夏までに絶対痩せたい!今すぐできるお金を掛けないダイエット方法

冬の間に増えてしまった体重を夏までに落としたい…。絶対に痩せたい!できればお金を掛けずにダイエットしたい!もっと言うなら手間も掛けずに脂肪を落としたい!とお思いの方も多いと思います。

今回はそんな痩せたい!という方に、いつでもスリムな人が実践している「痩せやすい生活習慣」をお伝えします。生活習慣を見直すだけで始められるのでお金も手間も掛かりません。でも最強に効果的なダイエット方法ですので、ぜひチェックしてください。
他のダイエット方法と組み合わせることで、ダイエットが成功する確率も高くなりますよ。

基礎代謝量を上げることで、より効果的にダイエットが出来ますので、ぜひ参考にしてください。


目標を明確にする

ダイエットの目標を明確にする

ダイエットをするのなら、まず目標を明確にするとよいでしょう。「夏までに絶対に痩せる!」ではまだ明確ではありません。「7月までに5kg痩せる!」というようにより明確な数字を出して目標を立てましょう。

大切なのは無理な目標は立てないことです。今回は痩せやすい身体をつくる生活習慣を身につけることが目標ですので、継続できる範囲で目標設定をしましょう。

痩せるためのPOINT
無理のない範囲で明確な目標を決めましょう

空腹感を感じてから食事する

『空腹を感じてから食事をする』事が、スリムな人が共通してもっているマインドです。とてもシンプルで当たり前に聞こえるかもしれませんね。でも、これこそがまず実践しなくてはいけない習慣なのです。

なぜなら現在の日本には食べ物がとにかく豊富にあり、いつでも気軽に何かしら食べることができますよね。そのせいか『現代日本人は基本的に食べ過ぎている』状態なのだそうです。

お腹が空いていなくても、ちょこっと間食をしてしまいませんか?空腹を感じる前に食べてしまうということは、エネルギーがまだ身体に残っている状態で更にエネルギーを追加することになります。そうすると消費しきれずに余ったエネルギーが脂肪に変わり、どんどんと蓄えられることになります。脂肪が蓄えられる、つまり太るということですね。

痩せるためのPOINT
空腹を感じてから食事を摂りましょう

食事の時間を決める

毎日の食事の時間がバラバラですと、胃腸が活動するリズムが整わず、活発に消化をしにくくなります。そのため、生活リズムをしっかりと作り上げ、胃腸を休ませる時間を作ることも大切です。

特に夕食は時21までに食べ終えるようにしましょう。仕事などでが遅くなる事がわかっていたら、朝昼を多めにし、夜はヘルシーな軽食にするとよいでしょう。また、可能であれば21時前に軽くでも何か食べておくと良いですよ。

痩せるためのPOINT
食事の時間を決めて胃腸をしっかり休ませましょう

お腹いっぱいになるまで食べない

理想の食事量は腹八分目です。お腹がきつく、動きたくなくなるほど食べ過ぎるというのは、ご自身の満腹ラインを超えてしまっている証拠で適正カロリーをオーバーしてしまっていると考えられます。厳しく食事制限をするほどではなくて、あくまでも「ほどほど」に食事を摂りましょう。

満腹感を得るカギとなるのは、血糖値の上昇をコントロールすることです。食べ物が消化されて血糖値が上がることで満腹感を感じるので、早食いをしていると満腹感を感じる前に食べ続けることになります。食事は20分以上かけてゆっくりと血糖値を上げながら取るようにしましょう。

痩せるためのPOINT
腹八分目を守りましょう

食べる順番は野菜系→お肉系→炭水化物系

食べる順番

スリムな体型を作る重要な要素は、栄養バランスや食べる順番に気をつけることです。空腹時にカロリーの高い主菜を食べてしまうと太りやすく、痩せるためのダイエットとは逆の結果になってしまいます。トータルの摂取カロリーは変わらなくても、太りにくくなりますよ。

