髪が薄くなったら即トライ! 薄毛シャンプーのイチオシ5選

shutterstock_519579484

歳を重ねると共に出てくるのが、髪の毛の悩み。いつの間にかコシやハリがなくなり、ボリュームが少なくなっていませんか? そこからさらにボリュームの低下が進んだり、ストレスが加わったりすると、「薄毛」に悩まされることに…。

そんな薄毛を改善するにはマッサージなどがありますが、検討してほしいのが薄毛シャンプー。毎日使うものだからこそ、少し工夫するだけで立派なケアに変えることができます。今回は、薄毛シャンプーについて見ていきましょう。


1.おすすめの薄毛シャンプー

最近では多くの薄毛シャンプーが販売されています。これまでは男性用がメインでしたが、女性用もたくさん出てきました。1本1本特徴が異なりますので、薄毛シャンプー選びの参考になるよう、おすすめの商品&特徴をご紹介していきます。

■チャップアップ CUシャンプー

01.CUシャンプー

画像出典:chapup(300ml・4180円<税込>)

美容師と毛髪診断士によって開発された薄毛シャンプーです。育毛剤で有名な「チャップアップ」のノウハウがギュッと詰まっています。

無添加にこだわり抜いており、頭皮に悪影響を与えるものは一切使用していません。さっぱりとした洗い上がりで、フルーティーローズの香りも心地いい!

■リット製薬「アスロングアスロング」

02.アスロング

画像出典:lit-p.com(200ml・3980円<税抜>)

髪の毛が早く伸びるというノンシリコンオーガニックシャンプー。

育毛効果が期待できるキャピキシル、潤いを浸透させるアボカド・アルガンオイル、アンチエイジング成分のリンゴ果実培養細胞エキスなどの高級成分がたっぷり入っています。頭皮を紫外線から保護してくれるという嬉しい働きも。

■マイナチュレ「マイナチュレ 無添加シャンプー」

03.マイナチュレ 無添加シャンプー

画像出典:my-nature(200ml・3180円<税抜>)

女性の頭皮・薄毛を考えて作られたシャンプー。ノンシリコン・無添加処方で優しく髪を洗い上げます。

育毛剤などのヘアケア用品を販売しているレッドビジョンが作っているので、ノウハウがたっぷり詰まっています。「抜け毛が減った」「髪が柔らかくなった」「頭皮がスッキリした」など、口コミでも高評価!

■アンファー「スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム」

04.スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム

画像出典:angfa-store(350ml・3900円<税込>)

薄毛対策でおなじみ、スカルプDのシャンプーです。女性の頭皮・薄毛を考え、医師と共同開発。

育毛剤にも配合されているトリプルイソフラボンが配合されており、ホルモンバランスの崩れで起こる抜け毛やボリュームダウン、ベタつきを改善していきます。濃厚なクリーム泡で洗い上がりはしっとり。ハリ・コシ・ツヤがある髪を実現してくれます。

■ウーマ「ウーマ シャンプー」

05.ウーマ シャンプー

画像出典:cart.u-ma(300ml・3800円<税込>)

人間の皮脂に近いと言われる馬油を配合しているシャンプー。頭皮を保湿することで薄毛を改善に導きます。25種類の生薬と馬油の他、植物由来のアミノ酸系洗浄成分が配合されている、自然派のシャンプー。男性に人気の1本です。

2.薄毛シャンプーの選び方

様々なシャンプーがある中で、自分にあった薄毛シャンプーを選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。直接地肌につけるものですから、慎重に選びたいところですよね。

選ぶときのポイントは、「洗浄力成分」と「自分の性別」です。

2-1.洗浄力成分をチェックする

シャンプーの洗浄力を決めるのは、「界面活性剤」。大きく分けて3つの種類があります。

■石油系界面活性剤

泡立ちが非常によく、短時間で洗うことができます。値段も安いので、様々な場所で手に入る商品に使われています。一方で洗浄力が強すぎるため、地肌のトラブルに結びつきやすいので注意が必要です。

■石鹸

泡立ちがよく、皮脂をスッキリ落とすことができます。しかし、皮脂を落としすぎてつっぱってしまったり、すすぎ残しが多くなりやすいという欠点があります。

■アミノ酸系界面活性剤

頭皮や髪にダメージが少なく、しっとりした洗い上がりが特徴です。しかし泡立ちが遅く、洗浄力は弱めです。

洗浄力が強すぎる界面活性剤は、肌に必要な皮脂や水分も奪ってしまい、肌トラブルに陥ってしまうことに。特に薄毛は頭皮の乾燥は大きな問題です。できるだけアミノ酸系界面活性剤を使っているシャンプーを選びましょう。

2-2.性差によって使い分ける

女性の薄毛は、ホルモンバランスの乱れが大きな原因のひとつと考えられています。やさしい洗浄力のものはもちろん、イソフラボンなどの豆由来の成分を含んでいる薄毛シャンプーを選んでみましょう。

一方、皮脂量が多い男性は、自分の皮脂分泌量に合わせたシャンプーを選んでください。最近では「オイリー肌用」「ドライ肌用」などに分かれている商品も多く出ています。また、保湿力の高いシャンプーを選ぶことで頭皮のケアもしっかりできます。

3.薄毛シャンプーの使い方

せっかく薄毛シャンプーを使う以上、しっかり効果を実感したいもの。いきなり頭につけてゴシゴシ洗う…というだけでは、効果は得られません。しっかり正しい使い方をおさらいして使っていきましょう。

▼ブラッシング

髪の毛についているホコリを落として、頭皮の古い角質を剥がしていきます。できればブラッシング後にヘアオイルなどでマッサージをすると、毛穴の奥から汚れが出てきてくれます。

▼予備洗い

シャンプーを使う前に、ぬるま湯で髪をしっかり濡らして洗っていきます。この予備洗いをすると大部分の汚れを落とすことができます。

▼シャンプーを泡立てる

地肌への負担を減らすためにも、シャンプーを直接頭皮につけるのはNG。手のひらでしっかり泡立たせるか、泡立てネットを使って摩擦を生まないようにしましょう。

▼地肌を洗う

泡立てたシャンプーを頭の上に乗せ、指の腹で抑えるように地肌を洗っていきます。洗髪ブラシを使うケースもありますが、頭皮を傷つける可能性があるため、なるべく使わないほうが得策です。

▼すすぎ

シャンプーが残らないように、しっかり充分に洗い流していきます。すすぎ残しは肌トラブルにつながりますので、しっかりすすぎましょう。

4.まとめ

夏の紫外線によるダメージが蓄積され、秋口に抜け毛は増えることは珍しくありません。しかし、毎日コツコツヘアケアを続けていれば、気にしすぎなくても大丈夫。むしろ、気にしすぎることでストレスを抱え、余計頭皮に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

正しいケアを続けることで、きっと薄毛は改善されるはず。ぜひ今日から、髪を育てるヘアケアをはじめてみませんか。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事