そのチーク、間違ってない?自分に似合う!チークの入れ方をマスター!

shutterstock_597195440

メイクの仕上げに欠かせないチークは、入れ方も色選びもついついマンネリになりがち。トレンドのチーク使いを試しても、なんだかしっくりこない場合も…。

チークは、自分に合ったものを使うことで、メイクの完成度を高め、肌色を引き立てる効果があります。

肌をキレイに見せてくれて、表情を魅力的に見せてくれるチーク使いをマスターしましょう。


1.失敗しないチークの基本

表情を明るく、可愛く見せるためにもチークはマストアイテム。コーラル系のピンクカラーが誰にでも似合う、失敗の少ないカラーです。最近では、発色が良く、肌なじみの良い練りチークも人気。

shutterstock_644487739

チークの基本は、黒目の下と小鼻の横の延長線が交差するところから、頬骨に沿って入れていくこと。初心者さんは、頬骨の上に楕円形を描くようにすると上手くいきます。

自分の肌色に合う色を使い、顔型に合わせで入れることで、メイクの完成度が高まります。

意外とやりがち?!チークの失敗例

一大ブームとなった「おフェロ顔メイク」。象徴ともいえる目の下に伸ばしたチーク使いは今となっては少し流行遅れの印象に。男性目線からは、酔っ払い?とドン引きされる傾向も。

チークは正しい位置に入れ、顔色が明るく見えるよう工夫しましょう。

c-1出典: あうとばー

一見、問題なさそうなチーク使い。ところが、肌色に合っておらず、チークだけが浮いて見えてしまっています。ピンクリップともバランスが悪く、まとまりがない印象に。

チークは、自分の肌に合っていること、リップと合うカラーにすることが鉄則です。

2.顔の形別チークの入れ方

チークは、肌を明るく、健康的に見せるだけではなく、顔型のコンプレックスをカモフラージュする効果もあります。

自分の顔の形にあったチークの入れ方でより魅力的な表情をメイクしましょう。

2-1.丸顔

c-3

出典:まりおねっと

幼く見えがちな丸顔さんは、頬の中央に丸く入れたチークはNG.頬骨の高い位置から、こめかみにむかって、斜めに入れるのが正解です。また。黒目の下と小鼻脇の起点より内側に入れないようにしましょう。

2-2.面長

顔の縦の長さが気になる面長さんは、顔の縦幅をカバーして、横に広がりを持たせましょう。チークは頬骨の下から真横に広げるように入れるのがベストです。

頬の中央に入れるだけではなく、眉尻の長さまで横に入れることがポイント。頬の面積を狭め、横に広げて見せるためにハイライトをチークの上に重ねてもも◎

2-3.ホームベース型

c-4

出典: HAIR

ベース型の場合は、黒目の下と小鼻脇の延長線上を起点にし、そこから外側に入れていきましょう。頬骨の下側にそって低めに、斜めに入れていきましょう。顔立ちが引きしまり、小顔効果がきたいできます。

2-4.逆三角形

c-5

出典: mer

顎先がシャープな逆三角形の人は、チークも目の下の三角ゾーンに入れることがポイント。

斜めに入れると、顔のシャープさが目立ち、顔が大きく見えるキケンがあります。また、丸く入れると顎先に視線を集めてしまいます。

3.チークの色の選び方

メイクの仕上げに欠かせないチークも、自分の肌色にあっていなければ台無し…。

好きな色と似合う色が異なるときもありますが、自分の肌色を引き立てることを優先して選びまsょう。

3-1.オークル肌

c-6

出典: 肌らぶ

黄味のかかったオークル肌さんには、青味のないカラーがおススメ。

ピンク系ならコーラルピンクやサーモンピンクなどオレンジ寄りのピンクが向いています。赤系ならブラウンがかかったレッドが肌なじみが良いでしょう。オレンジ系はどんな色でもOK。