食べる順番
1.野菜や海藻類などのカロリーの低い食物繊維から
腸を活動させて消化しやすい状況をつくります

2.肉や魚などのタンパク質
筋肉を作るエネルギー源を摂取しましょう

3.最後に炭水化物
血糖値の急激な上昇を防ぎ、代謝も上がります

痩せるためのPOINT
「野菜→お肉→ご飯」を忘れないようにしましょう

お酒をひかえる

お酒にもカロリーがあることを忘れてはいけません。脂肪になりやすいご飯類やスウィーツを食べなくても「お酒大好き!」だという方も少なくありません。

お酒の量を減らすだけでも体重を格段に落とすことができます。ビール・日本酒・梅酒などは糖質も高いため、飲むのなら焼酎やウィスキーがオススメです。ダイエットをしている期間だけではなく、普段から気をつけましょう。

ちなみに、アルコールは分解時にビタミンCを消費するので、肌荒れの原因にもなりますので気をつけてくださいね。

痩せるためのPOINT
お酒の量を減らし、飲むなら焼酎やウィスキーにしましょう

もったいない精神を捨てる

食べ物を「もったいないから」と、残さずに食べるのは必要以上に満腹になってしまうので控えた方が良いです。しかしいくらダイエットの為とは言え「食べ物を残すなんて…」と抵抗がある方の方がほとんどでしょう。

もちろん、食べ物を粗末にするという意味ではありません。料理は自分の食べる量を考えて、必要以上に“作らない”“オーダーしない”ようにしましょうということです。

あまりそうだったら、捨てるのは“もったいない”ので、冷蔵庫に入れて次の食事で美味しく頂くか、一緒に食事をしている方に食べてもらうのもいいですね。

もったいない精神でついつい腹八分目を超えて食べ過ぎてしまう人は少なくありませんが、痩せるためには気をつけましょう。

痩せるためのPOINT
自分の食べられる量を把握しましょう

少しの運動を継続する

運動でカロリーを消費すれば痩せるのはご存知ですよね。でも、普段やっていなかった激しい筋トレといったトレーニング運動を急にたっぷりやろうと思っても継続できずに挫折することも多いのでオススメできません。運動のためにわざわざ時間をとるのもなかなか難しいですよね。そのため、まずは日常の中でちょっとした運動を取り入れてカロリー消費することをオススメします。

例えば

  • エスカレーターを使わず階段で上り下りする
  • 通勤時に一駅分歩く

などから始めると、痩せるために習慣化できて継続性が上がります。

ウォーキングなどで体を動かすことに慣れてきたら、徐々に軽いジョギングなどを始めて運動量を増やして消費カロリーをあげていくようにしましょう。

痩せるためのPOINT
日常の中で少しから運動を取り入れましょう

湯船に15分以上つかる

入浴は15分以上

湯船につかることで内臓を温め、代謝を高めるようにしましょう。代謝が高まることで「痩せやすい体」になります。逆に痩せにくい体のかたの中には、湯船につからずに毎日シャワーだけで済ませてしまっているという場合も多いようです。特に冷え性の方はゆっくり温まって代謝があがるようにしましょう。
湯船につかる場合は、熱いお湯ではなくて、ぬるめのお湯にゆっくり15分以上浸かるとダイエット効果もアップしていいですよ。

痩せるためのPOINT
ぬるめのお湯に15分以上しっかりと浸かりましょう

寝起きに白湯を飲む

寝起きに白湯を飲むと内臓の温度が上がり基礎代謝も上昇します。内臓の温度が1度上がると代謝がおよそ10%上昇すると言われています。また、寝起きの白湯が体内時計がリセット!朝イチに腸を動かし痩せる細胞を多くしてくれます。寒い季節には特におすすめの方法です。

痩せるためのPOINT
1日のスタートは寝起きの白湯から始めましょう

まとめ

スリムな人は意識的にしろ無意識的にしろ「痩せやすい体」になるための習慣が備わっている事が多いです。
ちょっと意識をするだけでお金を掛けずに取り組むことができますので、ダイエットをして痩せたいと思うのなら、まずは出来ることから気軽にやってみましょう!

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事