ぼんやりメイクはもう卒業!ハイライトメイクでくっきり美人顔に!

shutterstock_302146985

メイクは毎日やっているし、アイメイクだって頑張っているけれど、なんとなく垢抜けない…なんて、そんな悩みはありませんか?

眉や目元のメイクには時間をかけても、ベースメイクはいつも同じ、という人にこそ、ぜひトライして欲しいのがハイライトを使ったメイクです。

顔の骨格に沿って、ハイライトとシェーディングを施すことで、見違えるように立体感のある表情にチェンジできちゃいます。美肌に見える効果もあるので、いつものベースメイクがワンランクアップした印象になりますよ!

1.ハイライトとシェーディングの基本ハウツー

メイクの完成度をグンと高めるハイライトとシェーディングは、「光と影」をコントロールして、立体感のある表情をつくるためのもの。

顔全体にメリハリが出るので、目が大きく見えたり、小顔に見えたりと、顔の印象を大きく変えることができます。難しそうに思えるかもしれませんが、大きめのフェイスブラシと、肌色に合ったハイライトとシェーディングカラーがあれば、誰でも取り入れることができます。

まずは、顔全体のハイライト&シェーディングゾーンを知って、基本の入れ方からトライしてみましょう。

1-1.ハイライトを入れるところ

ハイライトは、顔の骨格に合わせて、骨が出ているところにパール感のある明るいハイライトカラーを入れ、光を集めて高くみせることが目的。

基本は、額からは鼻筋までのTゾーン、頬骨の上、顎先にハイライトを入れることで、顔全体にメリハリが生まれます。また、眉骨の上から目尻にかけてのCゾーンも、メイク次第によって入れるべきハイライトゾーンです。

unspecified-1

出典:肌らぶ

1-2.シェーディングを入れるところ

小顔に見せたいときや、顔全体をすっきりした印象にしたい時は、ハイライトだけではなく、合わせてシェーディングも入れてみましょう。

入れる場所は、額の髪の生え際と、フェイスラインが基本です。肌より暗めのフェイスカラーを使い、なじむように入れていきましょう。また、よりメリハリをつけたい時は、眉頭下から鼻の付け根までノーズシャドウを入れてもいいでしょう。

unspecified-2

出典:肌らぶ

1-3.ハイライト&シェーディングの入れ方

ハイライトとシェーディングを自然に入れるには、必ず大きめのフェイスブラシを使いましょう。チークブラシのような平筆型や、毛先が斜めにカットされているシェード用のブラシがおススメです。

ハイライトを入れるときは、ブラシの毛先にハイライトカラーをとり、入れたいところに置いていく感じでのせていき、最後に指でぼかすと自然になじみます。

また、シェーディングは、ブラシ全体にフェイスカラーをとり、髪の生え際、や顔の輪郭部分に、サッと手早く、大胆に入れることがコツです。

unspecified-3

出典:GH

2.目的別ハイライト&シェーディングの入れ方

ハイライトとシェーディングを上手に使えば、顔の輪郭をカモフラージュして、理想の形に近づける事ができます。

また、顔全体に陰影をつけることで、メリハリが生まれ、小顔に見える嬉しい効果も期待できます。最後に髪型も、顔の形に合うよう整えればカンペキです!

2-1.面長をカバーしたい

目の下から顎先まで、頬の面積が広い面長タイプの人は、ハイライトを目の下に横に入れ、さらにチークも頬骨に沿って、横にふんわりと入れることでカバーできます。

また、顎先にもハイライトを入れることで顔全体が求心的に見えるので、縦幅が目立たなくなります。シェ―ディングを使う時は、髪の生え際だけに、額の丸みに沿って横にサッと入れていくと、縦幅がカモフラ―ジュできます。

2-2.丸顔をカバーしたい

幼く見えがちな丸顔さんは、ハイライトはTゾーンのみにとどめ、フェイスラインのシェーディングとノーズシャドウで、すっきりと見せることができます。

顔の丸さをカバーするには、こめかみから、耳の下までのフェイスラインと、頬骨から下の部分(えら部分)にシェードカラーをサッと入れていきます。肌色と差が出てしまうと、不自然になるので、ブラシやパフでなじませながら入れていきましょう。

また、丸顔さんは、ハイライトを目の周りにしっかり入れると、横幅が協調され、顔が大きく見えてしまいます。また、チークは黒目の下と小鼻脇の起点より内側に入れないようにしましょう。

2-3.エラ部分をカバーしたい

エラ部分が気になる人は、まずハイライトを鼻筋と頬、顎先にのせて、光を中央に集めます。こうすることで、目線が顔の真ん中に向くので、エラが目立たなくなります。

そして、シェーディングは、耳の前から頬骨下部分に、少量を大き目ブラシでサッと入れていきます。その後、ブラシに残っているシェードカラーをエラの部分まで伸ばしていきます。

エラ部分を中心にシェーディングしてしまうと、余計に目立つことがあるので、注意しましょう。

3.ハイライトを入れるメリット

ハイライトとシェーディングで得られるのは、メリハリ効果だけではありません。美肌に見せたり、顔のパーツを引き立てる役割もあるので、ハイライトを使わないなんてもったいないですよ!

3-1.小顔に見える

ファンデーションとパウダーだけで仕上げたベースだと、のっぺりした印象になりがちです。その点、ハイライトとシェーディングで凹凸をしっかりつけると、顔全体が引き締まって見えるので、小顔効果が高くなります。

3-2.肌全体がキレイに見える

ハイライトは光を集める分、お肌のくすみや色ムラをカバーして、顔色を明るく、つややかに見せる効果もあります。

特に、目の周りや頬骨の上に入れると自然なツヤ感が出て、肌がキレイに見えます。ハイライトで美肌見え効果を狙うなら、リキッドや練りタイプのものが、肌への密着力が高いのでおススメです。

3-3.立体感が出てパーツが引き立つ

ハイライトとシェーディングで、メリハリをつけると、顔のパーツに存在感が出るので、デカ目効果もありますし、チークや口元のカラーメイクも引き立ちます。メイクのイメージに合わせたハイライト使いで、より完成度の高いメイクが楽しめます。

4.ハイライトメイクのありがちミスポイント

ハイライトやシェーディングで、メリハリメイクをしている人によくあるミスポイントは、色が目立ちすぎて不自然になってしまうこと。

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

高品質のコスメを低価格で使い続けたい

一流ブランドの品質を1/3ほどの価格で提供している”アテニア”から出ている、とってもお得な化粧下地とファンデーションのセット!超微細な「スキンレタッチ粒子」が光を反射させ肌にライトを当てたように 影が消え去り、均一でなめらかな明るい肌に導きます。セット販売のシルキービジョンはリキッドファンデーションのような高保湿で、肌にピタッと密着させてくれるのでスキンレタッチャーと相性抜群です 。

スキンレタッチャー
単品:1728円(送料無料)
スキンレタッチセット:2900円(セット特別価格)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

スキンレタッチャーセット

ランキング

人気の記事

おすすめの記事