3-2.ピンク肌

c-7

出典:Vanivani

ピンク系の肌の人には青味がかかったカラーが透明感を引き立ててくれます。ピンク系なら、ホットピンク、ローズピンクなどがベスト。

レッド系なら青味のかかったくすんだレッドやパ―プルが入ったブルーレッドがお似合いです。

オレンジ系は、ピンク肌さんには難しいカラーですがベージュやキャメルなど黄味が目立たないオレンジならしっくりきます。

4.チークブラシの選び方

チークを上手に入れるにはブラシ使いが必須。まずは、天然毛で肌当たりの良い1本を選びましょう。

4-1.種類・使い方

<平型>

c-8

スタンダードなチークブラシは平型のもの。

毛先が平らになっているので、頬にフィットし、チークゾーンにふんわりと色をのせることができます。毛質にある程度量があり、柔らかい肌当たりのものが使いやすいでしょう。初めてブラシを買う人、メイク初心者さんにもおススメです。

<円錐型>

c-9

ファンデーションブラシとしても使える円柱型は、クリームチークを入れるときや、ポイントでしっかり色をのせたいときに便利。

クリームチークをのせ、ブラシでクルクルと円を描くようになじませると、血色感のある、イマドキのチーク使いができます。パウダーチークを主役にしたい時は、ブラシにチークを取りポンポンと置いてから、上から再度ブラシでぼかすと鮮やかな頬に。

<丸形>

c-10

ドーム状の丸型チークブラシは、毛先が密集しており、狙った場所にしっかりチークを入れることができます。

チークをとったら、小さな円を描くようにクルクルと毛先を動かしながら入れていきます。チークを横に入れたい時に使いやすいタイプです。

4-2.お手入れ方法

チークブラシは使うたびにティッシュで拭き、毛先についた色素をオフしておきましょう。前に使った色がそのまま残っていると、発色が悪くなるうえ、皮脂やほこりがついたままで不衛生です。

週に1回を目安に中性洗剤でしっかり洗浄し、皮脂やファンデ、色素をしっかり落としておくことが理想です。

天然毛の場合は、すすいだ後タ、ヘアオイルを少しだけなじませてから乾かすと、柔らかな毛先が長持ちします。

<チークブラシの洗い方>

  1. ティッシュで表面の汚れを拭き取る
  2. 中性洗剤をとかしたぬるま湯に筆先を入れ、汚れを落とす
  3. 汚れが落ちるまで繰り返す
  4. ぬるま湯でしっかりすすぐ
  5. 清潔なタオルで水分を拭き取る
  6. 陰干しして、十分に乾かす

5.チークの裏ワザ

いつものチークも、ちょっとした工夫で、メイクの完成度を高めてくれます。プロのメイクアップアーティストもやっているチークの裏ワザを取り入れて、みんなと差がつくチーク使いを楽しんで!

5-1.耳たぶにつける

髪をまとめたときに試したいのが耳たぶチーク。

ブラシに残ったチークを耳たぶにサッとぼかすだけ。耳たぶが上気していることで色っぽさが強調されます。恋愛運がアップするとのウワサも!

5-2.顎先にちょん

チークを頬に入れた後、ブラシに残っているチークを顎先にもサッとひと刷毛。

これだけでメイク全体に統一感が出て、まとまりのある印象になります。プロのメイクさんもよくやっている裏ワザです。

5-3.W使い

チークを長持ちさせたい、メイク崩れを防ぎたいときは、クリームチーク+パウダーチークのW使いがおススメ。クリームチークをぼかしたあと、パウダーチークを上から重ねれば発色と色持ちがUP.
濃く見えないように、少量ずつ使うことがポイントです。

6.まとめ

キレイな人、可愛い人こそ、チーク使いが上手!慣れてきたら、ハイライトと組み合わせたり、2色を混ぜたり、濃淡でグラデーションにしたりと使い方もさまざま。ベストなチーク使いを研究しましょう。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事