笑顔美人! ホワイトニングの中で高評価の歯を白くする方法

shutterstock_209436676

「歯の黄ばみや着色が気になって思い切り笑えない」、「白くきれいな歯でいたいけど、大好きなコーヒーや紅茶、赤ワインは我慢したくない」など、歯を気にしている方はたくさんいます。

笑った時に歯が白い人はやはりきれいだなと思いますし、明るい印象を受けます。最近では男女問わず人気がある歯のホワイトニング、実はいろいろなやり方があることをご存知でしょうか?今回は、さまざまな歯を白くする方法の中でも、特に効果的なものをいくつかご紹介していきます。価格や特徴なども記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


1.自宅でのホワイトニング

shutterstock_403074922

1-1.おすすめ度No.1|ホワイトニングジェル

ホワイトニング効果があるジェルを歯ブラシにのせて、歯磨き後の歯を軽くブラッシングするだけの簡単なホワイトニング方法です。1ヶ月分が3,000円くらいからと、お値段がお手頃な割に高い効果が得られるのが特徴です。

発泡剤や研磨剤を含まない製品が多いため、歯のエナメル質や歯茎を傷つけることなく、安心して使用できます。歯磨きの後にブラッシングするだけの手軽さなので、続けやすい点もポイントの1つ。さらに、塗るだけで、口内・口臭ケアまで行うことができます。

1-2.おすすめ度No.2|歯磨き粉を使ったホワイトニング

ホワイトニング成分を含む歯磨き粉を使った方法です。歯磨き粉はもともと歯の汚れを落とすことが目的ですから、他のホワイトニング方法と比べると歯を白くする効果は薄めです。しかし、毎日継続して行うことで、少しずつ歯を白くすることができます。毎日の歯磨きと一緒にホワイトニングもできるので、ケアを忘れることがない点もメリットだと言えるでしょう。

1ヶ月分で1,000~2,000円ほどと価格もリーズナブルなので、初心者の人でも気軽に始められます。ただし、ホワイトニング成分を含む歯磨き粉は研磨剤が配合されていることも多いので、通常の歯磨き粉と併用して歯や歯茎を傷つけないように注意しましょう。

1-3.おすすめ度No.3|ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院で専用の薬剤とマウスピースを購入し、自分で行う方法です。あまりなじみがないかもしれませんが、歯科医院で使うものと同じ薬剤を使用するので、高い効果が期待できます。また、個人差はありますが、半年~1年ほど白さが持続する点もメリットだと言えるでしょう。薬剤やマウスピースの使い方は、病院で医師が教えてくれるため安心です。

ただし、自分のペースで行える方法である反面、毎日薬剤を塗布してマウスピースをつけ数時間待つ、という手順を行わなければならないため、面倒に感じる人もいるかもしれません。使用後のマウスピースを洗って清潔な状態を保っておくことも、意外と手間がかかります。また、1ヶ月分が15,000~30,000円ほどと、先にご紹介した方法に比べると費用もかかります。

2.セルフホワイトニング専門店

shutterstock_364819988

2-1.セルフホワイトニングとは

セルフホワイトニングは、専門のエステやサロンで行うホワイトニングのことです。医師や歯科医師、歯科衛生士以外が口の中を触ることは法律で禁止されているので、スタッフの説明を受けながら自分で行うことになります。

基本的な手順は、歯を磨いた後に開口器を装着し、歯にホワイトニング専用のジェルを塗っていきます。ジェルを塗った後の歯に数十分ほど光を当て、開口器を外して口をすすいだら終了です。

2-2.オフィスホワイトニングとの違い

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングのことです。歯科医院でのホワイトニングとの違いは、まず薬剤です。歯科医院で使用する過酸化水素は強力な漂白作用を持っており、病院以外での使用を認められていません。そのため、セルフホワイトニングでは、酸化チタンやポリリン酸などを使用します。これらは、食品などにも使われている安全性が高い薬剤です。

また、歯科医院ではハロゲンなど強い熱を発するライトが使われるのに対し、サロンではそれほど強い熱を発しない青色LEDを使用します。さらに、セルフホワイトニングでは、開口器の装着からジェルの塗布、光を当てる工程まで基本的に自分でやらなければいけないことも、歯科医院との違いになります。

2-3.効果

セルフホワイトニングで使用される二酸化チタンやポリリン酸などは、人体にとり入れても害がないほど安全ですが、歯科医院で使われる過酸化水素のように漂白作用はありません。そのため、歯表面のくすみを取り除く程度の効果しかないと考えていいでしょう。1回でもある程度効果は期待できますが、継続することで歯本来の白さを保つことができます。
また、強い薬剤を使用しないので、施術後の痛みやしみ、副作用がない点はメリットだと言えます。人件費を削減できることなどから、価格も3,000~5,000円程度と、非常にリーズナブル。費用をかけたくない人にとっては、試しやすい方法です。

3.歯医者でのホワイトニング

shutterstock_424852228

3-1.施術方法

強い漂白作用と消毒作用がある高濃度の薬剤を使用して、プロの手によって行われるホワイトニングです。専用の機械を使用して光を当て、薬剤の浸透率を高めて歯を白くすることができます。セルフホワイトニングのように患者さん自身が行うことはなく、すべて歯科医師や歯科衛生士に任せておけばよいので、安心して施術を行うことができます。

3-2.メリット

歯科医院でのホワイトニングのメリットは、何と言ってもその効果の高さにあります。継続して行わなければなかなか効果が現れない自宅でのホワイトニングに対し、歯科医院でのホワイトニングは、1回の施術ですぐに効果を実感できます。また、すべて医師に任せられるので、来院する時間さえ確保できればセルフホワイトニングや自宅でのホワイトニングのように、面倒な手順が必要ない点もメリットだと言えるでしょう。

3-3.デメリット

歯科医院でのホワイトニングは、医院によりますが1回の処置に1時間程度の時間がかかる場合があります。仕事が忙しく時間を確保できない人にとっては、気軽に行える方法だとは言えないかもしれません。また、上下20本の処置で4~6万円が相場ですから、他のホワイトニング方法に比べると費用はかなり高くつきます。

さらに、強い薬剤を使用するので、施術後にしみるような痛みを伴う場合もあります。知覚過敏がひどい人などは、ホワイトニングを行う前に医師に相談しましょう。

4.自分に合ったホワイトニング方法の選び方

白い歯を保つためには、ホワイトニングを継続して行うことが大切です。そのため、費用や効果で選んでもいいですが、目的や自分のライフスタイルに合わせて選ぶことも1つの方法です。

とにかく早く歯を白くしたいならば、やはり歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。仕事が忙しく時間の確保が難しい人や出張などで遠出することが多い人などは、手間はかかりますが一度来院すれば後は自分のペースで行えるので、ホームホワイトニングを選ぶこともできます。

痛みや副作用の心配がある人は、比較的効果も実感しやすいセルフホワイトニングを選んでもOK。自分なりに継続して行える方法を選んでみてください。

5.まとめ

いかがでしたか?歯が白くなるだけで、顔の印象はずいぶんと変わります。自分の笑顔に自信が持てるようになれば、今よりもっと明るく楽しく、人とコミュニケーションがとれるようになるのではないでしょうか。ぜひ今回ご紹介したホワイトニング方法を参考に、自分に合ったものを試していただければと思います。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事