5.インテグレート リップフォルミングライナー

l-11

出典:インテグレート公式

メーカー:資生堂 価格:ノープリントプライス

オススメポイント:素の唇の色に近いナチュラルな色展開なので、初心者さんやナチュラルメイク派さん、カジュアルメイク派さんにおススメ!口紅やグロスのにじみを防ぐので、普段はグロスだけという人にもOK。繰り出し式で気軽に使えるので、ポーチに常備しておきたいタイプです。

6.まとめ

食わず嫌いをしている人も多いリップライナーですが、グロスやティントリップと合わせて使ったり、塗りつぶして口紅代わりにしたりするなど、工夫次第でさまざまに活用できる便利なアイテム。上手に使いこなせば、周りと差がつく美・リップが完成しますよ!

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事