ヒト幹細胞培養液の副作用とは?!肌再生の秘密やデメリットについて

 

肌

 

今話題の「ヒト幹細胞培養液」が配合されたスキンケア商品についてご存知でしょうか?ヒト幹細胞培養液には、肌荒れや火傷の跡などを治す肌再生の効果があるとされ、エイジングケアとしても高い効果が期待できます。使うだけで肌が若がえるなんて、理想的な化粧品ですよね。

しかし、新しく開発されたものを使うのはリスクがありそうで不安・・・という方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ヒト幹細胞培養液の美容効果や副作用のリスクについて、気になることをまとめてみました。

ヒト幹細胞培養液って?

「幹細胞」とは、身体を作るもとになる細胞のことです。幹細胞があるからこそ、肌が生まれ変わったり、髪や爪が伸びたりします。

そして、幹細胞を培養したときにできる上澄みを、幹細胞培養液といいます。

ヒト以外の生物にも幹細胞はありますから、ヒト由来の幹細胞からとれたものが、「ヒト幹細胞培養液」とよばるのです。

このヒト幹細胞培養液には様々な成分が含まれています。

代表的な成分としては、まず「成長因子」があります。成長因子は細胞の活性化をうながします。

そして、免疫に関与する「サイトカイン」も多く含まれています。サイトカインの作用はホルモンとよく似ていて、身体を健康に維持するために必要な成分です。

このように細胞の再生に効果のある成分が多く含まれているので、アンチエイジングや美肌効果が期待できるのです。

ヒト幹細胞培養液が含まれる化粧品は、細胞に直接はたらきかけることで肌の再生を促進します。今までにない、まさに最先端の美容技術と言えるでしょう。

美容分野だけでなく、再生医療の分野でも注目が集まっている成分です。

 

ヒト幹細胞培養液の効果

具体的に期待できる効果について、次のようなものが挙げられます。

  • シワ改善・防止効果
  • 創傷治癒効果
  • 高い抗酸化作用(シミや肌トラブルの防止)
  • ホワイトニング効果

ヒト幹細胞培養液は、細胞の活性低下を改善しターンオーバー促進することで、老化や肌トラブルを根本から改善することができるのです。

細胞レベルのエイジングケア」というキャッチコピーは、あながち誇大表現ではないようです。

 

ヒト幹細胞培養液の副作用

不安な人

話題のヒト幹細胞培養液ですが、最先端の成分ということもあって、安全性が心配・・・という方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、ヒト幹細胞培養液の安全性は高いといっていいでしょう。

主な理由としては、“ ヒト幹細胞培養液には、幹細胞が入っていないから ” です。

幹細胞自体が入っていないなら、効果なんてないのでは・・・とよく勘違いされていますが、

細胞を成長させることができる「幹細胞」は、肌に付着させると発がん性のリスクが有り、実は危険性が高い成分です。

しかし、化粧品に配合されるヒト幹細胞培養液は、あくまで「培養液」。

ヒト幹細胞を培養するときにできる上澄みのみを使用しています。

この培養液には幹細胞から抽出される多くの成分が含まれるため、美容効果が期待できるのです。

もちろん、幹細胞自体は含まれないので、発がん性のリスクなどはありません。

副作用やアレルギーなどのリスクは、どんな化粧品にも少なからず存在するものですが、現時点ではヒト幹細胞培養液の危険性は限りなく低いと言われています。

 

ヒト幹細胞培養液のデメリット

ヒト幹細胞培養液の安全性はお分かりいただけたでしょうか。では、その他のデメリットについて触れてみたいと思います。

デメリット①:配合濃度の問題

どんな化粧品にも言えることですが、配合されている成分の量が少ないと、成分の効果は期待できません。

ヒト幹細胞培養液に関する論文で、美容効果があったとされる実験のデータの濃度は10%から30%です。

しかし普通の化粧品では、グリセリンやBGといった基剤でさえ濃度は5%~8%、エキスや美容成分の濃度はそれ以下です。

つまり、論文で検証された濃度10%以上のヒト幹細胞培養液を化粧品に配合するのは、かなり難しいことなのです。

論文の実験で得られているような劇的な効果は期待できないかもしれません。

商品を選ぶ際は、成分表の表記の順番に注目して、ヒト幹細胞培養液ができるだけ多く配合されているものを選ぶのがよいでしょう。

デメリット②:価格が高い

ヒト幹細胞培養液が配合された化粧品を使う上で、最も大きなハードルとなるのが、価格の高さでしょう。

化粧品の全成分の中で、ヒト幹細胞培養液が占める割合が多ければ多いほど期待できる効果は大きくなりますが、それだけ価格も高くなってしまいます。

中には10gで3万円を超えるする商品もあります・・・10gはおよそ2週間分の量ですから、かなり高額ですね。

もちろん安い商品も中にはありますが、その場合はヒト幹細胞培養液の濃度が低い可能性があります。

ヒト幹細胞培養液の製造には半年以上かかり、その工程には厳しい基準に基づいた管理体制や品質の安全検査が必要ですから、どうしてもコストがかかります。

残念ながら、高い効果が期待できるような高濃度の商品を継続的に使用するには、経済的に難しい人がほとんどでしょう。

デメリット③:研究やデータがまだ少ない

ヒト幹細胞培養液を配合した化粧品は非常に歴史が浅いため、現状では十分なデータの積み重ねがない状態です。

副作用などの危険性は低く、きわめて安全な成分ではありますが、20年、30年と使い続けていったときの効果や副作用については、安全とは言い切ることができません。

もっとも、日本ではここ最近出回ってきた商品ですが、アメリカや韓国では10年近く広く使用されていて、2018年現在、副作用などのトラブルは報告されていないようです。

安全性はきわめて高いと言えそうですが、確実に安心して使用するには、もう少しデータの積み重ねがほしいところではあります。

まとめ

肌がみるみる若返ると話題のヒト幹細胞培養液配合の化粧品。肌にハリが出てシワが改善されたり、美白や肌トラブルの防止など、非常に高い効果が期待できる化粧品です。副作用の危険性は低いと言えますが、まだ歴史の浅い成分なので、その他のデメリットなども踏まえたうえで、使用していきましょう。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

この夏にオススメ!ホワイトニング&保湿ケア

紫外線の多いこの時期に特に!おすすめな京美人の美しさの秘訣を凝縮したホワイトニング美容液オールイワンゲルをご紹介します!

KYO BIJINはホワイトケアと保湿ケアを同時に叶えてくれる新発想のホワイトケアオールインワンゲル

水の代わりに白樺の樹液をベースに使用。
白樺の樹液にはエイジングケアには欠かせない成分ビタミンCやフラボノイドが入っているうえ、とても浸透力が高い注目成分です
その他にも、シミやくすみを防ぐシルク・肌にハリをもたらす酒粕エキス・紫外線後のダメージを補修する米ぬかエキス・美容力をさらに高めるビタミンC+ビタミンPなど美容成分37種配合。
美白も保湿もエイジングケアもと欲張りケアしたい方は一度試してみてください!

KYOBIJIN
価格:1周年記念感謝セール 1609円(税込)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事